Webライターやめとけと注意される6つの理由【決定版】 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

Webライターやめとけと注意される6つの理由【決定版】

公開日: 2024.04.30
最終更新日: 2024.06.28

Webライターやめとけと注意される6つの理由【決定版】

PR

Webライターはやめとけと聞くけれど本当?
自分がWebライターに向いているか知りたい
Webライターで稼いでいる人の経験を知りたい

上記のように、副業としてWebライターをはじめようと考えている人もいるだろう。

結論、Webライターは人によってはやめておいたほうがいい仕事だ。

ただし、向いている人や会社員の副業としてWebライターで稼いでいる人もいるので、人による面が大きい。

できるだけ早く稼げるようになりたいなら、WORDGYM×ユニークライティングなどのWebライタースクールでライティング力を磨くのがおすすめだ。

本記事を読めば、自分がWebライターに向いているのかわかるため、適職が見つけやすくなるだろう。

この記事の要約・まとめ

Q なぜWebライターはやめとけといわれるの?

A Webライターはやめとけといわれる理由は以下の6つ。

  1. 仕事に自信をもちにくい
  2. 最初のうちは最低賃金より時給が低い
  3. 目の疲れや肩こりがひどい
  4. 文章を書く以外の仕事も多い
  5. テストライティングに受かりにくい
  6. クライアントに振り回されてつらい

とくに初心者のうちは、実績がないため仕事が取りにくい、作業量と収入の釣り合いが取れないなど、精神的に負担になることが多い。

もっと気楽に副業がしたいなら、趣味や特技を活かしやすいライブ配信も検討するとよいだろう。

とくにIRIAMなら顔出し不要なので、周りにバレずに副業したいという人には向いている。

Q Webライターに向いている人・向いていない人の特徴は?

A Webライターに向いている人・向いていない人の特徴は以下のとおり。


向いていない人

好奇心がない人
納期を守れない人
文章を書くのが苦手な人
コツコツ作業ができない人
テキストより会話が好きな人

向いている人

向上心がある人
自己管理ができる人
在宅で仕事をしたい人
場所に縛られず仕事をしたい人


Webライターを検討しているなら、事前に自分が向いているかチェックしておくと安心だ。

また向いていなくても、副業なら他にもたくさん仕事がある。

とくにおすすめなのがなどのIRIAMライブ配信だ。

スマホとネット環境さえあればすぐにはじめられるので、金銭的な負担もかかりにくい。

テキストよりも会話が好き人ならWebライターよりも向いているだろう。

Q Webライターになるのにおすすめのサービスはどこ?

A ライティングを学ぶなら「WORDGYM×ユニークライティング」、Webライターの仕事を探すなら「クラウドワークス」や「ランサーズ」がおすすめだ。

WORDGYM×ユニークライティングは、プロのWebライターによるマンツーマンコーチング講座。

ただライティングの技術・知識を学ぶだけではなく、将来を見据えたキャリア設計や学習計画が立てられるのが強みだ。

「クラウドワークス」や「ランサーズ」は、案件数がダントツで多いため仕事が探しやすい。

もし講座や案件を通してWebライターが向いていないと思ったなら、初期費用が少ないIRIAMなどのライブ配信などを試して見るのもよいだろう。

【実体験】Webライターが「やめとけ」といわれる理由

Webライターが「やめとけ」といわれるおもな理由は、以下の6つだ。


Webライターが「やめとけ」といわれる理由

  1. 仕事に自信をもちにくい
  2. 最初のうちは最低賃金より時給が低い
  3. 目の疲れや肩こりがひどい
  4. 文章を書く以外の仕事も多い
  5. テストライティングに受かりにくい
  6. クライアントに振り回されてつらい

