子育てと在宅ワークを両立したい!コツはなに? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

子育てと在宅ワークを両立したい!コツはなに?

2018.10.31
Pocket

子育と仕事の両立はとっても大変!

子どもが風邪を引いたら出勤できないし、そもそも預ける場所を探すのにも一苦労……でも在宅ワークならばどうでしょうか?

家に居ながら仕事ができるので子育てと在宅ワークを同時にこなせそうです。

しかし在宅ワークと一口に言っても色々な仕事があります。

また子供の数や性格、年齢にもよりますが家では集中するのが難しい場合もあります。

子育てと在宅ワークの両立のコツを紹介しましょう!

子育てと在宅ワークを両立するためにはどんな仕事がおすすめ?

在宅ワークにはさまざまな種類がありますが、子育て中にできるものとやや難しいものがあります。家で出来る仕事と子どもが家にいて出来る仕事は別です。

在宅仕事ならばなんでもいいや!などと思わず慎重に選ぶようにしましょう。

パソコン系の仕事はおすすめ!

子育て中の在宅ワークならばなんといってもパソコン系の仕事がおすすめです。パソコン1つあれば始められるものは準備も後片付けもとにかく楽なのがメリット。

散らかりません。子どもをリビングで遊ばせながらダイニングのほうで在宅ワークと言うことも可能です。

パソコンで出来る仕事で代表的なものはデータ入力やライター業。時給1000円以上も夢ではありません。

特別な技術や知識、資格などがあるのならばプログラミングやデザイン、アフィエイトなども稼ぎやすいでしょう。

パソコン系の仕事の注意点はパソコンの保護です。小さい子供はママがいつも触っているパソコンに興味深々。パソコンにイタヅラをしようとすればママがかまってくれると考えていたりする場合もあります。パソコンは高価なのでいったん破損されてしまうとダメージは大きいです。仕事も滞ってしまい場合によっては仕事の打ち切りもあり得ます。

子どもが小さくて躾が難しい場合はデスクトップパソコンではなく、ノートパソコンにしてパソコンから離れる時には子どもの手の届かない場所に置いておくのがおすすめです。

スマホ系の仕事は軽く稼ぎたい人向け

スマホを使ってポイントサイトやアンケートサイトでの在宅ワークもありです。アンケートや質問に答えたり軽いゲームのようなことをしたりし報酬を得ることができます。

スマホとネット回線があるので場合によっては在宅どころか外でも可能です。公園で子どもを遊ばせながらちょっとだけ仕事もできるでしょう。ほとんどの仕事は特別な技術や知識、経験などなくてもできる単純な物なので始めやすいです。

ただし、アンケートサイトやポイントサイトはパソコンを使う在宅ワークに比べてあまり稼げません。

手作業系は小さい子供がいる家庭だと少し難しいかも

シール貼りやタグの取り付け、裁縫系、雑貨の組み立て、耕筆系などの手作業系の在宅ワークは子供がちいさいうちはやや難しいでしょう。子供が悪戯をしたり散らかしたりしてしまうリスクがあります。

また材料を出したりしまったりなど準備と後片付けにある程度手間が必要な物の場合はちょっと隙間時間を利用して働こうという場合にあまり向いていません。

子供が寝てから夜に集中して働く、仕事専用の部屋を作って子どもは絶対に入れないなどの場合以外はおすすめできません。

しかし子供がある程度大きくなったのならばそれほど邪魔はされないでしょうし、もしかしたら手伝ってくれるかもしれません。

報酬は仕事内容にもよりますが単純作業の場合は時給換算600円程度の場合もあります。

電話やSkype系は難しい

モーニングコールや愚痴聞き、占いなど電話やSkypeを使った在宅ワークは報酬が高い場合が多いですが、電話やSkypeの子供の気配が入ってしまうのは良くありません。

