在宅ワークで稼ぐのは難しい?収入・働き方・仕事内容をご紹介♪ | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークで稼ぐのは難しい?収入・働き方・仕事内容をご紹介♪

公開日: 2018.10.05
最終更新日: 2020.04.27

在宅ワークで稼ぐのは難しい?収入・働き方・仕事内容をご紹介♪

子供も幼稚園や保育園に通ったり小学生になったりしてくると、慌ただしい朝と夕方以外はほんの少しだけ時間にゆとりが出てくるものですね。だからと言って結婚前のようにフルタイム勤務は勇気がいります。

子供の急な病院付き添いもありますし、子供たちが帰宅した時くらい家にいて、笑顔で迎えてあげたい、ご主人にも出来るだけ栄養価の高い食事を出して、健康でいて欲しい…

主婦には家庭での利他的な働きや家族の必要を満たすための本当に沢山の働きが期待されているものです。

主婦の働きは本当に必要で大きなものだとしても、ここが残念な所なのですが、お金が出ないのですよね…

ですので、少しは先々のマイホーム購入に充てたり、子供たちの進学に備えたりと、少しの蓄えでいいので、バイト程度稼ぎたい、でもドタキャンは子供がいるとどうしても生じてしまうので、そうなると外での勤務は難しい…

そんな時に耳にしたのが、主婦でも在宅ワークが流行っている、という希望の光のような言葉です。

でも何の資格がなくても本当に主婦にでも勤まるのでしょうか?

確かに最近では平日の日中でも働き盛りの若い男性が、素敵なカフェで、ノートパソコンを開いて一所懸命真剣にお仕事なのか、頑張っている姿は目にしますし、何か凄く仕事のできる方なら在宅ワークが出来るのかと思っていました。

それで今回は、普通の主婦でも在宅ワークが可能なのか?

可能であれば、バイト程度の稼ぎが出来るものは一体どんなものがあるのでしょうか?

こういったことを簡単にご紹介してみますね。

そもそも在宅ワークとはどういった働き方なの?

普通の主婦でも今は在宅ワークが可能であるとはよく耳にしますよね。でも在宅ワークって一体どんな働き方なのでしょう?

これは字の如く、会社に出勤せず、自宅で仕事をこなし提出すればよい、場所を選ばない勤務スタイルを指して多く用いられています。

それに似た語としては、最近よく耳にするようになっているリモートワーク、テレワークなどがありますが、ニュアンス的に多少の違いはあるようですが、共通しているのは基本的な意味合いとしてはどれも同じです。つまり働く場所を選ばずに自由に仕事ができる勤務スタイルで、通信網が多様化している今の時代のニーズにぴったりの働き方と言えるでしょう。

どうして主婦に在宅ワークはあっていると言えるの?

在宅ワークの勤務スタイルは何となくわかりましたね。でもどうして特に主婦にこの勤務スタイルがあっているといえますか?

そうです、つまり働く人主体で動ける、ということなのです。

主婦には沢山の貴重な他の働きがありましたよね?子供たちのお世話や学校から帰ってからお菓子を作って笑顔でお迎えしてあげたり、ご主人様の帰りに合わせて美味しい夕食の準備をしてあげたりと、主婦には沢山の多岐にわたるお仕事があるのです。

ですから、そういったことを忙しく果たしながら、自宅で空いた時間だけ働けるのは本当にありがたいのです。しかもバイト程度で逆に丁度良いのですから、在宅ワークで仕事量を調整しながら収入が毎月得られるのは本当に主婦向きと言えますよね。

しかもドタキャンに当日なっても、上司に嫌味を言われながらお休みを報告する必要もありません。

アルバイトでストレスになるのが結構これだったりして、家庭を持つようになるとアルバイトが続けられなくなってきてしまいます。

それでいて主婦は実は人生経験も積んできており、短時間でサクッと物事をこなすのが得意になってきているのです。そこが若いころとは全く違います。

ですからバイト程度であれば主婦は在宅ワークは非常に向いていると言えるのです。

でも実際にはどんなお仕事があるのでしょうか?

