在宅でもコンスタントに稼ぐにはどんな仕事を選んだらいいの? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅でもコンスタントに稼ぐにはどんな仕事を選んだらいいの?

2018.09.05
Pocket

長期の夏季休暇も終えて家族の又いつもの日常が始まります。
大きな家族のイベント、例えばそれぞれの実家帰省や、子供たちをプールや海に夏休み中に何度も連れてゆき、親族とのバーベキュー大会…
そして全て果たして新学期が始まったころに気が付くのです。

結構使っちゃった…という現実を。

それで家族の責任を果たしながらでも少し生活費の足しにしなくては、とパートの求人欄を目を通したり、最近よく聞く在宅での仕事等、焦って考えますが、なかなか経験者も近くにいなくて様子も分からないのが現状です。

それで今回は、主婦でも在宅でコンスタントに稼げる仕事にはどんなものがあるのか?
在宅で稼ぐにはどんなことに注意すればよいのか?
等の、まだ在宅ワークを経験されたことの無い方にとって少しの参考になる情報をご紹介します。

それによって、コンビニでのアルバイトの方が自分には合っているとか、不安もあるけど在宅ワークに先ず取り組んでみよう、色々選択肢を絞ることも出来るのかもしれません。

在宅ワークとはどんな働き方なの?

その字の如く、家で仕事をすることであり、個人事業主扱いとなる働き方です。
ですから当然税金関係も自分で申告したりする必要はあります。
これを聞くと主婦の方が少し躊躇されて、自分には無理かも…と思われるかもしれませんが、働く時間も選べますから、得る報酬を自分で調整して、扶養控除内に抑えることも出来ますから、そこまで神経質にならなくても大丈夫でしょう。

そして、会社に勤務するわけではなく、受注した仕事をオンライン・在宅で受けて自宅でそれをこなして提出するというスタイルです。ですので必要なのは、自宅が仕事をこなせる環境であること、パソコンとネット環境は大抵必須となります。

基本的なパソコン操作は必要ですが、仕事の内容にもよりますが、特にすごいスキルが必要であるとも限りません。
こうしたことからすると、普通の主婦でも簡単で取り組みやすい仕事であると言えます。

ここまでで在宅ワークは主婦も比較的取り組みやすいものもあることが分かりました。
では一体どんな仕事を選べば毎月コンスタントにストレスなく稼げるのでしょうか?
次にその点から少し触れてゆきたいと思います。

コンスタントに簡単に稼ぐにはどんな仕事があるの?

ライター編
主婦の場合は急な家族の用事で休みを取れるような仕事や、隙間時間にサクッと働けるタイプのものが良い、という意見が多いです。
ではとりあえず隙間時間にサクッと稼げるものを先ずご紹介しましょう。

色々ありますが、ライティングはそう言った方の鉄板です。
でも今まで普通の主婦がライティングなど出来るのでしょうか?
出来るんです。ただし、これも報酬はピンキリですから、最初は経験を積むために単価の安いものをこなしてみて、だんだん様子が分かってきた時に、経験者を求めている求人に申し込むことが出来るかもしれません。
単価は色々です。一文字当たり0.3円から1円以上のものまで沢山あります。

大体、ライティングで生計を立てようと思うなら、0.8円以上が良いようです。
ですが最初から高い案件は雇ってもらえませんから、少し経験を積んでみるとコツをつかんできますし、どんなライティングが自分に向いているかわかってきますから、そうしたら自分に合っているものを選んで行かれてください。
この単価を踏まえると、例えば一文字0.5円の仕事であれば、1.000文字で500円になります。

最初はライティングに慣れていなくて、1.000文字を書くのに一時間かかったとします。
それであれば時給500円となります。
慣れてくると1.000文字くらいを30分くらいで書くことも可能になってくるかもしれません。
それであれば時給1.000円くらいにはなるということです。
これは比較的単価の安いライティングの仕事ですから、少しずつ単価の高い仕事をこなしてゆくことで、時給は当然1.000円以上は当たり前の業界です。

