妊娠中に内職したい方必見!妊婦におすすめのお仕事特集! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

妊娠中に内職したい方必見!妊婦におすすめのお仕事特集!

2018.11.07
Pocket

妊娠中でも内職したい人が増えている?

妊娠・出産はとてもおめでたいことですが、中には体調を崩してしまい、お仕事を辞めなければならなくなる方もいらっしゃいます。パート・アルバイト勤務をしている場合も、妊娠が分かったことを伝えたら、なんとなく仕事を辞めるように勧められてしまうケースも少なくありません。

本当は、妊娠中でも仕事をしたいけど、なかなか外で働き口を見つけるのは難しく、働きたくても働けないという方が多いようです。

妊婦さんでもできるお仕事と言えば、やはり体に負担が少ない座り仕事や力仕事を含まない軽作業、さらにパソコンなどを使って行う事務的なお仕事などが主流です。
妊娠中は、満員電車に乗って通勤するのもかなり厳しいですので、できれば在宅で行える仕事をしたいと考えるのが普通です。

このような条件を満たす働き方として、多くの妊娠中の女性におすすめしたいのが、在宅でできる内職です。
今回は、妊娠中に内職したい方におすすめのお仕事や、妊娠中に内職する際に気をつけるべき注意点の他、お仕事探しの方法などもまとめます。

妊娠中に内職したい人におすすめの仕事にはどんな種類がある?

妊娠中でも内職したい方におすすめの仕事は、いくつかのジャンルがあります。

昔からある手作業や単純作業を行う内職の他にも、最近ではパソコンを使って簡単なデータ入力やライター業務などを行うクラウドソーシング系の内職などもあります。
この他にも、妊娠中から始められる内職としては、アフィリエイトやメルカリなどのネットビジネス系のお仕事もあります。

内職は出来高制で支払われるものがほとんどですので、作業に使える時間の長さと単価によって稼げる金額が異なります。
出産までに稼ぎたい金額が具体的に決まっている場合は、一日の作業時間の目安を稼ぎたい金額で割って、まずは受注すべき仕事の単価を試算してみましょう。

手作業で行う内職は、資格やスキルがなくても誰でも行える単純作業がほとんどなので、非常に単価が低く、1件あたりの工賃が1円にも満たないものがたくさんあります。
手作業の内職で稼げる金額は時給200円から600円ぐらいが相場と言われており、作業に慣れてきたとしても、時給300円前後しか稼げません。1日4時間週6日働いても、月の収入は3万円弱ですので、作業は大変なわりに、あまり稼げないというのが難点です。

一方、パソコンを使って行う在宅ワークの内職の場合は、作業スピードが早ければ、時給1000円以上稼げるお仕事案件も多く、手作業の内職に比べれば、短時間で高収入を得ることも可能です。
特にスキルを必要としないパソコン系の内職の仕事として、妊婦さんにもおすすめなのは、はデータ入力というお仕事があります。PDFや手書きデータの他、画像に入力されているデータなどを、ワード、エクセルなどの決められたフォーマットに入力していく作業を行います。

この他にも、妊娠中に始められる内職としては、ブログに広告リンクを貼って稼ぐアフィリエイトや、メルカリなどのフリマアプリを利用して不用品などを販売して利益をあげるネットビジネスなどもあります。
アフィリエイトを始めるには、自分のサイトを立ち上げる必要があるので、ドメインの取得やサーバーレンタルなどのスタートアップに資金が必要なものもありますが、長い目で見ると、外から仕事を受注しなくてもよいので、出産後も細々と続けていけることができる魅力的な内容となっています。

妊娠中に内職したい人はどうやって仕事を探せばいい?

妊娠中に内職したい人は、どうやって仕事を探したらよいのでしょうか?

