自宅でできるおすすめの内職はどれ?求人情報の探し方もご紹介! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

自宅でできるおすすめの内職はどれ?求人情報の探し方もご紹介!

2018.11.05
Pocket

自宅でできる内職を始めたい!

子供がまだ小さくて、パート・アルバイトでも外に働きに行くのは難しかったり、隙間時間を活用して働けるネット系のアルバイトに興味があったり、自宅でできる内職に興味を持っている主婦の方も多いのではないでしょうか?

自宅でできる内職なら、1日数時間だけ週1回ぐらいから始められるものもあり、育児が一段落した方や趣味や特技を生かしたお仕事をして、楽しみながらお小遣いを稼ぐということも可能です。
インターネットを経由して受注する在宅ワークの中には、資格や職歴がなくても、年齢・性別を問わず受注できるお仕事もたくさんあります。

今回は、自宅でできる内職を5つのジャンルに分け、それぞれ稼げる金額や仕事内容などをご紹介致します。

自宅でできる内職にはどんなお仕事があるの?

自宅でできる内職を具体的にご紹介する前に、どんなお仕事のジャンルがあるのかについて、ざっくりとご説明してみたいと思います。

自宅できる内職には、昔ながらの手作業で行う内職の他にも、スマホアプリや無料通話システム「Skype」などを利用して行う通話系の内職などもあります。
特に、短時間で高額の報酬を稼げるチャットレディは、ネット系水商売の代表ですが、ノンアダルトでも報酬が得られる人気の内職です。

場所を選ばず内職できるスマホアプリ系の内職には、ポイントを集めて現金に換金できるお小遣いサイトや、無料で試供品を試してレビューを書く商品モニターなどもあり、家計の節約にもなる内職として主婦に人気があります。
パソコンが得意な方には、インターネットのクラウドソーシングを活用してデータ入力や記事の執筆を手がけるライター業務等を請け負う在宅ワークもおすすめです。

この他、短時間であれば外出可能という方であれば、レストランや美容サロンなどに潜入調査を行う「覆面調査員」などのお仕事などにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

自宅でできる内職と言っても、様々なバリエーションがありますので、自分の好きなことや得意なこと、そしてライフスタイルにあったお仕事を選ぶというのがストレスなく稼ぐためのポイントです。

自宅でできる内職に向いているのはどんな人?

自宅でできる内職に向いている人は、ずばり、一人でコツコツと作業することや単純作業を繰り返すことに抵抗がない人です。
手作業の内職でなくても、パソコンを使ったデータ入力や音声データを文字に変換する「文字起こし」などの内職は、すべて一人で作業することになります。

会社に出社して先輩や上司から仕事を管理されるわけではなく、自分で仕事のスケジュールを決めて進めていかなくてはなりません。
ある程度自己管理ができて、きちんと納期を守れる方でなければ、クライアントの信頼を得ることも難しくなりますので、この点は非常に重要です。
また、一から仕事内容を教えてもらえるわけではありませんので、自分が知らない業務などを請け負うのは、あまりおすすめできません。

そういった方には、ポイントサイトでの内職や、モーニングコールなど、決まった内容で誰でもできるような作業の内職を選ぶことをおすすめします。

自宅でできる内職で稼げる金額はどれぐらい?

自宅でできる内職で稼げる金額についてですが、これは、どんな内容の内職をするかによっても異なります。

昔からある手作業の内職の場合は、1件あたりの工賃が1円にも満たないものが多く、1ヶ月の平均収入は1万円前後が相場となっています。
まとまった作業時間が取れない場合は、内職を頑張っても1万円にも満たない月も多いので、モチベーションをキープするのも大変と言う声が多いようです。
一方、お小遣いサイトやオンラインで写真販売を行うスマホアプリ系の内職などは、一日に5分から10分ほどの作業で、月に1000円から5000円ぐらいの収入を稼げるようです。

