主婦やサラリーマンに人気の副業ランキング!あなたにピッタリの仕事はどれ? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

コラム

先輩レポート

在宅ワークをはじめよう

前編

後編

オンライン会議がすぐ可能 meetin

電気料をポイント還元

新着コラム

よくみられてるコラム

主婦やサラリーマンに人気の副業ランキング!あなたにピッタリの仕事はどれ?

公開日:2019.09.13
最終更新日:2019.09.13
Pocket

副業が流行っているってほんと?

2018年の日本の平均年収は414万円。2017年の420万円をさらに下回る結果となりました。

日本の一般家庭における世帯収入は、年々下がっていく傾向にあり、地方都市と首都圏での収入格差も、さらに広がっている傾向です。

限られた収入の中で、主婦もサラリーマンも、自分のお小遣いの確保すら難しく、子供の教育資金や家のローンで毎月頭を悩ませているという方も少なくありません。

そんな厳しい日本経済の背景を受けて、今、副業している主婦やサラリーマンが増えており、2018年のある調査結果によると、全国で744万人もの人が、副業・兼業で働いているという実態があります。

今回は、主婦やサラリーマンに人気の副業をランキング形式でご紹介。副業に当てられる時間の長さや、初期投資として持ち込める資産の大きさに合わせて、それぞれのライフスタイルに合った副業を解説していきます。

主婦とサラリーマンでは適した副業が違う!

ネットビジネスから気軽なお小遣い稼ぎまで、家にいながら取り組める副業には、さまざまな仕事があります。

一口に副業と言っても、ライフスタイルの違う主婦とサラリーマンでは、やれる副業に違いがあるので、それぞれに適正のある副業を見つけるということが肝心です。

また、主婦の場合は、夫の扶養の範囲から出ないように副業収入を調整する必要があったり、サラリーマンだと、会社の就業規則によっては副業ができない場合もあったりと、それぞれ副業を始めるに当たって注意しなければならないポイントもあります。

本記事では、主婦向けの副業ランキングと、サラリーマン向けの副業ランキングを分けて解説し、主婦やサラリーマンが副業を始める際のポイントや、向いている副業、向いていない副業についてもまとめます。

主婦向け副業とはどんな特徴がある?

主婦向けの副業にはどんな特徴があるのでしょうか?専業主婦のライフスタイルは、家族に合わせて臨機応変に行動しなければならないため、フレキシブルであることが求められます。

また、家から出られないケースが非常に多いため、外出時間が短い副業や、一切外出しないでも済むような副業がおすすめです。

専業主婦は、子供のお迎えや塾の送迎など、細切れな時間にしか仕事ができません。待機時間が長く、夫の帰宅まで起きて待っていて夕食を出したり、乳幼児がいる場合は、お昼寝した隙に少しだけ何か仕事をするなど、短時間に集中してできるような副業が向いています。

子供の年齢が上がってくると、学校行事に合わせて、日によっては、3、4時間まとまって仕事をする時間も出てきますので、専業主婦の副業は、子供の成長に合わせて、少しずつキャリアを拡大していけるような仕事もおすすめです。

昔からある内職などは、「隙間時間」「短時間」「不規則勤務」がOKで家からほとんど出なくて良かったことから、専業主婦の副業として人気がありました。

現在は、ネットを使って「内職」に近い形でお小遣い稼ぎをできる方法も増えていますので、後ほど、ランキングで詳しくご紹介いたします。

主婦に向かない副業とは?

では、専業主婦に向かない副業とは、一体どんな副業でしょうか?乳幼児や要介護の方がいらっしゃるようなご家庭では、まず、家を長時間空けるような副業は向いていません。

何か副業収入が欲しいと考えて、真っ先に思いつくのが、パート・アルバイトかもしれませんが、子供の急な発熱などで、何度もシフトを代わってもらわなければならなかったり、幼稚園のお迎えに間に合いそうになかったり、いろいろとトラブルがつきものです。

専業主婦だと、自由に使えるお金があまりありませんので、初期投資が多くかかるようなFX投資やビットコインといった、ハイリスクな投資系ビジネスも、主婦には向いていないと言えます。

締切りが早く、短納期のお仕事も、専業主婦には向いていません。家族の体調不良だけでなく、学校行事やPTAなど、不定期で入ってくる、イレギュラースケジュールをこなさなければならないので、急いで仕事をしなければならないような副業は向いていないと言えます。

ある程度、スケジュールに余裕を持って行える、フリーランスに近い働き方ができる副業なら、専業主婦でも続けていきやすいと考えてください。

それでは、早速以下に主婦向けの副業ランキングをご紹介していきます!

