在宅ワークに有効な資格取得の方法とは | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークに有効な資格取得の方法とは

2018.08.06
Pocket

在宅ワークに有効な資格とその取得の方法

子育てや介護などで、家を長時間空けられないなどの理由で、在宅ワークをせざるを得ない人は多いのではないでしょうか。

在宅ワークの内容はさまざまで、ネット環境のなかで行う仕事から、自宅開業、或いは内職的な仕事までたくさんあります。

いまや、男性女性問わず、自宅をオフィスにして稼ぐことが可能な時代になりました。クラウドの普及などで、在宅ワークの可能性が飛躍的に大きくなってきていますね。

通勤時間に時間を費やさなくて良い、時間を自分の好きなようにスケジュール立てられる、仕事と同じように大事なものを優先させられるなど、在宅ワークのメリットはたくさんあります。

さらに、効率よく働ければ、収入を上げることも出来る働き方です。在宅ワークをより有効に進めるためにも、資格の取得は大切なポイントとなります。

自らのスキルアップも兼ねて、資格取得は大きなステップアップに繋がります。ここでは、在宅ワークに有効な資格取得の方法を見ていきましょう。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

在宅ワークとパソコンは切っても切れない関係です。パソコンスキルがあればこそ、自宅がオフィス代わりに出来るので、在宅ワーカーにとってMOSは必須のスキルでしょう。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は、オフィスソフトのワード、エクセル、パワーポイント、アクセスなどの基本的操作スキルがあるということを証明します。

在宅ワークの委託側は、依頼先のスキルがどれだけあるかが委託判断基準になります。どれだけのスキルがあるかの証明になるので、MOSの資格は持っていると良いでしょう。独学でパソコンスキルがある人も、もう一度基礎からしっかり学び直すのもおすすめです。

MOSは、世界共通の認定証によって、世界に通じる国際資格の扱いです。MOSを保持していれば、国内にとどまらずグローバルに仕事を受注するといった可能性の幅が広がります。

MOSで、他者に見えないスキルを明快に証明出来るのは、在宅ワーカーにとっては大きな強みになりますね。

MOSはMicrosoft Office、国家資格で、Word、Excel、PowerPoint、AccessもしくはOutlookの5つの試験があります。

これらの資格取得で、その分野のスキルの証明となります。以上の4つに合格することでMOSマスター資格取得となります。

Wordは文章作成ソフト、Excelは表計算ソフト、PowerPointはプレゼンテーションソフト、Accessはデータベースソフト、Outlookは電子メール、情報管理ソフトです。

また、WordとExcelは一般のスペシャリストと上級のエキスパートレベルの2種類に分類されています。

具体的に、Wordにおけるスペシャリストレベルは、文字サイズやフォント変更、表作成、文書印刷などWordにおける基本的編集機能を理解しているレベル、またエキスパートレベルは、スタイル機能、目次、索引作成、長文機能、データ取り込みなどWordにおける高度機能を理解しているレベルです。

また、Excelにおけるスペシャリストレベルは、数式や関数作成、セル書式設定、グラフ作成などのExcelでの基本的操作を理解しているレベル、そしてエキスパートレベルは、データ分析、条件付き書式入力、規則設定、マクロ作成と編集などExcelでの高度機能を理解しているレベルです。

受験方法は、全国一斉試験と随時試験の2つの受験方法があります。それぞれの申し込み方法が違うので注意が必要です。そのほかの受験料、試験内容、合格認定証などの型式はどちらも同じです。

全国一斉試験は、オンラインや郵送などで申し込みが可能です。試験部から1~1カ月半前から申し込みが始まります。試験の実施は毎月1~2回程あるので、受験チャンスが多いですね。試験会場は、全国一斉試験実施会場のなかから選択します。

