在宅ワークにおけるデータ入力ってどんな仕事?口コミから分かること | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークにおけるデータ入力ってどんな仕事?口コミから分かること

2018.08.06
Pocket

データ入力は、在宅ワークのうちパソコンがあれば手軽に出来るので幅広い年齢層に人気です。とくに専門的なスキルを求められるわけではないので、学生、主婦などアルバイト感覚、お小遣い稼ぎなどで受託する人も多いですね。

データ入力を外注する企業にとって、データ入力業務は相対的に効率化を求めています。正確性に合わせて、スピードも要求されます。さほど早くしなくても、納期には必ず間に合うようにしなければいけません。

データ入力業務は、単純で簡単そうに見えますが、非常に神経を使う仕事です。そして、ひたすらデータを打ち込むのでその単純作業に向いている人、向かない人がいます。

単純作業をコツコツとこなすのが大好きな人もいれば、単純作業の繰り返しに楽しさややりがいを感じられない人もいますね。

また、企業にとって「重要な業務」といった自覚があるか、ないかによっても作業の進め方に違いが生じます。

企業の内部資料やデータを預かるので、情報管理がとても大切です。ただ、単調すぎる、面倒くさい、すぐ疲れるなどといったように、データ入力業務に苦痛を感じるようならば、それは向いていないということでしょう。

ここでは、データ入力がどんな仕事なのか、データ入力を請け負ったことのある人の口コミから分かることを見ていきましょう。

データ入力に関する口コミ

企業勤務、在宅勤務いずれにおいてもデータ入力業務は人気の仕事のひとつです。とくにデスクワークが好きな人やタイピングが好きな人、ブラインドタッチが可能でコツコツと打ち込む作業が好きな人には、もってこいのお仕事ですね。

データ入力業務初心者でも、単調作業の繰り返しなのでコツを掴めば、難なくこなしていけるでしょう。では、実際のデータ入力経験者の口コミを見ていきましょう。 

・座って出来る簡単な仕事なのかなと応募してみたところ、思っていた以上にデータ入のスピードを求められる仕事でした。決められた項目を間違いなく正確に入力しなければいけないので戸惑いました。

・ずっとパソコンの画面を眺めて打ち込み続けるので、作業を終えると目の疲労と首肩の凝りがひどく疲れました。これは、身体を使う仕事の疲れとはまったく違う疲れです。

・ただ打ち込む作業で、人と対面したり、コミュニケーションを図ったりする必要がないのかと気楽に考えていましたが、企業側の業務指示など業務ルールを教えてもらうなど、思っていた以上にコミュニケーションを取りながら、仕事を進めていきました。 

・確定申告データ入力業務でしたが、ただ打ち込むだけではなく、実際は税に関する勉強をしてよく理解していなければ入力出来ないほど、専門性が高いお仕事でした。

・最低限タイピングスキルは必要なので、何も出来ない状態では仕事ももらえませんでした。

・在宅で請け負ったデータ入力業務は、1件入力につき〇円といったように、データ件数×単価の計算で報酬が発生します。単価設定と件数で、だいたい時給1,000円~1,500円が相場で、案件によっては時給1,000円にも満たない時もあります。

・単価が安価なので、ひたすらデータを入力し続ける働き方をしないと収入にならないのが現実。

・コツコツとこなす仕事が大好きですが、あまりに単調すぎて飽きてしまいました。首肩の凝りも半端ありませんでした。

・同じデータ入力でも、伝票入力や書類作成、紙ベースからデータベースへの置き換え、べた打ちなど幅も広く、納期を急ぐものから1週間程度時間をもらえるものなどさまざまです。自分のタイピングと性格に合った仕事を受注出来たら作業が効率良く進められると思います。

・伝票入力は、入力の正確さには非常に厳密で、そのうえ複雑、スピードを要求されるのでかなりハードでした。

・あまり納期が短いと、焦ったりして逆に間違って打ち込んでしまったりしていました。

・人付き合いや余計な神経を使いたくない人には、向いているかもしれません。

・定形フォームや数字、アルファベットの指示など細かい場合は誤入力しがちなので、注意力が必要です。おおざっぱで気にしない人には向いていません!