今回は主婦に向いていそうな、もしかしたら、そんなにパソコン関連が難しくなく出来るようなものだけ、ほんの一部をご紹介してゆきましょう。

在宅ワークで稼ぐのは難しい?気になる在宅ワークの平均収入

インターネットが普及して多種多様な働き方ができるようになった今、実際の在宅ワーカーの報酬と働き方について、そしてどんな仕事があるのかを調べてみました。

あなたは『在宅ワーク』という働き方にどんなイメージを持っていますか?
「家でストレスなく働けて良いな」「会社への移動時間が無くなるから時短になりそう」等々、メリットを多く感じる部分もあるでしょう。

では収入面のイメージはどうでしょうか。何となく【稼げない】という印象はありませんか?
実際に在宅ワークを行っている方の収入は、平均年収が5万円以下である人の割合が最も多く、在宅ワーカーの半数近くが月10万未満の収入であるという統計データが過去にありました。あなたはこの収入を少ないと感じますか?

比較対象がないとわからないので、短時間固定で働くパートタイムの月収で比べてみましょう。在宅ワーカーと働き方は異なりますが、時間で区切って勤務日を選べる事が多いから、働くママさん・主婦さんに人気の雇用形態です。

パートタイムで働く方の平均月収は97,336円(厚生労働省の毎月勤労統計調査 平成30年実数)というデータがあります。

その収入と比較して一定時間在宅で働いているにも関わらず月収10万円以下。自宅で仕事する事から、光熱費や場所代は自己負担…となると、やはり「稼げない」という現実に紐づいてしまうのかも知れませんね。

在宅ワークで稼ぐのが難しいのは何故?

(1)報酬単価の低い仕事が多い
在宅ワークの業務は幅広く、スキマ時間を使ってできる簡単な入力作業、電話で商品を案内するテレアポ業務等もあります。これらは『誰でも』『いつでも』スタートできるハードルの低い在宅ワークですが、単価が低く設定されており、多くの件数をこなさなければ、それなりの収入を得る事が難しい仕事もあります。

(2)長時間作業が必要
上記でお伝えしたように、単価が低ければその分多くの件数をこなして収入を得るしかありません。しかし、個人のスキルによって作業スピードは異なるため、スキルが不足していると効率よく仕事ができず、長時間の仕事になってしまいます。
長時間拘束されても得られる収入はごくわずか…という悲しい現実も。個人のスキルによって時間にも報酬にも影響が出てきます。

(3)常に案件があるとは限らない
在宅ワーカーは個人事業主の業務請負であることが多く、安定的に仕事が得られる保証がありません。
あるクライアントから一定数仕事の依頼を請けていても、状況によって受注が変動し、仕事が減るということも十分考えられます。
仕事が減れば、また新たに別なクライアントから仕事を請けるために営業を行い、常に働く姿勢を維持しなければなりませんね。

(4)詐欺のリスク
在宅ワークはインターネットからの情報収集で業務契約に至ることがほとんどではないでしょうか。ここで注意すべきは詐欺被害にあわないように意識することです。
在宅ワークの仕事を探すとかなり怪しい情報を目にすることがあります。「1日1時間で月収5万円」「1か月で10~50万円稼げる」という広告もあり、甘い言葉につられてしまいそうになりますが、おいしい話は注意が必要。いったん立ち止まって考えてみましょう。実際に「仕事で商材が必要だと言われて金銭の支払いを求められた」「何日も働いたのに全く報酬につながらない」という金銭トラブルに発展したケースがあるようです。もちろんすべてが詐欺というわけではありませんが、怪しい仕事には手を出さないのが無難です。
すべての情報が信頼できるわけではありません。トラブルに巻き込まれないように、注意してください。

在宅ワークで稼ぐ人が実践していること

では、実際に在宅ワークで稼げるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?
ただ働いているだけではなく、状況から見えてくる低収入脱出の策を考えてみましょう!

【稼げなくても諦めない!継続は力なり】
実際仕事をスタートしても思ったように報酬を得られない時期もあります。

「始めてみたら意外と難しかった」という挫折のような感覚を味わうこともあるでしょう。「ブログでみた○○さんは在宅ワークで何十万も稼いでいるのに」と比較して悲観的になってしまうこともあるかもしれません。しかし、ここで諦めてはいけません!地道にコツコツ、スキルを磨きキャリアを積んで、少しずつ成果に結びついてクライアントからの信頼を得て…ようやく力がついて報酬がアップにつながります。

長い道のりだと感じてしまいますが、仕事は続けることで質が高まり、作業スピードも速くなっていきます。これは継続することでカバーでき、スキルとキャリアはしっかり付いてきます。誰でも最初は未経験。あなたが選んだ仕事に自信をもってまずは継続してみてください!