一方、随時試験は、各試験会場が設定した日時に開催、申し込みは試験会場ごとに方法や期間が違いますので調べる必要があります。

受験資格はとくになく、年齢や国籍は問わずだれでも受験で出来ます。ただし、同じ科目を2回受験希望の場合は、前回から1日(24時間)時間をおく必要があります。

そのほか、彩受験に関するルールなど設定されているので、公式サイトなどで調べておくと良いでしょう。

MOSは就職後にも有効的に活用が可能です。在宅ワークをすすめるに際しても役に立つ資格です。

日商簿記3級、2級

在宅ワーカーは、個人事業主です。これまで会社が行っていた財務管理、確定申告などをすべて自分でする必要があります。在宅ワークを進める上での知識を習得し、補うことが出来るのが簿記の資格ですね。在宅ワーカーにとっては、必要不可欠な知識です。

収入があるということは、確定申告を毎年自分で行わなくてはいけません。会社勤務では、会社側でやってもらえていたことも、収入や支出、経費などの管理を自分でする必要があります。在宅ワークにおける経理作業の理解と実施に役に立つこと間違いなしです。

簿記は、企業の取引の全てを記録、貸借対照表、損益計算書を作成するスキルを指します。企業側が簿記資格を求めるケースも多く、可能ならば簿記3級、2級以上を保持していると求人に強いとされています。

日商簿記検定は、全国各地で試験実施しています。申し込みは、インターネット或いは、電話での受験申し込み登録を行います。申し込み登録期間が公式サイトに掲示されています。

申し込み登録初日10時から受け付け開始、登録最終日は18時で締め切ります。この登録後に、申込書(振込取扱票)が郵送されます。届いたら受験料と事務手数料を支払います。後日、受験票が届きます。

この受験表に、試験会場が記載されているのでよく確認しましょう。試験日に、受験し終わるとWEB成績票にて成績を照会することが出来ます。WEB成績票照会期間に、インターネット上にて成績を照会します。合格者には、後日合格証書を郵送されます。

以上のような流れで、資格試験が実施されます。公式サイトにも詳細の記載があるのでよく確認しておきましょう。また、商工会議所毎に申込受付方法や受付日時が異なるので、試験日の2カ月前にはお近くの商工会議所まで問い合わせてみると良いですね。

簿記3級のレベルとは、経理、財務における基礎知識です。ビジネスパーソンには必須の知識として、採用の際は経理や財務担のほか、職種にかかわらず評価されるスキルの一つです。

経理書類処理、青色申告書類作成などの基本的商業簿記を修得、経理における実務が即対応できるレベルです。

簿記2級は、最も企業に求められる経理資格の一つです。経営管理に役立つ知識を習得します。企業の財務担当者として仕事を進めるには必須のスキルです。高度な商業簿記、工業簿記を修得、財務諸表の数字から経営内容を把握出来るハイレベルスキルです。

目安としては、商業高校において修得を期待されるレベルです。お金のスペシャリストとして活躍するには欠かせない資格ですね。

TOEIC

TOEICは、世界共通テストで、英語によるコミュニケーション力を評価、証明する資格です。実用英語が多く、実際の仕事に役立つ資格です。パソコンでの受託業務では、翻訳、なかでも和訳、英訳が多く、実用的な英語力が求められます。

TOEICの点数が高いことが、語学スキルを客観的に証明されることになります。

在宅ワークでの翻訳仕事を効率良く進めるだけではなく、仕事をより得やすくなるための資格ですね。

TOEICは全世界約160カ国で実施されています。TOEIC合格、不合格表示ではなく、スコア(点数)で評価されます。これによって、自分の正確な成績の把握と目標設定が明確になります。

知識や教養としての資格取得ではなく、日常的に英語によってコミュニケーションを図れる能力を養い、幅広く測定します。よって、オフィスや日常生活において実践的に会話が出来る指標となり、客観性と正確性を証明できる資格です。

TOEIC Programは、スキルに応じて2つのテストブランド、5つのテストの受験が可能です。

細かくは、TOEIC Tests、TOEIC Bridge Testのテストブランド、TOEIC Listening&Reading Test、TOEIC Speaking&Writing Test、TOEIC Speaking Test、TOEIC Writing Test、TOEIC Bridge Testの5つのテストです。

