妊婦の方にオススメの求人 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

妊婦の方にオススメの求人

2018.09.26
Pocket

妊娠中でも働きたい!という思いを抱えている方は多いと思います。  だけど、妊婦OKの求人は少ないんじゃないか、と不安になりますよね。  また、いくら働きたいといっても、体に過度の負荷を与えるようなお仕事は避けたいものです。  そこで今回は、妊婦の方にオススメの求人や、お仕事の探し方のコツ、安全に働くためのポイントなどについてご紹介していきます!

妊娠中も仕事はした方が良い?

妊娠中でも、仕事はした方が良いのか?

「その人次第」というのが、問いの答えと言えます。

たとえば、体調面に不安があったり、妊娠を機に仕事を辞めたい、と考えている方の場合、無理をして働く必要はありません。

自宅でゆったりとした時間を過ごし、生まれてくる子供の健康を願うのも、選択肢の1つでしょう。

それでは、妊婦の方は仕事をしてはいけないのか、というと、そういう訳でもありません。もちろん、体に負荷をかけるような働き方はいけませんが、妊娠中でも働いている方は実際には多くいます。

妊娠中に働くメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

【金銭面での不安を解消できる】

妊娠前後の時期は、色々な出費がかかるものです。たとえば、妊婦検診やマタニティ用品、出産費用など。これらだけで数十万~数百万円かかることもあります。

さらに、子供が生まれた後は養育費やベビー用品、教育費などの出費も考えなければなりません。人によっては、これらの出費は大きな重荷になってしまいますよね。

そうした場合、妊娠期間中に少しでも仕事をしておくことで、金銭面に余裕を持たせることができます。

【仕事をすることが気分転換になる】

家でじっとしているだけだと、意外にストレスが蓄積するものです。妊娠前はバリバリ働いていたような方だとなおさら、何もしない状況というのは、フラストレーションが溜まる一因になってしまいます。

そうした場合、妊娠中でも仕事をすることで、気分転換を図ることができます。生活のハリ、やりがいを持つことで、健康を保つことにつながるのです。

実際には、母子の健康を考えて、妊娠中でも小まめに運動をすることが推奨されています。

妊婦の方でも働ける仕事とは?

妊娠中に働きたい場合、お仕事選びに注意する必要があります。

ここでは、妊婦の方でも働きやすいお仕事の条件について、いくつかご紹介していきます!

【いつでも休める・病院に行ける】

妊娠期間中は、体をいたわりながら働かなければなりません。そのため、急な体調の変化を感じたときや、体調がよくないときに、仕事を休んだり、病院に行ける環境が必要になります。

たとえば、妊娠初期(妊娠1~4ヶ月)は、つわりの症状が特に辛くなります。すると、仕事を休まざるを得ない場面も増えてきますよね。

そうしたときに、自分の判断ですぐに休むことができる、というのはとても大切な条件です。なぜなら、無理をしてまで仕事をしてしまうと、ますます体調が悪化し、治療が必要になるケースもあるからです。

そのため、妊婦に対して理解のある職場、または自分のペースでできるお仕事を選ぶようにしましょう!

【座りながら仕事ができる】

妊娠中期以降になると、お腹も大きくなってきます。すると、立ちっぱなしの状態がどうしても辛くなってきます。なので、「座りながらできる」仕事であるかどうか、というのも、重要な条件です。

座りながらできるお仕事としては、たとえば事務的作業、コールセンター、PC関連のお仕事などが挙げられます。

また、在宅でできるお仕事も良いですね。在宅ワークだと、ライティングやデータ入力、デザインなど、座ってできるお仕事はたくさんあります!

【ストレスが蓄積しにくいお仕事】

少し曖昧ですが、「心身に負荷がかからない」というのは、実は1番大切な条件です。

まずは、身体に負荷がかからない、という点で、できるだけ体を使わないような仕事が良いでしょう。

歩き回ったり、重いものを持ち運んだりするお仕事は、妊婦の方には適していない、ということですね。

また、心に与えるストレスが少ない仕事である、というのも大切な条件。どんな場面でストレスがかかるのかというと、たとえば新しい人間関係を構築する必要があったり、慣れない作業を覚える必要があったりするケースです。

対人でのお仕事があまり得意でない方の場合、見知らぬ他者と仕事を通じて会うことも、心のストレスにつながってしまいます。これらの点に注意しながら、お仕事を探すようにしましょう!

