フリーランスでもクレジットカードって作れるの? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

フリーランスでもクレジットカードって作れるの?

公開日:2018.08.29
最終更新日:2018.08.29
Pocket

フリーランスでもクレジットカードは作れるの?

インターネットの爆発的な普及により、自由な働き方が選択できるようになった現代社会では、在宅ワークを始めとするフリーランスで生計を立てる人が年々増えています。

日本は、本来現金社会でアメリカなど欧米各国に比べてクレジットカードで決済する機会はあまり多くありませんでしたが、最近では、フリーランスで働く人に必要なパソコンツールやサーバー仕様料などをクレジットカードで支払わなければならないサイトなども増えており、インターネットの急激な不朽によってオンライン決済に欠かせないクレジットカードを1枚は持っていなければ不便な状況になりつつあります。

ネットショッピングでお買い物する際にも、銀行振込やコンビ二支払いに比べて、クレジットカードで決済する方が手数料が安くなったり、大手ネットショッピングサイトでは、クレジットカード利用者にのみ特別なポイントが加算されたりと、何かとお得な場合が多くなっています。

しかしながら、フリーランスで生計を立てている方は、基本的に収入が不安定という理由で、なかなかクレジットカードを作ることが難しいと言われています。

実際に、フリーランスだけどどうしてもクレジットカードが必要で、申請をしてみたけれど審査が通らないという方も増えています。今回は、フリーランスの人でもクレジットカードを作れる方法や、審査が通りやすくなるためのポイントなど、役立つ情報をご紹介致します。

フリーランスでもクレジットカードの審査を通過しやすい人とは?

そもそもクレジットカードが発行されるには、安定した収入が見込めるということが大前提としてあり、一般的に見て収入が不安定なフリーランス業の方には、新規でクレジットカードの申請をあげても、審査が通りにくいという傾向があります。

しかしながら、同じフリーランス業で月収にそれほど差がないのに、クレジットカードの審査が通りやすい人と難しい人がいるというのをみなさんはご存知ですか?

クレジットカードを審査する場合には、申請者が過去にクレジットカードをカード発行したことがあるか、発行履歴の有無や、クレジットカードの利用履歴の有無、さらには申請者の年齢やフリーランスとしての活動歴の長さなどが審査の対象となるようです。

フリーランスでもクレジットカードを発行してもらいやすい方の特徴にはどんなポイントがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

フリーランスでクレジットカードを作る際のポイントとは?

フリーランスの方がクレジットカードを申請する際のポイントは、「継続案件」「利用実績」「事故情報」の3つの要点を押さえる必要があります。

クレジットカードの審査には、信販会社が様々な項目をチェックします。主な審査項目は以下の通りです。

 

【フリーランスの収入実績】
フリーランスという働き方は、収入証明するのがなかなか難しい就業形態です。というのも、フリーランスでは年によって収入が変動するため、安定した年収というのを提出することができません。

クレジットカードの審査を行う信販会社では、勤務形態よりは、「一定以上の収入があれば問題ない」(利用額を毎月きちんと支払える能力がある)と考えるのが一般的です。

こういった観点から見ると、フリーランスという働き方でも、3年以上の営業実績があり、一定の収入が定期的に発生する、あるいは収入が増加していっている場合には、クレジットカードの審査が通りやすいという傾向にあります。

クレジットカードの利用限度額に応じて、審査の可否は難しくなる場合もありますが、収入証明の書類を一通り提出すれば、上記のようなケースでは、フリーランスでもクレジットカードを発行してもらえる可能性が十分にあります。
フリーランスに転向したばかりで、前年の収入実績がない方や、フリーランスという働き方を始めて3年未満の方は、収入証明をするための実績年数が不足しているため、クレジットカードの審査が通りにくくなります。

クレジットカードが必要だけど、フリーランス年数が短いという方は、とにかく収入実績をあげていくしかありません。ベストな方法は、やはりフリーランスに転向する前に、会社勤めをしている時にクレジットカードを発行してもらうことです。

クレジットカードの申請に求められる「収入証明書類」は、源泉徴収票や課税証明書の他、確定申告書などです。カード会社から、任意で上記の中からいくつかの書類を提出するように言われる場合がほとんどですので、あらかじめ準備しておきましょう。

 