TOEIC公開受験申し込みは、インターネット申し込みとコンビニ端末申し込みの2つの方法から出来ます。インターネット申し込みは、TOEIC申し込みサイトの会員登録が必要で、ログイン後に申し込みが可能です。

コンビニ端末申し込みの場合は、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ店内に設置されている情報端末にて申し込みが出来ます。受験料は、税込4,320円です。それぞれ、申し込み時の注意事項があるのでよく確認して申し込みしましょう。

ファイナンシャルプランナー

実際の在宅ワークにおいて、ファイナンシャルプランナーとして仕事をするには、自宅にて相談業務や指導業務などが想定出来ますが、ここで挙げるファイナンシャルプランナーの資格は、お金の知識と流れ、とくに家計を預かる女性にとっては家計の長期計画や将来設計の考え方に役に立つでしょう。

お金のことは、勉強しないと分からない部分が非常に多いことからも、ファイナンシャルプランナーの資格は在宅ワーカーにとって有効です。知識があることで、ライフスタイルと在宅ワークの在り方を見直し、効率よく進めることが出来ます。

金融、税制、不動産、ローン、教育資金、保険、家計管理など幅広いお金に関わる知識を備えたお金の専門家です。

3級FP技能検定、2級FP技能検定、1級FP技能検定の3つがあります。それぞれの試験に、学科試験、実技試験があり、両方に合格すると各等級のFP技能士を名乗ることが可能です。

試験実施団体は、NPO法人日本FP協会、一般社団法人金融財政事情研究会の2つの団体です。申し込み方法は、インターネット申請と受験申請書の2つの方法があります。

受験手数料として、各級ごとに、また試験の種類で金額が異なるのでよく確認しましょう。全国47都道府県各地で試験を実施しています。受験申請の時に、希望受験地区を選択出来ます。日本FP協会ホームページにて公開しています。

Webデザイナー

Webデザイナーの資格は、厚生労働省認定の国家資格です。認知度が高く、Webサイト運営やサイト作成の経験やスキルがある人にとっては、非常に有効な資格です。

在宅ワークで仕事を請け負う場合、企業に自分のスキルを示さなくてはなかなか仕事を振ってはもらえません。このWebデザイナーの資格さえあれば、一定基準の知識と技術があることが証明されるので、非常に重要ですね。

Webデザイン界唯一、国家資格にウェブデザイン技能検定があります。

特定非営利活動法人「インターネットスキル認定普及協会」で実施される資格試験です。

このウェブデザイン技能検定に合格すると、履歴書には「ウェブデザイン技能士」と記載することが出来ます。

在宅ワークで、第3者にWebデザインスキルを証明するには持ってこいの資格です。

資格試験には、1級、2級、3級の3種類があります。そのうち、3級は受験資格を問われませんが、2級、1級は、前級合格者のみと受験資格が限定されます。

筆記試験と実技試験があります。

内容は、インターネット概論、ウェブデザイン技術などを含む10科目の学科試験、加えてWebサイト構築、運用スキルを確認する実技試験です。

受験申し込みは、インターネット申請と郵送による申請があります。受験会場地区は、学科や実技、各級によって場所が異なるので確認が必要です。

Webサイト制作に直接つながる資格なので、在宅ワークだけではなく企業勤務においても役にたつ資格ですね。

カラーコーディネート

美術系、デザイン系に興味関心がある、或いはすでにデザインの仕事をしている人には、カラーコーディネートを極めることをおすすめします。

在宅ワークでも、とても役に立つカラーコーディネートは色彩コーディネーターとして、手がける仕事の幅をグッと広げてくれます。

在宅では、このように専門分野にある程度の知識とスキルがあると証明できる資格は非常に重要です。

カラーコーディネートの資格は、一般的には通信教育や専門学校での受講、そして資格試験を受けるといった方法で取得します。

アイディアとセンスが問われるので、決められたことをこなすだけでは物足りない人にとっては、デザイン系の仕事はおすすめです。

カラーコーディネーター検定試験は、東京商工会議所が実施しています。カラーコーディネーター1級、2級、3級があり、受験資格には年齢、性別、国籍、学歴などの制限は設けられていません。

