大人気の在宅ワークシール貼りの仕事内容を紹介!メリット・デメリットは? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

大人気の在宅ワークシール貼りの仕事内容を紹介!メリット・デメリットは?

公開日:2018.07.24
最終更新日:2018.12.10
Pocket

自宅で気軽に始められる新しいワークスタイルとして大人気の在宅ワーク。子育てや介護などと両立もしやすく、家にいながら収入を得られるのが魅力です。今回は、主婦や学生など、様々な職業の方におすすめの在宅ワーク「シール貼り」のお仕事について、仕事内容だけでなく、シール貼りのお仕事のメリットやデメリット、向いている人なども含めて詳しく特集します!

1. 在宅ワークで人気のシール貼りってどんなお仕事?

シール貼りのお仕事には大きく分けて二つのタイプがあります。1つは、勤務中に行う軽作業としてのシール貼り、もう一つは、シール貼りだけを専門に行うお仕事です。

シール貼りと一口に言っても様々な種類があり、一般的によく見られるカテゴリーとしては、「商品の値札やバーコード」「書籍の訂正シールや販売促進シール」「化粧品のパッケージや成分表」など、シールの種類や貼る物に応じて形態が変わります。

少し作業が煩雑なものには、CDやDVDのパッケージラベルを貼るお仕事などもあり、製品によっては、シワが寄ったら納品不可となるなど、検品基準が厳しいものもあります。

シール貼りの仕事は、他にも、シールを貼るだけでなく、場合に寄っては、商品を箱詰めしたり、出荷・梱包にまつわる軽作業が含まれる場合もあります。

一方、事務仕事などの勤務中に行う軽作業という扱いで行うシール貼りには、「封筒の宛名ラベル貼り」や「ファイリングラベルの整理」などもあります。

 

在宅ワークで受注できるシール貼りのお仕事には2通りあり、家で1人ですべての作業を完結させて納品するものと、工場や物流センターなどの施設に行ってグループで作業をするタイプがあります。

自宅で行えるシール貼りは、いわゆる内職になりますが、工場や物流センターへ行ってシール貼りをする場合は、単発のアルバイトのような雇用体系になります。

在宅ワークなら時間も選ばず、誰とも話すことなく淡々と作業を進めていけますが、グループで仕事をする場合は、最低限のコミュニケーションも必要となります。

完全在宅でやれるシール貼りのお仕事なら、自分のスケジュールで動ける気軽さがあり、空き時間や暇な時間帯を選んで作業することができます。

シール貼りは、単純作業ですので、早く正確に作業を黙々と続けなければなりませんが、子育て中の主婦や高齢者介護をしているシニア世代など、年齢を問わずどなたでもやれるお仕事と言えるでしょう。

2. シール貼りでもらえる報酬はいくらぐらい?

どんな在宅ワークをする場合も、気になるのはその報酬だと思います。単純作業で、どなたでもやれるのが魅力のシール貼りのお仕事ですが、いただける報酬は一体どれぐらいなのでしょうか?

シール貼りの報酬は、ケースバイケースで収入が異なります。たとえば、完全在宅でシール貼りをする場合と、工場や物流センターなどに行ってシール貼りのお仕事をする場合とでは、同じ作業でも報酬額にかなり開きがあるのです。

たとえば、工場などでシール貼りの作業をする場合は、短期や単発のアルバイトという扱いになるため、「時給制」で報酬が支払われます。何時間働いたかによって報酬が支払われるので、作業量に左右されずある程度決まった収入がもらえます。

また、工場労働などでも、最低賃金が決まっているため、報酬額は時給で800円から1000円ぐらいで推移している場合が多く、日払いや週払いなどで支払いをしてくれる企業もあるため、急にお金が必要な時に、比較的まとまった金額の収入が得られます。

ただし、アルバイトの場合は、最低作業時間が8時間など、継続して勤務しなければならない場合が多く、早朝や深夜など普通の人が働かない時間帯に作業しなければならないケースも出てきます。

それに比べて在宅ワークでシール貼りのお仕事をする場合は「出来高制」になります。出来高制となっているので、1枚でも多くシールを貼り、納品数が増えれば増えるほど、収入が増えるという計算です。

しかしながら、在宅ワークのシール貼りでは、シール1枚を貼った場合のお値段が0.2円から1円と非常に低く、1時間で800枚貼れて、ようやくアルバイト形式のシール貼りのお仕事と同じ報酬が得られることになります。

1時間に800枚のシールを貼るというのは、よほど熟練してもかなり達成が難しい枚数となりますので、在宅ワークで行うシール貼りのお仕事を時給換算すると、アルバイトタイプのシール貼りの作業より、かなり報酬が低くなってしまいます。

ただし、在宅ワークなら、工場や物流センターなどに出勤する必要もなく、他の人とコミュニケーションをとらなければならない場面もありません。また、家事や育児の片手間にやれたり、休憩を適度に挟みつつ好きな時間帯に作業できるので、長時間まとまって働けない方には、在宅ワークでシール貼りをする方が良いと考えます。

在宅ワークでシール貼りをする場合に、1点だけ気をつけなければならないことは、作業の納期についてです。在宅ワークなら作業をする時間は自由ですが、必ず納期までに仕上げなければならないので、場合によっては作業が深夜に及んでしまうケースもあるでしょう。

3. シール貼りのお仕事のメリットとは?