オススメの求人は在宅ワークのお仕事?

上で紹介した条件を元に、妊婦の方にオススメの求人について考えてみましょう!

妊娠中でも働きやすいお仕事としてまず挙げられるのは、以前働いていた職場や、知り合いがいる職場でのお仕事です。顔見知りがいるだけで、精神面での安心感はグッと上がりますし、慣れている仕事という意味でも負担は少ないでしょう。

また、妊婦でも採用してもらいやすい、といったメリットもあります。妊娠する前に働いていた職場がある、という方は、引き続き働くことができるか、一度相談してみるのも良いでしょう。

しかし、この方法が常に上手くいくわけではありません。実際、妊婦の方はNGというお仕事も多くあります。

また、お仕事の内容的に、妊婦の身には厳しい、といった事情があるかもしれません。

そうした方にオススメなのが「在宅ワーク」のお仕事です。

なぜ、在宅の仕事をオススメできるのか。その理由を、以下で詳しく紹介していきます!

【オススメできる理由1:自分のペースで働ける】

在宅ワークで1番良いところは「自分のペースで働くことができる」という点です。

在宅ワークだと、働く時間や日数はすべて、自分で決めることができます。企業に属するわけではなく、拘束時間が発生しないからです。

そのため、たとえば朝「少し体調が悪いな」と思った時でも自分の判断で休むことができます。

また、体調の回復を待って、短い時間だけ作業をする、といった働き方も可能です。とにかく自由な働き方ができるので、体調が不安定になりがちな妊婦の方にとっては、とても好都合でしょう!

【オススメできる理由2:通勤の手間を省ける】

在宅ワークの場合、自宅で働くことになるので、仕事をするための移動時間が一切必要なくなります。

これはとても優れた点です。たとえば、電車通勤が必要なケースについて考えてみましょう。

通勤ラッシュ時の満員電車に乗る。これだけでも、心身ともに大きな負荷がかかってしまいます。

また、人混みに押されたりすることも、大きな危険性があるといえます。最寄駅に着いた後も、徒歩での移動があります。

妊娠中期以降でお腹の大きくなった妊婦さんは、歩くだけでも体力を消耗してしまいますよね。

つまり、通勤時間をなくすだけでも、心身にかかるストレスを減らすことができるのです!

【オススメできる理由3:慣れた場所で働ける】

自宅で働けるメリットは、それだけではありません。

慣れた場所でお仕事ができる。それだけでも、心のストレスを大幅に減らすことができます。

先ほど、慣れない環境で働くことで生じるストレスについて説明しました。見知らぬ職場で、見知らぬ人に囲まれて仕事をしていると、知らず知らずのうちにストレスが蓄積してきます。

環境が変わったときに疲れが溜まる現象を思い浮かべていただくと、分かりやすいかもしれません。

妊婦の方にとって、心のストレスは最大の敵です。馴染みのある環境で働くことで、不必要なストレスを溜めずにすむでしょう。

【オススメできる理由4:体を使わずに働ける】

先ほどの項でも少し触れたように、在宅ワークの場合、座りながらできるお仕事も多いです。

在宅勤務、という性質上、仕事で体を使うことはほとんどありません。PCを使って行うお仕事も多いため、身体にかかる負担を軽減することができます。文字を入力したり、カーソルを動かすときに使う部位は指先だけなので安心です。

また、短時間、カンタンな作業で完結するお仕事も多いため、無理なく働けます。

【オススメできる理由5:スキルを活かして働ける】

肉体作業が少ないぶん、在宅ワークでは、これまでに培ってきたスキルが必要とされる仕事も多くあります。たとえば、デザイナーやプログラマーといったお仕事は、その代表格でしょう。

また、ライティングの仕事のように、未経験からでも始められますが、より経験を積んだ方が好条件の仕事を受注できるケースもあります。

これらに該当するスキルをお持ちの方は、在宅ワークに取り組むことで、いきなり高収入を目指すことができます。

また、現時点では経験、スキルがない方でも、仕事を通して実績を重ねていくことで、出産後も継続して、仕事を受注することが可能です。

将来を見据えて、今のうちにスキルを蓄えておくと良いでしょう!