【同居家族の有無】

フリーランスでクレジットカードを発行したい場合、同居家族がいるかどうかでも、審査の難易度が変わってきます。

例えば、自分が世帯主ではない専業主婦などが、副業としてフリーランス活動をしている場合は、世帯主である夫(会社勤務など)がいるということを申請書に記載するだけで、カード会社からの信用度が上がり、クレジットカードが発行されやすくなります。

クレジットカードの中には、学生や主婦でも発行できるタイプのカードもあります。その場合は、カード申請手続き書類に世帯主の名前を記載することが必須条件となっており、万が一、クレジットカードの申請者本人が返済できない場合は、世帯主が変わって支払うという保証を得ることができるからです。

 

【事故情報の履歴の有無】

クレジットカードを申請する際に、信販会社がもっともよく確認するのはいわゆる「ブラックリスト」に載っている利用者かどうかという点です。

「事故情報の有無とその内容」と言われているこのチェック項目は、過去のクレジットカードの利用状況や、返済遅延、延滞金の有無などをデータベースで確認する方法で、一定期間は、他のクレジットカード会社でも情報共有される仕組みになっています。

クレジットカード会社との取引内容にまつわるすべての情報が記載されていますので、例えばA社で利用停止になって契約解除になった場合は、B社で申請をあげても審査が通らないといった状況に陥ります。

今は返済能力があり、延滞分の支払いを済ませていたとしても、過去にブラックリストに載ったことのあるクレジットカード利用者に対する審査は、他の一般の申請者に比べて審査が厳しくなる傾向にあります。

また、過去にクレジットカードを使ったことがないのに、カードを作れなかった人のケースとしては、携帯電話の支払い状況が関係している場合が多いようです。

携帯電話の利用料金は、毎月分割加算されることがほとんどで、これも、割賦販売(ローン契約)に当たります。そのため、携帯電話料金を滞納している場合は、支払い遅延情報が信用情報機関にデータとして保存されているため、毎月支払い遅延しているような利用者は、返済能力がないと判断されます。

したがって、クレジットカードを発行する場合にも、信販会社がこの情報をチェックして、返済能力の低い利用者と判断されてしまいクレジットカードの審査が通らなかったということになるようです。

フリーランスでクレジットカードを作りたいと考えている方は、過去の延滞金がないということはもちろんですが、携帯電話料金の支払いなども、必ず期日を守って納入するようにして下さい。

ついでながら、過去の利用履歴やデータは、ご利用のクレジットカード会社や携帯電話の会社と提携する信用機関によって異なりますが、基本的に過去5年分のデータが残されているようです。一度の遅延ぐらいでは、審査に影響があるとは思えませんが、支払い遅延や延滞金がある状況が長く続いたり、頻繁に起こっていると、クレジットカードが発行されにくくなるということは覚えておきましょう。

フリーランスでも作りやすいのは「流通系クレジットカード」

クレジットカードには、大きく分けて4つの発行系統があります。4つの分類は、銀行、独立系、信販系、流通系そして消費者金融系です。

クレジットカードの審査は、この分類によっても通りやすいものと通りにくいものがあり、一番審査の難易度が高いのは銀行系機関が発行するクレジットカードです。

その次に審査難易度の高いのが信販系で、流通系、消費謝金融系ので審査の難易度が低くなります。

これだけ見ると、消費者金融系が一番クレジットカードを作りやすいということになりますが、消費者金融のカードを作って利用すると、その利用履歴が信用会社にデータとして記録されてしまいます。

こういった履歴のある方は、銀行からの高額融資を受けられなくなったり、住宅ローンの契約ができなくなるリスクがありますので、あまりおすすめできません。

一方難易度が低めの流通系のクレジットカードは、提携している信販会社を経由してカードを利用することになりますので、信販会社が直接発行するクレジットカードよりも、審査のハードルが低めになっています。

また、流通系のクレジットカードは、加盟店を利用した場合に、お買い物で使えるポイントなどの特典が付いている場合がほとんどです。そのため、毎日買い物をする主婦や、旅行で飛行機などを利用する方などは、航空会社やデパートなど、流通系企業が発行するクレジットカードを発行してもらうことが多いようです。利用者がもっとも多いのがこの流通系クレジットカードということになります。

一方、個人事業主などが法人用のクレジットカードを発行する場合は、主要取引銀行の窓口で申請することができるため、フリーランスでも個人事業主として法人化している場合は、こういった方法でクレジットカードを作ることも可能です。

フリーランスなら仕事専用のクレジットカードを作ろう!

