クラウドソーシングで得られる収入はどれぐらい? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

クラウドソーシングで得られる収入はどれぐらい?

2018.08.07
Pocket

クラウドソーシングで得られる平均収入は一体どれぐらい?

インターネットの普及により、家にいながら誰でも働ける環境を実現させたクラウドソーシング。クラウドソーシングに従事する人は、日本だけで100万人以上いると言われており、新しい働き方として注目を集めています。

クラウドソーシングは、パソコン一枚あれば、好きな時間に好きな場所で働ける自由なワークスタイルが人気で、子育て中の主婦やシニア世代だけでなく、サラリーマンを辞めてフリーランスで稼ぐ男性ワーカーもたくさんいます。

データ入力やアンケート調査など、未経験でも取り組める簡単なお仕事から、プログラミングやウェブデザインなど、専門性を求められるお仕事まで、クラウドソーシングで受注できるお仕事は、業種も様々です。

クラウドソーシングで受注できるお仕事の中には、非常に単価が高く、短期間で高収入を得られる案件もあります。まだまだ副業ワーカーも多いクラウドソーシング業界ですが、まとまった収入を得られるケースも着実に増えており、クラウドソーシングだけで生計を立てる方も増加しています。

クラウドソーシングだけで得られる平均収入は、月収にしてどれぐらいなのか?気になる方も多いと思います。

今回は、クラウドソーシングで得られる平均収入の他、月収30万円以上の安定した収入を得ているクラウドワーカーたちの働き方から見る、高収入を達成するための仕事選びのポイントも含めて、お仕事探しに役立つ情報をまとめます。

1.クラウドソーシングとは?

在宅ワークを始めようと考えている方なら、一度は耳にしたことのある「クラウドソーシング」という言葉。クラウドソーシングとは、インターネットを介して、不特定多数の方に、在宅で行なえる業務を発注する新しいネットワークサービスのことです。

仕事を依頼したい発注者と、仕事を受注したいクラウドワーカーが、クラウドソーシングサイトに登録し、インターネット上で双方のニーズを満たす条件が揃った場合に、取引が成立します。

クライアントとワーカーが条件に合意してから、ワーカーは作業を開始します。作業が完了したら、商品を同じようにクラウドソーシングサイトを介して依頼者に納品し、依頼者は検品を行なった上で、報酬を支払います。

クラウドソーシングは、すべての作業がネット上で完結するという特徴を持っており、パソコンができれば誰でも気軽に始められる在宅ワークとして幅広い世代に人気を集めています。

クラウドソーシングの中には、専門性が求められるお仕事もありますが、収入にこだわらなければ、スマホのみで作業できるお仕事も多くあります。

大きな収入を得るのは難しいものの、子育て中の主婦でも取り組めるので、これまでと違った自由なワークスタイルが、確実に「働く」ということの概念を変えていきつつあります。

 

【クラウドソーシングの種類】

自由な働き方ができる新しいビジネススタイルとして、広く認知されているクラウドソーシング。クラウドソーシングで受注できるお仕事には、いくつかの種類がありますので、収入の詳細をご紹介する前に、まずはどんな形式のお仕事があるのかを見てみましょう。

タスク

タスク形式のお仕事は、短時間で完了する単発のお仕事が基本で、アンケートや文字起こしの他、文字数の少ないデータ入力などが基本です。

クラウドソーシングの案件の中では、もっとも収入が低いタイプのお仕事になりますが、隙間時間を活用して、すぐに収入を得ることができるため、家事の合間や子供の習い事の待ち時間などを活用して取り組む主婦も多いようです。

 

プロジェクト

プロジェクト形式のお仕事は、アプリ開発や翻訳など、ある一定期間で完了させるタイプのお仕事で、クラウドソーシングの案件の中では、専門性やスキルが求められるお仕事と言えます。

プロジェクトベースの案件は、すべての工程を一括受注するよりは、いくつかの業務を分担して請け負うケースが多く、短期間でまとまった収入が欲しい方におすすめのお仕事形式です。

 

