好きな時間に働く在宅ワーク | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

好きな時間に働く在宅ワーク

2018.06.22
Pocket

 仕事自体は嫌いではないけれど、朝決まった時間に会社に向かうのが苦手だったり、一日8時間など一日のうちで決まった時間拘束されること自体が実は苦痛という人は意外と多いのではないでしょうか。また、育児や介護など様々な制約でフルタイムやパートですら働くことが難しい方も多いでしょう。
そんな時に自分の好きな時間に自由に仕事ができたらどんなに良いでしょうか。
 
実は今の時代かなり働き方は柔軟になってきており、求職者が自分でどの時間にどのように働くかを選ぶことができるのです。
それでは自分の好きな時間に働くようにするには、どんな仕事を選べば良いのでしょうか。
 
 自分の好きな時間に仕事をするには、業務委託やフリーランスなどが挙げられます。
 
フリーランスとは個人で仕事をする人や個人事業主のことを指し、業務委託とはフリーランスの人が業務を行う際に企業(クライアント)と契約を結ぶ形を取る働き方のことです。
 
業務委託の場合は決められた期日までに成果を挙げればそれで報酬が支払われるので、時間の制約がありません。いつどんなやり方をしても、決まった通りに納品できれば問題ないのです。
 
その代わりに業務委託は労働基準法で守られないので雇用保険もなく、社会保険は自分で入ることになります。また、会社に雇用されないので確定申告も行わなければなりません。
 
フリーランスや業務委託契約で仕事を続けていこうとするなら、自分で確定申告を行い、経費精算などもしっかりして節税することが大切です。始めてみることがポイントです。それを継続することで自然とお金になっていき、案外軌道に乗ってうまくいくことも十分あり得ますよ。
 
 また、このような自由な働き方が増えてきてからは、企業に勤めながらでもある程度好きな時間に働くことが出来る制度を導入している企業も多くなってきています。
コアタイムに出勤していれば、出退勤時間は自由にしても良い企業や、在宅でも仕事ができる制度を整えている企業もあります。
最初は企業に勤めた方が安定した収入は得られることが多いなので、制約はありながらも全く時間が無いという訳ではないとい方は、まずはそういった企業から探してみても良いかもしれません。
時間に制約があって働けない人も、やり方次第でいくらでも好きな時間に働くことができるのです。
好きな時間に働けるということは、普段の生活をより豊かにすることも可能です。
自分が今どのくらい働くために時間を使うことができるのか、どんな仕事なら無理をせずやっていけるのかをしっかり考えて、好きな時間に働くための第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

フリーランスや業務委託の仕事にはどんなものがある??

 好きな時間に働くということは、自分の都合で動くことになるので一日多数のお客様に接することがある仕事は向きません。
フリーランスや業務委託でよくあるのはwebライターやプログラマー、デザイナー、カメラマン、出張ネイリスト等の職種になります。
これらは期日さえ守れば自分の好きな時間に自由に仕事を進めることが出来るので、時間の使い方は自由です。
いわゆる技術職と言われるものが多いですね。
 
これらの仕事に就くにはどれもかなりの勉強が必要で、難しそうに感じてしまいますよね。でも、実はこの中でもwebライターや出張ネイリスト等は独学で始めることができるのです。
webライターはインターネットが普及してスマートフォンが多くの人に使われるようになってきたため、それに伴って近年ニーズが急増している職業です。
執筆する記事はコラムやキュレーションメディア等、専門家の意見を含まないものも多いので、ライティング未経験の人もパソコン一台とネット環境さえあれば始めることが可能です。初心者であれば単価は安い代わりに記事の書き方も教えてくれるクライアントも多いので、気軽に始めることができます。
 
出張ネイリストはネイリストの資格があったほうが望ましいですが、技術さえあれば資格は無くとも名乗れるのがネイリストなのです。
独学でジェルネイルやスカルプを学び、もちろん知人に爪を貸してもらって練習を重ねながら技術を身に着ければ、ネイリストとしてのデビューは可能です。出張だけでなく、自宅で子育てをしながらサロンを開く子育てママも活躍しています。
 
カメラマンでも趣味で一眼レフを触っていて、腕がよければ日給制で求人が出ていることもあるので、探してみると良いかもしれません。
 
 
 このように実はたくさん仕事があったとしても、自分の好きな時間に働くというと「その道のプロでなければ無理なのではないか」と、かなりのハードルの高さを感じてしまい、まずどこから始めたらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。
自分の特技をわかっている人も少ないので、一体どのスキルがお金になるのかもわかりません。ですが、実は意外と何でも仕事にすることができるのです。
 
前項で挙げたwebライターやネイリスト意外にもネットショップの運営や、お料理ブログで広告収入を得ている人もいます。ブランド物が好きで目が利く人ならオークションで良さそうなものを買い付けて転売することも可能です。
 
好きな時間に働くには、自分の好きなことや、やってて苦ではないことをとりあえず始めてみることがポイントです。それを継続することで自然とお金になっていき、案外軌道に乗ってうまくいくことも十分あり得ますよ。
 
 
 また、このような自由な働き方が増えてきてからは、企業に勤めながらでもある程度好きな時間に働くことが出来る制度を導入している企業も多くなってきています。
コアタイムに出勤していれば、出退勤時間は自由にしても良い企業や、在宅でも仕事ができる制度を整えている企業もあります。
最初は企業に勤めた方が安定した収入は得られることが多いなので、制約はありながらも全く時間が無いという訳ではないとい方は、まずはそういった企業から探してみても良いかもしれません。
 
時間に制約があって働けない人も、やり方次第でいくらでも好きな時間に働くことができるのです。
好きな時間に働けるということは、普段の生活をより豊かにすることも可能です。
 
自分が今どのくらい働くために時間を使うことができるのか、どんな仕事なら無理をせずやっていけるのかをしっかり考えて、好きな時間に働くための第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。
Pocket

pagetop