・単調作業ですが、仕事をこなすうちに速さや効率が上がり、ミスも少なく正確性も磨かれ次第に達成感を味わえるようになります。 

・パソコンに向きあう時間が長いのと、意外と気が抜けないので肩がパンパンに張ってしまいます。集中する時間と息抜きと上手にこなさなきゃ出来ません。長時間タイピングするので指や腕が痛くなることも。

・接客がないので、接客が苦手な人にとっては楽な仕事だと思います。

・パソコンスキルを伸ばせます。

以上のような口コミから、データ入力業務の実際が見えてきますね。向き、不向きがあるのも良く分かります。では、データ入力業務を受託し、仕事をしっかりとこなすにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

データ入力に必要なスキルとは

データ入力を在宅で受注する際には、ただ単純作業というだけで安易に請負ってしまうのは注意が必要です。ある程度、仕事のスキルと心構えを念頭に入れておくことでスムーズに作業が出来るのではないでしょうか。

基本的なパソコンスキル

まずは、最低限のパソコンスキルが必要です。データ入力では、たいてい企業の指定するフォーマットにデータ入力をするために、フォーマットの保存や扱いなどのパソコンの基本的スキルが必要です。

ショートカット機能、カーソルの移動機能、コピー&ペーストなど最低限の知識と技術はどの種類のデータ入力においても必須ですね。

また、タイピングの正確性、そしてスピードが求められます。スピードは、業務を継続するなかで上がって来るでしょう。データ入力において許されないのは、誤入力です。とくに売上データのように数字を扱うデータの場合は許されません。 

逆に、高いパソコンスキルを持っている人にとっては、高収入を得られる仕事になり得るので向いているでしょう。とくに、ExcelやWordなどのソフトを使用することがほとんどなので、Excel、Wordソフトのスキルを保持している人にはおすすめの業務です。

タイピングが得意な人にもおすすめですね。タイピングが純粋に好きという人、タイピングが早い人、正確性に自信がある人には、データ入力作業も苦ではないのではないでしょうか。

重要なデータ情報管理と処理に注意する-責任感と情報管理意識-

データ入力業務を請け負う際に、企業の重要データを取り扱う場合もあります。売上データを始め、顧客管理データなどの機密情報を受け取ることが多々あります。これらのデータ情報は、絶対に外部に漏れることを防ぎます。

データ入力を受注する場合、最低限のルールですね。パソコン上で受け取る場合もあれば、用紙の状態で受け取る場合もあり、それぞれの扱いに注意が必要です。

入力作業の最中の扱いもさることながら、入力完了後の扱いにも十分気を付けましょう。入力後にそのままゴミ箱へ捨てたり、例え、家族とはいえども人目に付くような場所に置きっぱなしにするなどは絶対にしてはいけません。

また、パソコン本体の管理も大切です。パソコンのウィルス感染を事前に防ぐなど注意しましょう。パソコンウィルス対策ソフトを用意したり、OSを最新のものにアップデートしておくなどパソコンを常に安全な状態に維持しておくことも大事ですね。

仕事用のパソコンでは、不審なサイトやメールを開かないようにするなどの徹底したウィルス対策が必須です。これはパソコンで仕事をする上で基本的な対策とマナーです。

パソコンを使って在宅ワークを実施する場合は、以上のようなパソコンの基本的ウィルス対策はビジネスマナーとして認識しておきましょう。 

万が一、こちらの不注意で情報が漏えいしてしまったら、企業には莫大な損害を与えてしまうこともあります。責任感、また情報管理意識が求められます。

納品期日を守る-自己管理能力-

データ入力にとどまらず、あらゆる業務を在宅で依頼を受ける場合、オフィスではないことや上司、同僚がそばにいないことからも、作業環境が緊張感のない場となりがちです。

作業を進める上でのタイムスケジュールなどを、自分自身でしっかりと立てておかないと、その他の雑多に追われてなかなか入力業務が進めないといったことになります。

たとえ、納品期日に合わせたタイムスケジュールを立てたとしても、トータル的に自己管理が出来ない人は、結局タイムスケジュール通りに動けずに、締切に間に合わないといった事態を招いてしまいます。