主婦向け副業ランキング第10位:内職

主婦向け副業ランキング第10位は、「内職」です。内職は、昔から家庭にいる主婦が行える簡単な副業として、定着してきました。内職で行う主なお仕事は、簡単な袋詰めやシール貼りなど、手作業で、誰でも行えるような内容となっています。

内職のメリットは、学歴、職歴、そして年齢性別に関係なく、誰でも取り組めるお仕事が多いという点です。内職のデメリットは、仕事が簡単な分、非常に単価が安いということです。

内職の単価は、一つの成果物を作成するのに、0.1円といった低い単価がつけられており、1000件、1万件と数をこなしても、月に1、2万円ぐらいの収入にしかならないということです。

また、ペットがいたり、タバコを吸う方がいるご家庭だと受注できないお仕事があったり、小さなお子さんがいると、パーツなど細かいものを組み立てるような仕事は受注できなかったりと、いろいろと条件があります。

内職の主なお仕事例を以下にいくつか挙げてみましょう。

・袋詰め
お菓子、石けん、化粧品など、決められたものを袋詰め・パッケージングする仕事。作業に使う商品を保管するスペースが必要で、単価は、1件0.5円程度。

・シール貼り
封筒の宛名貼りや、CDのケース、季節商品のパッケージなどの決められた位置にシールを貼っていくお仕事。ズレやヨレがあると、不良品としてやり直しになるので、手先の器用さや、シールの大きさによっては、ピンセットを使うなど、テクニックが必要。

・パーツ部品組み立て
はんだごてを使ったりするような、工業部品の組み立てなど、多少のスキルが必要。他の内職案件に比べて、単価が高いこともあり、溶接などの専門的な要素が加わると、1件50円以上の場合もある。

・アクセサリー作り
ビーズアクセサリーなど、決められたパーツを作って製品を作成する副業。ハンドメイドが趣味の主婦などに人気があり、お金のためというよりは、趣味の延長上で楽しみながら、お金を稼ぎたいという方におすすめ。ブレスレット制作などで1件数百円前後。

・値札付け
洋服のタグや値札を付ける内職。商品在庫を置くスペースが必要なので、空き部屋や広い作業スペースを取れる方におすすめ。商品に臭いがついてはいけないので、タバコを吸う人やペットがいる家庭はNG。

主婦向け副業ランキング第9位:アンケートモニター

主婦向け副業ランキング第9位は、アンケートモニターです。アンケートモニターとは、企業が実施するアンケートに答えて、ポイントをもらえるサービスのこと。

アンケートに協力してもらったポイントは、現金や商品券、電子マネーと換金することができ、主婦の手軽なお小遣い稼ぎとして人気があります。

アンケートモニターになるには、アンケート情報を配信しているアプリや企業のサイトに登録する必要があります。有名なのは、「マクロミル」で、パソコンとスマホアプリの両方から登録することが可能です。

アンケートの内容は、例えば、子供の教育に関するアンケートなどで、教材を使用しているか?塾に通わせているか?英語教育は必要だと考えるか?など、誰でも答えられるような内容です。ポイントは、1つのアンケートに対して、1ポイント程度のものから10ポイントほどたまるものまでさまざま。

また、実際に試供品を使ったり、企業に出向いて、テストモニターなどに参加すると、まとまったポイントをもらえるようです。短時間で済みますので、子供が小学生ぐらいの方なら、日中に開催されるアンケートモニターに参加してみるのも良いでしょう。

アンケートモニターで稼げる金額は、一ヶ月に1000円前後からと言われています。それほど案件が多いわけでもありませんし、一つ一つは、1円2円程度のものがほとんどですので、大きく稼ぐことはできません。

暇つぶし程度にやって、月イチちょっと豪華なランチでも楽しめれば、という感覚でやる程度だと考えてください。

主婦向け副業ランキング第8位:せどり

主婦向け副業ランキング、続いておすすめするのは「せどり」です。せどりとは、CDやDVDあるいは書籍、家電品などを一般の販売価格より安く購入して、転売した利益を収入にするお仕事です。

例えば、近所の家電量販店などで、閉店セールなどで安くテレビを購入し、ネット上で正規価格より若干低めの価格で転売すれば、その差引額がせどりの利益となります。

最近では、「せどりすと」とか「せどらー」と呼ばれており、価格チェックができる専用端末を持って、商品の販売価格をチェックして仕入れする人も増えています。

お店側は、転売対策として、バーコードの上に値札を貼り、スキャナーで読み取れないようにするなど、対策をしているチェーンも増えているようです。

せどりは、市場の動向を見極めて適切に商品を仕入れる必要があり、商売センスのある人だけが儲けられるようです。主婦だとあまり大きなものを仕入れする予算がないので、本やCDなど数千円で売買できるものが、着手しやすいようです。