上記の理由はすべてWebライターである筆者の実体験にもとづいている。

Webライターをはじめた直後はすべて当てはまっていたため、かなりきつかった。

駆け出しのころのきつかった時期の経験をもとに、対処法をふまえてお伝えしていく。

仕事に自信をもちにくい

Webライターは、スキルに自信をもちにくい面がある。

文章そのものは誰でも書けるため、スキルの差がパッと見てわかりにくい。

スキルを高めようとしても、短期間で「わかりやすい文章」を書くのは難しい面もある。

そのため「この文章でいいのだろうか」「レベルアップしているのだろうか」と感じて自信が持てず、挫折してしまうのだ。

また記事に名前が載らない場合も多いため、やりがいを感じにくい。

ただ、多くの記事を書きながら専門性を高め、クライアントの信頼性を獲得すれば、名前が載る記事も受注できるだろう。

もし短期間で自信をつけたいなら、プロのライターから直接指導が受けられるWORDGYM×ユニークライティングを活用してはいかがだろうか。

>> WORDGYM×ユニークライティングを利用する

最初のうちは最低賃金より時給が低い

初心者のWebライターが受注できる仕事は単価が低い。

時給計算すると数十円〜500円未満というケースもざらにあり、多くの人が割に合わないと挫折してしまう。

株式会社AlbaLinkの調査によれば、Webライターの仕事をして感じたデメリットの1位が「単価が安い」とのこと。

X(旧:Twitter)でも単価の低さに苦戦している声や注意喚起の声が多く寄せられている。


テストライティングなんとか完了しました。時間がめっちゃかかって時給にしたら200円くらいかな

まったく自信ないけど納期なので提出します

X(旧:Twitter)より抜粋


一応ライティング関連やりますが、初っ端は単価0.1円とか、それより低いとか結構やりましたよ。 2万字書いても2000円とか。 そんな案件でスキル磨くが良いです。最初は。

X(旧:Twitter)より抜粋


ライティングの単価安いなー…

5000文字で900円とか時給換算したらいくらになるんや

もしかして1時間で書けてしまうもんなんか

X(旧:Twitter)より抜粋


時給換算で、文字単価の大切さがわかります。 文字生産性:1,500文字/時(記事構成+リサーチ+ライティング+校正+(WordPress入稿)) クラウドワークスは手数料・源泉徴収があるので、文字単価×0.75が実質単価。 文字単価1円×0.75×1,500=1,125円 文字単価1円を切ると、最低賃金を下回ります。

X(旧:Twitter)より抜粋


ただしスキルが上がれば時給は上がっていくので、最初を乗り切る我慢強さがあれば、稼げるようになるだろう。

独立して生活できるほどの収入を稼げるようになるまで、努力も時間も必要なのだ。

実際、専業ライターの多くは副業からスタートし、会社員として働きながら収入を増やして独立にいたっている。

継続が苦手な方は、Webライタースクールを利用して短期間でスキルアップするのもひとつの方法だ。

WORDGYM×ユニークライティングであれば、プロにマンツーマンで教えてもらえるので成長しやすい。

目の疲れや肩こりがひどい

長時間パソコンに向かう仕事なので、目の疲れや肩こりに悩むWebライターは多い。

たとえばX(旧Twitter)では、フリーランスWebライターの以下のような投稿が見られる。


首肩こり&頭痛はつらいですよね

わたしは週1で接骨院に通うようにしてから大きく調子を崩さなくなりました。

やっぱりプロに定期的に触ってもらえると違うと思います。

改善されますように

X(旧:Twitter)より抜粋


昨夜はマッサージ1時間半コースを受けてきました。

もうゴリッゴリでずっと絶叫

目と肩が疲れまくってますと。職業病ですね( T_T)月一メンテで乗り切ります。

X(旧:Twitter)より抜粋


今日のライターあるある。

冷え性と肩こりとはお友達♪

(とりあえず肩ぐるぐるしてみる)