一般的に手作業で行う内職を探すには、お住まいの自治体が運営するハローワークや、職業斡旋所に行って、内職案件を探すことが多いようです。
公的機関が紹介するお仕事なら、雇い主もきちんとした会社が多く、報酬の支払いが遅れたり、何度も検収を繰り返して賃金を支払わないと言った悪徳業者に引っかかる心配がありません。

この他に、妊娠中に内職したい方が仕事を探す方法としては、スマホアプリのバイトルなどで仕事を探すことができます。検索方法としては「在宅 バイト」などのキーワードを使うのがおすすめです。

ネットでアルバイトを紹介している業者の中には、妊娠中でも内職したい人の弱みに漬け込んで、お金を騙し取ろうとするネット詐欺なども横行しています。
稼ごうと思って内職を探しているのに、仕事を受注したければ、有料の受講料を支払わなければならないと言われたり、内職に使う材料や工具の買い取りを要求されたり、働く前にお金を払えと言われて騙し取られるケースなどが多いようです。
手作業で行う内職は、誰でもできる単純作業ばかりですので、事前に技術講習を受ける必要は一切ありません。仕事前にお金を要求されるような案件は、ネット詐欺の可能性が高いので、はっきりと断るようにしてください。

パソコンで行う内職を探す場合は、クラウドソーシングサイトを利用するのがおすすめです。ほとんどのクラウドソーシングサイトは、無料で会員登録することができます。
会員登録が終わったら、自分のプロフィールページを作成します。これまでの職歴や学歴の他、持っている資格やスキルなどを公開するためのページで、いわゆる履歴書のような役割を果たしています。
クライアントとなる企業は、あなたのプロフィールページを見て、お仕事を依頼するかどうかを検討します。

クラウドソーシングで内職を探す時には、妊婦さんの場合は、できれば短期か単発のお仕事で、初心者、未経験者を歓迎しているような案件がおすすめです。
仕事の検索方法は、ジャンル別、職種別に行えますので、自分の興味のある分野から仕事を選ぶということも可能です。中には、声を使って声優やナレーションを行うようなユニークな仕事もあります。

長期案件の場合は、妊婦であるということを事前に伝えた方が好ましいですが、インターネットの匿名性のおかげで、あなたが妊婦ということは、言わなければ先方に伝わらないというメリットもあります。
どうしても内職を見つけるのが難しい場合は、妊娠中ということを伝えずに仕事を受注するということもできないわけではありません。

しかし、体調が悪くて納期が遅れたり、出産予定よりも早く出産してしまった時など、請け負っていた仕事を提出できないようなトラブルに見舞われた時、クライアントに説明ができません。
長期で続けていける内職に応募したい方は、お仕事の契約交渉の段階で、先方に事情を説明しておいた方が安心です。

妊娠中に内職したい人への注意点

妊娠は病気ではありませんが、10ヶ月間の妊娠期間中には、体調がよくない時期や特別な配慮が必要な場面もいろいろと出てきます。

特に妊娠初期の段階では、つわりがひどくて寝込んでしまうという妊婦さんも多く見られます。内職なら、在宅で行えるから問題ないと思うかもしれませんが、つわりもhどい人になると、病院に入院して点滴を受けなければならないというような深刻なケースに陥る場合もあります。
また、つわりの時期は、かなり臭いに対して敏感になる人が多いので、内職で袋詰めなどを行う場合は、石けんやアロマ製品のような香りの強い商材を避けたり、食品を扱うような仕事を避けた方が無難です。

内職によっては、資材の受け取りや搬入作業も自分で行わなければならない案件がありますので、重いダンボールを抱えて運ぶのは、妊娠中にはおすすめできません。

募集内容によっては、妊娠中だと受注できないケースもたくさんあり、内職を希望しても妊婦であることを理由に断られる可能性もあります。
簡単なお仕事とはいえ、どの内職にも納期がありますので、期限までに終わらないときには、徹夜で作業することもありますので、あまり体調のよくないつわりの時期には、内職の仕事を受注しない方がよいでしょう。

妊娠後期になると、お腹も大きくなりますので、長時間座ってパソコンに向かっていたり、何時間も同じ姿勢でパーツ部品の組み立てを行ったりしていると、腰痛やむくみなどのトラブルに見舞われる可能性があります。

出産予定日よりも、早産になってしまったら、納期を守れないということにもなりかねませんので、最後の仕事を受注するタイミングは、余裕を持ったスケジュールにするなど、工夫してください。

