仕事が頭から離れなくなったときの対処法 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

仕事が頭から離れなくなったときの対処法

2017.02.14
Pocket

・保育園に入れない

・まだ子供が幼稚園なので、行事も多く、フルタイムでは働けない

・小学生の子供に「おかえり」と言ってあげられる仕事がしたい

など、皆さんの“在宅ワーク”を選ぶ理由や思いは様々あることでしょう。

 

主婦としての役割をしっかりとやりながら、そこへ仕事が追加されると負担は間違いなく増えます。ただ、在宅ワークであれば、通勤時間がかからず、通勤のためのファッションも気にしなくて良いですし、休憩の合間に家事もできるので、そこは在宅ワークの魅力ですよね。

今回はメリットが多いように見える在宅ワークの注意点とその改善案をご紹介します。

仕事が頭から離れなくなる

通勤スタイルでは、その日の業務量の割り当てに応じ、自分のタスクを行い終業時間に帰宅するため、“オン”と”オフ“を分けやすいですが、在宅ワークは職場が自宅なので、うまく切り替えをしないとタスクが頭から離れにくいということがあります。

特に、“納期”が迫ってきた時期などは、この傾向が強くなります。

これでは、せっかく子供の時間などを優先したいなど、理由があって在宅ワークを選んでも本末転倒ですよね。

エンジニアから学ぶ業務の消化方法

エンジニアなど、正社員でも在宅業務を許可されている場合、納期までに思い切り仕事をし、休むときは思い切り休むことが多いようです。

そのような仕事の仕方は隙間時間を使って仕事をすることの多い主婦には難しいように聞こえますが時間の割り振りさえ上手に出来れば可能です。

子供の予定×家事バランスを把握して

これから仕事を考えている方には、家事×子育て×仕事のバランスがうまくいくように、まず慣れている家事のバランスを調整する事をおすすめします。

例えば、

月:床掃除

   火~金:掃除機とお風呂掃除と洗濯

   土:トイレ掃除

   日:掃除は全て休んで、食材作りおき 

このように毎日していた掃除を少し減らし、自分の時間を作れるように家事を分散して、1日のバランスを整えるのです。

自分でルール化した家事を1週間繰り返し行うことで、まとまった時間を確保できるようになり、納期のある業務も計画性を持って行えるようになり、仕事のことが頭から離れない、ということも減っていくでしょう。

Pocket

pagetop