住宅の仕事って?気になる住宅業界をチェック! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

住宅の仕事って?気になる住宅業界をチェック!

公開日:2018.11.21
最終更新日:2018.11.26
Pocket

住宅業界とは

住宅業界とは、戸建て住宅の設計施工や販売を事業とする業界のことをいいます。
マンションディベロッパーを含む場合もあり、住宅業界の定義はさまざまです。

ただし、人間が生活する上での衣食住の中の、「住」に携わる仕事だといえうことは間違いないでしょう。

住宅の仕事のやりがい

先ほどでも述べたように、住宅の仕事は、人間の生活に欠かせない「住」を支える仕事です。
人が住む場所を決定する際には、さまざまなストーリーが存在します。

例えば、結婚して家族が増えたとき。または、憧れの土地へ移住をするとき。
その多くは、明るく希望に満ちたものご多いでしょう。
そんな人生の大きな局面に関われるという点は、住宅の仕事の大きな醍醐味だと言えます。

また、家を買うということは、人生のうちで何度も訪れるようなことではありません。
だからこそ、住宅を選ぶときはとても慎重になりますよね。
そのような中で、自分が関わった住宅が選ばれると、信頼を勝ち取れたような気持ちになります。
真剣に仕事をしようというモチベーションも保つことができるのです。

人を喜ばせる仕事がしたい方や、思い出に残る仕事がしたいと思っている方にとって、住宅の仕事はぴったりの仕事だといえます。

住宅の仕事の種類

■設計
これから建築に入る住宅の設計を行う仕事です。顧客のニーズや世間のトレンドなどを取り入れて、どれほど魅力的な設計を行えるか。設計士の腕の見せ所です。

■施工
設計士が図面を設計したら、それを元に施工を行います。施工の仕事は、住宅建築の現場での仕事です。
設計士の作成した図面通りに建築が進んでいるか、確認を行います。
現場の職人さん達に、作業の段取りや指示、管理・監督などを行うのも施工の仕事です。

■営業
今まさに住宅を買おうとしているお客様の対応を行うことが、営業の仕事です。
営業の仕事は、お客様のサポートです。気持ちよく住宅を購入できるように、さまざまな事を行います。

具体的には、土地の案内や相談、資金計画のアドバイス、ライフプランのヒアリングなどです。
住宅に住もうとするお客様と1番関わりのある仕事です。

まとめ

住宅の仕事は、人々のライフステージの節目に関わることができる仕事です。
人の心に残るような仕事がしたいと思っている方にとって、住宅の仕事はとてもやりがいのある仕事になるのでなないでしょうか。

住宅業界は、さまざまな職種が力を合わせてなり立っています。
人々に欠かせない「住」を支える住宅の仕事は、これからも廃れることはないでしょう。

Pocket

pagetop