X(旧:Twitter)より抜粋


肩こり首こりがあまりに辛くて、マッサージに駆け込みました…。

「男性でもここまでの人はいないです…鉄板2枚くらい仕込んでそうです…」とのお言葉をいただきました。

頭皮もガチガチだそうで。

副業ライターの人達はこの職業病とどう向き合ってるんだ…

X(旧:Twitter)より抜粋


この投稿のとおり、Webライターには避けられない持病ともいえる。

肩こり・腰痛・目の疲れを軽減するために、定期的にストレッチをしたり、マッサージを受けたりしてメンテナンスをするとよいだろう。

文章を書く以外の仕事も多い

Webライターは記事執筆だけでなく、以下のような仕事も自分で行う必要がある。

  1. 営業
  2. 請求書の発行
  3. クライアント対応
  4. ポートフォリオ作成

上記の仕事に報酬は出ないため、労働時間に対する時給が下がってしまう。

ただでさえ最初は稼げないのに時給がさらに下がってしまい、モチベーションが保てなくなる。

たとえば実際にWebライターをしている人の投稿でも、雑務に追われる姿が垣間見える。


フリーのWebライターは、経理などの雑務にかかる工数をどれだけ減らせるかが勝負。 そうすれば、執筆や営業に割ける時間が格段に増える。 経理業務の工数削減には、やっぱり会計ソフトの導入がおすすめ。 以下の記事で、おすすめの会計ソフトをまとめましたので、良ければご覧ください。

X(旧:Twitter)より抜粋


ライターでお金を得るには 営業 ← これがなかなか大変 テストライティング ← 3,000文字書いて落ちることも レギュレーション確認 ← メディアによっては執筆よりも時間かかる 執筆 ← ライターとしての仕事の醍醐味 納品 修正 ← 一度とは限らない 納品 翌々月くらいにやっと入金 …ふぅ。

X(旧:Twitter)より抜粋


ライターのポートフォリオって確認に時間かかるんです。 イラストレーターのポートフォリオは一瞬です、動画編集も。 ライターのポートフォリオ確認は、一文字一句誤字がないか?とか ここ面白い比喩表現か?とか、話の展開おもろいか?とか 100倍時間かかる。

X(旧:Twitter)より抜粋


記事執筆だけで稼げると考えていた人にとっては、やめたいと感じる瞬間だ。

なお、営業や面倒な書類発行が嫌だと感じるなら、ファンと直接つながって収入を得られるライブ配信はいかがだろうか。

とくにIRIAMならVtuberとして顔出しせずに配信ができるため、リスクなくはじめられるのでおすすめだ。

テストライティングに受かりにくい

Webライターは副業の中でも人気があるため競争率が高く、案件を受注するためのテストライティングで不採用になることが多い。

せっかく時間をかけて何件も応募したのに、まったく採用されないケースはよくある。

たとえば以下のような投稿が見られた。


3月からクラウドワークスで8件の案件に応募。全て文字単価1円以上。結果。 1件→テストライティング(報酬あり)→不採用 3件→不採用 3件→連絡なし(採用者ゼロ案件) 1件→募集期間中で結果待ち なかなか厳しいのである。