【稼ぐために自分で動く!情報収集をしてみよう】
新しい知識を得ることで今以上の自分に成長できます。
例えば、書籍を読んだら自分の意識が変わった、新しい知識を得た、その結果ビジネスに繋がったということも起きてきます。情報取集と聞くと身構えてしまいそうですが、決して難しいことではありません。今やネットやテレビでも実践的な情報を入手できる時代。探求心を持って行動することは在宅ワーカーにとって自分を高めビジネスチャンスをつかむ方法のひとつです。

【専門スキルに磨きをかける】
より効率的に稼ぐためには専門的なスキルを磨くと、そのスキルを活かして高収入を得ることができます。
そしてそれが得意なことであれば、モチベーションを高く持って、より磨きをかけることができるでしょう。

あなたの得意なことは何でしょうか?「書くこと」「聞くこと」「形を作ること」「黙々と作業すること」…一人ひとりまったく違うその得意を磨いて未来を作っていくことだってできるのです。「書くことが得意だからライティングスキルを高めるために毎日記事を書いてみよう」「デザインが得意でillustratorとPhotoshopは使えるからHTML+CSSを使ってコーディングの勉強をしてみよう」と自分の得意の幅を広げながらスキルアップしてもよいでしょう。情報収集と似通っている部分がありますが、探求心・向上心が自分自身の能力アップのカギとなります。

稼ぐために必要な心得をお伝えしたところで、ここからはどんな在宅ワークがあるのかを見ていきましょう。

■在宅プログラマ
用意された設計書からプログラムを組んで実動作を行うプログラム作成のお仕事です。
指示された通りの動作ができるように命令を出す操作を行い、アプリケーションやシステムに仕上げて世の中に提供するのです。
プログラム言語はデバイスによって異なります。例えば、WEBの使用言語はHTML,CSS,PHP,JavaScript等、ゲームであればC++,C#,JavaScriptといったように、それぞれの異なる言語知識を求められる事が多く、専門的な知識や経験が求められます。

そのため活躍ステージは広く、スマホアプリ、ホームページ作成、WEBシステム構築といった多方面での在宅ワークが用意されており、自分の得意とする分野を選んで働く事ができます。

専門的なスキルが求められる分野で門は狭いように感じますが、スキルがあれば得意分野を活かして活躍できる場所は豊富に用意されています。

〇報酬
時給1,500円~という案件から時給3,000円~という高時給な案件もあり、その仕事内容によって料金も様々です。フリーランスのプログラマーが月収40万円以上の報酬を得る事も事実であり、個人の能力によって高収入を得られます。また、専門的な知識を活かす事で短時間であってもある程度の金額を得る事ができるのです。

未経験者がプログラマーを目指す事は決して簡単ではありません。しかし、資格や特殊な能力を必要としている業種ではないため、独学で勉強し収入につなげる可能性もゼロではないのです。

プログラマーがいなければアプリケーションやシステムを動かす事ができませんから、在宅ワークの中でも大きな可能性を秘めているお仕事です。

Webライティング
WEB・広報媒体の文章記事を書くお仕事です。

ライターと言っても、ただ文章を書くという仕事だけではありません。取材から文章構築の考案、記事完成後の校正・確認、手直し等々、納品までに行う工程がたくさんあります。すべてを行う業務からポイントを絞って行う業務まで、委託元によって仕事が若干異なります。

報酬はスタート時、1文字単価0.5~1円としている案件が一般的です。仕事を行っていく事で作業スピードも上がり効率よく記事を書け、結果として報酬がアップする事もあるでしょうし、あなたの能力を見込んで報酬をアップしてくれるという可能性も考えられます。最初は低価格でも地道にコツコツと行う。これが大切です。

メディアの多様化により必要性の高い職種であり、未経験者でも始められるので人気があります。

ライターのスキルはとにかく書く事で磨かれていくため、書く事を積み重ねていく事が大切です。ライティングは場所を選ばずどこでもできますから、積極的に執筆を行ってライティングスキルを磨いてください。

