在宅ワーカー必見!モチベーションの上手な保ち方 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワーカー必見!モチベーションの上手な保ち方

2017.04.25
Pocket

在宅・内職でお仕事をしていると、ぶち当たる壁が色々とあると思います。
その一つに、モチベーションをどう保つか…ということが挙げられると思います。
そこで、今回は上手なモチベーションの保ち方をご紹介します。

そもそもモチベーションとは?

ところで、そもそもモチベーションとは何なのでしょうか?言葉は聞いたことあるけど…そう思われる方も多いのではないでしょうか。
モチベーションとは、「動機付け」、「やる気」や「意欲」という意味で使われていることが多いです。「モチベーションが上がる」や「モチベーションが下がる」というように使われ、目標達成のために起こす行動に伴う、心の動きをモチベーションと言います。

在宅ワーカーのモチベーション維持方法とは?

在宅・内職で働いていると、近くの汚れが気になって掃除をしたくなったり、買ったばかりの雑誌をつい読んでしまったり、周りにたくさんの誘惑があります。
それらに打ち勝ち、納期へ向けて一直線に走ることができればいいのですが、なかなかそうもいきませんよね。
何を隠そう、私もその一人。納期が迫っているのは頭では分かっていても、在宅で仕事をしていると叱咤激励してくれる相手が近くにいないので、モチベーションが下がってしまうことが多々あります。
一旦下がってしまったモチベーションを上げるのはなかなか難しいもの。でも、下がってしまったままでは質の高い仕事はできません。
でも大丈夫!そんな時の対処法をご紹介します!
 
1.楽しみを見つける
「この仕事を何時までしたら、買っておいたケーキを食べる!」というような小さな「楽しみ」を見つけてみてください。納期までに仕事を仕上げる、という大きな目標の前に、小さな楽しみを見つけることで、ほんの少しではありますが、心に余裕ができモチベーションを維持することができます。
 
2.仕事をする場所を変えてみる
在宅で仕事をしているということを最大限に生かして、業務をする場所(部屋)を変えてみてはいかがでしょうか。雰囲気を変えることで、業務に向かう姿勢も変わってきます。
また、依頼先との契約上、在宅以外での業務が問題ない場合は、カフェなどでお仕事してみても気分が上がりますよ。
 
3.軽い運動をする
場所を変えたり、楽しみを見つけてもまだ、気持ちが上がらない…そんな時は軽く運動するのもオススメ!私もよくやります。激しい運動ではなく、ヨガ的なポーズを取るだけでも、かなりのリラックス効果がありリフレッシュできます。すると、業務にもまた、力が入ります。
 
4.目標を決める
3カ月以内にこのスキルを身につける!半年でいくら貯めて家族旅行に行く!など、期限を決めた具体的な目標を作ると、そこに向けて頑張る意欲が湧いてきます。
また、なかなか実感することがないかもしれませんが、在宅・内職でしている仕事も必ず誰かの役に立っています。自身で目標を立てることが難しいという方は、誰かの役に立ちたい、という気持ちをモチベーションに変えても良いかもしれないですね。

一人で仕事をしていると、モチベーションが下がるのも仕方ないこと。
モチベーションが下がってしまうことは仕方ないことと割り切って、モチベーションを維持する工夫を試行錯誤してみてはいかがでしょうか。
モチベーションを維持する方法は人それぞれ。
自分にあった方法を見つけて、楽しく在宅・内職での仕事を頑張っていきましょう!

Pocket

pagetop