在宅ワークで男性が高収入を得るには? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークで男性が高収入を得るには?

公開日:2018.07.25
最終更新日:2018.07.25
Pocket

子育て中の主婦や介護をしているシニア世代の方に大人気の在宅ワーク。新しいワークスタイルとしてすっかり定着しています。

リーマンショック以降、まだまだ景況感が感じられない日本経済の現状の中で、最近では、男性でも副業で在宅ワークをしている方が非常に多くなっています。

女性の在宅ワークと違って、男性が取り組みやすい在宅ワークにはどんなものがあるのか?また、男性が在宅ワークで高収入を得るにはどうしたら良いのか?

今回は、在宅ワークでサラリーマンを脱出し、自由な働き方を謳歌できる(?)男性向けの高収入な在宅ワークも含めて、役に立つ情報をご紹介致します。

1.高収入も夢じゃない男性向けの在宅ワークとは?

企業の景気動向は、右肩上がりと言われている昨今ですが、未だに「景気が良くなっている」と感じられない方が多いのではないでしょうか?

そんな中、年々注目度が増しているのが在宅ワークで得る副収入。主婦のお小遣い稼ぎだけではなく、高収入を得てサラリーマンを辞めて家でお仕事をしている男性も少なくありません。

在宅ワークのみで生活している男性が一様に言うのは、やはり「満員電車に揺られて長時間通勤する必要がない」ということです。在宅ワークなら、苦しいスーツを着て、一日中会社に拘束されることもなく、好きな服装で自分のペースでお仕事をすることができます。

日本でも、以前は会社員として働けば、それなりの収入が確保されていましたが、日本人の平均年収は300万円と言われる時代になり、どんなに働いても思ったほど収入が上がらず、副業をしなければ生活できないという方も増えています。

男性が魅力を感じる在宅ワークは、今流行りの「アフィリエイト」や「動画作成」など、インターネットやメディアを駆使したお仕事が多く、趣味と実益をかねて高収入を得ている方もたくさんいます。

時間とお金の自由の両方が手に入る!そんな夢のような世界が、男性たちの取り組む在宅ワークの世界に広がっていそうな予感です。

2.男性におすすめの高収入在宅ワークにはどんなお仕事がある?

それでは、男性におすすめの高収入な在宅ワークには、どんなお仕事があるのか?職種別に詳しく見ていきましょう。

まず、男性向けの高収入在宅ワークとして、多くの方が取り組んでいるのが「アフィリエイト」。専業主婦でも一度は耳にしたことのあるのではないでしょうか?

 

アフィリエイトとは、ブログやホームページなどに広告バナーなどを貼り、サイト訪問者が広告バナーをクリックしたり、広告バナーから入ったリンク先のサイトで、商品やサービスを購入することによって発生する広告収入のことです。

ブロガーと呼ばれる人たちは、自分のブログを人気ブログに育て上げ、次々と「広告バナー」を貼って、アフィリエイト収入を得ています。クリック報酬というスタイルの広告は、一般的に単価が低いようですが、購入額に応じて支払われるロイヤリティ方式の場合は、かなりの高収入が狙える人気のお仕事です。

「アフィリエイト」のお仕事は、在宅で気軽に行うことができ、基本的なパソコン操作が分かる方なら、どなたでも始めることができます。特に、男性におすすめする理由としては、やはり、アフィリエイトがやり方によっては、月100万円以上の高収入を稼ぎ出せる在宅ワークであるということに尽きます。

サイトに多くのビューアーを呼び寄せるため、ブログに掲載する内容は、男性の仕事や恋愛の悩み、趣味や特技の問題のほか、最近話題の男性脱毛や育毛の話など、多岐に渡っています。

男性だからこそ分かる記事やテーマを選ぶことが大前提ですが、とにかく読者の共感を得られるようなコンテンツを継続的に配信していく必要があります。

アフィリエイトでは、サイトに貼り付けるリンクによって、報酬額が異なる場合もあり、バナーだけでなく、クリック誘導をしやすい「文字リンク」などもあります。ブログの訪問者が押してみたくなるような文面を書いていくのも、高収入を狙うためには欠かせないポイントです。