フリーランスで活動する人で、一定以上の収入と毎月決まった経費を使う場合は、仕事専用のクレジットカードを別に持つことをおすすめします。

フリーランスでも、事業名を登録しているばあには、仕事で使った費用と自分が私的に使った買い物などの費用を分けておく必要があります。もし、個人のクレジットカードで、仕事の経費も両方引き落とししている場合、経費を私的流用していると判断されてしまう場合があります。

事業所を構えている場合は、事業所名の入ったカードを作るのがベストですが、もし、難しいということであれば、自分の名義で構いませんので、生活用のカードと、仕事用のカードを分けて持つようにしましょう。

ある程度のまとまった収入と、定期的にカードを利用した履歴のあるフリーランスの方の場合は、個人事業主として新たにクレジットカードを作る時にも、審査が通りやすくなります。

もし、事業者としてもクレジットカードの発行が初めてという場合には、個人用をまずは作成するか、銀行講座を開設する際に、同時に信販会社の窓口で申し込むのがおすすめです。

クレジットカードの申し込みを行うカウンターでは、専門的な知識を持っているスタッフが常駐しており、就業条件など様々な説明を受けます。逆に常設の窓口なら、一次審査の担当者と直接話せる場合がほとんどですので、フリーランスであることなど、事情説明をしてクレジットカードの申請に必要な手続きなどの相談にも乗ってもらえます。

ついでながら、クレジットカードを利用した際にカードに付くポイントも、厳密に言うと雑収入になります。パソコンや文房具、ソフトウェアなど、フリーランスの業務に必要なものを購入した場合に貯まったクレジットカードのポイントは、業務に関連する場合には使用できますが、個人のお買い物や個人の飲食代の支払いなどには利用することができません。

また、法人用クレジットカードのもう一つのデメリットは、カードの年会費がかかるということです。フリーランスで、そこまでまとまった収入が無いという方であれば、個人名義のクレジットカードを2枚持って使い分ける方が無難かもしれません。

どうしても難しい場合は同居家族のクレジットカードを検討しよう!

フリーランス実績が3年以下で、どうしても個人でクレジットカードの発行が難しいという方は、世帯主でない場合は、同居家族を世帯主の欄に記入する形で家族カードを発行することを検討してみてください。

家族カードのデメリットは、年会費や発行手数料などがかかる場合があるという点と、支払い口座を分けられないという点です。また、使用目的がお買い物のみなど、利用範囲が限定されている場合もあります。申請の前には、必ず利用案内をよく確認してから申し込むようにしてください。

フリーランスの人は使用限度を守ってクレジットカードを使おう!

フリーランスの人が、クレジットカードを申請するときに気をつけたいポイントや、審査が通りやすいクレジットカードの種類などをご紹介致しました。

ネットショッピングの普及で、今後ますます利用する機会が増えそうなクレジットカード。日々の生活に欠かせない存在となっています。

クレジットカード利用者が増える一方で、クレジットカードは現金と違って目に見えてお金が減っていきませんので、どうしても使い込んでしまったり、気がついたら限度額を越えて借金を抱えていたという方も増加しています。

安定した収入のある会社員と違ってフリーランス業の人は、月によっては仕事量が減ったり、クライアントからの入金が遅れて、資金繰りが難しい場面も出てきます。

そういう状況の中でも、クレジットカードの支払いは毎月発生していきますので、返済できる能力が無いのに、クレジットカードを持つというのは、非常に危険なことです。

インターネットを介して仕事をすることの多いフリーランス業の人にとって、クレジットカードは無くてはならない便利なツールです。利用目的は、クレジットカードでしか払えないサイト利用料や会費などに限定して、それ以外の場面では、現金で支払いするなど、利用の仕方を考えて使う必要があります。

クレジットカードは、見えないお金ではありません。あくまでも「未来の自分が支払わなければならない借金」という位置づけです。

収入が不安定なフリーランスだからこそ、使用限度額に気をつけて、返済できる範囲でクレジットカードを賢くご利用下さい。

Pocket

pagetop