在宅WEBライターの人は必見!納期に間に合わない時の対処法 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅WEBライターの人は必見!納期に間に合わない時の対処法

2018.07.13
Pocket

自宅で仕事をしているはずなのに、なぜかいつも納期のことで焦っていませんか。

忙しいと感じるほど、人は目の前のことしか見ていないと言われています。

 計画性や余裕をもつことで、納期という問題にナーバスにならないわけです。

精神的に追い込まれない方法を把握すれば、家事と仕事をうまく両立できるでしょう。

 そこで今回は在宅ワーカーをしている人に、納期が間に合わない時の原因や対策をまとめてみました。

「納期に間に合わない時の原因」

自宅で仕事をする時に避けて通れないのがクライアントとの納期です。

 「在宅」という道をえらんだはずなのに、家事や育児におわれると仕事を両立するのは厳しいと感じるかもしれません。

ですが上手くいかなければ、ストレスも溜まっていきます。

 納期に間に合わない時の原因として、

・子供の具合が悪くなった

・自分の体調が悪い

・冠婚葬祭が重なった

・パソコンの調子がわるい

・案件がかけなくて進んでいない

などが挙げられます。

たとえば会社員の場合でも、体調が悪い時もあります。

この場合は、無理をしないで素直にクライアントに伝えることで理解を得られるでしょう。

 問題は、家事や育児におわれて自分の時間がとれないケースです。

案件にとりかかる時間がない人は、納期に間に合わない時もでてくるでしょう。

「納期を守ることに必要なこと」

自宅にいる人が家事をするイメージもあるため、在宅ワーカーでも自然に家事が増えていくこともあります。

クライアントと契約をした以上、期日までに契約本数を納品しなければ、社会人としての

モラルも問われることになります。

「忙しいと言って案件を投げ出さない工夫とは」

ここで「忙しい」と手を止めてしまうと、すべてを投げ出したくなるのが人間です。

ですが案件を放置することは、クライアントのやり取りを拒否する行為を意味します。

WEBワーカーは請負業務が多いため、契約後は業務をやり遂げる責任があります。

場合によっては損害賠償の発生もあるため、放置することは避けましょう。

 

ですが家事をこなしながら、抱えている案件を一度に行うことは至難の業です。

在宅で仕事と家事を両立するためには家族の協力なしでは達成できません。

 

毎日こなす洗濯や料理などは、家事の負担を減らす工夫をしてみましょう。

食器洗いを夫に手伝ってもらう、自動食器洗機を使うなどでも構いません。

毎日しなくてもよい掃除であれば曜日でくぎるなど、時間の効率化を図りましょう。

 

・専門外のライティング案件で記事がかけない時

またはテーマ案の指示が曖昧なケースや、専門外の依頼は調べることが多くライティングに時間がかかります。

案件が難しいと納期に響いてくるでしょう。

この場合は、クライアントにキーワードの変更をしてもらうことをオススメします。

良心的なクライアントの場合は、

・タイトルまで考えてもらう

・見出しや構成まで作ってもらう

のケースもあるようです。

遠慮はしないで相談をする癖もつけていきましょう。

 

・ふたつのことを同時にやらない

家事とWEBライターを両立するのであれば「副業」として活動している人が多いと感じます。

実際、料理や掃除の空いた時間に、ライティング案件をこなすことは無理が生じます。

「洗濯機を回している間に少しだけ…」結果的に干すのを忘れてしまうことも出てきます。

家事をするなら家事に集中をする、ライティングならライティングに集中する。

割り切ることが解決への近道となります。

 

・だらだらとライティング業務をしない

ライティングに欠かせないことは思考力です。

そのため集中力は大切になってきますが「だらだらワーク」は緊張感がなくなり、入力ミスや仕事のスピードの遅さにつながります。

たとえばお菓子を食べながらライティングに取り組むのではなく、一通り終えたらお菓子を食べるように行動もシフトチェンジしましょう。

「案件を納品できそうにない時の対処法」

・悩むよりクライアントに相談をする

まず契約案件の納期は、3~5日前までには記事を納品するのが理想的です。

納期はあくまでも目安と考えず、間に合いそうにないと感じたらクライアントに素直に相談しましょう。

この時の相談内容も、クライアントにお詫びと相談をする形で丁重に。

「期限を伸ばしてほしい」ではなく、「いつまでにしっかりと仕上げます」と分かりやすく説明することを心がけましょう。

「焦るあまりにやってしまいそうなこと」

・記事のコピー・リライトでまとめてしまう

文章を少しだけ変えること、他人が書いた記事をあたかも自分が体験したように書くことは禁止されています。

納品したとしてもペナルティの対象になります。

案件によっては参考にしたい論文や資料なども出てきます。

この場合は必ず引用元を入れるように心がけましょう。

またサイト名やリンク先も必ず表記します。

 

・逆ギレをする

修正依頼が多く中には逆ギレをしてしまうワーカーさんも。

プライドが高く、修正を受け入れられないケースが多いようです。

他人の指示を受け入れられない人ほど、良いアドバイスを逃していると思いましょう。

 

成長する機会を失わないために、「言われなくても理解している」ではなく、素直に応じてみてはいかがでしょうか。

「まとめ:クライアントの信頼をうしなう前に」

納期が間に合わない時、クライアントによっては報酬の支払い拒否や契約解除が挙げられます。

結果的に仕事が、やりにくいと感じるなどデメリットが発生してくるのです。

すぐにクライアントに相談することや、考え方を見直すなど方法はあります。

避けたいのは毎月納期が遅れることでしょう。

同じことを繰り返している人は、案件や生活方法をみなおすべきかもしれません。

Pocket

pagetop