ブログアフェリエイト
ブログで記事を書き、記事中に貼ったサービスの広告を読者がクリックして収入を得る手段です。成功報酬型の広告で、インターネットを利用して報酬を得る事ができるので人気があります。

無料でできるブログサイトもあり、パソコンでもスマホでもスタートしやすい在宅ワークですが、初めのうちは報酬を得られない事がほとんどです。

毎日コツコツ記事を書いて、広告付きの情報を公開していく。そんな地道な作業を3ヶ月行ってようやくアクセスが増えてきた!という段階になります。この段階でもまだ収入はゼロという事も多く、収入を得るためには長い道のりを歩まねばなりません。

確実に安心して稼げるといった手段ではありませんが、稼いでいる人がいる事も事実です。

実際、フェリエイトマーケティング協会が行った「アフィリ エイト・プログラムに関する意識調査 2019」によりますと、アフィリエイトでの1ヶ月の収入は、全回答者のうち「収入なし」が 29.7%、「1000円未満」が 15.6%となっています。

一方で「月100万円」を超える割合が6.7%となり、アフェリエイトで稼いでいる方がいる事は事実なのです。

在宅ワークで稼ぐための心得でも申し上げたように継続は力になります。記事を書き続ける事で読者からの信頼を得て、高額な収入を得られる事もあるのです。

動画配信
今や動画配信は世界的なサービスとなり、世の中に大きな影響を与えています。

中でも一般的になってきているのがYouTubeを通じて動画配信している「YouTuber」です。

中には動画内広告で生計を立てているという人もおり、人気YouTuberともなればゲーム月収数百万を超えるとも言われています。

報酬金額の目安は平均1回の再生ごとに0.1円。ここから算出すると、動画再生1万回で1000円ほどの収入になりますね。では、月10万円を稼ぐにはどれくらいの動画再生が必要かというと、100万回以上ということになります。どうしようもなく遠い数字のように感じてしまいますが、動画配信も他の業種と同じようにある程度の知識を身につけるとその仕組みを理解して、収益につなげる事ができるのです。アイデアや編集技術も必要となるので、一つひとつの作業にも技を入れていくことが重要です。例えば、文字テロップを入れるタイトルにキーワードを入れるといった事からもっと専門的な部分まで、やっているうちに身につく事も多いのです。

動画配信で気を付けるべきことは著作権や肖像権の侵害です。例として、無断アップロードや他人の楽曲で収益を得る事は違反です。トラブルに繋がらないよう、各動画サービスのガイドラインを理解した上で、ルールに沿った配信を心掛けてください。

株/FX投資・不動産業
「株で儲かった」「FXで稼いだ」と言った方がいる一方で、どんな内容かわからないという方のために少し説明していきたいと思います。

・株式投資とは?
会社が株式を発行することで出資者を募り、集めた資金を元に会社として利益を上げていくことが株式会社です。この株を買った人が株主となります。株主は株購入時と売却後の差額利益を期待でき、配当金や優待を受けられるなどのメリットがあります。その一方で、株価が落ち込むこともあり、買値よりも下がってしまうといった状況も考えられます。ハイリターンが期待できる一方、ハイリスクもあることを頭の片隅に置いておいてください。

・FXとは?
異なる通貨の為替レートが上下する幅の価格を予測し、金利差による利益を狙う取引です。
1米ドルを100円で購入した後、105円に値上がりしてから売った場合は5円の利益が発生します。
ドルや円はもちろん、ユーロ、ポンドなどの通貨もあり、それらを買ったり売ったりしながら収益を上げていくのがFXでの稼ぎ方です。
取引には多くの通貨で行うことができ、少額から資金を動かして、大きな金額を手にする事も可能です。こちらも株式投資同様に、投資した価格以下になりマイナスの損失を出してしまう事も起こり得る事もあるので、無理のない範囲での取引が理想です。

株もFXも情報収集を怠らず、リスクを考えなら判断する能力が必要です。

・不動産業
不動産投資で利益につなげる道もあります。アパート経営や賃貸住宅運営がその一つです。
一棟のアパートを所持して家賃収入を得る方もいれば、複数の物件を所有していて、貸し出している方もいるでしょう。不動産投資ローンを活用して不動産投資を行い、借りた金額を家賃収入で返済していくことになりますが、返済以上の家賃収入があれば大きな利益につながります。