X(旧:Twitter)より抜粋


上記の投稿では8件応募して7件が不採用となっており、厳しい実態がみえてくる。

ただし人気なぶん、募集されている案件数も多い。

たとえ10件断られても、改善していけばいつか採用されるときがくるので、あきらめないことが肝心だ。

クライアントに振り回されてつらい

クライアントによっては、依頼が急だったり修正が細かすぎたりしてストレスを感じ、やめたくなる場合がある。

また執筆のルール(レギュレーション)が何度も変更され、対応に時間がかかってしまうケースも見られる。

さらに、変更や修正があるたびにクライアントとコミュニケーションをとる必要があるため、煩雑に感じてやめたくなる人がいるのだ。

あまりにもクライアントの指示が変更されて振り回される場合は、違う案件に応募してみてもいいだろう。

Webライターに向いていない人の特徴

Webライターに向いていない人の特徴は、以下の5つだ。


Webライターに向いていない人の特徴

  1. 好奇心がない人
  2. 納期を守れない人
  3. 文章を書くのが苦手な人
  4. コツコツ作業ができない人
  5. テキストより会話が好きな人

好奇心がない人

好奇心が弱い人は、Webライターに向いていない。

受注する記事は常に興味がある分野とは限らないためだ。

好きな分野の記事を書こうと応募先を一生懸命さがしても、案件そのものが少ない可能性もある。

反対に何事にも興味をもてる人は、案件を選ばず多く応募ができるので、Webライターとして稼ぎやすい。

好奇心があまりなく、飽きっぽい性格だと感じるなら、日々違う視聴者と触れ合えるライブ配信に挑戦してみてはいかがだろうか。

ライブ配信なら日々異なる話題で盛り上がれるので、飽きずに楽しめる。

たとえば、IRIAMは顔を出さずに配信できるので、リスクなくはじめられるだろう。

>> IRIAM(イリアム)に登録する PR

納期を守れない人

Webライターの仕事は納期が設定されており、遅れるとクライアントに迷惑がかかってしまう。

夏休みの宿題をギリギリに片付けていたタイプの人にはつらいだろう。

ただし、納期を守るのは、Webライター以外でも求められることだ。

納期を守れない人は他の仕事に就くのも難しいため、Webライターをきっかけに、納期を厳守する姿勢を身につけるのもいいだろう。

文章を書くのが苦手な人

Webライターに求められる一番のスキルはいうまでもなく文章力だ。

文章を書くのが苦手な人には向いていないだろう。

文章よりも人と会話するのが好きなら、ライブ配信に挑戦してみよう。

雑談配信がメインでも稼げるIRIAMなら顔出しが不要で、今からでもファンを獲得しやすい。

>> IRIAM(イリアム)に登録する PR

コツコツ作業ができない人

コツコツ作業ができない人は、Webライターには向かない。

Webライターは、求められる情報をリサーチしてわかりやすくまとめなければならない。

ときには地道にデータを探し、数時間かかって1本の論文を見つけることもある。

地道な作業が苦手で、すぐあきらめてしまう人には向いていない。

ただし、Webライターをきっかけに地道な作業が得意になるパターンもあるので、まずは一度チャレンジしてはいかがだろうか。

テキストより会話が好きな人

クライアントとのやりとりの多くはテキストで行われるため「文字を打ち込むより電話のほうが早い」という人には向いていないだろう。

長電話が好きなタイプで、誰かと話さなければストレスがたまる人にはライブ配信がおすすめだ。

毎日、視聴者との会話が楽しめる。

IRIAMであれば、イケメンや美人でなくてもVtuberとして配信が可能だ。

>> IRIAM(イリアム)に登録する PR

Webライターに向いている人の特徴

Webライターに向いている人の特徴は、次の4つだ。


Webライターに向いている人の特徴

  1. 向上心がある人
  2. 自己管理ができる人
  3. 在宅で仕事をしたい人