子供のお世話をしながら、お昼寝をしている合間に、とか、ご主人様やお子さんを送り出して幼稚園バスのお迎えの時間までの数時間に、なんていう隙間時間にサクッと本気で稼ぐことが出来るのです。
そして、声を出す種類のものではないので、場所を選びませんし、どんな時間帯にも出来るのも魅力です。

声を出すタイプのものであれば、日中しかできませんし、子供や家族が自宅にいる時は出来ないですよね。
ライティングは夜子供たちが寝静まった後にも、コツコツ稼ぐことが出来ますから、コンスタントな収入に出来るのです。
ですからしっかり稼ぎたい、コンビニバイトよりは収入を得たい方には、大変良い条件のお仕事です。

 

在宅テレワーク編

これはコンスタントに稼ぎたい方には向いているお仕事です。
というのも、特に難しい仕事ではなく、資格も必要ないため、パソコンとネット環境さえ整っていれば、簡単に取り組むことが出来ます。
そして、完全出来高制ではありますが、1件あたりの単価が決まっているので、確実な収入になり、計画的に仕事をすることが出来ます。

この仕事の良さは、ライティングと比較してみると、納期がない、というのが魅力です。
仕事に携わっているときだけ、その仕事のことを考えていれば良いので、あまり頭を使いたくない方や、仕事時間以外は仕事から離れておきたい方には最適です。
しかも勤務時間にも融通が利きます。
働きたい時間帯に申告して、働いている時間帯はマニュアルに沿ってトークを進めるだけです。

そして何より、急なドタキャンにも全然大丈夫な所が多いのも、家族のことを優先しなければならない主婦には向いていると言えますね。
そして時給換算にしても条件の良い仕事です。
大体どこの在宅での電話応対は時給換算にして、1.000円前後にはなるようです。

さらにアポイント取得できると更にアップもするようですし、近所のコンビニ程度の収入よりも高い設定は見込めます。
主婦にとってはこの仕事は本当に魅力的な仕事です。
ただ、どの仕事にもメリットがあればデメリットもあるのです。
電話応対ですから、声を出さなければなりません。
ということは、子供がいる時間帯に働くのは難しい時もあるでしょう。

例えば、自宅で電話応対をしてるとしましょう。そんな時に子供が泣き出したり、笑ったりしているとします。
電話応対ということは、相手もこちらの音を聞いて対応しているので、もし子供の泣き声を聞いたらどう思うのでしょうか?
こういうデメリットもあることを注意しましょう。
そして、大抵の場合、電話応対などの在宅でのテレワークは時間帯も決まっています。

今日は夜時間がある、働きたいと思っても出来ないのも多いのが特徴です。
でもこれも最近では、通販の受注業務などもあり、これですと深夜から早朝までもあるので、24時間選べるものも出てきています。
ただし、家族がいれば、やはり声を出すのを深夜に稼ぐ、と言うこと事態、無理かもしれませんね。

データ入力編
これも副業程度に少し生活の足しにされたい方には最適です。
どこでも、どの時間帯でもコツコツと何も考えずに稼ぐことのできる仕事です。
欲を言わなければ、コンスタントに稼ぐことも出来ます。
ただ、どのこの種の仕事も、単価が非常に安価です。
ですから、比較的簡単ですし、数もこなせるのですが、短時間にしっかり稼ぎたい希望であれば、副業として、一つ持っていて、暇な時間帯に少し稼ぐのに良い仕事です。
どんな人が向いているかに関しては、データ入力といっているわけですから、データを調べてひたすら入力してゆくので、パソコンでの作業が早い方はサクサク稼げます。
またネットで調べた内容を入力しますから、普段からネットで調べたり検索慣れしている方も楽に取り組めるかもしれません。
そして依頼された内容を調べてExcelに記入し、それを納品して完成という流れの繰り返しです。
メリットは、とにかく隙間時間にサクッと働けること、少ない時間の合間を縫って出来ること、頭を使わず頼まれたことだけをすればよいこと、などです。
ですから主婦など、家族のことで頭を使わなければならないから、余計なことは何も考えたくない、こういう希望がある方はうってつけのお仕事です。

音声起こし編
これは在宅ワークで人気のある仕事です。
というのも、自分では声を出す必要はありませんし、上手で速い人なら、これで生計を立てていらっしゃる方もおられます。
これはどんなお仕事なのでしょうか?

