復職エピソード①~仕事復帰で生活好転!朝方のススメ~ | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

復職エピソード①~仕事復帰で生活好転!朝方のススメ~

2017.06.06
Pocket

朝のスケジュール。”子どもが起きるまでの50分間”が勝負!

復帰後、出勤日の朝のスケジュールをご紹介します。
5時50分に起床し、子どもたちが起きる6時40分までに、朝食の準備・身支度・化粧などを済ませます。子どもたちが起きてからはバタバタ。。朝食を食べさせたりおむつ替えや着替えなどに手がかかるので、子どもたちが起きるまでの50分間に、いかに効率よく家事や準備をこなせるかを考えて動くようになりました。余裕がある時(ほとんどありませんが)には、洗濯物を畳んだリ夕食の下ごしらえも済ませて、家族全員で7時40分に家を出発。子どもたちを保育園に送り届けて、そのまま電車で出勤します。
 

勤務時間を”30分前倒しに”したら、スムーズに

勤務時間については、産休前と比べて30分前倒しに変更してもらいました。理由は、1歳の下の子の就寝時間を考慮して。早い時間に眠くなり、ぐずり始めてしまうので、夕食時間が遅くならないためです。
朝のラッシュこそハードになりましたが、この”朝方スタイル”はわが家にとって大正解。パパの出勤時間と重なったことで、朝食は家族みんなで食べられるし、それはつまり、パパの手も借りられるということに。朝食を子どもに食べさせてもらえたり、後片付けや身支度などをも夫婦で協力して行えるようになりました。
仕事を終えて保育園へお迎えに行き、帰宅する時間はおよそ17時ですが、この時間からであれば、夕食準備を始めるにも少しゆとりがあり、育休中の生活スタイルから大きく変わることがないので子どもたちのペースも安定しています。
”朝時間の有効活用”と”夕方からの時間のゆとり”で、一日のスケジュールにメリハリが出来て、今のところ仕事と育児の両立は順調。とはいえ、復職当時は、慣れない早起きや保育園の慣らしに苦戦しました。。そのエピソードは、復職エピソード②以降でご紹介します。
 
ライター 石井佳苗
【ライタープロフィール】
東京都在住。夫、私、5歳(年中)長男、1歳長女の4人家族。週3日のパート外勤に加えて、ライティングを中心に在宅ワーク中。4月から仕事復帰しました。
Pocket

pagetop