  4. 場所に縛られず仕事をしたい人

向上心がある人

Webライターに求められる文章力には唯一の正解がないため、常に学び続ける向上心が必要だ。

時代によって新しい文章の型が生まれたり、好まれる文章構成が変わったりもする。

文章スキルを高めるのが好きでなければ続かないだろう。

なお素早く文章力をあげるなら、Webライタースクールを利用するのもおすすめだ。

WORDGYM×ユニークライティングなら、現役のプロライターにマンツーマンで指導してもらえるので、短期間でレベルアップが可能だ。

>> WORDGYM×ユニークライティングを利用する

自己管理ができる人

自己管理ができる人は、Webライター向きだ。

Webライターは自分でスケジュールを管理する必要がある。

自己管理ができず、ダラダラと過ごしてしまう人は、納期を守れずクライアントに迷惑をかけてしまう。

どうしても自己管理が難しい場合は、納期や時間に追われず取り組めるライブ配信にチャレンジしてはいかがだろうか。

IRIAMなら雑談配信からはじめられるので、初心者でも取り組みやすい。

>> IRIAM(イリアム)に登録する PR

在宅で仕事をしたい人

Webライターは在宅で完結する仕事なので、通勤したくない人に向いている。

通勤時間は5秒とかからず、パソコンに向かえば仕事ができる。

毎朝の地獄のような満員電車から脱出したい人は、Webライターに向いているだろう。

1日でも早く満員電車から抜け出したいなら、365日、朝から夜まで講座が受けられるWORDGYM×ユニークライティングを利用してはいかがだろうか。

スキマ時間でサクサク学習できるので、時間を有効活用できる。

無料カウンセリングやLINEでの相談ができるので、まずは問い合わせてみよう。

>> WORDGYM×ユニークライティングを利用する

場所に縛られず仕事をしたい人

Webライターの働き方の魅力は、パソコンが1台あればどこでも仕事ができるところだ。

  1. カフェ
  2. 図書館
  3. 車の中
  4. 駅の待合室
  5. 空港のロビー

上記のようにあらゆる場所で仕事ができて本業のスキマ時間でも取り組めるため、副業からでもはじめやすい。

本業としてWebライターで独立すれば、海外を旅しながら働くことも可能だ。

場所に縛られず、パソコン1台で稼ぐ生活をしたい方にはピッタリな仕事といえる。

【経験談】Webライターとして働く人の実態

Webライターとして働くと、どのような生活が待っているのだろうか。

ここでは、マイナス面とプラス面両方の体験談をお伝えする。

【マイナス面】収入が安定しない間は貯金残高が減ってつらい

まずは、Webライターのマイナス面をとりあげる。


独立してから2ヵ月目の収入は約20万円でした。

いろいろと出費が重なったこともあり、2ヵ月連続の赤字です。

貯金残高が減っていくのって、精神的ストレス半端ない。

フリーランスの性質上、翌月も同じだけの収入を得られるとは限らないので、独立2ヵ月目にして将来への不安に押しつぶされそうになりました。

「来月も仕事をもらえるだろうか……」

月末になると、こんな不安に襲われます。

noteより引用


Webライターとして独立した場合、翌月も安定して仕事があるとは限らない。

とくに最初は単価も低いことが多く、場合によっては貯金を切り崩して生活する必要がある。

減っていく貯金残高を見ながら生活するのはつらいのが本音だ。

焦りを感じずに早く稼ぎたいなら、プロのライターに学べるライタースクールWORDGYM×ユニークライティングを利用してみよう。

【プラス面】保育士が未経験からはじめて月収平均50万円稼ぐ

次に、Webライターのプラス面をとりあげる。


在宅勤務に憧れて始めた、webライターの仕事。最初は2本の指でタイピングしていた私が…?ショートカットキーもExcelも使いこなせなかった私が…?今はなんとか軌道にのって、平均月50万円の収入を確保できています。