同じ内職でも、作業にかかる時間や手間を考えると、時給に大きな差が出てきますので、どれが効率的なお仕事なのかを見極めるのも大切です。

電話や通話システムを使って行うテレアポの内職などは、非常に時給が高いことで知られており、時給1000円から1300円ほどの報酬を得ることができます。
パソコンを使うクラウドソーシング系の内職は、ピンからキリまでですが、タイピングスキルのある方なら、データ入力で月5万円以上稼ぐと言う方もいます。

内職を決める際には、稼ぎたい目標額を先に決めて、自分が一日に作業できる時間で割ってみると、どれぐらいの時給が見込めるお仕事をやれば良いかの参考になると思います。

例えば、内職で月3万円稼ぎたい方で、1日の作業時間が2時間しか取れない場合は、
2時間x週5日x4週間=40時間(月の作業時間)
30000円/40時間=750円

1時間あたり750円以上稼げる内職を選べば、月3万円の収入を稼ぐことができます。

自宅でできる内職1:手作業系

自宅でできる内職の種類や大まかな収入の見込みも分かったところで、ここからは、実際にどんな内職があるのかを仕事別にご紹介していきます。

トップバッターは、手作業や軽作業など、昔ながらの内職です。内職の仕事を探すには、各自治体の内職斡旋センターへ行くのがおすすめです。
内職後の賃金の支払いは、納品した商品の検品終了後、現金で手渡しとなる場合が多いようです。単発や短期のお仕事から、長期、季節要員として募集されるお仕事まで、様々な案件があります。

■袋詰め

袋詰めとは、石けん、お菓子、ダイレクトメール、ティッシュの広告の封入など、いろいろなアイテムを袋に入れていく作業を行う内職です。

■シール貼り・うちわ貼り

シール貼りは、商品ラベルやパッケージシール、CD、季節ギフトなどのシールなど、様々なシールを貼っていく作業を行います。
ずれや歪みがあったら商品としてカウントしてもらえないようなタイプから、貼る位置についてそこまで細かい規程のないものまで、いろいろな種類があります。

■部品組み立て

工業部品の組み立て作業も、ポピュラーな内職ですが、ネジを留めるだけ、パーツを合わせるだけといった簡単な内容だと、作業単価は1円以下でかなり安い賃金で働くことになります。
一方、精密機械のハンダ付けなど、多少の技術を必要とする場合は、1件あたりの工賃が数百円という高額の内職もあります。

■アクセサリー製作

アクセサリー製作は、趣味と実益をかねて行えるハンドメイド好きな主婦におすすめの内職です。
ビーズパーツを組み合わせたり、デコ電のパーツを製作したり、様々なジャンルがあります。難易度の高い作品になると、報酬も1件あたり数百円となり、他の内職に比べるとやや単価が高いのが特徴です。

■縫製

縫製の内職は、ズボンの裾上げ、衣類のほつれの修繕(かけつぎ)などを行います。ミシンが得意な方や、洋裁の知識がある方におすすめの内職です。
最初からミシンを持っていなければお仕事を受注できない場合が多いようです。

自宅でできる内職2:スマホアプリ系

続いては、スマホ1台あれば、どこでもできるスマホアプリ系の内職を見ていきましょう。

スマホアプリ系の内職を始める時には、まず、所定のアプリをスマホにダウンロードして、ユーザー登録することから始めます。短時間で稼げるといったうたい文句のサイトは、ネット詐欺などの悪質業者の可能性が高いので注意してください。
無料で使える優良サイトを見つけたい時には、「ネット、内職、スマホ」などのキーワードで検索してみると良いでしょう。

スマホアプリで内職した場合の報酬は、現金ではなくネット銀行などで直接振込となります。あらかじめ、口座を作っておくことが必要です。

■アンケート調査

まず、最初にご紹介する自宅でできるスマホアプリ系の内職は、アンケート調査。

特に、大手として有名なのが、調査会社「マクロミル」のアプリです。アンケート調査では、企業から配信される質問に答えてポイントを貯めていきます。
一つのアンケートに答えるごとに、2ポイントから3ポイントぐらいのポイントが加算され、500ポイント以上貯まると現金や商品券、電子マネーなどと換金できる仕組みになっています。