また、1級、2級からいきなり受験することが可能、1、2級併願、2、3級併願の受験が可能です。受験料は各級異なります。

申し込み方法は、申し込み受付期間にインターネット、または電話より申し込みます。まずは、登録後に申込書(払込取扱票)が届きます。その振込取扱票で受験料を支払い、受験票が届くのを待ちます。

在宅ワークに役立つ実践的色彩の知識とスキルを修得することが可能です。

メンタルヘルス・マネジメント(R)検定

心の健康と対処法を学び、心の不調により社会生活に困難を訴える人たちの力になれる仕事がカウンセリングの仕事です。自分自身のセルフコントロールにも役に立つなどのメリットのほか、メンタルコントロールに関わる仕事に携わることが出来ます。

ストレス社会の現代に、非常にニーズのある仕事と言われています。そして、メンタルヘルス・マネジメント検定を取得することで、在宅でもカウンセリング仕事が可能になります。

社会人が仕事の傍らで学ぶのには、メンタルヘルス・マネジメント検定の通信講座が受講しやすいのではないでしょうか。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、公開試験と団体特別試験の2種類が設定されています。公開試験は、全国15都市で統一試験日に実施され、団体特別試験は企業などが任意に試験日時、場所を決め実施します。

コースが3種類あり、Ⅰ種(マスターコース)、Ⅱ種(ラインケアコース)、Ⅲ種(セルフケアコース)に、職種、職位別に設定されています。それぞれ、出題内容や配点が異なります。

申込方法は、インターネット、コンビニ情報端末、郵便振替の3種類です。申込手続きの上、受験料を支払い、受験票が届くのを待ちます。受験後は、後日成績票(合否結果)が届きます。

臨床心理士

メンタルヘルス・マネジメントのお仕事をさらに専門的に深めたい人には、臨床心理士の資格をおすすめします。臨床心理士は、国家資格のため受注出来る仕事の質と重要性が上がることは間違いありません。

一般的には、教育施設相談機関、医療機関、福祉関連機関などでの心理の仕事に携わることが多いですが、自宅にて個人開業したり、在宅ワークとしてカウンセリングを行うなど仕事の幅が大きく、有効な資格です。

資格取得には、大学卒業が大前提で、大学院に進み、大学院卒業で臨床心理士資格取得権利がやっと得られます。具体的な受験資格として、

1.指定大学院(1種、2種)終了、所定の条件を満たしている者。

2.臨床心理士養成に関わる専門職大学院修了者。

3.諸外国で指定大学院と同等以上の学歴保持者で、修了後の日本における心理臨床経験2年以上を有する者、

4.医師免許取得者で、取得後に心理臨床経験2年以上有する者。

公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が実施しており、受験の申込は、協会に指定期間内に申請書類を請求します。

郵便振替用紙に「申請書類□部希望」と記し、指定口座に申請書類1セット1,500円を振り込みます。送金完了後、受験申請書が届きます。

資格試験は、1次試験と2次試験と行われます。1次試験は、筆記で多肢選択方式試験と論文記述試験、2次試験は口述面接試験です。

臨床心理士資格試験は、試験合格通知を受け取っただけでは、臨床心理士と認められません。合格通知受け取り後、資格認定証の交付手続きが必要です。

日本臨床心理士資格認定協会から、臨床心理士資格認定証と身分証明書としての資格登録証明書(IDカード)が発行されて資格認定とみなされます。

以上の手続き完了によって、臨床心理士資格認定とされ、協会が発行する「日本臨床心理士名簿一覧」に登録されます。

整理収納アドバイザー2級

整理収納アドバイザーという資格は、いわゆるお片づけ収納のプロフェッショナルということですね。きちんと理論立てられた整理、収納に関する知識と技術を基礎から学ぶことが出来ます。