妊娠中に内職したい方におすすめのお仕事

内職の探し方や注意点も分かったところで、ここからは、妊娠中に内職したい方におすすめのお仕事の詳細をご紹介したいと思います。

■内職
内職の主なお仕事には、シール貼り、袋詰め、うちわ貼り、カプセル詰め、パーツ部品の組み立て、縫製、アクセサリー制作などがあります。
手作業の内職は、先ほどご紹介した通り、作業工賃が1件1円以下とかなり安いため、量をこなせなければ稼げません。

手先が器用な方なら、少し単価が高めのアクセサリー制作がおすすめの内職です。縫製の内職は、ミシンが必要な場合もありますので、事前に確認してください。

内職案件の中には、ペットを飼育している方は不可、あるいは喫煙者がいる家庭は不可という条件付きの場合もあります。これは、製品に臭いが移ったり、動物の毛などが混入したりすることを防ぐためです。妊娠中ということではなく、別の理由で受注できない可能性もあるので、ご注意ください。

■アンケート/ポイントサイト
アンケートやポイントサイトは、スマホ一つで始められる妊婦さんにもおすすめの内職です。
有名なのはアンケートサイトの「マクロミル」やお小遣い稼ぎの「ポイントタウン」などがあります。

月に貯められるポイントは、1000円前後の場合が多いようですが、お友達紹介やアプリのダウンロードなどを行うことで、月に4000円から5000円ほど稼ぐ主婦もいるようです。

スマホで簡単なアンケートに答えたり、ゲームをしたりしてポイントを稼ぐこともできるので、ベッドに横になりながらでも作業可能です。

■文字起こし
文字起こしのお仕事は、医学学会や株主総会など、様々な会議や雑誌記者のインタビューなど音声で録音されたデータを文字に変換して行くお仕事です。
最近では、Youtubeなどの動画を見ながら音声を聞き取って、テロップとして表示する文字などを入力するお仕事などがあります。

文字起こしは、パソコンにICレコーダーで録音したデータを取り込んで、それを聞きながら作業することが必要になります。時事用語や医療用語など聞きなれない内容が多い場合は、聞き取りに時間がかかり、10年以上のキャリアがあるプロの方でも、60分のデータを文字に起こすには3時間以上かかると言われています。

文字起こしの内職を探す方法には、専門の会社に登録して仕事を受注する他、クラウドソーシングサイトなどでも、募集案件を探すことが可能です。
妊娠中の方が取り組むなら、できれば初心者や未経験者歓迎の簡単な案件で、仕事量が少なめのものを選ぶ方がよいでしょう。

文字起こしの報酬は、60分の音声データ1本で約5000円前後が相場ですが、簡単な内容だと、1000円から3000円ぐらいと単価が低くなっています。

■データ入力
データ入力の内職も、妊娠中におすすめのお仕事です。クライアントの顧客情報などを、一つ一つエクセルなどを決められたフォーマットに入力していく作業などを請け負います。
特に考えたりする必要はありませんので、ワード、エクセルの基本操作ができれば、誰でも作業可能です。

データ入力の内職で稼げる金額の目安は1ヶ月に3万円ぐらいが相場のようです。タスク形式など単発のお仕事なら、妊婦さんでも取り組みやすいのでおすすめです。

■メルカリ
メルカリとは、スマホアプリを利用して、家にある不用品や使わなくなったCDなどを販売したりできるサービスです。

ブランド物のバッグや靴、使わない家電品や電子機器、あるいは未使用のコスメなど、何でも販売することができます。妊娠して体型が代わったり、仕事を辞めて高価なバッグや靴はいらなくなった人は、メルカリを利用して不用品を販売し、お小遣いを稼ぐというのもよいでしょう。

妊娠中でも内職したい人は体調管理に十分注意して働こう!

妊娠中でも内職したい方におすすめの簡単なお仕事をまとめました。

体調が悪くても行える軽作業なら妊娠中でも十分内職することが可能です。今回ご紹介した内容を参考に、体調に気をつけて、自分に合った内職を探してみてくださいね!

Pocket

pagetop