真剣な話をしている横で「ママートイレー」などと言われてしまってはクレームがくるでしょう。

電話やSkype系の仕事は子供が幼稚園や学校に上がって家の中で1人になれるようになってから始めるようにしましょう。

内職詐欺には注意しましょう

誰でも簡単に始められる在宅ワークというのは基本的に報酬が低いです。時給換算が最低賃金よりも高いのならば誰もパートになど行きません。

しかし中には高収入を謳う在宅ワークもあります。仕事内容に比べて相場よりも報酬が高い求人や仕事を始める前に何かを買ったり受講したり登録料を納めたりするような仕事は応募してはいけません。

内職詐欺である可能性が高いです。あの手この手でお金を稼ぐどころかお金を巻き上げられてしまう場合が多いです。甘い話には罠が多いので最初から高収入を狙い過ぎるのは危険です。

子育てと在宅ワークを両立するための心がけは?

在宅で仕事をしていれば確かに自宅で子供を見ながら働くことが出来ますし、子供が熱を出したからと言って周囲に迷惑をかける心配もありません。

保育所を探さなくてもいいですしある程度時間の融通も利きます。しかしながら在宅ワークと子育ての両立はそれほど甘い世界ではありません。両立というのは常にどちらもこなさなければならないということなのです。

とくに子供が小さいうちは大変なことが多いでしょう。

子供はママと遊びたい!

子供がお昼寝をしている間や一人遊びをしている間に仕事を……と思うママは多いでしょうが実際には子どもはママが仕事をしている間空気を読んでくれたりしません。

ママと遊びたい、構って欲しいと訴えていきます。そんなときまだ赤ちゃんならば抱っこ紐やオンブ紐を使って体を密着させると落ち着いてくれる場合が多いです。

赤ちゃんの好きな音楽を流して上げるのも良いでしょう。幼児になってきたら時間を決めてテレビや動画を見せるのもおすすめ。

そんなときは「これが終わったら公園に行こう」など今後の見通しを言ってあげると安心する場合が多いです。子供は小さくても意外と分かっているので「今大人しくしていたらあとでママが相手してくれる」と思うことが出来れば落ち着きます。

例えば午前中は公園、午後は仕事をしてから一緒にオヤツなどある程度生活のパターンを毎日同じにすると「今はママと遊べる時間」「今はママがあまり構ってくれないけれど、もう少しすればオヤツを一緒に食べられる」など子供なりに学習をします。

小学生くらいになれば子供なりに「親の働く姿」を見て思うところもあるでしょう。

ママが仕事を頑張る横で勉強に励んでくれるかもしれません。

仕事優先にし過ぎないで絆を大切に

子育てはなかなか結果が数字で返ってきませんが、仕事はすぐに評価されます。頑張れば頑張る程にそれを実感としてとらえることができるでしょう。結果がすぐに帰ってこない子育てよりもやりがいを感じてしまうこともあるかもしれません。

しかしなんのために在宅ワークをしているのかを見失わないでください。子供と一緒に居るための筈です。それなのにまとわりついてくる子供を邪魔だといって邪険にしてしまっては本末転倒です。

子供はママが好きだからこそ邪険にされると不安になり興味を引こうとますますアピールをしてきます。

それでも子供から逃げたり無視をしたりすればやがて子供の心は離れ、一緒に家に居ても信頼関係を築けない遠い存在になってしまうかもしれません。

いつも子供と遊び、子供の要望に応えるのは難しいかもしれませんが、「あなたが大好き」ということをしっかりと伝えて子供を安心させてあげましょう。

小さい子供はママと遊ぶのが大好きですがあまり集中力がありません。10分程度遊べば満足して一人遊びの世界に戻っていくことも多いです。

子育てと在宅ワークは柔軟さが大切!

在宅ワークだと子供を家で見ながら働くことが出来ます。

在宅ワークの種類には色々ありますが、中でもパソコンを使ったものは準備も片づけも楽で、仕事道具も散らからないので小さい子供がいる家庭にもおすすめです。

しかし仕事と子育ての両立が難しいのは出勤が必要な仕事だけでなく在宅ワークでも同じことです。

遊んでほしい、構って欲しいと訴えてくる子供の機嫌を取りながら働きましょう。

時間や仕事量に融通が利くのが在宅ワークのメリットです。

子供や仕事に柔軟に対応していきましょう。

Pocket

pagetop