シール貼りのお仕事の内容や報酬も大まかに分かったところで、続いてはシール貼りのお仕事のメリットについて見ていきたいと思います。

在宅ワークにしても、アルバイトにしてもシール貼りのお仕事は軽作業で終わることがほとんどです。肉体労働や体を使った重労働がないので、体の弱い方やシニア世代でも、楽々作業することができるのがメリットです。

同じ作業を長時間に渡って行いますので、一人で黙々と作業する必要がありますが、アルバイトで工場などに勤務したとしても、仕事中に他人と関わる時間がほとんどなく、対人関係に自信のない方でも安心して取り組むことができるお仕事です。

アルバイトはしたいけど、人間関係が煩わしいと考える方や、職場の人間関係で悩みたくないという方にもシール貼りのお仕事はメリットがあると考えます。

この他にシール貼りの仕事のメリットをあげるとすれば、シール貼りのお仕事は服装や髪型に関する規程などがほとんどないということです。中には奇抜な髪色に染めている学生さんなどもいらっしゃると思いますが、そういった身なりでも特に問題はないようです。

また、作業時間を選べば、副業として掛け持ちすることも可能で、日中は別のお仕事をしつつ、早朝や深夜などの時間帯でダブルワークも可能です。長期的に掛け持ちするのは辛いかもしれませんが、どうしてもお金が必要な時に、短期間だけ集中して働けば、短い時間で収入を増やすことができるのでおすすめです。

シール貼りのお仕事は、短期や1日のみの募集もたくさんあるので、夏休みの旅費稼ぎや、

子供の入学などでまとまったお金が必要になる時期など、思い立った時にちょこっと働けるというのもメリットだと思います。

在宅でシール貼りのお仕事をするメリットは、とにかく作業時間を自分で決められるということにあるでしょう。子供が熱を出したり、家族の介護があって、日中長時間家を開けられないなど、様々な事情を抱えている方には、在宅ワークでのシール貼りがおすすめです。

また、社会人としてのブランクが長かったり、年齢がシニア世代でなかなか求人が見つけられないという方でも採用していただける場合がほとんどなので、仕事をしたいけど、なかなか自分に合う求人を見つけられないという方にもメリットのあるお仕事だと言えるでしょう。

4.シール貼りのお仕事のデメリットとは?

シール貼りのお仕事のメリットを見てきましたが、反対にデメリットとしてはどんなものがあるのでしょうか?

シール貼りのお仕事を行う場合のデメリットは、簡単な単純作業をエンドレスで続けなければならないため、変化に乏しく飽きてしまうという点です。アルバイトで工場へ行くスタイルで勤務した場合は、この単純作業を繰り返しながら、長時間立ちっぱなしになるという職場もあり、足だけが疲れていつまでも時間が過ぎないと感じる方も少なくありません。

また、シール貼りの作業にノルマを課す職場もありますので、一定の量をこなせないと作業が完了せず、上司になる社員の方から注意を受けたり、残業を指示されてしまう場合もあります。

また、勤務態度が悪かったりすると、契約打ち切りとなる場合もありますので、その点もデメリットと言えるでしょう。

工場や物流センターでの作業の場合は、エアコンが効いていなかったり、作業環境があまり恵まれていない場合も多々あります。夏は暑く、冬は非常に寒いなど、体調管理も難しく、厳しい環境で作業を続けなければならないのがデメリットです。

続いて、在宅ワークでシール貼りのお仕事をする場合のデメリットを見てみましょう。在宅ワークでシール貼りをする場合のデメリットは、なんと言っても時給の低さです。出来高制になっていますので、作業自体に慣れるまでは、納品できる個数も少なく、納期までにすべてを完了させるだけでも精一杯という方も多いでしょう。

また、スキルワークではありませんので、シール貼りのお仕事を続けても、何も技術を習得できないというのもデメリットになります。オフィスワークなら、ワードやエクセルなどのパソコンスキルなどを習得できるチャンスが多いので、将来的に別のお仕事を受注できる可能性も増えてきますが、シール貼りのお仕事の場合は、そういったメリットがありません。

また在宅ワークのお仕事だと、眠気やテレビの誘惑に負けたり、家族の世話などで作業が中断したりと思ったように、仕事がはかどらないこともしばしば。自分が作業できなければ、収入が確保できませんので、安定した収入を得られないというのもデメリットとなります。

在宅ワークでシール貼りのお仕事をするなら、納期を守れるようにきちんとスケジューリングできることが大前提です。報酬の単価が非常に低いので、短時間で早く作業ができるようにならなければ、まとまった収入を得られないというのが最大のデメリットと言えるでしょう。

シール貼りのお仕事のデメリットを見てきましたが、要は単純作業に飽きないように工夫するのが、このお仕事を続けていく上で重要なポイントになると考えます。

5.シール貼りのお仕事の応募資格は?