ヤフオク!など、オークションサイトに参加して、値段を釣り上げてから転売する方もいれば、オンラインフリマのようなところに出店する方もいるようです。

販売方法によっても、高く転売できるかどうかが決まるようです。

主婦向け副業ランキング第7位:ライブチャット

ライブチャットには、いくつかの配信方法があります。有名なのはYouTubeですが、チャンネル登録者数が1000人に満たないと、収益化するのは難しく、素人ではなかなか思うような利益を上げられないのが実情です。

女性ということを生かして主婦が副業として行うなら、FANZAライブチャットがおすすめです。かつてはDMMライブチャットという名称で人気のあったライブチャットですが、現在はFANZAチャットと名称を変更しています。

ライブチャットの内容は、ノンアダルト、アダルト、人妻などにカテゴリーが分かれており、複数の人とチャットしたり、あるいは2ショットでチャットしたりする番組配信のようなサービスです。

視聴者が、ライブ配信を見るためにお金を払います。出演しているのは、若い女性から40代ぐらいの人妻まで、幅広い年齢層がいて、一番人気があるのは、やはりアダルトチャットのようです。

アダルトチャットなどに出演する場合は、化粧やウィッグで変装したり、マスクで部分的に顔を隠して出るなどしている方もいるようです。動画を間接的に録画されてしまい、ネット上に流出したりするケースもありますので、よく考えてから副業するかどうかを決めてください。

オンライン水商売といった位置づけですので、視聴者がつけば、かなり高収入となるようで、会話が得意な方や、男性とお話しすることに抵抗がない方は、こういった副業をしてみても良いかもしれません。

ただし、家族にバレると問題になるケースも多々あります。その辺に注意して副業しなければならないお仕事です。

主婦向け副業ランキング第6位:アフィリエイト

主婦向け副業ランキング、第6位は、アフィリエイトです。アフィリエイトとは、自分の運営するブログやホームページなどに、企業の広告を掲載することで、広告収入を得る副業のことです。

アクセス数の多いブログに、さまざまな広告を貼り、ブログやホームページのユーザーが、広告をクリックしたり、あるいは、クリック後にリンク先の商品やサービスを購入することで、広告掲載者に広告が支払われる仕組みとなっています。

アフィリエイトを始めるためには、まず、広告掲載を許可しているサイトでブログを運営しなければなりません。個人でドメインを取得してブログを書く「オウンドメディア」で行うのがベストですが、主婦の場合は、初期投資をかけられないという方も多いので、忍者ブログなど、広告掲載OKの無料ツールを利用してサイト運営を始めてみましょう。

アフィリエイトの種類は、A8ネットや楽天アフィリエイトなど、さまざまな修理があります。広告料については、クリック報酬だと、1クリック0.2円など、かなり低い設定になっています。逆に、成果報酬型と呼ばれる広告スタイルの場合は、広告をクリックしたユーザーが商品やサービスを購入したことで、報酬が発生するため、広告料がかなり高めに設定されています。

商品やサービス価格の20%近い広告料が入る場合もあります。

アフィリエイト広告は、リンクやバナーを作成して、自分のブログやホームページに貼り付け(埋め込み)などを行います。ちょっとしたHTMLの知識があると作業しやすいようです。

アフィリエイトで稼ぐためには、アクセス数の多いジャンルで記事を書くということも重要です。いわゆる、当たる記事を書くことを「バズる」と言いますが、バズる記事を書くためには、SEO対策をしっかりと行うことが重要です。

検索されているキーワードを適度に盛り込むだけでなく、ユーザーにとって、本当に有益な情報をわかりやすく執筆するのがポイント。

主婦向け副業ランキング第5位:覆面調査

主婦向け副業ランキング第5位は、覆面調査。覆面調査とは、お店側に知らせずに、サービスや料理の味などを調査するお仕事です。覆面調査は、決められたフォームにしたがって、調査報告書を提出する必要があります。また、日中が基本ですが、調査先に移動しなければいけませんので、数時間でも家を空けられることが条件です。

覆面調査の案件の中には、調査にかかる食事代などが報酬となっている場合もあり、現金で報酬が支給されないものもあります。日中数時間でも外出可能で、マッサージやエステ、レストランでの食べ歩きなどを楽しめるので、趣味感覚でおでかけしている人もいるようです。