noteより引用


Webライターは未経験でもはじめやすく、スキルアップにともなって単価もあがっていく。

最初の低単価な状態から脱出すれば、2本指でタイピングをしていた保育士さんでも、平均月収50万円を確保できる。

なおWebライターとして稼げるか不安なら、以下の記事も参考になるだろう。

【関連記事】Webライタースクールおすすめ11選!初心者安心【比較】

Webライターで稼ぎたい人が注意すべきこと

Webライターで稼いでみたいと考えるなら、次の3点に注意しよう。


Webライターで稼ぎたい人が注意すべきこと

  1. 低単価の案件に注意する
  2. とにかく案件に応募する
  3. Webライタースクールは慎重に選ぶ

上記はいずれも注意しておかなければ、Webライターとしての挫折ポイントになりやすい。

途中であきらめないためにも正しい知識をもっておこう。

文字単価が低すぎる案件に注意する

初心者のWebライターがよく苦しむのが、低すぎる単価で仕事を受けてしまい、疲弊してやめてしまうパターンだ。

Webライターは1文字◯円という報酬体系をとることが多い。

未経験者や初心者が集まりやすいクラウドソーシングサイトでは、1文字0.1円といった低単価すぎる案件が見られる。

頑張って1,000文字書いて100円では割に合わない。

少なくとも1文字0.5円以上の案件に応募しよう。

「0.5円以上の案件に採用されません」という場合は、まだスキルが足りていないだけなので、本やWebライタースクールを活用して文章力を磨こう。

WORDGYM×ユニークライティングなら、現役のプロライターにマンツーマンで指導してもらえるので、成長が早くなる。

>> WORDGYM×ユニークライティングを利用する

とにかく案件に応募する

Webライターとして稼ぐなら、いつまでも準備せず、思い切ってテストライティングに応募しよう。

スキルのレベルが十分でも、応募しなければ向こうから仕事がやってくることはない。

「不合格だったらどうしよう」と考える初心者は多いが「不合格は当たり前」と考えよう。

どれだけ優秀なプロ野球選手でも、10回打席に立ってヒットを打てるのは3〜4回だ。

不合格でも気にせず、あきらめずに何度も応募し続ければ、必ずいつか合格できる。

Webライタースクールは慎重に選ぶ

Webライタースクールは、文章力を短期間に高められる素晴らしいサービスだ。

しかし適当なスクールを選んでしまうと、成果が出なかったり、ひどいフィードバックを受けてしまったりする可能性がある。

Webライタースクールを選ぶときは評判や口コミをよく確かめて申し込もう。

なおどのスクールがよいかわからない初心者の方には、受講生の9割が未経験・副業からスタートしているWORDGYM×ユニークライティングがおすすめだ。

指導を受けながらポートフォリオ(実績集)を作れるので、営業するときの資料も自動的に手に入る。

その他のWebライタースクールについても知りたいなら、以下の記事も合わせて読み進めよう。

【関連記事】Webライタースクールおすすめ11選!初心者安心【比較】

Webライターになるまでのステップ

〈STEP1〉 文章術の本を読んで基礎的な知識を身につける

Webライティング(Web上の文章)は学校で習う作文とは書き方が異なるため、書き方を学ぶ必要がある。

Webライティングを学ぶなら、以下の3冊を読んでおけば特徴が理解できるだろう。

・『沈黙のWebライティング』松尾 茂起
・『20歳の自分に受けさせたい文章講義』古賀 史健
・『新しい文章力の教室』唐木 元

上記3冊は定番なので、必ず目を通しておきたい。

このステップの目安は1週間だ。


〈STEP2〉 文章を書く練習をする

Webライティングの基礎知識を理解したら、実際に練習してみよう。

練習方法は以下の2つがおすすめだ。

  1. X(旧Twitter)でPREP法を意識した文章を書く
  2. Yahoo!知恵袋でベストアンサーを狙う

とくにYahoo!知恵袋でベストアンサーを狙うには、質問者が求める答えを書かなければならない。

ベストアンサーを狙って獲得できるまで、繰り返し回答を書く練習しよう。

このステップの目安は1〜2週間だ。


〈STEP3〉 クラウドソーシングで実績をつむ

短文での練習を行ったら、クラウドソーシングサイトで案件に応募しよう。

クラウドソーシングサイトは手数料が引かれる反面、営業がほぼ必要ないため、初心者でも案件を見つけやすい。

初心者でいきなりの採用は少ないので、不採用を気にせず次々に応募することが大切だ。

どのクラウドソーシングサイトがいいかわからない人は、「Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト」を見て選ぼう。


