ビジネスやフリーランスも多数!ネットで稼ぐ方法28選! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

コラム

先輩レポート

在宅ワークをはじめよう

前編

後編

オンライン会議がすぐ可能 meetin

電気料をポイント還元

新着コラム

よくみられてるコラム

ビジネスやフリーランスも多数!ネットで稼ぐ方法28選!

公開日:2019.09.08
最終更新日:2019.09.08
Pocket

ネットで稼ぐにはどんな方法がある?

サラリーマンや主婦の副業として、近年注目を集めているネットビジネス。やってみたいと思うけれど、何から始めていいのか分からないう方も多いのではないでしょうか?

一口にネットで稼ぐと言っても、さまざまなジャンルがあります。

例えば、場所や物を貸すシェアリングエコノミーや、商品をインターネットで販売するネットショップなど、仕入れや資産がなければできない仕事がある一方で、スマホ一つで始められるポイントサイトや、パソコンがあればできるクラウドソーシング系のお仕事など、ネットで稼ぐ方法には、幅広いジャンルの働き方があるのです。

今回は、初期投資ゼロでも始められる簡単な仕事から、ある程度予算がかかる仕事まで、ネットで稼ぐ方法を28選ピックアップ。自分にできそうな方法があるか?ぜひ、参考にしてみてください。

ネットで稼ぐ方法1:ポイントサイト系3選

ネットで稼ぐ方法、一つ目はポイントサイトを利用するという方法です。別名「お小遣いサイト」とも呼ばれるサイトで、ゲームをやったりアンケートに答えたりしてポイントを貯めます。

<モッピー>
モッピーは、東証一部に上場している株式会社セレスが運営するポイントサイト。もともと、モバイルベースでスタートした会社で、スマホで利用しやすいアプリです。1円=1ポイントで友人紹介などで、300ポイントぐらい集められます。

<ポイントタウン>
ポイントタウンはGMOメディア株式会社が運営しているポイントサイトです。大手企業が運営しており、安全性が高いサイトとして定評があります。1円=20ポイントで換金できます。

<マクロミル>
マクロミルは、企業の商品開発やサービス開発などに使うデータ収集のため、さまざまなアンケートを配信しているサイトです。アプリとパソコンの両方からアクセスしてアンケートに答えるとポイントがたまります。たまったポイントは、現金やギフト券などに換金可能。

ネットで稼ぐ方法2:クラウドソーシング系5選

ネットで稼ぐ方法、続いては、クラウドソーシング系の稼ぎ方を見ていきましょう。クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事を受注して、メールなどで成果物をクライアントに納品して報酬を得る仕事です。

大手クラウドソーシングサイトなどに登録して、クライアントと業務委託契約を結び、仕事を受注します。どんなジャンルの仕事があるのか?いくつか例を挙げてみましょう。

<アンケートモニター>
アンケートモニターは、クラウドソーシングサイトで簡単なアンケートに答えることで、報酬をもらえます。1件回答して1円と、非常に値段が低い案件が多いですが、タイプによっては1件数百円するものもあります。

データ入力
データ入力も、クラウドソーシングサイトで募集案件が多い仕事の一つ。住所入力や顧客データなどをエクセルなど、決められたフォーマットに入力していく仕事です。パソコンで文字を入力できる方なら誰でもやれる仕事です。

<ウェブライター>
ウェブライターは、インターネット上に公開される記事を執筆するお仕事です。美容、ファッション、グルメ、趣味、旅行など、さまざまなジャンルでライター募集のお仕事があります。未経験者歓迎の案件だと仕事の単価は低めですが、文字単価0.5円前後からが相場のようです。

<プログラマー>
プログラマーは、アプリの開発やウェブ制作など、さまざまな受注案件があるお仕事です。高単価の仕事になると、1件10万円から50万円にもなるようなプロジェクトもあり、フリーランスで活躍できる方も多いお仕事です。