コンテスト

コンテスト形式のお仕事は、広告デザインや商品のロゴのデザイン、あるいはキャラクターデザインなど、様々な案件をコンペで受注するお仕事です。

応募者の中から、クライアントのコンセプトにもっとも合った物をクライアントが選択する方式になりますので、報酬が支払われるのは、自分の作品が選ばれた時になります。

定期的に収入を得るのは、なかなか難しい形式のお仕事ですが、一件あたりの単価が高い案件も数多く見られるのが特徴です。

アイデア

アイデアも、コンテストに類似するお仕事形式で、Webサイトの改善案や企業が提供するサービスにつける名称のアイデアの他、キャッチコピーなどもこのカテゴリーに入ります。様々なアイデアを提供することで報酬を得られるお仕事です。

こちらも、収入が発生するのは、ワーカーのアイデアを企業が採用した場合のみとなりますので、採用されなければいくらアイデアを出すために作業しても1円も報酬が発生しない場合もあります。

2.クラウドソーシングで高収入を得ている人はどれぐらいいるの?

クラウドソーシングの仕組みや、大まかな仕事の形式も分かったところで、ここからは、気になるクラウドソーシング従事者の収入にスポットを当てていきたいと思います。

大手クラウドソーシングサイトが2016年に実施した調査によれば、クラウドワーカーの中で月収20万円を越えたワーカーは、登録者数80万人に対し、わずか111名という結果でした。

この111名が一ヶ月に得る収入の平均は344,230円で、業種別の割合をご紹介すると、

ITエンジニアが38.3%、web制作者が27.7%、デザイナーが23.7%、そしてライターが3.6%となっていたようです。

同調査で行なわれた月収20万円を越えたクラウドワーカーを年齢別に見てみると、月あたりの平均収入が20万円を越えた世代の中で、もっとも多かったのは30代で48.5%、続いて、40代が24.8%、一番少なかった20代では16.9%という内訳でした。

2018年現在は、月収20万円を越えるクラウドワーカーは、これよりも多くなっている傾向で、他のクラウドソーシングサービスと掛け持ちして、より多くの収入を得ている方も増えているそうです。

また、業種に業務に対して支払われる単価が上昇している分野もあり、例えば、ライター業などは、1文字当たり3円という高単価で受注できる案件が増えているため、月収30万円以上の収入を達成できる方も増えているようです。

クラウドソーシングでは、月20万円以上の収入を得られる層が確実に増えていますので、努力次第で生計を立てるのに十分な収入を得ることも不可能ではないと考えます。

 

クラウドソーシングの収入が年収1000万円を越えるワーカーもいる!

先ほどの調査で公開されたデータを見ていくと、クラウドソーシングを行なう専属ワーカーの中でも高収入となるのがデザイナーやウェブエンジニアなどの業種に従事する方たちです。

こういったクラウドソーシング利用者の中には、年収1400万円を越えるワーカーも存在しており、働く場所を選ばず、好きな時間に仕事ができるクラウドソーシング業界は、ますます魅力的な働き方ができる憧れの業界になりつつあります。

女性にも多いライター業務を受注する方の中には、専門性を生かして年収700万円近い収入を得ている方や、専門性がない分野でも、専属ライターとして年400万円近い収入を得ている方もおり、女性でも家にいながら高収入を稼ぎ出す方もいるようです。

業種や案件を選べば、かなりの高単価なお仕事もあるクラウドソーシングの世界。何の資格もなくても、好きなことを好きなように続けていくだけで、日本の平均年収と言われる300万円を越えるチャンスも十分ありうると考えられます。

 

クラウドソーシングだけで生活できる収入を得るのは難しい?

大手クラウドソーシング会社の調査によると、月収20万円を越えたユーザーは111人という結果でした。この数字は、登録ユーザー80万人中0.01%という非常に小さい数字ではありますが、中には副業ワーカーや他サイトとの併用ワーカーなどもいるため、実際はもっと多くの方がクラウドソーシングで高収入を得ていると考えることもできます。

クラウドソーシングだけで生活できる収入を得るためには、やはり専門性の高い分野でお仕事を受注できる経験やスキルが必要と言えます。

クラウドソーシングだけで生活していきたいと思うのであれば、ITエンジニアなど専門分野の知識を身につけると共に、クラウドソーシングサービスでの受注実績を増やして、クライアントからのニーズを上げることで、案件ごとの単価を上げていく努力が必要と言えるでしょう。

3 .クラウドソーシングで収入の差が出るのはどうして?

