専業主婦だけどパートに出たい! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

専業主婦だけどパートに出たい!

2018.10.29
Pocket

現在専業主婦をしてるけど、そろそろ子どもの手も離れてきたしパートに出ようかな?

自分のお小遣いにあてられる費用が毎月少ない!
美容室代くらいは捻出できるようにしたいな~

子どもが小学校に上がって習い事が増えた!
習い事の費用分家計に足したい・・・

みなさん悩む事が多い家計の問題・・・
パートに出て少しでも家計の足しに、とお考えの方も多いのではないでしょうか?

本日は気になるパートの仕事内容や、みんなが考える条件面など
パートに関する参考知識をお伝えしていきます!

みんなどこを決め手にしてる?

近年どこも人材不足で求人情報誌や求人サイトには様々な業種が掲載されています。
一体どこがよくて、みんながどこを決め手にして働いているんだろう?

専業主婦の方がパート選びの条件として見ている点をご紹介致します!
現在求人中の企業の方が見ても参考になる内容かもしれません。

 

1. 勤務地

家から近いか?
保育園や幼稚園から近くてお迎えがすぐ行けそうか?

これらは決め手の一つとして大きいようです。
勤務地が遠いと通勤に時間がかかり、保育園や幼稚園のお迎えも大変になります。

パートの場合も系列店へのヘルプなど移動がある場合がありますので、移動が無い職場を選ぶ方が多いようです。

 

2.勤務時間

これは確かに気になりますよね。
パートでも忙しい所だと残業があったり、早出遅出があったり時間が不規則な場合も。
あと保育園や幼稚園のお迎え、小学校は学童に入れた方が良いのか?
時間によりライフスタイルが変わってくる場合があります。

保育園や幼稚園に子どもを預けている方はお迎えに間に合うか?
学童を検討されている方は学童に入れる状況なのか?
学童に子どもを預けない場合は、子どもの下校時間までに帰れるのか?

勤務予定場所に気になる時間帯を面接の際確認するのが良いでしょう。

 

3.ぶっちゃけ時給!

短時間で働くことが多いパートの場合時給も大切です。
特に飲食店で働く主婦の場合ランチタイムのみパートに出るという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

準備時間の10時~14時までの4時間程のパートタイムで週3日のみという勤務形態の方も少なくないはず。

こうした短時間勤務の場合は時給も高めが嬉しいですよね。
求人情報誌や求人サイトで見つける場合、自分が何時間、週何日働けるのか?
逆に「毎月◯万円は欲しい」という希望がある場合1日何時間、週何日働かないといけないのか計算して時給いくらの場所が良いか決めておくと探す効率も上がりそうですね。

 

4.シフトの融通がきいてほしい

勤務時間とも重なってくる内容ですが、やはりシフトの融通がきく所が定着率が良いようです。
子育て中だと急な保育園や幼稚園からの呼び出しに、学校行事など勤務先のシフト通りに動けない事があったり、急なシフト変更もありますよね。

そんな時に勤務先が対応可能かどうかが働こうと考えるポイントになる事が多いようです。
どうしても人手不足の所だと休みが取りにくかったり残業になってしまったりと、主婦には辛い職場になってしまう事も・・・
良い意味で代わりのきく職場が希望の方が多いみたいですね。

 

5.扶養内で働けるところ

フルタイム勤務を希望していない方のほとんどが、ご主人の扶養内で働きたいという方がほとんど。
103万・150万の壁がありますので、これを越えないように勤務したいという希望が通る職場を希望のようです。

忙しい職場で「どんどんシフトに入って欲しい!」という場合はうっかり103万を越えてしまう、控除額が減ってしまう事も・・・
ですので、毎月のお給料を年間103万円の範囲内で勤められる所も人気のようですね。

こういった方の場合は朝の清掃や、飲食店のランチタイムのみの勤務など短時間しか入らなくて良いパートを見つける方が多いようです。

人気のパート先ベスト5

色々な条件をみんな気にして探している事がわかりましたね!

しかし、条件は良くてもどんな仕事が良いのか?
どんな仕事がパートで募集があるのか?
わからない事だらけ!

さて、次はどういった職場が人気があるのか?
様々な業種ベスト5をご紹介していきます!

 

1.コンビニエンスストア

接客やレジでの会計作業、商品の陳列や品出し、ホットスナック(肉まんや唐揚げなど店内で調理する飲食物)を作ったり。

私たちがよく見るコンビニの店員さんのお仕事です。

コンビニエンスストアはいたる所に建てられており、条件でもあった「勤務地」の問題は軽くクリア出来そう!
自宅はもちろん幼稚園や保育園など預け先の近くでもすぐに見つけられそうですね。
また、独自オーナーのフランチャイズ店も多いので移動もほとんどありませんし、大手コンビニエンスストアなのでマニュアルもしっかりしている事から業務内容もすぐに覚えられそう!
24時間営業なので希望の時間帯や曜日も選べそうです。

 

2.飲食店のランチタイム営業

オシャレなカフェやイタリアンレストラン・・・
憧れのお店で働く事を希望される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

忙しい飲食店のランチタイムのみの求人募集は結構あり、子どもが学校や幼稚園、保育園でいないランチタイムだけ働く主婦の方も多くいらっしゃいます。

業務内容は接客はもちろん、オープン前の清掃や仕込み補助、ランチタイムの準備などがあり、オープンしてからはウエイトレス業務。
かなり忙しいお店はバタバタ動き回りますが、人気のお店でのランチタイム営業はかなりやりがいがありますよ!

