主婦のパートの志望動機はなんて書けばいい?やってしまいがちなNG例とは? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

主婦のパートの志望動機はなんて書けばいい?やってしまいがちなNG例とは?

公開日:2018.07.31
最終更新日:2018.07.31
Pocket

主婦がパートを始めたいと思い、面接を受けた時に必ず問われるのは志望動機です。

どんな志望動機だと採用率が上がり、どんな志望動機だと採用を逃してしまいやすくなってしまうのでしょうか?

 なんでもかんでも正直に胸のうちを明かせばいいというものではありません。

物は言いようです。採用担当者に戦力になってくれそう、一緒に働いて欲しいと思えるような志望動機を用意しておきましょう。

主婦のパートの面接において志望動機は絶対に尋ねられます

主婦がパートをするにあたって志望動機は必ず尋ねられる項目です。

採用者は何を見ているのかと言うと、この人は誠実に働いてくれるだろうか、戦力になるだろうか、信頼できるだろうかという点です。

上辺だけの志望動機では採用担当者の心は動きません。

なぜ自分は応募したのかをよく考えて答えるようにしましょう。

 

ありきたりな言葉ではダメ。

アットホームな雰囲気が素敵だと思ったら。仕事内容に興味を持ったから。社会の役に立ちたかったからなどのどこのパート先でも使えるような志望動機を述べるのはやめましょう。

採用者は「じゃぁウチじゃなくてもいいでしょ」「どの面接でもこう言っているんだろうな」と考えます。

誰でもない自分が、何処でもないこの企業にバート勤めをしたいと思う気持ちをぶつけましょう。

 

特にアピールしたい志望動機は自分の強みとパート先の需要の一致です。

資格を保有していたり、体力に自信があったり、パソコンが得意であったり、専門的な知識があったり、土日祝日も勤務がかのうだったりなど、パート先が求めるものを自分が持っていれば絶対にアピールしましょう。

なんでも物は言い用。もちろん主婦のパートの志望動機も

世の中なんでも物は言い用です。主婦のパートの志望動機もそうです。

同じもの事でも言い方1つで採用にも不採用にもなります。

 

志望動機が通勤距離の場合。

家の近くで働きたい主婦が多いです。

しかし、志望動機でただ「家が近いから」では魅力がありません。

「家から通いやすく、長く務めることができるから」と言うのがおすすめです。自分が楽なだけでなく、企業にとってもメリットがあることをアピールできます。

 

志望動機がお給料の場合。

誰でも給与の良いところでパートをしたいと考えています。

ただ単に「時給がいいから」と志望動機を述べられても採用担当者に心には響きません。

「子供の教育資金のため」「住宅ローンのため」「マイホーム購入のため」などなぜ時給が高いところで働きたいのかを具体的に述べましょう。

特に子供のためやローンや借金返済のために働く人はそう簡単に辞めたり無責任なことをしたりしないので信頼されやすいです。

また、お金の話だけだと即物的過ぎるので「仕事内容に興味がある」「経験がある」なども付け加えるようにしましょう。

お給料がいい求人は高いお給料に見合う人材を求めています。自分がお給料を受け取るに値する働きができることをアピールしましょう。

 

志望動機が企業の制度や待遇に関する場合。

研修制度が充実していたり有給が取りやすかったりシフトに融通が効いたりする企業はとても魅力的です。

しかし、企業側の制度に甘える姿勢が見えるような志望動機は採用担当者に嫌われます。

「研修制度がとても充実しているので自分を成長させることが出来ると思ったから」などはよくありません。

研修制度はパート主婦を成長させるためにあるのではなく、パート主婦を頼れる戦力にするためにあるものです。

「未経験ではありますが、研修制度が充実しているので、しっかりと学び1日も早くお役に立てるようになりたいと思ったからです。」だとやる気が垣間見えます。

 

志望動機が手が空いたら、である場合。

子育てから一段落したことをきっかけにパートを始めようとする主婦は多いです。しかし、企業側が暇つぶしや道楽気分で働かれては溜まりません。

「子供が手を離れたから」「自分の時間ができたから」などという志望動機では責任をもって働いてくれ無さそうというイメージが出来てしまいます。

「子育てが一段落をしたので、社会に関わりたいと思ったから」「子どもが中学生になり時間が出来たので、かつての経験を生かして働こうと思ったから」などがおすすめです。

子どもがある程度大きい、自由になる時間が多いというのはパート主婦にとってかなりの強みです。

ただ、時間があるだけでなく、責任感とやる気もとても大きいことをアピールしてください。

 

志望動機が経験がある場合。

かつて働いたことのある業種で再びパートとして働きたいという主婦が多いです。勝手がわかっていると業種など安心感もあります。

経験者を積極的に採用している企業も多いです。

しかし、注意点もあります。それは経験があることを過剰にアピールすることです。「以前働いたことがあるので何でも分かります」「経験を生かしてすぐに働くことが出来ます」