稼げる人がいる一方で、なかなかまとまった収入につながらないというユーザーも多いクラウドソーシング。

なぜ、得られる収入にここまで開きがでてしまうのでしょうか?ここからは、クラウドソーシングで生まれる収入格差の実態と、なぜこのような差が生まれるのか、その理由について解説していきます。

 

理由1:業種によって作業単価が異なる

クラウドソーシングで収入格差が生まれる原因の1つとして上げられるのが、クラウドソーシングで受注できるお仕事内容の違いがあります。

クラウドソーシングで受注できるお仕事の中でも専門的な知識や資格・スキルが必要とされる案件は、作業単価が非常に高く、短時間でまとまった報酬を得ることが可能なお仕事もたくさんあります。

その一方で、無資格・未経験者でも行なえるデータ入力や、簡単なアンケート調査などは、作業単価が著しく低いため、いくら数をこなしても、なかなか収入が上がらないということになります。

もちろん、主婦でもこなせるクラウドソーシングの案件の中には、データ入力などに比べて作業単価の高いライター業務などもあります。もっとも、いくら単価が高めと言っても、専門性の高いエンジニアやプログラマーなどの収入には劣ります。

プログラミングなどの専門職なら1件で10万円以上となる案件がある一方で、ライター業務は1記事あたり安いものだと数百円からとなっており、作業単価の格差は歴然です。

クラウドソーシングだけで高収入を得たいと考えるのであれば、業種をしっかりと見極めてお仕事を受注することが大切です。

 

理由2:経験や実績によって受注できる案件が異なる

クラウドソーシングで収入格差が発生する裏側には、経験や実績によって受注案件が異なるという実態があります。

クラウドソーシングでは、仕事の依頼者と受注者がインターネットを介して業務契約を結びます。顔の見えないビジネス関係であることから、クライアントの信頼を得るためには、ワーカーサイトでの実績や経験が受注できるかどうかの判断基準に使われることも多いのです。

クラウドソーシングでは、基本的にクライアントは、顔も見えない相手に業務委託して報酬を支払わなければならないため、特に高単価の案件となると「経験者のみ」という条件付きのケースが非常に多くなります。

現実世界では実績のある方でも、クラウドソーシング自体が初心者という場合は、高単価案件を受注するのが難しく、職歴だけでは、なかなか判断してもらえないこともあります。

ここに、初心者クラウドワーカーの収入がなかなか増えていかない一因があると考えます。

 

理由3:副業としてクラウドソーシングを利用している人が多い

データだけを見ると、クラウドソーシングの利用者が、あまり収入を得られないようにも見受けられますが、実は、クラウドソーシングを利用する方の多くは、副業としてワーカーサイトを利用しています。

平日はサラリーマンとして働き、副業として週末のみクラウドソーシングでお仕事を受注している利用者は、当然ながら、収入があまり多くありません。

また、主婦でお小遣い稼ぎ程度に働きたいという方も多くいますので、クラウドソーシング利用者全体の平均収入が低めになってしまうとも考えられます。

 

理由4:ワーカーサイトの利用実績に応じて収入に差が出る

大手クラウドソーシングサービスだけでなく、ほとんどのサイトでは、サービスを利用した際に実績を記録するシステムを導入しています。

ワーカーが過去に受注した仕事内容や、クライアントからの評価なども表示される仕組みになっていますので、クライアントは、この情報を元にお仕事を依頼する場合が多くなっています。

そのため、クラウドソーシングをどのぐらい継続しているかによっても、受注できる案件に差が出てきます。クラウドソーシングを利用している期間が短い場合は、どうしても高単価の案件を任せていただけない場合があります。クラウドソーシングサービスを利用する場合は、この観点からもサイト選びに注意が必要です。

クラウドソーシングで効率的に収入を得るためには、自分はどのように稼ぎたいかを具体的にプランニングする必要があります。

4.クラウドソーシングで収入アップを狙うためのポイント

ここからは、クラウドソーシングを利用して月収30万円以上も狙える収入アップのコツをご紹介します。

ポイント1:業種ごとのニーズを把握

まず、最初に注目していただきたいポイントは「業種ごとのニーズを把握する」ということです。クラウドソーシングで募集されているお仕事の案件には、業種によって案件数が多いものと少ないものがあります。

当然ながら、ニーズの少ないお仕事は、受注するのも狭き門となり、いくら応募してもお仕事をもらえないという可能性もあります。また、仕事数が少ないクライアント先で同じ業務を複数のワーカーで分担する場合は、自分の得意ではない案件を担当しなければならないというケースも出てきます。