<Webデザイン>
Webデザインは、ホームページの外観を整えたり、サイト作成をするお仕事です。PHPを使ったWordPressのカスタマイズなどが、特に案件が多く、安定して受注案件があるというのが特徴です。仕事の単価は、ECサイトのランディングページの作成なら1ページで5000円前後が相場です。

ネットで稼ぐ方法3:ネットショップ系3選

ネットで稼ぐ方法、続いては、ネットショップ運営やハンドメイドサイトなどで、収入を得る方法についてです。

<minne>
minneは、ハンドメイド作品を販売することができるアプリです。自分で作った作品を撮影し、画像と値段、発想方法などを設定してアプリ上のマーケットで販売します。

価格帯はやや低めで、アマチュアクリエイターも多いのが特徴。バザーやフリーマーケットのネット版といった感覚で、ハンドメイドのシュシュやヘアゴムといった小さな商品から、入園グッズのオーダーなど、季節需要に対応した商品まで、ありとあらゆるものが販売されています。

子育てをしながら、ハンドメイドを仕事にしたいと考える主婦などの出店が多く、エコたわしなど主婦目線のハンドメイド商品も多数並んでいます。

<Creema>
Creemaは、minneと同じく、ハンドメイド作品を販売できるアプリです。

利用方法は、minneとほぼ同じですが、こちらのサイトは、プロのクリエイターなども登録しており、単価がやや高め。また、作品のクオリティーも高く、趣味の延長で出品するには、ややハードルが高い印象です。ハンドメイドクリエイターになるには、まず、販売したい作品があるということが大前提。

趣味で始めたバッグ作りや洋服作りから、作家デビューという方もいらっしゃいます。Creemaでの売れ筋は、場所を取らず、制作費用もひくく、かつユーザーの実用性が高いアクセサリー。ピアスなどは、特に需要が高く、樹脂を使ったアクセサリーなど、アレルギー対応している商品などが売れやすいようです。

<ネットショップ>
自分の好きなものを販売できるネットショップもネットで稼ぐ方法として注目を浴びています。

出店できるECサイトはいろいろありますが、小規模でも出店しやすいと評判なのがBASE。カート機能やカード決済、電子マネー対応など、ネットショップを運営したい方が欲しい、必要最低限のサービスが揃っています。利用料金もリーズナブルなのが人気の秘密。ネットショップを始めるには、最初に販売するための在庫を持つ必要がありますが、引き当て式でネットショップを運営できる方法もあります。

売りたい商品があることもそうですが、TwitterやInstagramなど、プッシュ型メディアを使って宣伝広告を行ったり、購入者にはメルマガを配信してリピーター獲得の努力をするなど、店舗の運営以外にも、営業に力を入れる必要があります。

ネットで稼ぐ方法4:写真素材販売系2選

ネットで稼ぐ方法、続いては、写真素材販売系のアプリやサイトのご紹介です。スマホやデジカメで撮影した写真を、ネット上で販売することができるオンラインサービスで、販売する写真の価格は、安いものだと100円からとなっています。

<Selpy>
Selpyは、スマホで撮影した写真などを企業に販売できるアプリです。

写真そのものの値段は100円もしない場合がほとんどですが、SNSでのシェアをすると300円など、条件付きで稼げる案件がいろいろとあります。新作のお菓子を食べている様子の撮影など、細かい指定がありますが、定期的に行えば月1万円ぐらいのお小遣いは簡単に稼げます。

SNS上でインフルエンサーと呼ばれる人たちの中には、写真を販売することよりも、インスタなどに商品を利用している様子を掲載すること自体が収益につながっている場合もあるようです。写真メディアを活用した商売は、若い世代に特に人気です。

<PIXTA>
PIXTAも、自分で撮影した写真をネット上にアップロードして販売するサービスです。

特別な資格は必要なく、アマチュアフォトグラファーが作品を販売しているケースも多々あります。人物像など、企業のホームページなどで商用利用できるような写真などが需要が多く、比較的販売しやすいようです。写真の値段は、1枚1000円前後のものから高いものだと数千円するようなものもあります。クライアントがつけば、その分、リピーターになる確率も上がります。