投資家ブログ
自らトレードの手法や成績、戦略をブログで公開し、アフェリエイト収入につなげる投資家が存在します。

読者がクリックする、商品を購入するといったブログのシステムを利用して、投資家としてだけではなく、ブロガーとしても報酬を得る事が可能なのです。

投資初心者にはとてもありがたい存在であり、多くの方に役立つ情報を提供しながら報酬も得られるとなれば、モチベーションも上がりそうですね。

ブログアフェリエイトでもお伝えしたように継続していくことが力になります。毎必要としている読者のために届けるという使命感を持って、毎日コツコツ向き合っていけば、ゆくゆくは大きな成果に結びつくこともあるでしょう。

在宅でのコールセンター業務

これは何の資格がなくても、基本的に日本語が出来る方であれば誰でも取り組める電話での応対作業です。

それにこの仕事は若い時にコールセンターで働いたことがある方も多く、その感覚を活かしてやる気があれば本当に誰でもできるお仕事です。

たとえ経験がなくても心配することは全くありません。研修制度もどこもしっかりしているため、きちんと案内できるようになるまでしっかりと教えてもらえます。

しかも研修の際も完全在宅でネット経由で出来るようなところも多くなっています。

ですから自分の家が郊外で、研修に通うことさえ難しい場合にも問題もありません。

そしていざコールセンター業務が始まっても、完全サポート体制でバックアップもありますし、自分で考えなくても、というより考えて話さない方が逆に良いのですが、台本がその都度準備されていますから、仕事に集中して不安なく電話応対をすることが出来るでしょう。

ただ、コールセンター業務経験者ならわかることですが、この業務には基本的には二つの種類に分かれています。

・受信

・発信

自分に向いているものを最初に選んでおくことが非常に重要です。

というのは在宅でのコールセンター業務は自分一人ですから、誰かに直ぐに聞いて教えてもらうことは出来ません。

 

完全出来高制のため、会社にチャットやSkypeなどで連絡してすぐに聞けることは聞けますが、そうなると収入が減ってしまいます。

オフィスでのコールセンター業務であれば、上司に聞いている時間も時給として発生していますからここが在宅でのコールセンター業務と違いますよね。

ですから受信であれば、ある程度の予想を立てて、しかもこちらのペースで物事が運ぶ場合が多いのですが、発信の場合は、お客様が何かの問題を抱えて電話してきたり、カタログを見て意見を言ってきたりと、色々とお客様主体になるわけですので、対応も複雑化する場合もあることを前もって留意しておきましょう。

そういう時に完全在宅で、自分の場合にはどちらが向いているかを前もって決めておいて応募されてください。

大体どこの在宅コールセンター業務も時給換算で、千円前後のようですから、契約が取れた時にはもっと上りはしますが、オフィスに行って働くのと大差はありません。

そうなると、当日ドタキャンも対応メール対応で気分的に楽ですし、時給換算千円前後であれば、逆に外でアルバイトをするよりずっと割の良いお仕事です。

例えばご主人様や子供たちを朝送り出してから、午前中だけ三時間働くとします。

それを週に4日だけ働いたとして以下の通りです。

月曜日~木曜日

午前9:00~12:00

3時間×4日≠3,000×4日≠12,000円

これを一ヶ月で考えると

12,000×4週≠48,000円

 

一ヶ月は4週と少しなので、大体¥50,000円前後となります。

こうなると主婦のアルバイトとしては本当に丁度良いのではありませんか?

しかも完全在宅なので家族の責任も同時に果たすことが出来ますね。

一日たったの3時間で、しかも週末も必要なく、週に平日4日だけで、これだけの収入が得られるのは在宅コールセンター業務ならではの割の良いお仕事です。

もし出勤して大きなコールセンターで働いたとしても、そこに行くまでに電車に乗って通勤し、結局は通勤途中や帰宅時に寄り道をして必要不可欠ではないけど旬のものに目がくらみ買ってしまったり、意外に楽しいけれど自宅を出るとお金が出てしまうことってありますよね。

ですから、在宅コールセンター業務は本当に主婦に向いている良い条件のお仕事なのです。

 