主婦向け副業ランキング第4位:少額投資

主婦向け副業ランキング第4位は、少額投資です。少額投資には、1000円から始められるスマホ投資というキャッチフレーズでお馴染みの「ワンタップバイ」や、1万円前後から始められるロボットアドバイザーによる投資など、主婦のお小遣いの範囲で気軽に始められるローリスクな投資サービスのことです。

AIを使ったロボットアドバイザーによる投資は、マーケットの動向や専門的な知識がなくても、AIが市場の動向をチェックして、あなたの代わりに投資を行ってくれるサービスです。

有名なのは、「ウェルスナビ」ですが、投資額は10万円前後からと、やや高め。ある程度まとまったお金ができたり、余裕がある時に始められる投資と考えてください。

他にも、少額投資の中には、不動産投資やソーシャルレンディング投資など、いくつかのタイプがあります。不動産投資も、1万円前後から始められるものがありますので、分散して投資してみるというのも一つの方法です。1万円前後から始められるものもあるので、不動産投資は、主婦でも始めやすいジャンルの一つ。

主婦向け副業ランキング第3位:ポイント投資

主婦向け副業ランキング第3位は、ポイント投資。ポイント投資とは、現金ではなく、自分が加入しているカード類のサービスポイントを利用して投資に回すサービスのことです。

例えば、楽天カードの利用者につく楽天ポイントや、TSUTAYA会員が使えるTポイントカードなど、サービスを利用することによって生まれるポイントを、株式投資などに回すという新しいスタイルの投資です。

主婦は、現金を動かせないケースが多く、予算がそれほどないという方が多いので、こういったサービスポイントを利用する投資は、比較的ハードルが低く、チャレンジしやすいというのも人気の秘密。ポイント投資で人気が高いのは、収益率が高い「ネオモバイル投資」です。

現金と合わせて運用するタイプもありますが、ポイントのみの投資の場合は、所有しているポイント数によって利益も変わってきます。

主婦向け副業ランキング第2位:ウェブライター

主婦向け副業ランキング第2位は、ウェブライター。ウェブライターとは、インターネット上に配信する記事を執筆するお仕事で、クラウドソーシングサービスなどを介してお仕事を受注します。

自分の得意なジャンルや趣味や特技などを生かして、簡単な記事を書いていくお仕事から、専門性の高い医療や税務などの記事を執筆するお仕事まで、幅広いジャンルがあるのが特徴です。

ウェブライターは、文章を書くことが好きな方であれば、誰でも簡単に始められるお仕事で、クラウドソーシングサービスでも、募集案件が多く、仕事を見つけやすいというのも、メリットです。

ウェブライターは、家から一歩も出ずに仕事ができますし、WIFI環境とパソコンさえあれば、どこでも働けるというのも魅力。子育ての合間や家事の合間に、ささっと執筆して、報酬を受け取ることができます。

コツコツと作業することが好きな方、タイピングスキルがある方、幅広い趣味を持っている方などにおすすめの副業です。

主婦向け副業ランキング第1位:ポイントサイト

主婦向け副業ランキングの第1位は、ポイントサイトです。ポイントサイトとは、ポイントを集めて、現金に換金できるサービスのことで、スマホにアプリをダウンロードして、誰でも気軽に始められます。

ポイントサイト上で、ゲームをやったり、お友達紹介をしたり、あるいは、クレジットカードの登録を行うなど、さまざまな方法でポイントをためることができます。

また、現金に換金できないサイトの場合は、ポイントをそのまま、光熱費の引き落としや、お買い物に利用できるというサービスが付帯しており、間接的に生活費の節約ができるという仕組みになっています。

働く時間を確保できなくても、日々のお買い物をクレジットカードで支払うだけ、あるいは、隙間時間に、ちょっとしたアンケートに答えるだけ、といった気軽さが、主婦の副業として人気のようです。

サラリーマン向けの副業にはどんなものがある?

主婦向けの副業をご紹介しました。続いては、サラリーマン向けの副業ランキングに移ります。

サラリーマン向けの副業には、一体どんなものがあるのでしょうか?まず、サラリーマンのライフスタイルは、平日は、9:00~18:00ぐらいまで、毎日びっしりスケジュールが埋まっている場合がほとんどです。

サラリーマンが副業を始めるとしたら、平日は、退社後の1、2時間。週末に、1日5 、6時間ぐらいを当てるのが関の山。ですので、サラリーマンに向いている副業は、基本的に「単発案件」か、納期が長く「ボリュームの少ない案件」ということになります。

一方で、サラリーマンの場合は、専業主婦に比べて、動かせるお金が大きいという特徴があります。そのため、ハイリスクなFX投資や不動産投資のような個人投資にお金を回して副業で稼ぐという方も多いようです。