ホームページなどで使いやすい写真は、たいてい背景に文字入れできるようなスペース(余白)を設けた写真です。商用利用しやすいような加工をするというのも、イメージ画像を販売する上での成功の秘訣です。

ネットで稼ぐ方法5:特技や技術販売系2選

ネットで稼ぐ方法、続いては、自分の特技や技術をネット経由で販売して利益を得るという方法です。

<ココナラ>
絵を描くのが得意なら、似顔絵を描いたり、恋愛相談が得意なら、恋愛コンサルタントになったりと、自分の特技や好きなことをアプリを経由して販売できるサービスを展開しています。

時間ごとにチケット制を導入しており、自分が売りたいサービスを販売することができます。人気があるのは、FX投資のノウハウなどを紹介するセミナーなどで、オンラインでマンツーマンで指導してくれる講師がいるようです。実際に体験した人の評価も付くので、他のユーザーから良いフィードバックがあれば、他の利用者もサービスを購入してくれるようになるようです。

ココナラで販売するサービスは、価格が数千円のものから高いものだと1万円を越えるサービスもあります。スキルが高ければ値段も高いという傾向です。

<カフェトーク>
カフェトークは、Skypeなどの音声ツールやテレビ電話を利用して、ネット上で習い事を習えるサービスを展開しています。

英語が得意な方なら、オンライン英会話講師、ピアノが得意なら、オンラインピアノ講師と、ネットを介して習い事を習いたい方に教えることで報酬を得られます。最近では、バイオリンなど弦楽器をネット上で教える方なども増えています。

今後は、プログラミングなどもネットで習えるようになるかもしれません。カフェトークの利用料金は、1レッスン1500円前後から5000円以上までさまざま。語学系はかなりユーザーが多いので、単価が低くなる傾向です。

ネットで稼ぐ方法6:Youtube・動画配信系2選

ネットで稼ぐ方法、続いては、YouTubeや動画配信によって報酬を得る方法をご紹介します。

<YouTube動画配信>
YouTubeは、ゲーム実況やツッコミ動画など、オリジナルチャンネルを作って様々な番組を配信するサービスです。

再生回数に応じて、広告料が支払われる仕組みになっており、有名YouTuberになると、年収11億円ものお金を稼ぎ出すことができるようです。YouTuberになるには、撮影機材、番組のシナリオライティング編集などいくつものスキルが必要です。

YouTubeは、公開するコンテンツの種類によって、視聴者数にもばらつきがあります。検証動画や、子供向けの動画なども多く、視聴者のターゲット層は、必ずしも大人ではありません。動物の動画や、翻訳動画など、ありとあらゆる種類の動画が配信されています。トレンドをよくつかんで、視聴者に支持されるチャンネル作りが成功の鍵です。

<ライブ配信アプリ>(17イチナナなど)
ライブ配信は、自分で作詞作曲した歌などをオンライン上で配信するサービスです。

ライブを鑑賞している人たちから、オンライン上で「投げ銭」と呼ばれる有料の応援のようなものをいただき、報酬にすることができるシステムです。アマチュアシンガーでも、ファンを獲得できれば、年収300万円ぐらいは稼げるそうです。歌が得意な方は、やってみる価値あり!