クラウドソーシングで、お仕事を選ぶ時には、できるだけ案件の多い業種を選び、自分の得意な分野でお仕事を受注できるように工夫しましょう。

ほとんどのクラウドソーシングサイトでは、お仕事を業種やジャンル別に検索できるようになっていますので、自分の希望する業種を見るだけでなく、類似する案件がないか、比較してみるのもおすすめです。件数の多い業種なら、時給単価もよく確認して、条件が良い案件に応募するようにしましょう。

クラウドソーシングサービスを利用したことのない初心者ユーザーの場合は、すべての業種に目を通して、サービスの特徴や受注しやすい業務の傾向をつかむことも大切です。

 

ポイント2:高単価の案件をチェック

クラウドソーシングで収入を増やすために必要な条件は2つあります。

一つは安定して定期的にお仕事を受注できること。そして、もう一つは、時給換算したときの作業単価がある程度高いということが挙げられます。

1つ目のポイントでもお話しましたが、クラウドソーシングで安定してお仕事を受注するためには、クライアントとの信頼関係を築くことが大切です。少しずつ受注実績を積み重ねていくことで、実現可能です。

しかし、いくらたくさんのお仕事を定期的に受注できたとしても、時給換算したときの単価が低ければ、月収30万円という高額収入を実現するのは難しいと言えます。

クラウドソーシングで収入を増やすためには、業種ごとの単価を確認して「どのような仕事内容ならどの程度の作業単価になるのか」相場と傾向をチェックすることも大切です。

では、実際にどのぐらいの時給単価であれば、月収30万円を実現できるのでしょうか?具体的にシュミレーションしてみましょう。

1日8時間作業したと仮定して、週5日、月に20日間働いた場合に、月収30万円を達成するための最低時給は1250円。

つまり、一つの作業にかかる時間が1時間あたり1250円を越えるお仕事なら、毎日コツコツ作業していけば月収30万円を達成することが可能です。

クラウドソーシングで提示されている案件の報酬が、たとえば1件5000円の場合は、1日に3件お仕事を受注し、一日あたりの収入が1万5千円になるペースで納品していくことが必要です。

業種や募集案件によっては、作業時間が思ったより長くかかるお仕事もたくさんあります。簡単なお仕事でも、時給単価が低ければ、それだけ多く納品しなければならなくなります。

作業効率も考えてお仕事を選びは慎重に行ないましょう。

 

ポイント3:利用サービスを比較してお仕事を探す

クラウドソーシングで高い収入を得るために必要なポイントとしてもう一つ重要なポイントとなっってくるのが、クラウドソーシングサービスを提供するサイト選びです。

利用するサイトによっては、かなり高額なサービス利用料を請求する場合もあります。同じ業務、同じ業種でも、利用するサイトによって収入に差が出てくるので、サイトごとにしっかりとサービス内容を比較してお仕事を探すのも重要なポイントです。

また、受注案件の多さも、サイトによって異なり、例えばライター案件が多く集まるサイトや、ITエンジニア系の高額案件が多いサイトなど、クラウドソーシングを運営する会社にも、それぞれの特徴があります。

システムの使い安さや、実績をアピールできるサービスの他、自分に最適なお仕事の案件を定期的に紹介してくれるなど、利用者にとってどんな有益なサービスがあるかも、よく見てから選びましょう。

ちなみに、大手クラウドソーシングサービスの利用料は、クライアントからのお支払い金額から20%ほどを徴収されます。

一日1万5000円の報酬に加えて20%のサービス手数料を上乗せして稼げなければ、月30万円という収入を達成するのは非常に難しいと考えて下さい。

 

ポイント4:キャリアやスキルを向上させて高単価案件受注を目指す

クラウドソーシングを利用したことがなく、サイト利用の実績がない初心者の場合は、クライアントにアピールできるキャリアを積み上げていくことも重要なポイントです。

経験がない初心者ワーカーの場合、どうしても、時給単価の高い案件は受注できにくい傾向にありますので、まずは、低単価のお仕事で実績を作り、徐々にキャリアアップをしていくのが一番の近道です。

過去に受注した仕事の実績がすべて記録されていきますので、初心者向けでも、ある程度のスキルを必要とする案件をできるだけ選ぶようにし、クライアントから高単価の案件を任せても対応できると思ってもらえるようなキャリアデザインをすると良いでしょう。