在宅ワークサイトを経由して男性が行う人気のお仕事には「ライティング」もあります。女性向けの記事とは違って、男性向けのライティングコンテンツには、映画や車など、男性ならではの趣味を取り扱ったテーマがたくさんあります。

 

また、高収入のライティング案件としては、保険、金融、不動産など、専門知識を生かして記事を書くお仕事もあります。特に、住まいに関する記事や、金融に関するテーマはお仕事の件数も非常に多く、男性が書きやすい記事として人気があります。

女性ライターと同じく、男性ライターも未経験でも登録できるお仕事がたくさんあり、気軽に始めることができる人気の在宅ワークとなっています。

 

この他にも、男性におすすめの高収入在宅ワークとしては、「プログラミング」があります。IT企業にお勤めの方で、プログラミングの知識やスキルがある方は、会社で仕事をするのではなく、社外でクライアントと直接契約してプログラミングを受注するのもおすすめです。

プログラミングのお仕事は、使用言語によって得られる報酬に差がありますが、他の在宅ワークと比較して、高収入の案件が多いのも特徴です。

副業プログラマーとして、週末1日から気軽に始めることができ、クライアントを確保していけば、徐々に副業から本業に変えていくことも可能です。

企業に属していなくても、ワーカーサイトに登録すれば、いくらでもクライアントと直接契約を結ぶことができますので、フリーランスのプログラマーとして働き、就業時間の自由と安定した収入の両方を手に入れることも夢ではありません。

また、他の方が持っていないスキルや知識があれば、ニッチなマーケットで稼ぐことができますので、在宅ワークだけでも十分生活していくことが可能です。

3.男性の在宅ワークは副業で高収入を狙えるのか?

男性が在宅ワークを始める際に、一番迷うのは、今勤めている会社を辞めるか、副業として始めるかだと思います。

この選択は、家族の有無や貯金額などもにもよりますが、男性で在宅ワークを始める方の大半が、副業で在宅ワークをスタートさせるようです。

平日は、遅くまで会社で残業しなければならないサラリーマン男性の場合、帰宅後に在宅ワークの時間を確保するのは、かなり難しくなります。

となると、やはり在宅ワークをするのは、土、日、祝日など、週末が中心となってしまいます。

 

仮にアフィリエイトで在宅ワークをしたいと考えるなら、少なくとも、週に3日から4日は、ブログの更新やバナー広告の設置などに時間が必要です。慣れないうちは、記事を書くのにも多少なりとも時間を要しますし、バナー広告を探したり、選定する作業にも、少なく見積もって30分ぐらいは必要です。

そう考えると、アフィリエイトに副業で取り組んだ場合は、すぐに高収入を得るのはかなり難しいと考えた方が良さそうです。

週末オンリーの副業で、比較的高収入を得られるお仕事としては、先にご紹介したプログラミングやwebデザインなど、パソコン関連のお仕事が考えられます。

ただし、納期との兼ね合いもありますので、本業と副業で両立させていけるのか?あるいは、仕事の比重・割合を調節しなければ、なかなか副業のみで高収入を得るのは厳しいと考えた方がよさそうです。

4.男性が在宅ワークを選ぶ際のポイント

男性が在宅ワークを選ぶ際には、副業ワーカーとしてスタートするなら、業務時間が短いものを選ぶのがポイントです。

就業時間や納期が決まっていないお仕事で、短時間から始められる副業としては、ネットショップや「せどり」と言われる中古CDや中古本の転売などもあります。

 

メリットとしては、商品が売れたときや、売りたい商品がある時だけ営業すれば良いので、副業でも始めやすいという点が挙げられます。デメリットは、高収入にはつながりにくいということと、場合によっては在庫を持たなければならないという点です。

そこまで高収入にこだわらないという方なら、通勤時間の電車内でもできる副業として、お小遣いサイトを活用するのもおすすめです。特に、納期などもありませんので、隙間時間や通勤時間を有効に活用できて一石二鳥です。