ネットで稼ぐ方法7:シェアリングエコノミー系2選

ネットで稼ぐ方法、続いては、話題のシェアリングエコノミーを活用して収入を得る方法です。

<Airbnb>
Airbnbは、いわゆる「民泊サービス」を提供するシェアリングエコノミーの一種。余っている不動産をネット上にいるユーザーに宿泊施設として貸し出して、利益を得ることができます。

部屋貸しやアパート、家一軒まるごと貸し出すなど、さまざまな利用方法があり、定期的に宿泊者がいれば、家賃収入を得ることができます。Airbnbは、日本では民泊に関する法案が改正され、素人はやや参入しづらい雰囲気になっています。しかしながら、2020年東京オリンピック開催を目前に、利用者が増える見込みであることから、Airbnbに登録して部屋を貸し出したいという方も増えているようです。

メンテナンスやサービス料などを別途設定することもできますが、利用者は外国人も多いため、英語、中国語などの外国語ができると、借り手を見つけやすいというメリットがあります。また、利用者からのレビューもありますので、アパートやお部屋の状態、立地など、多角的な評価をユーザーが残してくれます。サービスが良い物件だと、スーパーホストという称号がもらえるので、利用者が安心して借りられるようになり、さらに収入が得やすくなるという仕組みになっています。世界中に利用者がいるというのが強み。

<monooq>(モノオク)
モノオクは、Airbnbの荷物版で、家に置ききれない家具や、オフィスに置けない商品在庫など、置き場所に困っている人に、自宅の空き部屋や押入れなどを貸し出すサービスです。

クローゼットなど、狭いスペースからでも貸出可能で、利用者同士をネットでつないで商談が成立すれば、スペースレンタルで収入を得ることができます。Airbnb同様、貸し出せるスペースがあることが大前提。スペースレンタル料金は、安いもので3000円から5000円前後。また貸出期間も短いものだと1、2週間から貸している場所などもあるようです。

ネットで稼ぐ方法8:スタンプ・電子メディア制作系2選

ネットで稼ぐ方法、続いては、電子メディアやスタンプなど、クリエイティブなアクティビティで収入を得る方法をご紹介します。

<LINEスタンプ>
LINEスタンプは、SNSの一つであるLINEで使えるスタンプをデザインして販売するお仕事です。

ミリオンセラーになるようなスタンプを制作できれば、かなりの収入になります。イラストレーターの卵や、漫画家の卵など、LINEスタンプで有名になることを目標にしているクリエイターもいます。LINEスタンプクリエイターになるには、まず、ネット上に画像を取り入れられるようなスキャナーや、パソコン上で絵を描ける絵画作成ツールを導入する必要があります。

へたうま絵と呼ばれるような独特の作風が支持される場合もあり、何が当たるかはやってみなければ分からない業界です。

<電子書籍の出版>
例えば、ブログでアフィリエイトをやって成功した体験談や、インターネットの検索エンジンで検索上位に表示されるための方法など、最近では、ネットで稼ぐノウハウなどを、電子書籍(一部動画メディアなど)にして販売する方も増えています。

セミナー形式で、バージョンごとに販売したり、セット販売したり、様々な電子書籍を発売しています。紙媒体に比べて、電子メディアは制作費用が安いため、素人でも出版しやすいというメリットがあります。

電子書籍の中でも、セミナー系コンテンツは、10万円以上の価格で販売されているものもあり、コンテンツがヒットすれば、短期間で高額報酬を得られます。小説よりは、ハウツー本のようなコンテンツの方が売れやすいようです。

ネットで稼ぐ方法9:アフィリエイト系3選

ネットで稼ぐ方法、続いては、ブログやホームページに広告を掲載して収益をあげる「アフィリエイト」についてご紹介します。

<Googleアドセンス>
Googleアドセンスは、ブログを収益化するのにもっとも簡単に始められるアフィリエイトの一つです。要は、自分のブログにGoogleと契約した企業の広告を掲載することで収益を得ます。1クリックあたりの収益率は0.8%~2.0%ほどで、1クリックの値段は35円から40円前後が相場です。ブログのアクセス数が多く、クリック率が上がれば、月数万円から多いと100万円以上の広告収入を得ることも可能です。

<Amazonアソシエイト>
Amazonアソシエイトは、Amazonが提供するAPS(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)のことで、Amazonの商品広告を自分のブログに表示して、ユーザーがクリックしたり、商品を購入したりすると、報酬がもらえる成果報酬型のアフィリエイトシステムです。