仕事を請け負う自宅という空間は、本来家族がくつろぐ空間です。そのくつろぐ空間を仕事場として利用する場合は、相当の切り替えと工夫が必要なのではないでしょうか。

くつろぐ部屋とはきっちり仕切られた部屋を用意したり、家族のくつろぐ時間と仕事時間の切り替え、家族の行動や動線などさまざまな工夫が必要です。

それと同時に、家族への配慮と家族からの理解が必要です。仕事だからと言って、作業優先で家事や家族の世話を後回しにしてしまっては家族関係が円滑にいきませんね。

そのあたりは、よくコミュニケーションとって理解を深めあう、配慮し合うといった心配りが必要ですね。

どうしても、納品期日に間に合わない場合も出てくるかもしれません。その場合は、素直に企業側にその旨を伝えましょう。在宅とはいえ、企業から仕事を受託している以上、企業担当者とのコミュニケーションは必須です。

いまの状況と進捗状況を報告しながら、いったいいつならば納品できるかの見通しを伝えましょう。また、どの程度であれば大丈夫なのかなど本音で相談することも大事です。

まずは、納品期日を守るということが企業との信頼関係に繋がります。この「納期を守る」ことが必須条件で仕事を請け負いましょう。

仕事に対する責任感と向上心

先に挙げたように、データ入力は単調な作業というだけではなく、企業の大事なデータを取り扱います。情報管理に対する責任とともに、企業の業務効率のアップのために大事な作業なんだといった自覚が必要ですね。

ほかの職種のバイトなんかよりも簡単だからといったように、安易にデータ入力を選んで受託して、ただの単純作業といった低い意識で取りかかると、繰り返される単調作業に緊張感を失い、誤入力や作業遅延で納品期日を守れないなどといった失態を招きます。

データ入力業務に責任感と向上心を常に抱きながら、作業にとりかかるといった姿勢が求められます。出来上がったデータを見れば、企業側もその人の姿勢や仕事の在り方がすぐに分かるはずです。

何度も誤入力されたデータを提出してしまうと、最悪雇用契約解除を言い渡されてしまいます。一つひとつの仕事を丁寧に進めなければいけません。

在宅ワークは、企業との信頼が一番です。出来上がったデータで信頼を得るといった高い意識で作業を進めます。その仕事に対する責任感と向上心が求められますね。

高い集中力とスケジューリング力

データ入力作業は、非常に根気の要る作業です。作業自体は単調なのに、うっかりミスや誤入力は絶対に許されない業務です。非常に高い集中力が必要です。そして、長時間のタイピングでまず眼精疲労がひどく、首肩の凝り、腰痛など身体に支障が出てきます。

データ入力にかかわらず、パソコンに長時間向かう仕事はどうしても凝りや痛みなどの疲労から逃れられません。

集中力も求められることからも、このパソコンによる疲労と上手に付き合っていかに作業が出来るかが、長期的に仕事を受注するコツになってくるでしょう。 

作業と作業の合間に、ストレッチやウォーキング、ランニングのように身体を動かしに家を出るのも集中力の回復には効果的ですね。血行を良くし、リフレッシュすることも作業効率が上がります。

このように、作業の進め方や日頃の行動が自由なのも在宅ワークの大きなメリットですね。オフィスでは、外出など一つひとつに一言報告が必要ですが、その煩わしさがないのが在宅ワークです。

ご自分がどのスタイルでパソコンと向き合うのが一番効率良いのかを考慮しながら、スケジューリングを立てることをおすすめします。例えば、1日パソコンに向き合う日を設けて集中したいのか、毎日数時間ずつでもパソコンに向き合って少しずつ作業を進めるのが良いのかといったように、自分の作業スタイルを確立していくのが良いですね。

