働く主婦の為の時間活用法 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

働く主婦の為の時間活用法

2018.11.02
Pocket

はじめに

このコラムを書いている日は平成30年10月です。平成も残すところ残り半年を迎えることとなりました。振り返ってみると「平成」という31年間は働き方の価値観を大きく変えてきたと言えるでしょう。戦後日本は男性は外で力仕事をして女性は事務処理を行い結婚すると家事を仕事としてきました。

バブル崩壊まではサラリーマンはとても安泰と言われ専業主婦がほとんどでしたがバブル崩壊とともに旦那さんの収入は減ったりもしくは失業なども余儀なくされてきました。主婦の方々は内職やパートタイムなどを始めるようになり家計を助けることを始める方々が急速に増えました。

お子さんが大きくなるにつれて教育費がかかるようになり人によっては正社員やフルタイムパートで働く人も多かったはずです。しかし現代ではアベノミクスによる景気回復や少子高齢化など様々な要因で働き方が問われている時期になっています。「働き方改革」とはよく言ったものですが働く主婦も例外ではありません。

今回はそんな多忙極まりない働く主婦さんの為に時間の活用法を紹介していきたいと思います。

リフレッシュをする

1週間のうちに必ず自分の時間を確保することを心がけましょう。家事や仕事を両立していると仕事とプライベートのボーダー(境界)が分からなくなってしまいます。必ず1週間に1日をフリーを確保する事。確保できないのであれば毎日の中で2時間でもよいので自分の時間を確保する事です。休みと言っても「リフレッシュするほどお金がない」という方は覆面調査などもお勧めです。覆面調査とは本部が覆面調査会社に依頼してお店がちゃんとマニュアル通りに行っているかを確認する仕事です。

覆面調査の内容は多岐にわたり休みの日や隙間時間にやるのであれば「カラオケ」や「マッサージ」、「ボーリング」などの娯楽施設などの覆面調査などがお勧めです。事前調査や事後報告などは少し大変かもしれませんが支払った額と同等かそりより少し多めの報酬なのでほぼ無料で息抜きができると言えるでしょう。

モチベーションを高める

先にも述べましたが息抜きをする時間は大切ですがその息抜きをどのように仕事のモチベーションへつなげていくのかも重要となります。息抜きしすぎて出費が増えては本末転倒です。消費増税、社会保険料の値上げ、物価や燃料の高騰など我々の生活を苦しめる要因が数多くありますが外出なしで息抜きをするのであれば月額1000~2000円程度の動画見放題のプランで一日中、映画やドラマを楽しむのもありです。

そしてあなたが見た映画やドラマの内容を知りたい人が世の中にはたくさんいます。クラウドソーシング上ではそのようなまとめサイトを運営している方々が多くいて感想を書くだけで報酬がいただけます。近年では副業解禁と言われていますがこれなら楽しくお小遣いを稼ぐことができますよ。

家事は時短でこなそう

主婦の一番の悩ましいところはその最もなのが家事です。しかし主婦が家事に一日を費やすのはもはや過去の事です。これを機会に家中の家電を自動化を図りましょう。このことは現代の産業革命で例えるなら工場の自動化や事務の人工知能化が例と言えるでしょう。

自動掃除機や洗濯機、エアコン、調理家電、冷蔵庫、炊飯器などボタン一つで終了だけではなく外出先からスマートフォンで「オッケーGoogle!!〇〇を△△に予約して!!」で全てオンラインでつながっているので家にいなくても家事ができてしまうように家電を買い替えてすべてスマートフォンと連携するようにすれば間違いなく楽ちんです。

最後に

現代では専業主婦の方は減少傾向にあり働く主婦が増加傾向にあります。しかしながら働く理由は人それぞれだと思います。「家計の為」「自分の為」「子供の為」「将来の為」などそれぞれの思いがあると思いますが主婦が働く環境は自分自身で管理していかなければなりません。継続することも大切ですが体あっての事ですので一度立ち止まって休息を入れることも必要ですよ。

Pocket

pagetop