在宅ライター

これは本当に人気のある職業です。

しかもバイト程度の収入でよいのであれば、募集はいつでもある状態です。本業にする、つまり生計を立てられるほどの収入が必要でライターを職業として求めているのであれば、丁度よいものを見つけてくるのは難しいかもしれませんが、一ヶ月数万くらいでちょうど良いのであれば今は募集は山ほどあるのが現状です。

先ずは単価は安いかも知れませんが、在宅ライターを常時募集している登録サイトに登録をしておいて、色々なものを試してみて、是非経験を積まれてみてください。

生計を立てるのに必要なのは、1文字;0.8円~と言われています。勿論、主婦のバイト程度の収入でよければ沢山稼ぐ必要はありません。でも出来れば割が良い方が良いですよね。

ですから、最初は登録サイトから安い単価で沢山こなし、経験を積んでから、少し単価の高いライターを申し込まれると良いでしょう。

例えば1文字1円だとすれば…

2,000文字≠2,000円

4,000文字≠4,000円です。

 

1日4,000文字×週3日≠12,000円

12,000×4週≠48,000円

 

こうなると一ヶ月で大体5万円程度にはなるわけです。

慣れてくると2,000文字くらいは1時間で可能なので、そうしたらなんと!時給換算で2千円くらいにはなる計算です!

勿論そんなには早く書けないですし、1文字≠1円以上、という案件になってくると、文章の正確さ、内容も質の重視が求められます。

ですから、ライティング前には綿密な準備や調査が求められてくるため、書き始めたらあっという間なのかもしれませんが、書き始める前に時間がかかって、これには収入がないわけですので、まあ、トントン、と言えるでしょうね。

ただ、この在宅ライターが主婦に向いているといえるのは、ライターというお仕事には人生経験が求められてくるからなんです。

例えば様々なジャンルのコラムを記載するのに、大学を出たような新卒の有能な若者が力を発揮するかというと、実はそうでもないのです。

やはり、様々な立場を経験した方のちょっとした意見の入ったものが興味深い文章を書けるものですし、結局は読者がいてのコラムであったり記事作成な訳ですから、読み手が面白いと感じられるようでなければ意味がないのです。

そういったものを書くためには人生経験が必要なうえに、多岐にわたる情報収集によって培われた完成のある主婦は本当に向いているのです。

他にも主婦に向いているといえる理由がいくつかあります。

主婦は家族の用事が沢山あるうえ、家にいれば子供が突然学校から帰ってきたり、ご主人が平日でも出社しないで子供と遊んでいたりと、予想外のことは日々沢山生じるものです。

そういった時に、在宅コールセンター業務では成り立ちません。

子供が笑う声、泣き声、ペットのワンワンと膝に乗ってきて騒ぐ声…

幸せな家庭の日常の一コマですね、

でもこんな声が電話応対中に無効に漏れ聞こえてしまって、信頼されるのでしょうか?

無理なのです…

そんな時には在宅ライターが大活躍です。

子供が走り回っていても、そのそばで、(まあ集中出来れば、ですが)書き物はパソコンを開いて出来ますし、例えばどこかに家族でお出かけするときも、スマホやタブレットを持参さえしていれば、なにかいい案が浮かんだその時点で、隙間時間に書き込んで、帰宅してから正式に書いておくことも出来ますよね。

ライティングのお仕事は本当に忙しい主婦にはあらゆる面で向いているといえるでしょう。

大人気の在宅ワークの定番;データ入力

これも主婦には大人気の在宅ワークです。とにかくひたすら言われた内容を粛々と入力してゆきます。

ただ種類も多いので、一口にデータ入力と言っても自分に合ったものを見つけるまでは大変です。それだけ、今の時代はデータ入力は沢山の募集があるからです。

ここでは主婦に人気の単純データ入力を取り上げましょう。もう一つは文字以外のパソコン作業を駆使した作業のデータ入力もありますが、普通の主婦が取っつきやすいのは単純データ作業の方かもしれませんから、今回はそちらの方だけを取り上げてみましょう。

このデータ入力が人気があるのは未経験でも可能な案件が多いことです。

パソコンを使って文字をひたすら入力してゆくのでタイピングの速い方や画面を見ながら入力の出来るブラインドタッチが出来る方は非常に有利です。

出来高制になるため、速く、正確に、が求められます。

単純作業に一つ大変さがあるとすればこの分野なのかもしれません。速く、のみならず、正確さが求められてきますから、あまりにもいい加減な性格の主婦は向いていないかも知れませんね。