 

3.アパレルや雑貨店などの小売販売

かわいい雑貨屋さんやアパレルショップ。

一度は働いてみたい!と思われた方も少なくないのでは?
アパレルショップや雑貨店などは短時間応募はあまりありませんが、土日祝のみの募集は多くあります。
土日祝のみ夕方まで働いて平日は今まで通り家でいる生活も良いかもしれませんね。

オシャレなお店で働くことで自分磨きも出来そうです!

業務内容は、接客に加え、お店の陳列商品の整理整頓。
在庫確認や会計業務などたくさんの仕事がありますが、やりがいはある仕事といえるでしょう。

 

4.仕分けや検品など軽作業

倉庫や工場での仕分け作業や商品の検品作業も人気の仕事です。
「接客業が苦手!」という方はもちろん「接客業はご近所の方に会った時に気まずいんだよ~」という方に人気です。

あまり人に会う事が無く、黙々と作業をする事が好きな方にはピッタリの仕事で、荷物を分類別に分けたり、不備が無いか検品作業を行います。
同じような仕事でシール貼りや梱包の仕事も人気がありますね。

こうした倉庫作業系のお仕事はお中元やお歳暮などシーズン繁忙期のみの募集もあり、繁忙期のみの場合時給もちょっと良いので、スポットでのお仕事も可能です。
常時働きに出るのはちょっと抵抗があるけど、短期間だけのパートなら良いかな?という方にはスポットでパートに出るのも良さそうですね!

 

5.受付業務

病院はもちろん、スポーツジムなどの受付の仕事も肉体労働ではないので人気の仕事です。

最近は24時間営業のスポーツジムも増えてきて、様々な時間帯で募集があるようになりました。
もちろん病院は朝からあいておりますので、午前中だけ受付でパートをするのも働きやすそうですね。

勤務地もスポーツジムはコンビニエンスストアやスーパーほど多くはありませんが、病院は数がありますので、求人を出していたら選びやすそうですね。
医療事務系の資格をお持ちの方でしたら面接も通りやすいでしょう。

毎月のパート代、みんなはどう使う?

やりたいパートが決まった!
これで脱!専業主婦だ!!

それで、毎月のお給料みんなはどう使ってるのかな?
全額お小遣い?それとも家計に回してる?

家計の状況にもよりますが、おおよその方が使われている内容をまとめました!

 

1.貯金

基本的な家計のやりくりはご主人のお給料でやりくり。
ご自身のパート代は全て貯蓄に充てられるという方も少なくないようです。
また、全てといわなくてもご自身の美容院代や化粧品代、交際費から残った分を毎月貯蓄に回すという方も。
月に1万でも貯金出来たら年間12万!
翌年にはちょっとした旅行も行けそうですね!
ご自身のお小遣いに回して残りを貯金に・・・と考えられる方は、毎月◯円は貯金に回す!と目標を決めておけば使い過ぎもセーブ出来そう。

 

2.学費

子どもの塾や習い事などの費用をパート代から捻出する方も多いようです。
小学校に上がると、塾や英語など保育園の頃に通っていなかった習い事を新しく増やす方も多いですよね。

その追加した習い事費用にパート代を充てて、家計に負担がかからないように考えます。

習い事も数が増えてくるとなかなか家計を圧迫してくるもの・・・少しでも負担を減らしたいですよね!

 

3.お小遣い

家計は全てご主人のお給料でやりくりをして、ご自身のパート代はお小遣いに充てる方もいらっしゃいます。

お小遣いの線引をどこまでするか・・・というのは各ご家庭の判断となりますが、ランチはもちろん、ガソリン代や美容院代などはお小遣いで、携帯料金などはご主人に・・・というパターンや、交際費や美容院代、携帯ゲームの課金料金は自分のお小遣いで。
という方まで様々です。

月々のお小遣いが増えたら自分磨きも捗りそうですね!

おおよそご自身の事に使う方が多いですが、それでも余った分は貯金に回す事がほとんどでした。
やはり、これから子どもにかかる費用が大きいからでしょうか。

現在専業主婦の方で、パートに出られる予定のある方は家計や家族としっかり相談して、ご自身のライフスタイルに合ったパートが始められると良いですね!

Pocket

pagetop