初心者ライター必見!記事作成のコツ | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

初心者ライター必見!記事作成のコツ

2018.11.05
Pocket

現在ますます注目度が上がっている、在宅ワークという働き方。
様々なライフスタイルに合わせた働き方ができるということで、多くの人に支持されています。

その中でも人気の高い職種が、WEBライターです。
WEBライターのお仕事は、比較的未経験でも始めやすく、在宅ワーク初心者の方でもチャレンジしやすい職種となっています。
このコラムを読んでいる方の中にも、まさに駆け出しWEBライターです!という方がいらっしゃるのではないでしょうか!?

このコラムでは、そんな初心者ライターの方々に向けて、記事作成についてのちょっとしたコツをご紹介いたします。
ライター職に興味があり、これからWEBライターにチャレンジしたいという方にとっても役立つものになる思いますので、ぜひチェックしてみてください。

記事作成のコツ!そのイチ〜SEO対策を意識すること〜

WEBライターになって、必ず知っておかなければいけない記事作成のコツ。それは、SEO対策の方法です。
しかし、初心者ライターさんの中には、そもそもSEOって何?という方も多いのではと思います。

SEOとは、一体何のことを指すのでしょうか。SEOは、サーチ・エンジン・オプティマイザーションの略称。日本語では、検索エンジン対策との意味になります。

簡単に説明すると、特定のWEBサイトを検索エンジンで上位に表示させるように対策を行うことです。
このSEO対策こそが、WEBライターの大きな仕事のひとつ。SEOを極めたWEBライターは、向かう所敵なしと言っても大げさではありません!
WEBライターになったからには、しっかりと実力をつけておきたいですよね。

それでは早速、SEOに強い記事作成のコツについてご紹介させて頂きます。

SEOに強い記事作成のコツは、まず、検索キーワードを意識した文章を書くことです。
例えば、「在宅ワーク」「ライター」の2キーワードでWEBサイトを上位に表示させたい場合。
この2キーワードをテーマにした内容で、キーワードを文中に散りばめて記事を作成するのがコツです。
文中に散りばめるキーワードは、なるべく多い方が良いと言われています。

しかし、だからと言って闇雲にキーワードを散りばめると不自然な文章になってしまいます。そうすると、SEO対策としては逆効果です。
また、文章構成と内容がしっかりしていれば、散りばめるキーワードの量が少なくてもWEBサイトが検索上位に昇ってくることもあります。

SEOの世界は、とても奥が深いのです。

多すぎてもだめ。少なすぎてもだめ。多い方が良いけれど、コツを掴めれば少なくてもいい。
いったいどうしたら良いの!?と、混乱してしまいますよね。
そんなときにおススメなのが、既に検索上位にアップされているWEBサイトを参考にすることです。

もちろん、まるっとコピペするのは絶対にNG!
キーワードのバランスや文章構成、内容などをチェックし、自分流にアレンジして記事作成するのがコツです。

記事作成のコツ!その二〜読みやすい文章を書くこと〜

WEBライターの記事が読まれるのはどんなときか、少し想像してみてください。
気になることがあるとき。調べ物をしているとき。ちょっとしたスキマ時間に、暇つぶしがわりに。
そんなときに、スマホ片手で記事を読む方が多数なのではないでしょうか。
つまり、堅苦しい記事よりも、親しみやすくて読みやすい記事の方がニーズがあるということです。

WEBメディアの世界では、新聞や論文のような~である調では無く、~です~ます調でリズム感のある文章を意識するのがコツ。
その方が、記事を最後まで読んでもらえる確率があがります。
そうしましたら、次に、あなたの記事を読んでいるのはどんな人かイメージしてみてください。

あなたが作成した記事は、誰に向けて書いたものですか?
エネルギッシュな若者たち。育児と仕事の両立を頑張る働くママさん。高度な知識を求めている専門家。
などなど、WEBメディアのターゲットは無限にあります。

WEBライターは、そのターゲットに合わせて文章のスタイルを調整していかなければなりません。
若者向けなら、もっとフランクに。専門家向けなら、より丁寧に。
自分のスタイルを押し通すのでは無く、ターゲットに合わせて柔軟に対応することがコツです。

そして最後に、きほんのき!
正しい日本語で文章を書くことを心がけましょう。

1番簡単そうに見えて、実は1番難しいことです。(筆者の私も、偉そうなことは言えません・・・(笑))
自信満々に書いていても、実は崩れてしまっている箇所が隠れているのがライティングの宿命。
正しい文章を書くためには、普段から活字に触れるなどして勉強を欠かさないこと。

それと、どれだけ忙しくても見直しを欠かさないことです。
一晩寝かせてから最終確認を行うと、執筆している最中には気づかなかった粗が出てきます。

記事が出来上がっても、すぐに提出をしないことがコツです。

記事作成のコツ!そのサン〜記事作成レシピを心得ること〜

記事執筆から提出までの流れを確立して、自分なりの記事作成のレシピをゲットしましょう!

参考までに、筆者のレシピを公開します。

(1)自分のスケジュールと体調をチェック
(2)文字数・テーマ・納期を決定
(3)文章構成を決定
(4)執筆
(5)一晩寝かせて最終チェック
(6)クライアントに提出もしくはWEBサイトにアップ
完成♪

いかがでしたでしょうか。あくまで筆者である私個人の記事作成の流れですので、この通りに行わなければいけないというわけではありません。

ライター職は、ある意味クリエイティブワークの一種であると言えます。
クリエイティブワークで1番大切なことは、自分の調子を自分で整えること。
調子を整えることができなければ、良いパフォーマンスは行えません。
パフォーマンスを最大限に発揮できるような、仕事のペースを掴むことが大切です。
仕事のペースと流れが確立されていれば、仕事のスピードも上がっていきます。

そのために、自分にぴったりの記事作成レシピを作りましょう。
自分なりの作成レシピを用意すれば、どんなときでもレシピに沿ってライティングを行えます。
そうすれば、執筆をスムーズに始めることができるのです。
何事も、始めが肝心だと言います。執筆をスムーズに始めることができれば、それだけで記事作成のモチベーションは変わってきますよね。
スムーズな記事作成のコツは、自分のご機嫌を損ねないようにすることだと思います。

さいごに

WEBライターになるために、特別な資格は必要ありません。
また、経歴や単価の大小も関係ありません。
ひとつでもWEBライティングの仕事を得ることができれば、あなたはそれだけでWEBライターになることができます。

今回のコラムでは、WEBライティングにおける記事作成のコツを3つご紹介させていただきました。
もちろん、記事作成のコツはご紹介させて頂いた3つに限りません。記事作成のコツは、探せば無数に見つかるものです。
大切なのは、その中から自分に合ったライティングのコツを掴む事だと思います。

または、自ら実績を重ねていく中でコツを得ていくこと。

始めはみんな初心者です。記事作成の究極のコツは、とにかくたくさんの文章を書くことではないでしょうか。
記事作成のコツにこだわりすぎず、まずは自分の思うように文章を書いてみることも必要です。
始めてみると奥深いライターのお仕事、ぜひ楽しみながら挑戦してみてください。

Pocket

pagetop