作業効率ばかり重視して簡単な案件ばかり受けていてもスキルアップにはつながりませんが、いきなり難易度の高いお仕事を引き受けるのは、作業時間が長くなりますし、効率的な受注方法とは言えません。納期に遅れてしまっては、クライアントの信頼を失うことになりますので、評価を下げることにもつながります。

クラウドソーシングサービスを利用する際は、同じ業種の中で、単価の低い案件と高い案件を比較して、いずれは高単価の案件を受注できるよう段階的にキャリアアップやスキルアップをしていきましょう。

 

ポイント5:納期や作業マニュアルは遵守する

クラウドソーシングで高収入を得るためには、クライアントとの長期的な信頼関係を築くことも大切なポイントとなります。

納期を守ることは大前提ですが、それ以外にも、クライアントとのメールでのコミュニケーションの際は、誤解が生じないように、丁寧に対応することが必要です。

また、業種によっては、クライアント側からの作業マニュアルや求めているサービスの基準などが設けられている場合もあります。

いくら商品を納期内に納品できても、クライアントの提示するマニュアルに沿って作成していなかったり、クオリティが一定の基準に達していない場合は、やり直しや契約打ち切りなどにつながります。

安定して高収入を得ていくためにも、納期やマニュアルの遵守は、最低限のルールと理解しましょう。

 

ポイント6:ワーカーサイトでの実績になる仕事を選ぶ

クラウドソーシングで収入を上げていくためには、2つの仕事の選び方があります。

仮に以下のような2つのお仕事があった場合、どちらを選ぶのがお得なのでしょうか?

一つは、単価は高いけれど、個人の実績にはつながらないお仕事。もう一つは、単価はやや低いけれど、自分の名前が実績として後に残せるお仕事です。

短期的な効率を考えると、前者の方が割の良いお仕事ですが、長期的に稼ぐ時には、後者の方が有利になると考えた方が良いでしょう。

仕事実績が個人名で残せる案件を受けると、その仕事内容を見た別のクライアントから直接契約を申し込まれるケースなどもあるからです。

例えば、デザインのお仕事などは、デザイナーとして個人の名前が残せれば、一度デザインしたお仕事があなたを宣伝す広告塔の役割を果たします。

他の企業の目に止まれば、今後より高単価で受注できる可能性が増えますので、長期的に見ると名前を残していけるお仕事の方が重要だと言えます。

他にも、ライターのお仕事なら、実際に記事を寄稿したサイトのリンクなどをクライアントに伝えることで、アピールすることができます。ライター名がきちんと残るお仕事なら、ワーカーサイトのプロフィール以上にあなたの仕事のクオリティーの高さを知っていただけるチャンスにつながります。

業種にもよりますが、場合によっては、作業効率以外の面も考慮しながらお仕事を選んだ方が良いということも、頭の片隅に置いておいてください。

5.クラウドソーシングを始めるならまずは副業がおすすめ

クライアントとの信頼関係で徐々にキャリアアップを図るクラウドソーシングのお仕事は、まとまった収入につなげるためには、ざっくり見積もって半年から1年ほどの期間が必要です。

クラウドソーシングを始めたいと考えている方で、本業のある方は、いきなりフルタイムでフリーランスになるのではなく、副業ワーカーとしてお仕事をスタートしてみましょう。

いくつかのクライアントの元で実績を積み、数量は少なくても安定して高単価の案件も受注できるようになってきたら、フルタイムのフリーランスワーカーに転身するというように、段階的に働き方を変えるのがおすすめです。

6.クラウドソーシングで収入アップを目指そう!

クラウドソーシングで得られる平均収入の目安と、収入アップのためのポイントなどをご紹介致しました。

専業主婦でクラウドソーシングのお仕事を始めたいという方は、まずは一日に2時間作業することを目標に、未経験者でもできる短時間で完結する案件を中心にお仕事を探してみましょう。

徐々に働く時間を長くしたり、長期契約の案件にシフトしていくことで、自然とキャリアアップにつながり、収入も増えていきやすいと考えます。

インターネットを使って自由な働き方ができる時代、今回ご紹介した内容を参考に、一人でも多くの方が、クラウドソーシングで高収入を得られるようになることを祈っています。

Pocket

pagetop