いわゆる「お小遣いサイト」の一種であるアンケート調査ですが、効率よく稼ぐならお友達紹介や実際にアンケート会場に集まって試供品などを使ってレビューなどを行う調査などに参加するのがおすすめです。

アンケートに答えるだけだと、少ししかポイントが貯まりませんが、実際の調査に参加すると1000ポイントもらえたり、お友達紹介をすると100ポイントもらえたりしますので、月に数千円稼ぐことも可能です。

■Selpy

読者の中には、スマホを使って食べたものや好きな景色などを撮影するという方も多いと思いますが、写真撮影が好きな方におすすめの内職が、Selpyというアプリです。
Selpyは、素人が撮影した写真を企業が買い取りしてくれるサービスで、専用アプリで募集されている写真のテーマを見つけ、その条件に合う写真を撮影して、アプリでアップロードし、報酬を得ることができます。

写真1枚の値段は数十円ほどですが、フェイスブックやツイッターなどで写真をシェアするとボーナスでプラス数百円もらえるものがありますので、SNSでのシェアを合わせて稼ぐ方が多いようです。
ツイッターやフェイスブックは、無料でアカウントが作れます。特に、ツイッターは匿名性が高いので、内職していることを知られたくない方は、こちらを利用すると良いでしょう。

稼げる金額は、人によって差がありますが、月に数百円から10000万円以上という方もいるようです。

■メルカリ

メルカリは、中古品などの売買が行えるスマホアプリで、子供のおもちゃやサイズアウトした服、使わなくなった家電品など、家にある不用品を販売して利益を得られます。
主婦の間で断捨離がはやっていますが、もったいなくてなかなかモノを捨てられないという方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、メルカリのようなアプリを利用して、所持品の整理をするという方法です。内職というほど大げさではありませんが、家も片付いて、次の利用者に物を譲ることで、物を捨てずに済むので、リサイクルやエコという観点からも利用価値のあるサービスです。
両親や義両親などが亡くなって、遺品整理で悩んでいるシニア世代にもおすすめで、ブランド品のバッグや財布などは、かなり高い金額で販売することが可能です。

これ以外にちょっと変わった商品としては、ハンドメイドの資材となる「ペットボトルのふた」や、「まつぼっくり」など、タダで入手できるものを出品して販売する方もいるようです!何が売れるか分かりませんので、とりあえず、出品してみるのが良いでしょう。
メルカリで稼げる金額は、販売できるアイテムの数や売れやすい商品を持っているかどうかによって変わります。ブランド品以外の衣料品はあまり売れないようですが、ベビー用品、おもちゃ、家電品などは売れやすいようです。

メルカリで価格設定するときは、発送方法と送料なども確認して、自分が損することのないように注意してください。

自宅でできる内職3:Skype・通話系

続いては、Skypeなどの通話システムや電話で行う内職をご紹介します。

内職の探し方は、主にネットで検索して募集サイトを見つけることから始めます。チャットレディは、専用サイトがありますので、まずは、専用サイトに登録して下さい。

モーニングコールは、ネットアルバイト系の求人サイトに募集が出ています。「モーニングコール、バイト」などのキーワードで検索してみてください。

テレアポのお仕事も同様で、ネットバイト系のサイトで求人検索できる他、クラウドソーシング系のサイトでもお仕事を探せます。クラウドソーシングサイトの利用方法については、後ほど詳しくご紹介します。

■チャットレディ

電話や通話システムを使って行うチャットレディの内職は、ネット系水商売と言われる高収入なお仕事です。

ノンアダルトとアダルトのカテゴリーがあり、所属するカテゴリーによって得られる報酬が異なります。チャットレディの収入は時給3000円から5000円ぐらいが相場で、短時間で高額を稼げるので、話すことが好きな女性に人気があります。