会社での会議やインタビューなどの音声を聞いて、それを小さな相槌まで拾って文字にしてゆくという作業です。
聞き取りの早い方や、耳に自信のある方なら向いています。
ただ、会議や株主総会、講演会や行政の審議会、などの少しお堅い業界用語飛び交うものを取り扱うことも多いため、様々なジャンルの言葉に精通していることも重要な要素になってきます。

これによってスピードが全然違ってきますので、こういったことに自信のある方は是非トライしてみると楽しいかも知れません。
単価も比較的安定し高価です。
60分の音声データで数千円以上は見込めます。ですからスピード勝負です。

翻訳業務編
今は子育てに奮闘している主婦であっても大学時代は英文科で留学もしていたこともあるし、語学の資格もある、という方は沢山おられるでしょう。
そう言った方には今は本当に沢山のお仕事があります。
ジャンルによって単価は変動しますが、一文字当たり大体28円以上になったりしていますから、これは生計を立てられるほどの金額になってきます。
ただ最近の需要を見てみると、英語のみならず、東南アジア諸国の比較的マイナーな言語のものも見受けられ、こういった分野になると、さほど高い資格を求められているわけでもありません。
もし、ご主人様の転勤で数年そういった国に移住したことがある経験をお持ちなら大変重宝されるでしょう。
これももし可能であれば主婦には本当に美味しいお仕事です。

添削編
これも鉄板です。
マニュアルもあり、出来高制です。
1件あたりが100円以上で、時給換算にして1,000円を超えることもよくあるようです。
ですから資格がなくてもサクッと稼げるお仕事の一つと言えるでしょう。

ただし、これは時期によって多かったりしますから、どうしてもコンスタントにはしにくかったり、責任も伴うお仕事です。
家庭の仕事の両立で、余計なストレスを負いたくないのであれば別なものを探したほうが良いかも知れません。
以上、パソコンがそこまで得意でなかったり、何か特別な資格がない普通の主婦でも取り組みやすい、ほんの一握りの在宅ワークをご紹介してみました。

でも長期間継続させて、家庭のことをバランスよくこなしてゆくにはどうしたらよいのでしょうか?
次にこの点から少し考えてみたいと思います。

コンスタントな収入につなげるためにどうしたらいいの?

なんでもそうですが継続させて、適度に楽にしなければ、コンスタントな収入にはつながりません。
一生懸命仕事をしても、子供が熱を出して学校から呼び出されたり、突然の事態が入って、予定が狂ってしまう、ということは主婦には日常茶飯事です。
そういう中でコンスタントな収入を得られるように稼ぐには工夫が必要です。

どんな工夫でしょうか?
これは一つの実際的な提案ですが、
【幾つかの在宅ワークを持っておく】
という工夫です。

どういうことなのでしょうか?
例えば色々な主婦の遭遇しそうな事態を想定してみます。
どんなことがありますか?
子供が風邪をひいて1週間ずっと家にいる
ご主人様が急に何日か家で仕事をすることになった
ご両親が孫の顔見たさに入り浸り、あげく泊っていく
挙げれば切りがありません。

そんな時に、もしも、在宅ワークを一つだけにしておくと、全然稼げない、ということもあり得ます。
どういうことなのでしょうか?
例えば子供がずっと家にいる、という状況です。