どうやって仕事を探せば良いの?

それでは、妊婦の方はどのようにして、自分にあった仕事を探せば良いのでしょうか?

上の項で紹介したオススメできる求人を元に、今度は仕事の探し方についてご紹介していきます!

【家族や知人を頼る】

外に出て働きたい、という方は、なるべく家族や知人のつてを頼ると良いでしょう。

知り合いや身内が関係している職場だと、妊娠中という状況に対しての理解が得られやすい傾向にあります。

また、以前勤めていた職場に連絡を取ってみるのも良いでしょう。その仕事の経験があるということで、短時間のアルバイトとして雇ってもらえる可能性があるからです。

経験のある職場ということで、仕事に対するストレスや負担も少なくてすむでしょう。ただし、これらの方法によって、必ずしも仕事が見つかるわけではない、という点には注意が必要です。

【在宅ワークのサイトに登録する】

在宅ワークの仕事を探す場合、まずは在宅ワークのサイトに登録してみましょう。

たとえば、弊社が運営している「ママワークス」など、在宅のお仕事を紹介しているサイトやサービスは比較的多くあります。

登録が完了すれば、後はサイト内で気に入ったお仕事を探すだけ!簡単なものから少し専門的なものまで、たくさんの種類の仕事があるので、自分にあった案件を受注しましょう。

安全に働くためのポイント

ここまで、妊娠中でもできるお仕事を見つけるための、いくつかのポイントやコツについてお伝えしてきました。

しかし、自分にあった仕事が見つかったとしても、無理は禁物です。

そこで最後に、安全に働くために知っておきたいポイントについて、いくつかご紹介していきます!

【妊娠初期は、とにかく無理をしない】

妊娠初期(1~4ヶ月)は、特に体調が安定しない時期でもあります。つわりがひどく、動くことさえしんどい時もありますよね。

この時期は、とにかく無理をしないことが大切。少しでも体の不調を感じたら、仕事を休んでゆっくり過ごすようにしましょう。

家で仕事をする場合も、この時期にはあまり仕事を受注しない方が良いかもしれません。

【安定期に入っても油断は禁物】

一般的に、妊娠5ヶ月目以降は安定期に入って、体調が改善されることも多いです。

しかし、体調が良いからといって、過度に仕事をしすぎないように注意しましょう。この時期に無理をしてしまうと、切迫早産になる可能性もあります。

生まれてくる子供のためにも、しっかりと自分の生活リズムを守るようにしましょう!

【仕事のハードルを上げすぎない】

受けるお仕事は、なるべくカンタンなものの方が良いです。

できれば、自分のレベルを超えない程度の仕事を選ぶようにしましょう。妊娠中の仕事はあくまでも「気分転換」であって、がっつり稼ぐためのものではない、と割り切ることも大切です。

「お金を稼ぎたい」「難しい仕事に取り組みたい」という気持ちが強いと、ついつい無理をしてしまいがちです。自分のキャパを把握し、ストレスなく取り組める仕事を受注するようにしましょう!

【ゆったりとした時間を持つ】

最後に、妊娠中はできるだけゆったりとした自分の時間を持つようにしましょう。仕事をするのも良いですが、そればかりだと逆に好ましくありません。

趣味をしたり、普段と違うことに取り組むなど、気分転換の方法は他にもたくさんあります。たとえば、本や映画、絵画などを鑑賞するのも良いでしょう。

妊娠前後では、人生の価値観は自然と変化するもの。そうした時期に、さまざまな芸術作品に触れることで、自分の中に豊かな感受性や健全な価値観を育むことができます。

忙しい時にはやらなかったことに、挑戦してみましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、「妊婦の方にオススメの求人」というテーマで、さまざまな情報を保証会してきました。

妊娠中の仕事探しでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

Pocket

pagetop