固いライターをかる~く点灯させる便利グッズ、ご存じですか? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

固いライターをかる~く点灯させる便利グッズ、ご存じですか?

2018.11.03
Pocket

使い捨てライターに、子どもが簡単に火を付けられないCR(チャイルドレジスタンス)機能を加えることが義務付けられて以来、5年以上が経ちました。

子どもたちを火遊びから守るための大切な機能と分かっている反面、女性やお年寄りからは「使い捨てライターが、固くて使いにくくて不便になった」と不評な声が一部であがっていることも事実です。

ここでは固いライターを簡単に点灯させる便利グッズをご紹介します。

今どきの使い捨てライターは固い!

私は子どもの頃にマッチでやけどしそうになったことがあります。それ以来、マッチはもちろん、ライターも点火棒も怖くてほとんど使ったことがありませんでした。

しかし過日、ガスが丸2日間、電気に至っては丸3日間使えない事態になりました。しかもガスと電気が同時に止まってしまったのです。

こうなると、さすがに「火が怖い」なんて言ってられません。そこで数十年ぶりに100円均一のお店で使い捨てライターを買って帰ることに。でもこれがCR機能のため、とても固い!想定外に固いので、火を付けること自体、諦めてしまいました…。

電気が復旧する気配が感じられない…

今年に入って停電を経験したのは、そのときで2回目でした。しかもこの3日間の停電のときは、電線が切れてしまったので夜になると辺りは真っ暗。

しかし停電初日は「前のときもそうだったけれど、次の日には復旧しているでしょう」とたかをくくっていました。

ところが復旧すると思っていた翌日になっても、復旧する気配すら感じられません。そこで電力会社に連絡をしてみましたが、まず電話がつながらないのです。こうなってくると私も本気で「まずい!」と思い、もう一度使い捨てライターに挑むことに。

備えあれば患いなし

実はその日の出勤後、使い捨てライターのことも含め、ガスも電気も使えない状況を勤務先で話していました。

すると勤務先の人が、「先日家族でお墓参りに行ったとき、これを使ったらおばあちゃんでも使い捨てライターを簡単に点火することができたから、良かったら使ってみて!」と言ってある便利グッズを貸してくれました。

それは、てこの原理を応用して作られたライター補助具。早速自宅にそれを持ち帰って、ライターの点火に挑んでみました。するとどうでしょう。簡単に点火できたではないですか!

感動のあまり次の日、お礼もかねてその話を貸してくれた人に伝えたら、「商品自体500円以下で買える」と教えてくれました。

それを聞いた私は、改めて「日本の技術力はすごい」と感心しました。本当にこの先何が起こるかわからない時代。万が一に備えて、この点灯補助具を買っておくのもいいかもしれませんね。

Pocket

pagetop