この場合には、在宅テレワークは難しい場合もあります。
子供の遊び声、泣き声、働く知りまわるかけっこの音…全部音声が相手に伝わってしまうのです。
では夏休み、冬休み、インフルエンザ、の時は、全然稼げない、ということになってしまいます。
でもそういった時こそ、そのあとの出費に驚く~ということもあるのです。

そんな時に、ライティングのお仕事があれば、ある程度の金額で稼げます。
子供がどんなに騒いでも問題ありません。
夜に子供が寝静まったころにひたすら短時間で集中してしっかりと収入確保も可能です。

更に、こういう状況もあります。
上記に挙げた、ご両親が入り浸る~という状況です。
これが自分の親であれば気を遣わずに済むかもしれませんが、ご主人様のご両親であればそうはいきません。
当然在宅テレワークは不可能です。

ではライティングはどうですか?
結構、コラム作成などは頭を使います。
お姑さんに気を遣いながら、仕事にまで頭は使いたくないものです。

そんな時に使えるが、データ入力のお仕事です。
頭を使わずに、ひたすら言われるがまま調べて記入して納品してゆきます。
単価は安くても確実で、納品するたびに達成感も味わえます。
ですので、生計を立てる程はしない主婦が、色々な責任を同時に果たしてゆかなければならない場合、それに応じた工夫をすることで、コンスタントな収入に繋がる、という一例です。

これは向き不向きもありますし、幾つかの在宅ワークを持つまでには、それなりの時間と労力も必要ですから、直ぐにこれを実行できる方も少ないかも知れません。
ただ、もし可能なら、こうした方法を試してみると、意外に楽にコンスタントに稼げることを発見されるでしょう。
今は本当に副業には困らない時代になりました。

コンスタントに稼ぐために求められる資質

これも重要な要素です。
先に挙げた要素全てを整えたとしても、自分が適用してゆかなければ結局は継続できず、コンスタントに稼ぐことは無理なのです。
ではどんなことが自分に求められるのでしょうか?

予定に付き従う、という資質です。
当たり前じゃないか、と思われる方もおられるでしょう。
でも在宅ワークにおいて、これは結構挑戦です。
家族のためにこの仕事を選びました。
つまり柔軟に、予定を調整するためです。

ただ、これは本来自分のためでなく、家族の個々の必要に合わせるためだったはずなのですが…
人間は弱いもので、自分の必要?にまで合わせて、仕事を先延ばししてしまう癖をつけてしまうものなのです。
ですから計画表を作成し、しっかりと実行してゆきます。
出来なかった時の理由も書いておきます。

その時に、家族の個々の必要なのか?それとも単なる自分の怠けだったのか?しっかりと把握しておきましょう。
そうすれば結構自分の自制心の無さであったり、意志力の弱さが分かって、しかも、どんな時にそうなりやすいかサイクルも掴めるのでいい方法です。

何が言いたいかというと、例えば月曜日に怠けで休んでいることが多いことに予定表から発見したとします。
次に、どうして自分は月曜日に怠けたかったのか?よく考えます。
すると原因が分かってきます。

前日の日曜日に家族サービスで、イベントや買い物、色々頑張っていたのです。
つまり、月曜日に怠けたいのではなくて、実は自分も疲れていて心身ともに休みたかった、ということだったのです。
このように、勿論、継続させていくためには自制心や意志力も必要です。

でもだらだら休んでしまうには、単なる怠け癖だけではない、ということも予定表を作成すると洞察できるようになりますね。
コンスタントにしっかり稼ぎたいのであれば、このような自分の生態?もしっかり把握して、予定を立てて、事前に詰め込むのではなく、疲れやすい時には、頭を使わずにできる在宅ワークを取り入れて、色々自分で工夫して、自分という大切な稼ぎ手も大切にしてあげるのは長く継続できるかの重要な要素です。
ここまでで、必要な資質を取り上げました。

自制心や自己鍛錬、予定に付き従う

自分の疲れも把握して無理な予定は最初から入れない
等の実際的な提案を書きました。
でもこれらすべてをしても継続はやはり挑戦になります。
次にどうすればこんばんは稼げるのか?仕事のしやすい環境を考えてみましょう。