有効な作業スタイルは、仕事をしながら徐々に確立されていきます。自分の特性や仕事のパターンが少しずつ分かってきますので、無理のない範囲で初めは少しずつ仕事を受注していくと良いでしょう。

高いコミュニケーション能力

在宅ワークのなかでも、データ入力などはひたすらパソコンに向き合って入力し続ける作業ですから、人に対面してサービスを施すのとは違って気が楽だといった判断基準で選ぶ人も多いのではないでしょうか。

気を使わなくて良い、笑顔を作らなくて良い、接客しなくて良いなど、人との関わりが苦手な人でも仕事を受けることが出来るのがデータ入力業務ですね。

しかし、データ入力を始めとする在宅ワークにおいては、接客などとは別に高いコミュニケーション能力が求められます。

そばに上司がいない、指示を出す人がいない、相談者がいないといったように、相手が目に見えない環境では、より高いコミュニケーション能力が必要です。

企業の重要なデータを取り扱う以上、企業との信頼関係は必須条件です。相手が見えないからこそ、細かいやりとりや報告などの相互コミュニケーションで信頼関係を築いていきます。

こちらの進捗状況を相手に伝える、また相手の要望や指示を的確に受け取るのはコミュニケーション意外では不可能です。その手段は、電話のほか、メールやFAXなど、また今はチャットワークやスカイプといったように通信手段が溢れているのでコミュニケーションツールには困りませんね。

このようなツールを上手に使いこなし、企業側と受注側の相互理解を積み上げていきます。在宅ワークだからこそ、高いコミュニケーション力が必要ですね。

仕事を円滑にスムーズに進めるために、不明な点や疑問に思う点などを質問する力も必要です。これを聞いたらなんて思われるかなと考えずに、即質問するようにしましょう。そういった意味では、質問しやすい関係を作るというのも大事ですね。

また、作業効率を上げるという意味では、自分の興味関心のある分野やデータを依頼し、入力作業出来るように相談するのも良いでしょう。より楽しく、作業効率が上がれば、仕事への意欲が向上し、良い循環が生まれるはずです。

このように、仕事受託する上で社会人マナーがあることが、高いコミュニケーション能力を生かしきれるとも言えます。いくら在宅だからといって、アルバイトだからといって、社会人マナーを無視することは許されません。

社会人としてのマナーとルールをもって仕事を受けていきましょう。

データ入力におすすめの資格とは?

データ入力作業は、だいたいMicrosoft ExcelやMicrosoft Wordを使うことがほとんどです。データ入力では、数字や文字入力の正確性と入力スピードが求められます。在宅でデータ入力を請け負う際に持っておいた方が良い資格は、ExcelやWordのスキルや習熟度を図るMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)という資格です。

一番大事なのは、誤字や脱字、誤入力です。入力の精度が高ければ高いほど、作業の信頼を得ることが出来、仕事をさらにもらうことが出来ます。 

また、日本語ワープロ検定なども入力スピード、精度、スキルを上げる者として有効です。自分自身のスキルアップにもなりますし、なにより他者へのパソコンスキルの証明になるので企業側にも分かりやすい資格と言えるでしょう。

以上の2つの資格は、データ入力業務において企業から採用されるときにも有効です。この認定資格の有無で、採用率が変わってくるでしょう。案件もよりハイレベルで高単価の案件を割り振ってもらえるなどのメリットがあります。

案件の継続発注、新規受注には、資格保持によって企業へのアピールにもなりますし、多くのデータ入力作業者の中でも差別化され、より契約に繋がりやすいとされています。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格は、世界共通でスキルを証明出来るので、仕事の幅や可能性が大きく広がることも期待出来ます。