などは言い過ぎです。経験があること自体は大きな強みですが、店舗や系列によって仕事のやり方は微妙な違いがあります。また、現場は日進月歩で変わっていくのでかつてのやり方が今も通用するとは限りません。

特にブランクがある場合はあまり経験があることをアピールするのはやめましょう。昔のやり方にこだわってトラブルを招くリスクがあるとみなされやすくなります。

「かつて働いたことがあるので早く職場に馴染めると思ったからです」「以前は品出し、発注などをしておりました」程度にしておくのがおすすめです。

経験があることをアピールしつつ、今のやり方を学ぶ姿勢があることを示しましょう。

 

志望動機がいずれ独立を考えているからである場合。

一介のパート主婦で終わるつもりなないという気概は素晴らしいものです。

しかし、志望動機で「開業を考えていて、その資金調達のため」「いずれ開業を考えているのでノウハウを学ぶため」などとは言わないようにしましょう。

たいていのパート求人は長期勤務が前提となっています。また、「ノウハウを学ぶため」などと言われては給料を支払いながらライバルを育てているようなものです。

稀に「開業希望者歓迎」としている求人もありますが、そうでない限りは別の志望動機を言いましょう。

ノウハウを学びたいと考えているのならば、その企業にお手本としたいなんらかの魅力があったはずです。そこを具体的の延べ、共感した、素晴らしいと感じた、一員として働きたいと思ったなどと言うようにしましょう。

 

志望動機が未経験だけれど業種に興味がある場合

企業はどちらかと言えば未経験よりは経験者を積極的に採用したがります。

専門的な業種ならばなおさら未経験者は敬遠されてしまいます。

未経験者は経験がないことを熱意でカバーしなければなりません。しかし、ただ「頑張ります」「憧れていた仕事なんです」だけでは採用担当者の印象には残りません。

どう頑張るのか、頑張るために何をしてきたのか、何をするつもりなのかを具体的に述べましょう。

「未経験ではありますが、昔から〇〇には興味があり、××などの本で勉強をしてきました」「経験はありませんが、出勤には融通が効くので遅番や休日出勤は積極的に入っていきたいと思います」など、すぐに一人前になるぞ、役に立つぞという気概を見せましょう。

前職の悪口、不満は御法度

引っ越しや妊娠出産、介護、勤め先の倒産など明確な理由がない場合の退職履歴について問われることもあるかもしれません。

あるいは自分で前職の退職理由を今回のパートの志望動機として使う場合もあるでしょう。

しかしそれが前職の悪口にならないようにしましょう。

前職をけなすことが今回の応募先を褒めることにはなりません。

人間関係が悪かった、待遇に不満があったなどを退職理由は好印象を与えません。

人間関係は確かに働くうえでとても重要ですがどこの企業にも多かれ少なかれあるものです。

前職の職場環境が劣悪だったのだと思われるよりも「この人に何か問題があるか我慢が足りないのではないか。また不満があればすぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまいかねません。

「より自分を生かせる職場で働きたいと思った」「前の職場ではできない〇〇をしたいと思った」などと前向きな姿勢を見せましょう。

職種別主婦のパートの志望動機例文

職種別にパートの時の志望動機の例文と求められる人材のタイプを紹介していきます。

 

事務職

事務職は主婦のパートの中でも人気の部類です。事務職と一言で言っても一般事務、経理事務、営業事務などいろいろな種類があります。

しかし、共通しているのはパソコンスキルが必要なことです。パソコンが得意なこと、少なくても苦手意識を持っていないことをアピールしてください。

経験者を優遇することが多いので経験がある場合はもちろん、どんな小さい経験でもパソコンを使ったことがあるのならばアピールしましょう。

実務経験に自信がない場合はエクセルやワードなどの検定を受けるのもおすすめです。

「幼稚園のころは広報として、編集作業をパソコンでやっておりました。タイピングの速さには自信があります。事務職の経験はありませんが、基本的なことはできます。分からないことは勉強いたします。子供が小学生になったので手が空いたので教育費の為に働きたいと思いました」

「事務職の経験があり、特に表計算は得意です。経理の知識も一通りございます。子育てが一段落したのでこれまでの経験を生かして働きたいと思い、志望しました。新しいことは積極的に学んでいき、1日も早くお役に立ちたいと思っております」

 

コンビニやスーパーなどの小売業

コンビニやスーパーなどの小売業のパートは未経験者でも採用されやすいです。しかし、だからといって誰も採用されるほど甘くはありません。

接客業なので接客に抵抗がないこと、人と接するのが好きなことをアピールしましょう。また、土日祝日に出勤できると採用率も高くなります。

近所のお店ならばよくそのお店に行ってそのお店に好感を持っていることや、通勤が楽なので長期的に勤めることが出来るなどもアピールポイントになります。

「家から自転車で10分程なのでよく利用させていただいておりますが清潔な店内や丁寧な接客が大好きです。先日、求人募集があるのを見て、応募いたしました。接客の経験はありませんが、人と接するのが大好きです。この素敵なお店の雰囲気をさらに良くする一員になりたいと思っています。夜勤は難しいですが、土曜日の勤務は可能です。」