顔を見られたくない場合は、マスクやウィッグなどで変装したりすることが多いようです。家に家族がいると通話できないので、事務所のようなところでチャットレディとして働くという女性もいるようです。

■モーニングコール

早朝5時から7時ぐらいまでの時間帯に働くモーニングコールの内職は、電話1件あたり100円ほどを稼げるお仕事です。

朝から優しい女性の声で目覚めたいという男性利用者が多く、電話をかけられる女性を募集されている場合がほとんどです。朝2時間、毎日決まった時間に仕事をする形になりますので、早起きが得意な方におすすめです。

■テレアポ

テレアポとは、電話で企業の商品やサービスを紹介するお仕事で、クライアントから提供されたマニュアルに沿って、電話で案内するのが主な業務内容となります。

作業時間が決められている場合もありますが、自宅でできる案件の場合は、勤務時間が自由なケースがほとんどです。
テレアポのお仕事は、内容によってはノルマが発生する場合もありますが、平均的に時給が高く、誰でもできる内職の中では、高収入が得られる人気のお仕事です。

自宅で電話をかけますので、背後に雑音などが入らない静かな環境が必要です。マイクのついたヘッドセットなどを最初に購入しなければならない場合もあります。

自宅でできる内職4:クラウドソーシング系

自宅でできる内職、続いてはクラウドソーシング系のお仕事を見てみましょう。

クラウドソーシングとは、インターネット経由で、クライアントとワーカーが直接契約を結び、双方の同意を得て業務委託契約の元に作業を行う新しい就労形態です。
クラウドソーシングの特徴としては、仕事の交渉、納品、検収、支払いまでの一連の作業を、すべてインターネット上で完結させるという点です。

内職を受注するためには、まず、クラウドソーシングサイトにユーザー登録することから始めます。登録料は無料ですが、クライアントのお支払い後に、サイト利用料として手数料が差し引かれるシステムになっています。
手数料の金額は、利用するサービスによって異なりますが、大体5%から20%ほどとなっています。手数料が20%のサイトを利用していると、1万円稼いでも入金されるのは8000円となります。

クラウドソーシングサイトに登録したら、次はプロフィールを作成します。学歴、職歴、資格など、自分をアピールできるポイントをわかりやすくまとめましょう。
プロフィールが完成したら、自分の受注したいお仕事を探します。検索は、仕事のカテゴリーや業種別に細かく分かれているので、まずは、どんな仕事があるのか全体をざっと見て、自分が興味を持ったジャンルや経験のあるお仕事を選ぶようにします。

応募が決まったら、応募画面からクライアントに直接メッセージを送って交渉します。この際、業務内容、納期、報酬金額についてきちんと確認をしておきましょう。
お仕事を受注することが確定したら、作業を行って成果物を同じくクラウドソーシングサイト経由で納品します。成果物の検収が終わり、修正などが特になければ報酬が支払われるという仕組みです。

■データ入力

データ入力の内職では、企業が持つ顧客データや、アンケートの調査結果などをエクセルなどの決められたフォーマットに入力していく作業を行います。

パソコンの簡単な操作方法が分かる方であれば、どなたでも取り組める内職で、主婦や学生のネットアルバイトとしても人気があります。
データ入力で稼げる金額は、3万円前後と言われており、手作業の内職に比べると、より効率的に稼げるお仕事と言えます。

たまにスマホでもデータ入力のお仕事を受注できる場合があるようですが、長時間タイピングするのは骨が折れます。できれば、Bluetoothなどの外付けキーボードを利用して、入力作業が簡単に行えるようにすると良いでしょう。

■文字起こし

「文字起こし」とは、録音された音声データを文字に変換してテキストやワードに入力するお仕事です。

文字起こし業界で使われる専門用語には「ゲバ取り」や「素起こし」がありますが、ゲバ取りとは、「あのー」「えー」「そのー」のような会話のつなぎ目に使われた言葉を取り除いて文字に起こすことを言います。

