これから働こうとしているママへ。〜子どもへの罪悪感は持たないで〜 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

これから働こうとしているママへ。〜子どもへの罪悪感は持たないで〜

2016.08.23
Pocket

■ライタープロフィール■

東京都在中。夫、私、4歳(年中)長男、0歳長女の4人家族。扶養範囲内で週3日のパート外勤と在宅ワークをかけもち。現在は育休中のため、在宅ワークのみを行う。

仕事を始めたい。でも、子供に対して罪悪感を感じていませんか?

キャリアアップのため、家計のため、または社会との接点を持ち続けるため、、、仕事をする理由は十人十色です。

しかし、子育てをしながら仕事を始めるときに「子どもとの時間が減るのではないか、そのために子供に寂しい思いをさせてしまうのではないか?」と、子どもへの罪悪感を持ってしまうことはありませんか?

私自身も同じ経験をしました。4年前、在宅ワークをはじめる時には、0歳の息子を区のファミリーサポートの方(*1)に預けて、自宅の別室で2時間みてもらいました。また2年前、外勤の仕事をはじめた時には、泣いている2歳の息子を初めて保育園に預けました。どちらの時も同じように「一緒にいれなくてごめん、寂しい思いをさせてごめんね」と心が痛んだのを覚えています。

仕事を始めて、生活全体が好転したこともたくさん!!

まずは、起きる時間が規則正しくなり、一日の生活に良いリズムができました。早寝早起きになったおかげで、子どもの食と健康面がぐんと向上した気がします。私自身も、時間の使い方を意識して“家事仕事””子どもとの時間と区切ることができたことで、「時間がない」と焦ることなく子どもと過ごす時間を目一杯楽しむことができるようになりました。

ママ自身の気持ち面でもイイコトがたくさん。

仕事の前後など、ほんの少しでも自分の時間を持てるようになったことで、自分の意志や優先順位に迷いがなくなりました。また、家計を助け自活できているという充実感や、社会とつながり誰かの役に立てているという実感が持てることで、ちょっぴり自信がついて、今の自分が好きになりました。結果、ニコニコ笑顔でいられる時間が増えましたよ。今では仕事を始めてよかったと思っています。

子どもは、どんな環境においても、好奇心と学習力で慣れていく順応性をしっかりと持っています。大切なのは、ママ自身がニコニコでいること。笑顔で頑張るママの姿を見せることこそ、子どもの成長にプラスなのかもしれませんね。

 (*1)会員になると一時保育などを時間制でお願いできる、区が運営するサポートシステム

 ライター 石井佳苗

Pocket

pagetop