「もともと人と接するのが好きで、出産まで接客業を5年しておりました。子供が中学に上がり、手が空いたので今までの経験を生かしたい思い、応募しました。笑顔での接客を心がけたいと思います。私は、人の顔を覚えるのは特に得意です。住宅ローンの返済のためにも積極的に夜勤に入りたいと思っております。」

 

飲食店

飲食店はランチタイプだけの募集もあり、子供が幼稚園や小学校の母親でも無理なく勤めやすいパートの1つです。

飲食店は規模が大きいお店だと接客担当と調理担当を別々に募集することがあります。しかし、規模が小さいお店だと接客と調理どちらも任されることもあります。自分の仕事内容を把握してから応募しましょう。

接客担当の場合は人の接することが好きであるのが大前提です。調理担当の場合はコツコツとした作業や地道な作業が得意であることが好ましいです。

また、食品を扱うお店なので衛生観念がしっかりしていることも伝えましょう。

お店のコンセプトをしっかりと理解し、共感していることも示せるとなお良いです。

「無農薬の野菜を使うというコンセプトに共感し、応募しました。新鮮でおいしい野菜をたっぷりと食べることはとても大切だと思っています。飲食店の経験はありませんが、自宅でも普段の食事を大切にしています。おいしさだけでなく器や盛り付けなどを工夫し、楽しい雰囲気で食べられるように心がけています。

ぜひ、貴店の一員となっておいしい無農薬の野菜を提供してお客様に喜んでもらいたいと思っています。」

「結婚までの3年間、レストランの調理担当として働いておきました。一通りの調理ができますし、体力にも自信があります。以前の経験を活かし、衛生面に気をつけながら早く正確な調理をしていきたいと思っております。土日祝日は積極的に出勤が可能です。」

 

医療事務

医療事務は事務職と並んで主婦に人気のパートです。資格も通信教育で比較的簡単に取得することが出来ます。

とはいえ、医療事務の資格は必須ではありません。経験者が優遇されがちですが、未経験の募集もあります。

正確でかつスピーディーな仕事を求められます。

「子どもが小さい頃ぜんそくでなんども病院にお世話になりました。お医者様や看護師の方にも大変お世話になりましたが、いつも丁寧に対応してくれる事務の方にもとても助けられました。

私もこのような対応のできる人になり、病気で困っている人の助けになりたいと医療事務の資格を取得しました。

実務経験はありませんが、コツコツと正確に物事を処理していくことは得意です。

子供も無事大きくなったので進学資金の為にも資格を生かして働きたいと思い、応募しました。」

「3年前、2年間に渡って耳鼻科で医療事務の仕事をしておりました。とてもやりがいを感じていましたが、出産を機に退職をしました。

こちらの歯医者の予防第一とする理念に共感し、ぜひ一員として地域の歯の健康に貢献したいと思い、応募しました。」

 

介護職

介護職は未経験者でも採用されやすいです。しかし、何も資格がないと重労働の割にはあまりお給料が良くないので長く続けるつもりならば資格の取得も目指しましょう。

もちろん、経験者は優遇されます。介護職そのものの経験がなくても身内の介護の経験があるのならばアピールをしましょう。

また、自身に介護経験が無かったとしても介護機関を利用したことがあるのならば何を感じ、自分がどうなりたいかと伝えるようにすると良いです。

接客業なので人の世話をすることが好きである必要があります。

また、職場によっては夜勤が出来ることや下の世話に抵抗が無いことも重要です。

体力勝負な面もあるので健康面についてもアピールできればしましょう。

「去年から祖母がデイサービスのお世話になっております。清潔な雰囲気で職員の方がとても声や表情が明るくアットホームな雰囲気で、気難しい祖母もデイサービスの日はとても機嫌が良いです。職員の方や他の利用者の家族と交流しているうちに介護の仕事に興味を持ち、携わりたいと考えるようになりました。介護の経験はありませんが、エアロビをしていて体力には自信があります。資格取得のための勉強も行っております。早く仕事を覚えて皆様のお役に立てるようになりたいです。」

「介護の仕事は6年ほど経験があります。大変な仕事ではありましたがとてもやりがいのある仕事でした。育児が一段落したので、また介護の仕事に携わりたいと思い、応募しました。今までの経験と介護福祉士の資格を生かしたいと思っております。1人1人に誠意をもって対応し、雰囲気の良い施設を作る一員になりたいと考えています。」

パートをさっくりと決めたい主婦はしっかりとした志望動機を用意して

どんな職種であれ、パートに志望をすれば必ず聞かれるのが志望動機です。

ありきたりな点前だけでもありのままのぶっちゃけ話だけでも採用は難しいでしょう。

前向きな言葉真摯に仕事に取り組むという誠意、そしてパート先が求めている人材であることをアピールしましょう。

必ず面接の際に訊かれることなので、聞かれてから考えるのではなく面接を受ける前から志望動機の台詞を考えておいてください。

Pocket

pagetop