Amazonのアカウントを持っていれば、誰でも参加することができます。ただし、広告を掲載できるスペース(個人のブログも可)が必要です。Amazonアソシエイトは、参入する際の審査が非常に厳しいことで知られています。Amazonの規程を満たしていないユーザーであれば、まず、広告を掲載する権利をもらえません。まずは、Amazonアソシエイトの規約をよく読み、一定の記事数をブログに掲載することから始めましょう。

<楽天アフィリエイト>
楽天アフィリエイトも、自分のブログやホームページに楽天の広告を貼ることで収益を得られるアフィリエイトの一つです。広告クリックだけでなく、クリックした先のリンクから、顧客が商品を購入した際に報酬がもらえる成果報酬額がかなり大きな商品もあり、初心者でも操作が簡単ということもあって非常に人気があります。

楽天アフィリエイトは、Amazonアソシエイトに比べて、登録審査基準も低いため、ブログが審査通過しやすいというメリットもあります。ただし、楽天アフィリエイトの場合は、報酬額を楽天スーパーポイントで付与される期間もあったりしますので、もともと楽天利用者ではない場合は、アフィリエイトをするメリットがそれほどないと考える方も多いようです。

もちろん、現金でも報酬を受け取ることができますが、換金率に差があるようです。アフィリエイトを始めるためには、広告を貼っても良いブログサイトを運営する必要があります。オウンドメインで活動するには、有料でプロバイダー契約するのがベスト。世界的に人気があるCMSはWordPressです。

ネットで稼ぐ方法は多数!できることからやってみよう!

ネットで稼ぐ方法を28選ご紹介しました。主婦でも気軽に始められるポイントサイトや、サラリーマンエンジニアがチャレンジできる副業エンジニアなど、簡単なものから専門性の高いものまで、ネットで稼ぐ方法はたくさんあります!

初心者におすすめなのは、初期投資が少ないクラウドソーシング系かポイントサイトなどが良いでしょう。商売が好きな方には、ネットショップ運営やハンドメイドアプリの利用がおすすめ。一芸に秀でている方なら、自分の才能を販売できるココナラのようなサービスも良いでしょう。

ある程度、資産がある方には、シェアリングエコノミーがおすすめ。Airbnbの家賃収入は、1泊5000円で貸し出しても、月20日利用者が埋まれば、10万円になります。普通にマンションの賃貸するよりも、一日あたりの宿泊料金を高めに設定すれば、利益率が高くなる可能性が十分にあるのです。

ネットで稼ぐ方法として、根強い人気を誇るアフィリエイト系ですが、こちらは、SEO対策がもっとも重要です。ユーザーに選ばれるブログメディアを作成できなければ、集客率が悪いので、広告のクリック率も当然ながら下がります。文才があることはもちろん、ユーザーが本当に役に立つコンテンツをしっかりと作成することが成功の鍵です。

今回ご紹介したネットで稼ぐ方法以外にも、スマホ投資やロボットアドバイザー投資による資産運用など、ネットで稼ぐ方法はたくさんあります。スマホ投資は、片手で操作できて1000円から投資が始められる「ワンタップバイ」が人気です。

ロボットアドバイザーによる投資は、利益率が高い「ウェルスナビ」が大人気。ただし、ウェルスナビは、最小投資額が10万円前後からになっている商品が多いため、主婦のお小遣いでスターとするには、ややハードルが高いようです。サラリーマンの副業として、利用者が増えているようです。

この他、ネットで稼ぐ投資系のサービスには、不動産売買などもあります。1万円前後から投資できる物件などもあり、こちらは、少し余裕のある主婦の方にも人気があるようです。

まずは初期投資のかからない簡単なところから、ネットで稼ぐ方法にチャレンジしてみてください!

Pocket

在宅ワークを探すならママワークス
在宅求人を探したくなったらこちら

pagetop