そしてこのデータ入力が人気なのは、好きな分量を自分で決められるということです。

今月は子供の行事も沢山あるし、実家にも帰省しないといけないし…という時はその時に応じられるペースで受注が可能です。

大体時給換算にするとやはり千円前後が多いようですが、ひたすら文字を打っていく作業は比較的きついようで、1日2時間が限度、という方も多いのが要注意です。

 

計算すると以下の通りです。

1日2時間×千円≠2千円

週4日×2千円≠8千円

週4日×4≠8千円×4≠3万6千円

 

つまり一ヶ月で4万円弱、ということになります。

主婦が空いた時間に、黙々とするのには結構いい金額だ、と考えようによっては言えるのではないでしょうか?

1日に2時間以上は自分なら簡単だ、と考える方も多いでしょう。

確かにもっと稼ぎたいですよね。でも色々な方の意見を参考にすると、長時間働いたからといって、沢山稼げるようなものでもありません。

沢山の量をこなすことだけでなく、正確さが求められてくるので、あまりにスピード重視でしてゆくと打ち間違いが増えてきて、結局のところ収入に繋がらないのです。

じゃあスピードを落とせばよい、かも知れませんが、単価が非常に安いため、ある程度の速度は当然求められてきます。

ですから、単純作業が得意で、タイピングに自信があり、且つミスの少ないコツコツ型の方は非常に合っていることでしょう。

是非チャレンジしてくださいね。

在宅カウンセラー

これは最近多くなり始めた分野の、主婦に向いている在宅のお仕事です。少し前にはテレビでも紹介されたこともあるため、こんなに稼げるんだ~と意外な方も多いことでしょう。

でもテレビで紹介されたような金額になるのは少ないといえるのが現状です。大体の相場はコンビニのバイトくらいと考える方が妥当です。時給換算にすると千円前後ですから、それを1日3時間くらい働いたとして以下の通りです。

 

1時間千円×3時間≠3千円

3千円×週4日≠12,000円

12,000×4週≠48,000円

 

ですので一ヶ月大体5万円前後くらいにはなりますね。主婦のバイトにしては本当に割が良いですよね。

出かけなくてもいいですし、もしかしたら、ノーメイクでもオッケーなのですから。

ただし、結構気を使うのがこちらのお仕事です。

解決策は述べず、その方が自分で解決策を見出してゆくように誘導してゆけばよいのですが、やはり悩みを抱えておられる方はナーバスにもなっておられますし、いい方にも本当に最新の注意が必要になってくること必須です。

ですから、自分の家庭の悩みだけで精一杯であれば止めた方が無難かもしれませんね。

ただ今後のストレス社会において、この仕事が減ることは考えられませんから、今のうちに経験を積んでみるのも良いことかもしれませんね。

それに主婦に向いている仕事となぜ言えるのでしょうか?

主婦は人生経験と物柔らかさが自然に身についてこられた方が多いからです。

自分自身の結婚・子育ての悩み、毎日子供も学校であった悩みや問題をママに打ち明けてきます。

それに対してママである主婦は、子供の心を傷つけないようにしながらも、一緒に解決策を模索していったり、時には先生のように、時には友のように接してゆくのです。

そして数時間立つと、ダーリンが帰宅してきます。お仕事は順調なのかそうでないのか、顔つきを見ればわかります。

子供が寝静まった後にそれとなく聞いてみると、やはりご主人様も沢山の悩みや疲れを感じているようです。

男性ですから、妻の自分が好きなように口をきかないように気を付けながらも妻なりの意見を口に出して会話をしているのです。

こういったことを毎日しているとどうなりますか?