プチオフィスを確保しよう
これはとても大切です。
自宅がオフィスと考えて、最初に模様替えも必要かも知れません。
少し実際の会社を考えてみましょう。
オフィスには仕事しやすい環境でできる限り皆が効率よく働けるように本当に工夫されています。

例えばデスク。高さも広さも本当に仕事がしやすくなっています。
椅子は回転椅子で身体に負担がかからないようにしてくれています。
照明はどうですか?明るすぎず暗すぎず、仕事に集中できるように白色蛍光灯の光の下で仕事が出来るようにしてくれています。
オフィスは全てが効率よく仕事が出来るように工夫されています。

これを考えて、自宅の1か所を仕事がしやすい環境を作ってあげると、短時間で効率よく仕事も出来ますし、そうなれば継続がしやすい状況を整えていることになります。
そうすると結果はどうでしょうか?

コンスタントに稼げるようになる、ということなんです。

最初にこの点は適用してみてください。疲れが全然違います。
ある方などは、足元にフットマッサージャーを置いてパソコンに向かっているそうです。
これによって、仕事も出来ますし、長時間しても疲れず、終わった時にはもう疲れがとれているんだそうです。
それでこの方にとっては、仕事をしない日の方が足つぼマッサージをしないため、逆にむくんだり疲労がたまるとのこと。在宅ならではのいい方法ですね!

まとめ

在宅ワークを楽しみながら継続させて稼ぐにはそれなりの知恵も必要であることをいくつかご紹介してみました。
 
・最初の選ぶ段階で、自分が続けられそうなものを選ぶこと
・幾つかの在宅ワークを持っておくこと、これには種類が全然違う方が良いこと
・予定表を作成すること
・作成したら自己鍛錬のもとに実行してゆくこと
・道理にかなった予定を作り直すこと、微調整を図る
・在宅ワークをしやすい環境の確保
 
以上の簡単な必要条件を今回は一部だけご紹介出来ました。
 
在宅ワークでコンスタントに稼げる仕事を継続させるためには本当に実際的な知恵が求められてきます。
しかもその時その時の必要に合わせて柔軟な対応も求められてきます。
誰かに頼るわけにもいきません。
ですから自分をよく知り、向き不向きをよく把握しておきましょう。
 
在宅ワークをすべて諦めるのではなくて、ここまで種類も豊富になってきた時代です。沢山の中からじっくりと吟味して、その中で本当に出来そうなものに少し冒険してみるのも良いかも知れません。
そしたら自分が思っていた以上に向いていた~ということもあるかも知れません。
 
ただ在宅ワークはやはり孤独との戦いでもあります。
そこが不安ならどうすればよいでしょうか?
最初の段階で、分からないことはその場ですぐに教えてくれる会社を選んでいくことが必要です。
 
これは特に、自分に自信がなかったり、特に資格があってしている仕事でない場合、こういった必要が生じます。
それに対し会社側は電話・チャットでの応対であったり色々してくれる場合があります。ある程度の大手であればこれはしっかりしていますから、そういったアフターケアのしっかりしたところにしておけば、たとえ単価が安くても継続させてゆくことが出来るのです。
 
今まで挙げた中でも共通ですが、最初が肝心ですね。
何を選ぶのか?自分には何が向いているのか?
会社は信頼できるのか?
家族にとってどれだけの副収入が必要なのか?
最初に沢山吟味して始めた方ががっかりしませんし、経験を積んでゆくことが出来ます。
 
そしてスキルアップを図れたころに、もう少し単価の高いところで頑張ってゆきましょう。
物凄く吟味したうえで、一つ先ずトライしてみてください。
そうすればだいぶコツを掴んでゆかれることでしょう。
そしてこれからの時代の流れに乗って、上昇されてゆかれることを応援しています。
Pocket

pagetop