高収入を重視して副業を選ぶなら、株式投資を行うというのも選択肢の一つです。デイトレーダーのように、パソコンに張り付いて株の動きを見ているわけにはいきませんが、自分の興味がある企業を応援するという感覚で、小額から行える株式投資を購入して、株取引を楽しんでいる方も多いようです。

個人投資を始める場合には、手数料の安い会社を選ぶのがポイントです。いきなり高収入にはつながらないと思いますが、銀行で寝ているお金ほど無駄なお金はありませんので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

5.在宅ワークをする男性の仕事環境

これまで会社に勤めていた男性が在宅ワーク一本で仕事をすることになった時、意外と問題になるのが、仕事環境です。

家には、子供や奥さんがいたりして、思ったよりもうるさかったり、資料やパソコンなどを置けるスペースの確保が難しかったり、思ったよりも仕事環境が良くないと感じる男性も多いようです。

高収入を得られれば、マンションの一室を自分専用の部屋としてオフィス代わりに使用することも可能ですが、そこまでは難しいという場合も多いかもしれません。

 

また、家族のいる男性が在宅ワークを本業にすると、ずっと自宅にいいる状態が続きます。奥さんが夫在宅鬱と言われる「夫源病」にかかってしまうというケースも多々あるようです。

副業で在宅ワークをする場合は、週末など限られた時間で行う在宅ワークなので、場所の問題はさほど発生しないと考えますが、常時家にいて、在宅ワークのみで生活していこうと考えている男性は注意が必要です。

また、在宅ワークだけで生活しているだけの収入が確保できることを証明できなければ、家族の反対にあう可能性もあります。ある程度は将来設計をして、在宅ワークを本業にするか、副業で続けるのかを考えた方が良さそうです。

6.男性が在宅ワークで収入を得る際の注意点

男性が在宅ワークで収入を得る場合に、気をつけていただきたいのが、確定申告です。

国の定める基準によれば、副業で得た収入は必ず確定申告を行う必要があり、本業の収入と合わせて、税務署に届け出なければなりません。

 

特に、高額の副収入を得ることができた場合は注意が必要で、申告漏れがあると、税務署から「おたずね」が来てしまいます。企業に勤めながら副業として在宅ワークを行っている方だと、本業の会社に副業の実態がバレてしまうことにもなりかねません。

本業の会社が、副業を禁止していない場合は問題ありませんが、副業禁止となっている企業に勤めている場合は、本業も辞めなければならないという自体に発展するリスクもあるのです。

本業があると、なかなか確定申告に行く時間を確保するのも難しいとは思いますが、在宅ワークをするなら、確定申告は避けては通れない道ですので、オンライン手続きなど休日でも申告可能な方法を事前に調べておき、申告漏れのないように気をつけましょう。

7.男性も在宅ワークで高収入を得てサラリーマンから脱出しよう!

男性におすすめの在宅ワークと、副業を選ぶ際のポイントをご紹介して参りました。

自宅にいながら高収入を得ることができる在宅ワークは、脱サラを夢見る多くのサラリーマンの希望の星です。

インターネットの目覚ましい発展により、昔はつながることのできなかった企業と個人が直接契約を結べる時代になっています。嫌な上司や面倒な先輩、煩わしい人間関係も無い在宅ワークは、社会に出ることで受けるストレスをグッと軽減してくれる新しいワークスタイルです。

通勤の必要もなく、家族と過ごせる時間も増やせる在宅ワークは、一家の大黒柱として働く男性たちにとっても、理想的な働き方なのかもしれません。

「副業と言うけれど、時間もないしそんなに簡単に始められないよ。」という方は、今回ご紹介した在宅ワークの中から、お小遣いサイトや、単発のライティングのお仕事などにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

一度始めてみれば、思ったより簡単にプラスαの収入を得ることができ、在宅ワークにハマるかもしれません。まずは、ワーカーサイトに登録して、簡単なお仕事から副業への第一歩を踏み出してみませんか?

Pocket

pagetop