素起こしの場合は、発話されたすべての会話をそのまま文字にしていきます。
音声データを元に、講演や会議の議事録などを作成する場合は、口語を文語体に直して編集する場合もあり、ただ聞き取りができるというだけでなく、日本語で文章表現をする能力も求められます。

文字起こしの報酬は、60分の音声データを文字に変換した場合、3000円から5000円ほどとなっています。送られてくる音声ファイルの内容にもよりますが、聞き取り辛かったり、何度も聞き直しをしながら入力作業を行うケースもありますので、実際の作業時間は、2、3時間かかってしまうという場合もあります。

効率よく稼ぐためには、聞き取った内容を正確に早くタイピングできる能力が必要で、スロー再生などを活用しながら、できるだけ聞き直しを減らして作業するなど、多少のコツが必要です。

■声優・ナレーター

クラウドソーシングサイトを活用して受注できる内職の中には、声優やナレーターといったお仕事もあります。

動画サイトに投稿するビデオに音声を吹き込んだり、企業のプロモーションビデオにナレーションをつけたり、様々なジャンルで需要のあるお仕事です。
声優やナレーターの内職を受注するためには、自宅に収録環境があることが前提となります。録音できる静かな部屋とバイノーラル機能のついた録音マイクなど、収録機材を準備してください。
クライアントに応募する場合は、まずは、サンプル音声を提出することがほとんどです。将来、声のお仕事をしてみたいと思っている若い世代にも人気のある内職です。

声優やナレーターの内職で稼げる金額は、一件あたりの相場が5000円前後となっています。中には1万円以上の案件もありますが、経験の有無や仕事量によっても料金が異なるようです。

■ライター

クラウドソーシング系の内職の中で、もっとも稼げる金額が多い人気のお仕事と言えば、ライター業務があります。

クラウドソーシングで募集されているライターは、いわゆる新聞記者やルポライターなどと違い、オンラインで配信するネット記事を作成するウェブライターが専門です。
執筆できるジャンルが幅広く、例えばコスメが好きな女性なら、美容ライターとして活躍することが可能です。男性向けのお仕事としては、趣味でゴルフや車について執筆するブログサイトや、ちょっと変わったところでは、抜け毛予防に関するコラムなど、男性ならではの悩みに特化したコンテンツもあります。

ウェブライターの場合は、執筆する内容をインターネット上のソースから見つけて編集するケースがほとんどで、著作権に触れないよう、ネタ元を参考にしながらオリジナルの文章を執筆できる能力が必要となります。
ライターとしてうまく稼いでいくためのコツは、自分の得意なジャンルや興味の持てるジャンルの両方で執筆するということです。

ライターが内職で稼げる金額は、月5万円から10万円前後が多いようですが、作業時間を多く取れる方なら、月20万円から30万円ほどを稼げる人もいるようです。

■CADオペレーター

若い時に設計事務所などで働いていたという方の中には、CADを使って図面を引けるという方もいらっしゃると思います。そういった方には、クラウドソーシングを利用して受注できるCADオペレーターの内職がおすすめです。

レストランや店舗の図面など、様々なCGパースを作成するお仕事などが募集されており、定期的に仕事案件を見つけやすいので、長く続けられる内職として人気です。
CADオペレーターは、正確さや几帳面さが求められるお仕事ですので、精神的にかなり疲れる側面もありますが、自宅でできるお仕事なので、子育て中の主婦にとっては働きやすいお仕事と言えます。

自宅でできる内職5:その他

ここまで4つのジャンルの自宅でできる内職をご紹介してきましたが、最後に、上記の4つのどれにも所属しないちょっと変わった内職をご紹介してみたいと思います。

■ココナラ・タイムチケット

アプリを活用して、自分の特技やスキルを他の方にシェアすることで報酬を得る「ココナラ」や「タイムチケット」は、主婦が自宅でできる面白い内職の一つ。
自分の時間を30分からユーザーに販売することができ、販売するサービスは自分で決めることができます。
販売されているサービスの一例を見ると、「英会話」「ビジネスのコツ」「占い」「恋愛相談・婚活アドバイス」など、ちょっと変わったサービスも見受けられます。