データ入力が、ただの打ち込み作業ではなく、大事な企業のデータを取り扱う重要なポジションだからこそ、基本的パソコンスキルを持っているのが明確な方が有利ですね。

ブラインドタッチやショートカットキーなど、パソコンの基本的操作が出来ることは大前提ですね。少しでも仕事のノウハウを覚えるためにも、基礎的なことは修得しておくと良いでしょう。

データ入力業務で経験を積んでキャリアアップするには

在宅ワークのデータ入力では、募集案件も多く、未経験者でも受注の機会があります。資格がなくても、パソコンがそこそこ使えれば作業をこなすことは可能です。

このように、初めて挑戦するデータ入力を土台にして経験、キャリアを積むという人も多いですね。在宅データ入力業務を通して、タイピングのスキルやパソコンスキル、パソコン管理、ビジネスマナー、コミュニケーション能力などを養うことも可能です。

例えば、企業オフィス勤務になると、データ入力業務に加えて電話応対、来客接待、一般事務などのように他の仕事もこなさなければなりません。

データ入力のスキルをもっと上げて、データ入力なら任せられるといったようなスペシャリストとして仕事を受注することや、社会人としてのスキルを積むことで自信を付けて、オフィス勤務での一般事務、営業事務などの事務職にキャリアアップすることも可能です。

ビジネススキルと事務処理スキルを上げて身につけることは、データ入力にとどまらずに事務職など職種の幅も広がりますね。

データ入力の内容は職場や企業によって異なりますが、データ集計、データ入力、データチェック、在庫管理、伝票処理、売上データ、顧客管理、税務処理、経費精算書管理、議事録作成、報告書、見積り作成、請求書作成など、重要データ処理があります。

これらを間違えずに入力をすること、正確に打ち込めたら次はスピードを上げるといったことの積み上げでスキルが上がっていきます。

在宅ワークでデータ入力とは?

以上、データ入力業務についてあらゆる面から見てきました。在宅ワークでデータ入力の受注は完全出来高制として、作業をした分だけの報酬を受け取ります。よって、時給ではないので、未経験や始めたての場合は作業時間が長くかかってしまい、時給換算にすると割に合わないと感じることもあるでしょう。

この問題も、数を多くこなして作業に慣れていくことで作業時間の短縮が図られ、時給換算も上がってきます。

最も簡単で人気がある作業は、住所入力、電話番号入力など、紙ベースの情報をデータベースに入力作成する作業、議事録入力、座談会の録音打ち込み、データ化ですね。これらは、文字入力や初歩的なパソコンスキルがあれば、問題なく作業出来ます。

とくに、在宅ワークでデータ入力を行うならば、本業や勉学、サークル、ほかのアルバイトとの両立が可能です。時間に融通が効くのが最大のメリットです。途中でいったん止めても、次始めるときには問題なく取りかかれるというのは、進めやすい業務でしょう。

とにかく、納品期日をしっかりと守れるようにスケジュールを管理し、その通りに作業を進められるといった管理能力と持久力、集中力、体力といったオールマイティ能力が求められる、実はハイレベルなお仕事と言えるでしょう。

どのような理由で在宅ワークを選択するのかは、人それぞれですが、自分自身のスキルと特性に合った仕事と巡り合えるようにスキルアップして準備しておくと良いですね。

在宅ワークでのデータ入力に採用してもらえるよう、まずは企業へのスキル能力のアッピールをしてみましょう。資格の有無は、有るにこしたことはありませんが、まずはブラインドタッチが出来る状態になっておくと良いでしょう。

口コミや体験談にもありますが、初心者がデータ入力を始めた頃は、仕事以外にブラインドタッチを練習したといった声がありました。正確性、スピード性を上げてくれる一番のスキルはブラインドタッチかもしれませんね。

ただの打ち込み作業ではないということ、データ入力はスキルを上げたその先にキャリアアップの道があるということは、仕事への意欲と自信に繋がるのではないでしょうか。一つひとつ企業の指示に従い、コツコツ作業することが信頼に繋がるといったことが大切ですね。

Pocket

pagetop