テレワークの意味ってなに?在宅ワークとの違いは?詳しく解説します♪ | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

テレワークの意味ってなに?在宅ワークとの違いは?詳しく解説します♪

公開日:2018.07.24
最終更新日:2018.12.10
Pocket

テレワークってよく聞くけれど

働き方改革、働き方の多様性などの話題の時によく出るフレーズの1つがテレワークです。

ところでテレワークってなんなのでしょうか?

 どんなところが改革的で多様性があるのかについて説明をしていきます。

テレワークとよく似ている在宅ワークの違いについても知っておきましょう。

テレワークはtele work

テレワークは“離れた所”を意味するteleと“働く”を意味するworkを繋げた造語です。

会社員ではあるけれど、必ずしも出社せず、時間や場所にとらわれない働き方をテレワークと呼びます。

 テレワークは主に3つのタイプに分けることが出来ます。

1つは自宅で仕事をする「在宅勤務型」です。

2つ目は取引先やカフェ、移動途中の新幹線の中など会社でも自宅でもない場所で働く「モバイルワーク型」です。

3つめはレンタルオフィスやサテライトオフィスなど自宅でも会社でもなく専用の場所で働く「サードプレイスオフィス勤務型」です。

 また、テレワークは完全に出社をしないタイプもありますが、1週間のうち3日間出社をして2日を会社以外の場所で働くようなタイプもあります。

直行直帰の出張も広義の意味ではテレワークと言えるでしょう。

 所定の時間にログインをして働くことを義務付けているタイプもあれば、一定のノルマを達成しているのならばいつ働いても良いというタイプもあります。

テレワークをする意味は?

テレワークをすることにどのような意味があるのでしょうか?

テレワークは雇う側と雇われる側、双方にメリットがあります。

 テレワークは雇う側にとって経費を削減しやすいです。

従業員の交通費やオフィスの光熱費などを節約することができます。

また、人材の有効活用にもつながりやすいです。優秀だけれども出産や介護、生涯や病気などによって出社が難しい人達を手放さずに済みます。

 

雇われる側は通勤の負担がありません。暑い日寒い日雨の日も自宅で快適に仕事が可能です。

育児や介護、自身の病気や障害でなかなか家から出られない人でも働きやすいシステムと言えます。

子どもが寝ている時間、家事の合間、お気に入りのカフェなど都合の良い時間に好きな場所で働けることも大きな魅力です。

テレワークの注意点

テレワークはいいことばかりではありません。課題や注意しなければならないことも多くあります。

 雇う側は従業員の管理がとても難しいです。進捗状況をこまめに確認したりログインシステムを使って仕事時間を把握したりするなどの工夫が必要です。また、機密の保持にも気を使います。

 一方、雇われる側はすぐ側に同僚や上司がいないので仕事で迷った場合に相談しづらく1人で抱え込んでしまいがちな環境になってしまいます。

また、家で仕事をする場合にはプライベートとの切り替えが難しくダラダラと仕事をしてしまったり、集中しにくかったりします。

テレワークは自己管理能力が必要な働き方です。

 テレワークを成功させるためには会社や上司との信頼関係がとても大切です。

また、会社でなくても仕事に集中できる環境づくりや意思の強さも求められます。

テレワークと在宅ワークの意味の違いは?

テレワークと似た言葉で在宅ワークがあります。違いは何でしょうか?

1番の違いは会社に雇われているかいかいないかです。

 テレワークは一般的に会社に雇われている会社員をさす言葉です。ほとんどの場合月給制になっています。

一方、在宅ワークは雇われていません。フリーランスや個人事業主として働いています。働いた時間ではなく、働いた成果で報酬を受け取ります。給与という概念は基本的にありません。

 また、在宅ワークは名前の通り基本的に家で仕事をします。

一方、テレワークの場合は家とは限りません。カフェや公園、移動中の新幹線などでも働く場合があります。

テレワークと在宅ワークの共通点は出社せずに働くことです。

テレワークの意味は時間と場所にとらわれない柔軟な働き方

テレワークとは会社以外の場所で働くという意味です。

時間や場所に縛られないとても柔軟な働き方で、様々なメリットがあります。とくに、様々な理由で出社が難しい人にとってはとても働きやすいシステムです。

 

しかし、会社以外の場所で働くためには自己管理能力が求められます。

セキュリティ面や社員との信頼関係を築くシステム作りなどまだまだ課題も多いです。

けれども働き方の多様性が求められる今の時代、徐々にテレワークは浸透していくでしょう。

Pocket

pagetop