主婦は何の仕事をしていないようで、先生や友達や、奥さんの立場だったりと、本当に一人何役をこなして頑張ってきているのでしょう。

こういった普段からの努力が生かされるのが、在宅カウンセラーなのです。

人の心を扱うお仕事ですから、とにかく場数が必要です。

それを既に自分の家庭で経験済みの主婦には正直、本当にもってこいのお仕事なのです。

ですから、もし良い条件の在宅カウンセラーの募集があるなら、是非一度主婦には挑戦していただきたいともおもえるお仕事です。

幾つかの在宅ワークを複数進める方法

これは意外に思えるかもしれません。でも安定した収入を得るのに結構いいテクニックです。

というのは、上記に挙げた在宅のお仕事は主婦にとって非常にやりやすい、ある程度の収入に繋がりやすいものばかりを挙げてみたのですが、どの仕事にもある程度のストレスは当然あるものです。

しかも主婦にとっては、在宅の環境というのもいいようで、難しい時もありますよね。

子供たちが夏休みになれば、ずーっとお家にいます。

それだけでなく、遊んだり騒いだり笑ったり…いつも楽しそうな声が家中に響いています。

家庭の安らぎは崩したくありませんから、注意は極力しないでおきます。

そしたら当然何が出来なくなるのでしょうか?

在宅のお仕事で、特に電話応対に関係するものがアウトですよね…

そういった時にも収入は適度に欲しいですし、このような時に強さを発揮するのが在宅ワークの複数の掛け持ちなのです。

子供たちが順調に学校に行ってくれているときは、在宅オペレーターになってガンガン稼ぎます。

子供たちの長期のお休みの時には、在宅での単純データ入力作業をほんの少しだけやればよいかも知れませんね。

在宅ライターなんかもいいかも知れません。データ入力ですと静かな環境でなければ集中して出来ないかも知れませんが、コラム作成などであれば、自分の頭で考えたものを書くことなので、結構雑音があっても書けたりするかもしれませんよね。

子供たちがいても、少しの時間ならパソコンに向かって作業も出来ますし、チョコチョコとためておくことが出来ます。

このように、一つだけですと在宅ワークは難しい時が主婦にはあるかも知れませんが、幾つかの組み合わせによって、バイト程度の収入であれば、コンスタントに稼ぎ続けることも可能なのです。

でも、一つだけでも大変なのに、幾つもは自分には無理だ、と思われますか?

意外にそうでもないかも知れませんよ。

というのは、一つだから頭が疲れてしまっている、ということもあり得るからなんです。

データ入力だけだと、集中力が切れてしまって、心も頭も疲れ切ってしまいかねません。

そんな時に在宅コールセンター業務に切り替えてみると、意外にも楽しくできたりするからです。

どうしても、人間の能力には限界もあって、まあ、非常に聡明で強靭な精神力の持ち主は違うのかもしれませんが、一つの事だけ頑張ると飽きてしまったりもするものです。

在宅ワークというのは、オフィスでお仕事を頑張るよりもきっと飽きるのは早いことでしょう。

というのは、在宅、だからです。

つまり日常から全く離れず、自宅という環境ですから、もうこの時点だけで空きが来るのは早いです。

そして、仕事で全て使用するのは、自宅の慣れ親しんだノートパソコンです。

愛用しているのでもう何年も使っているかもしれませんね。

このように、変化がないのです…

お得意先に出向くわけでもなく、マンネリ化しやすいのは目に見えています…

このような訳で、在宅ワークは複数掛け持ちするのは結構、出来ますし、そうした方が疲れも取れて、安定した収入にもなり、飽きることもなく、気分転換を適度に図れる、という強みに変わります。

複数の掛け持ち、ご考慮されるに値しますよ!

是非今のうちにチャレンジして頑張ってみてくださいね。

まとめ

普通の主婦でも今はアルバイト程度の収入は在宅ワークで本当に沢山の選択肢があることが分かりますね。しかも、近所に縛られず、全国展開の中で探せるので、今は本当に恵まれた時代です。

チャンスはいつでもあるわけではありません。逃してしまったら、もう来ない可能性もあるのです。

それで、これまでの既成概念を捨てて、出勤しなければ収入にならないと考えて近所の求人情報を見るのを一旦やめて、在宅ワーク探してみてください。きっと信じられないほど多くの求人があるのに驚かれることでしょう。

そして自分に合ったものが見つかったのであれば是非今度は継続に力を注いでみてください。

最初は収入というよりも、経験するために継続することを目標に頑張ってみてください。

可能であれば、どんな時期にも収入を確保できるように、複数チャレンジされてみてください。

そうこうしているうちに、最初はバイト程度でいいや~と思っていたものが意外にも自分の十八番が増えて同時に収入も短期間でがっつり稼いでいた、なんてこともあり得てきますよ。

家庭も仕事も頑張っておられる主婦の働きは本当に立派です!
ぜひこれからも頑張ってください!