利用者は、同じくアプリをダウンロードして登録し、自分の興味があるサービスを最安30分500円から購入できるシステムになっています。サービス料金は、販売者が設定しますので、1時間6000円と言った高額でチケットを販売している方もいます。

ココナラやタイムチケットでは、実際にサービスを利用した人が、サービス内容や提供者を評価するシステムがあり、人気のある方だと、さらに次の顧客が見つかりやすいという仕組みになっています。
特に、ブログやアフィリエイトサイトを運営して利益を上げる方法や、株式投資で稼ぐ方法など、お金を稼ぐことに関連するサービスを提供している方が人気のようです。

自分には、人には負けない特技があるという方は、一度サイトに登録して特技を生かしたサービスを販売してみるのも面白いかもしれません。

■治験ボランティア

治験ボランティアとは、医薬品や特保などに指定されている健康食品などの他、化粧品のテストなどに協力するボランティアのお仕事です。
病院や検査機関、研究所などに行って治験に参加する場合が多いので、厳密には自宅でできる内職ではありませんが、かなり高額な報酬を得られるお仕事なので、学生や主婦のお小遣い稼ぎとして人気があります。

治験ボランティアに応募するには、インターネットの専門サイトから、ボランティアとして登録することから始めます。募集されている案件は、数時間ほどのパッチテストなどを行う簡単なものから、1日から1週間ほど入院する医薬品の投与実験など、様々なものがあります。
受け取れる報酬額も、拘束時間や実験内容によって異なり、少ないものだと数千円、多いものだと5万円以上もらえる場合もあります。

治験ボランティアというと、何か体に危害を加えられそうで不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、きちんとした研究データに基づいて、投薬などを行いますので、それほど危険というわけではありません。
アレルギーなどがある方には、あまりおすすめできませんが、健康な方なら、寝ているだけ、あるいは何もしないで座っているだけで報酬がもらえるので、おすすめのお仕事です。

■覆面調査員(ミステリーショッパー)

最後にご紹介するおすすめの内職は、覆面調査員のお仕事。外出しますので、厳密には自宅でできる内職ではないのですが、簡単な調査を行うだけで、比較的多くの謝礼を稼ぐことができるので、主婦に人気のある内職です。
エステや脱毛などの美容サービスから、チェーンレストランの新店調査まで、様々な施設に潜入して、サービスの調査を行います。

お仕事の内容は、1日3時間から4時間ぐらい外出し、店舗を訪問してサービスを体験し、帰宅後にレポートを送信して報酬を得るという流れです。
ミステリーショッパーの内職を探すなら、専門サイトの利用がおすすめです。中には、サービスは実費で、後にポイントで謝礼と一緒に還元するという内容のお仕事などもありますので、内容をよく確認して応募してみてください。

自宅でできる内職でお小遣いを稼ごう!

自宅でできる内職をジャンル別にご紹介致しました。パソコンやスマホを使って行うネット系内職は、昔からある軽作業や手作業の内職よりもずっと手軽に高い収入を得ることができるのでおすすめです。
子供がお昼寝している時間や、幼稚園や学校に通っている時間など、隙間時間を使って少しずつ始められる内容が多いのも魅力です。

クラウドソーシング系の内職を探す時には、納期や仕事量をよく確認して、はじめは短期で完了できる簡単な内職からチャレンジしてみましょう。
コツが分かってくれば、スマホアプリとクラウドソーシング、あるいは、通話サービスなどの内職をいくつか掛け持ちして稼ぐというのもおすすめです。

まずは、簡単な登録で始められるスマホアプリの内職からスタートしてみてくださいね!

Pocket

pagetop