整理収納アドバイザーとしての仕事を進めていくほかに、ブログ記事やサイト記事などWEBライター仕事をしている人にもおすすめの資格です。

日常生活に役に立つ専門知識を増やすことで、整理収納〇〇術といったように検索上位に上がることもあるので、ライター仕事にもきっと役に立つでしょう。

自宅で収納スキル講座などの開催、在宅で講師業などを行うなど、お仕事の可能性が広がりますね。

特定非営利活動法人ハウスキーピング協会が実施している整理収納アドバイザー2級資格は、整理収納に関わる基本的な原理、法則を学び、修得します。日常生活全般において汎用性、応用性が高く、整理収納アドバンス、スペシャリストの基礎となる資格です。

基本的な整理の考え方、方法、実践的なコツを修得すると同時に、協会実施の整理収納アドバイザー1級予備講座受講する資格が得られます。

受講料(テキスト代、認定料込)23,100円で、受験資格はとくにありませんが、日本語理解可能な方、未成年は保護者の了承が必要です。

整理収納アドバイザー2級は、3級資格を取得していなくても受講出来ます。講座を受講後1カ月すると、資格認定証が送られてきます。

さらに応用力として、整理収納アドバイザー1級資格や整理収納アドバイザー2級認定講師、整理収納コンサルタント、BAV認定講師、整理収納アカデミーマスターがあり、さらに専門性を高めたスペシャリストとして整理収納教育士、整理収納ベーシックコーチ、住宅収納スペシャリス、オフィス環境診断士などさまざまな取得資格があります。

これらすべての基礎となるのが、整理収納アドバイザー2級です。

整理収納ノウハウを修得して取得する資格取得のメリットとして、時間的、経済的、精神的メリットを得られるとされています。

整理収納ノウハウがあることで、探し物の時間を極端に減らすことが出来、衝動的、ムダな買い物、二度買いなどを避け、整理整頓された空間は心を豊かさとゆとりを与え、精神的に明るくなるといった効果を得られます。以上のように、これだけ整理収納メソッドが奥深く、家庭生活にとどまらず企業オフィスなどの環境改善、教育現場にまで貢献できる分野は非常に興味深いですね。

家庭がオフィス代わりに仕事を進める在宅ワークにおいても、多いにプラス効果があり、利用価値の高い資格なのではないでしょうか。

在宅ワークに有効な資格取得

以上、在宅ワークに有効な資格取得について見てきました。挙げた資格はごく一部に過ぎなく、まだ多くの種類の資格があります。

しかし、より専門性を高めることによって企業ニーズも高まり、採用に繋げることが出来ます。在宅ワークを進めるにあたっては、企業や法人など発注側の目に止まり、契約に繋げなければ稼ぐことが出来ません。

在宅ワークでは、焦りは禁物です。コツコツと自らのスキルを上げることが大切ですね。一つひとつの依頼案件をこなしながら、信頼関係を築くことが重要です。

通勤時間を費やす必要がなく、自由に時間をスケジューリング出来ることから、時間と経費を有効に使いながら資格取得、また取得に向けての勉強が出来ると良いですね。

企業などの発注者に、どのようなスキルがあって、どの分野の専門性に長けているのかを証明するのが資格です。在宅で受注する場合、より高い報酬を得たいと思うのは誰も同じではないでしょうか。

専門的に磨き上げた資格とコツコツと一つでも多く案件をこなしながら得る実績とスキルでより質の高い仕事が出来るようになります。その意味でも、在宅ワークは長期的視野で計画性をもって受託することが大切ですね。

また、個人事業主としての知識と視点で受託することは外せません。仕事のスケジュールから経理まで、今まで会社がやってくれていたことを全て自分でこなさなければならなりません。

在宅ワークを始める人も、すでに受託している人も、在宅ワークの在り方とビジョンを今一度見直してみるのも良いですね。

Pocket

pagetop