ライターにとって重要なこととは | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

ライターにとって重要なこととは

2018.07.10
Pocket

今WEBライターなどをされている方は非常に多くなっており、主婦の皆さん、またOLさんの副業など、ちょっとしたお小遣い稼ぎから本業とされている方まで様々です。日常的なことを皆さんにお知らせする生活ややりくりの工夫、美容、それに話題になっている芸能情報など、こうした自分でもよく理解していること、普段行っていることなど様々なテーマを記事にして報酬を得るのがライティング、ライターの仕事となります。
最近はインターネット上でもライティングのお仕事を提供してくれるところが多くなっているため、自宅に小さいお子さんがいたり介護が必要な方いるなど、在宅で仕事をしたいという方にもライターは魅力的な仕事です。クライアントが指示した内容を的確に提供できる記事をかけるようになれば、次第に報酬も上がっていきますし、主婦の方でも月数万以上報酬を得ている方がいます。
 
しかし、中にはライターとして働くために絶対に守らなければならないことを、簡単に破ってしまう人もいるようです。ライターにとって絶対に守るべきこと、それが「納期」です。ライターにとって重要なこととなりますし、次回お仕事を頂けるかどうか、その重要な要素なるのが納期となります。

納期に間に合わない?できればあっていけないこと

クライアントはサイト運営などを行っている都合上、この期日までにこうした記事をこのくらいほしいということを、ライターに伝え、仕事を渡します。その時、ライターが書いてきた記事を確認し、コピペなどがないか、著作権侵害に当たらないかなど調査を行い掲載を開始します。
納期に間に合わないということは、自分が契約しているクライアントに多大な迷惑をかける可能性があるのです。しかし、人間が行うことなのでそこにトラブルが出てくることもあります。例えば自身が病気になった、家族が体調を崩した、不幸があったなどです。この場合、トラブルが起きた時点で早急にクライアントに対して作業ができない、もしくは納期に間に合わないということを伝える、これはライターにとって必要最低限のマナーとなります。

どんな理由でも繰り返し納期ミスが続けば信頼がなくなる

冬場などはインフルエンザ、胃腸大腸炎なども流行しますので、それが重なり納期に間に合わない・・ということが複数回起こる可能性もやむを得ないことです。身内の不幸やご自身の事故、また近所の方のご不幸などが偶然重なるということがあるかもしれませんが、もしもこうしたことが度重なった場合、理由はどうあれ、一時的にでも信頼をなくすことになりえます。
在宅勤務ではなくても、通常の会社員やアルバイトでも、勤務できる日が少なくなれば信頼をなくしますよね。通常、在宅ライターはクライアントと契約を交わしていますが、納期を守れないことが何度もあれば、最悪、クライアントから契約をきられてしまうこともあるようです。
 
ライターの中には無責任な人がいて、何の連絡もなく仕事を放りだす人もいます。いきなり連絡がつかなくなる、今日連絡しますといったきり納品されない・・・となれば、クライアントは別のライターに依頼するなど、即時対応に追われることもあります。納期に間に合わないことが分かった時点で、クライアントに納期を伸ばしてもらうなどの交渉が必要です。ちょっとお小遣い稼ぎ・・という軽い気持ちで契約した、ということでも受けた仕事は責任をもって納期を守り納品する、これは最低限のマナーです。

納期を守るために考えておきたいこと

経験を積んだライターの場合、1記事、何文字のライティングであればどのくらいの時間で完了するかという計算ができます。その上で1日に作業できる時間数を考慮し、無理のない件数を受ける、という判断が可能です。しかしライターとして経験が少ない人は、どのくらいの分量をどのくらいの時間で作業できるか?把握できないので、「無理な分量の仕事はしない」ということを頭に置いておきます。
たくさん報酬を得たいと思う気持ちはわかりますし、家計がきつく少しでも報酬が欲しいと願うこともわかりますが、責任をもって仕事をすること、これは在宅勤務でも全く変わらない責務です。納期を守ることが、今後、仕事を継続していただくために、納期は重要ポイントとしてとらえておくことが必要となります。

楽しくライティングし、しっかりと報酬をいただくために

自分が知っていること、詳しい事、子育てのことや恋愛のこと、スポーツや保険などのこと、読む人が必要としてくれる記事を書いて、それが報酬になる、ライターはとても素敵な仕事です。書くことが好き、文章を組み立てるのが好き、という人にとって楽しい時間となります。しかし、たとえ1円でも報酬をもらうということは立派なお仕事となるのですから、「仕事を任されている」という気持ちを持つことが、責任をもって仕事をするということです。
自宅で自分が作業できる時間を使いライティングをする、自分のためになったことや、自分が経験したことが人の役に立てることができるライティングの仕事は、将来年齢を重ねてもできるお仕事です。継続的に長くお仕事をしたいと考えているのなら、やはり納期を守るということは重要なこととなります。
Pocket

pagetop