〈STEP4〉 ブログ・ポートフォリオを作る

クラウドソーシングサイトでの応募と並行して、自分のブログを立ち上げよう。

ブログがあればWebライターとしてのスキルを示せるので、営業ツールとしても役立つ。


〈STEP5〉 求人サイトや企業に直接応募する

クラウドソーシングで3ヵ月ほど活動して実績が作れたら、ブログにポートフォリオをまとめて求人サイトや企業に直接営業をしよう。

クラウドソーシングサイトと異なり、手数料が引かれないため、収入を増やせる。

ただし、請求書の作成やクライアントのやり取りなど、すべて自分で行う必要がある点は注意が必要だ。

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト

Webライターが案件を探すなら、次の3つのクラウドソーシングサイトを利用しよう。


Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト

  1. クラウドワークス・ランサーズ
  2. サグーワークス
  3. ミライトマッチ

案件数なら「クラウドワークス・ランサーズ」

クラウドワークス」と「ランサーズ」は、どちらもクラウドソーシングサイトとしては最大規模のクラウドソーシングサイト。

案件数が非常に多いため、仕事がとりにくい初心者にもおすすめだ。

しかし非常に低単価な案件も多く存在しているので注意しておこう。

目安としては、1文字0.5円以上の案件に応募すると失敗を防げるだろう。

クラウドワークスとランサーズの利用するうえでの違いはほぼないので、直感的に気に入った方を使えば問題ない。

Webライターとして活動するなら、最初に登録しておこう。

ただし、契約には手数料が10〜20%ひかれるので注意してほしい。

>> クラウドワークスに登録する

>> ランサーズに登録する

ライター特化型の求人サイトなら「サグーワークス」

8-2. ライター特化型の求人サイトなら「サグーワークス」

サグーワークスは、Webライターの求人だけ検索したい方におすすめだ。

サグーワークスが直接企業から記事作成の依頼を受けているため、ライターは営業の必要がない。

ライターが案件の良し悪しを見分けなくてもよいので、安心して案件を受注できる点も心強い。

すぐにWebライターとして活動をはじめたい人は、サグーワークスを利用しよう。

>> サグーワークスに登録する

手数料を抑えたいなら「ミライトマッチ」

8-3. 手数料を抑えたいなら「ミライトマッチ」

ミライトマッチは、Webライターとして早く稼ぎたい人におすすめだ。

企業と直接契約が結べて、かかる手数料は初回契約時に2万円(税抜)のみなので、長期契約になるほど手数料が抑えられる。

たとえば月15万円の契約を1年間継続した場合、手数料は約1%だ。

他社と比べて余計な手数料がかからない点はメリットといえるだろう。

またミライトマッチには400社以上が発注者として登録しており、案件も豊富だ。

中には文字単価3〜4円の依頼もあり、スキルが身についてきたら利用したいクラウドソーシングサイトだ。

>> ミライトマッチに登録する

まとめ|Webライターがやめとけといわれる理由は最初から稼げないから

Webライターがやめとけ、といわれるのは未経験からスタートすると低単価に苦しむためだ。

たしかに1時間で1,000文字書いて稼げるのは500円、という実態もある。

しかしスキルを身につけていけば、時給1,500円以上で働くこともできるため、独立も夢ではない。

もし最短でWebライティングのスキルを身につけたいなら、プロのマンツーマン指導が安価で受けられるWORDGYM×ユニークライティングを利用してみよう。

仕事を探すなら、「Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト」をもう一度読みこんで、自分に合ったサービスを検討するとよい。

反対に自分はWebライターに向いておらず、文章を書くよりも話すことで稼ぎたいと考える人は、ライブ配信がおすすめだ。

とくに稼げるとの口コミや評判があるIRIAMなら、今からはじめても収入につなげられる。

大切なのはまず行動することだ。

やってみて合わなければ別の道を選んでも問題ないので、まずは自分に合うと感じた方を試してみよう。

Webライターの仕事でよくあるQ&A

Q Webライターとはどのような仕事ですか?

A Webライターは、Web上の記事やコラムを企業・個人の代理で執筆する仕事だ。

いわゆる紙媒体のライターとは異なり、パソコン1台で情報をリサーチして執筆するため、在宅やテレワークでの仕事がしやすい。

なお厚労省のHOME WORKERS WEBによれば、副業でWebライターをしている人の1日のスケジュールは以下のとおりだ。

7:00 起床
8:00 朝食と軽い運動
9:30 本業
19:30 夕食
21:30 副業
23:30 入浴
24:30 就寝

Webライターは副業からはじめる人が多いので、上記のスケジュールが合うかイメージしてみよう。


Q Webライターは未経験でも在宅で仕事ができますか?

A 可能だ。

ただし未経験であれば、月1万円を稼ぐまでに時間がかかるだろう。

最短で稼ぎたいなら、正社員の給料を自己投資に使ってWebライタースクールを利用しよう。

「WORDGYM×ユニークライティング」であれば、月額8,881円からプロの指導が受けられるので、短期集中で学べばコストパフォーマンスもいい。

>> WORDGYM×ユニークライティングを利用する


Q Webライターに向いていない人におすすめの副業はありますか?

A 今からはじめるなら、ライブ配信がおすすめだ。

トーク術とコミュニケーションが大切なので、話すのが得意な人はWebライターよりも向いているだろう。

中でも「IRIAM」は稼げるとの口コミが多く、実際に配信者への還元率も高いのでおすすめだ。

>> IRIAM(イリアム)に登録する PR

その他記事