シール貼りのお仕事の応募資格について見ていきましょう。シール貼りのお仕事には、特別な資格は必要ありません。また、年齢制限が無いことがほとんどで、学生からシニアまでどんな方でも、すぐに始めらるお仕事です。

シール貼りは、決められた場所にシールを貼るだけという単純作業ですので、初めての方やシール貼りの経験がない方でも、気軽に始められます。特別なスキルも知識も必要ないので、学歴や職歴に関係なくどなたでも応募することができるのが魅力です。

また、在宅ワークでシール貼りをする場合も、初期投資がかからないのが魅力です。在宅ワークだとパソコンやプリンターが必要になるお仕事もありますが、シール貼りのお仕事は、こういった機材が一切いらないので、初期投資をかけられない方にもおすすめのお仕事です。

在宅ワークの場合でも、アルバイトの場合でも、シール貼りのお仕事は服装の規程なども特にありませんので、動きやすい服装さえあれば、いつでも気軽に始められるお仕事と言えるでしょう。

シール貼りのお仕事をする上で、あると便利なものを何か一つ挙げるとすれば、在宅ワークの場合は、納品に使う車があると良いでしょう。クライアントによっては、自分で送料を負担して納品しなければならないところもあります。送料を雇用主側が負担してくれるか?あるいは、自分で負担しなければならないかも確認してから受注してください。

子育て世代がシール貼りの作業をする場合は、子供がシールを触ったり、シールを貼らなければならない商品にいたずらするというリスクもあります。作業専用のスペースや、商材を安全に保管できるスペースをある程度確保しておく必要があるでしょう。

たくさんのシールを広げたままにできるようなスペースを確保するのは、非常に難しいと思いますが、キッチンの一角に作業テーブルを置くなど、決まった場所に作業で使う資材を収納しておけば、作業効率もよくなるのでおすすめです。

シール貼りのお仕事は、とにかく、資格やスキルを求められないお仕事である上、肉体労働もほとんどありませんので、女性でもシニアでも取り組みやすいお仕事と言えるでしょう。

6. シール貼りの求人の見つけ方

シール貼りのお仕事を始めてみたいと思ったら、まずは、求人探しです。在宅ワークでシール貼りのお仕事を探す場合も、アルバイト勤務でシール貼りのお仕事を探す場合も、比較的求人を見つけやすい季節は3月から4月の移動の時期。

この季節は、引越しや企業の移転などが多い季節で、荷物の出荷が増えるためシール貼りの求人が増えます。また、新生活を始める方が生活用品を揃える時期にも重なるため、製品や荷物の出荷が増えることによってシール貼りのお仕事も増える傾向にあるようです。

その他に、物がよく動く季節としては、7月から8月のお盆シーズンや9月から12月のクリスマス商戦及び年末シーズンが挙げられます。

贈答用のお菓子のラベルやクリスマスパッケージなど、様々なシーンでシールを貼る商品が出てきます。ケーキやプレゼントなど、シールを貼らないといけないものが山ほどありますので、季節変動に合わせて仕事が増減するようです。

継続案件よりは、短期や単発のお仕事が多いようですので、働きやすい求人を見つけるためにも、物の動きに注目してシール貼りのお仕事を探してみてください。

6. シール貼りの仕事に向いている人

シール貼りのお仕事に向いている人材とは、どんな人なのでしょうか?

シール貼りのお仕事は、接客やパソコンなど頭を使ったりスキルを必要とされたりする仕事ではありません。その一方で、同じ作業を淡々と続ける必要があり、根気がいるお仕事です。

どのように作業すれば効率が良いのか、自分なりに考えて段取りをしたり、作業を行う必要もありますが、臨機応変に対応する必要などがないので、複雑な作業が苦手な方に向いているお仕事です。

また、商品の完成度も慣れるにつれて高くなっていきますので、コツコツと同じことを続けていける職人気質の方に向いているお仕事と言えるでしょう。

7. 在宅ワークでシール貼りをしてみよう

在宅ワークで大人気の「シール貼りのお仕事」についてご紹介致しました。特別なスキルも不要で、年齢も不問のシール貼りのお仕事。どなたでも今すぐ始められる簡単なお仕事です。在宅ワーク未経験の方でもOKですので、まずは、シール貼りのお仕事から在宅ワークを始めてみませんか?

Pocket

pagetop