また、サラリーマンだと、仕事の専門性を生かして、ブログなどを運営して副業収入を得るということも考えられます。例えば、証券会社に勤務していたら、長期投資や経済指標などのトレンドなどを独自に書いたブログを作成して、アフィリエイト収入で利益を上げるという方法もあるのです。

サラリーマンの場合は、主婦と違って、週末でも家庭を空けて副業に専念することが可能です。ですので、外で行う副業にもチャレンジできるというのが、主婦とサラリーマンの大きな違いです。

サラリーマンは、副業を禁止されている会社もありますので、副業を始める前に、自分の勤め先の就業規則の確認をし、事前に会社の上司にも報告しておく方が無難です。

そして、一番重要なことは、年間所得が20万円を越える場合は、必ず確定申告するということです。副業禁止されていない会社であったとしても、脱税などで税務署からお呼び出しを喰らったら、懲戒免職になるリスクがあります。

サラリーマンに向かない副業とは?

では、サラリーマンに向かない副業とは、どんな副業でしょうか?サラリーマンは、本業に取られる拘束時間が長いため、とにかく、副業に当てられる時間が短いという特徴があります。

そのため、作業時間の長いわりに、低単価の副業は、やるだけ時間の無駄ですし、疲れてしまって、本業にも悪影響が出てしまう可能性があります。

また、拘束時間が長かったり、スケジュールがタイト過ぎる副業もサラリーマンには向いていません。というのも、副業に当てられる時間が短いのに、短納期の仕事を受けてしまったら、締切りに間に合わない時は、徹夜で副業をこなし、そのまま本業の仕事にもでなければならないという状況に陥るからです。

サラリーマンが副業をするなら、とにかく短時間で高単価の案件を中心に検討することが重要です。自分の本業のスケジュールと、副業に当てられる時間数をまずは確認し、本業にも副業にも無理のない範囲で始められる仕事を検討することが、副業で成功するための鍵です。

それでは、早速サラリーマン向け副業ランキングを見ていきましょう!

サラリーマン向け副業ランキング第10位:株式投資

サラリーマン向け副業ランキング第10位は、株式投資。サラリーマンの場合は、主婦と違って、まとまった資金を持っている方も多いので、株式投資にチャレンジしsてみるのもおすすめです。

金融関連の商品は、どの銘柄をどのタイミングで売買するのかが鍵ですが、サラリーマンなら、経済動向をよく知っていたり、自分の所属している業界など、決まった分野の知識が豊富な傾向にあり、うまくいけば順調に利益を出すことも可能です。

もちろん、初心者がゼロから簡単にもうけられるわけではありませんので、投資セミナーで勉強したり、投資系の本を読んで勉強する必要があります。

株式投資は、1企業につき最低投資額が100万円前後からとなっており、かなり大きなお金を動かさなければなりません。資産に余裕があることも条件となっています。

また、ギャンブル性が高いので、負けを取り返そうとハマってしまうリスクもあります。その辺に注意して取り組みましょう。

サラリーマン向け副業ランキング第9位:運転代行

サラリーマン向け副業ランキング、第9位は、運転代行のお仕事です。運転代行は、お酒を飲んだ人が深夜に車を運転できないため、代行を依頼するわけですが、その時に、ドライバーを担当するアルバイトです。

働く時間帯が深夜になるため、本業とは重ならないというのがまず1点。また、運転代行の場合は、車を運転するだけという至って簡単な仕事ですので、運転が好きなサラリーマンであれば、ストレスにもならないというメリットがあります。

金曜日の夜中や土曜日の夜中など、本業の仕事が休みになる時と繁忙期が重なるため、働きやすいというのも、サラリーマンにこの副業が向いている理由です。

運転代行のアルバイトは、通常2名のドライバーが一組になって働きます。一人は社用車(送迎用)、もう一人がお客さんの車を運転するというスタイルです。

時給は1200円前後と、他のバイトに比べてもそれほど悪くなく、短時間でささっと稼げるのも、メリットです。運転免許を持っていて、運転すること自体が好きというサラリーマンの方におすすめの副業です。

サラリーマン向け副業ランキング第8位:FX投資

サラリーマン向け副業ランキング第8位は、FX投資です。FX投資とは、外国為替を売買する取引のことで、外国為替の変動差額によって利益を得ることができます。

株式投資とは、また少し違って、世界情勢や投資している国と関係国の経済動向や政治情勢などによって、通貨が変動するという仕組みになっています。そのため、FX投資は、経済的な要素だけでなく、各国の政治の見通しなどを立てる必要もあり、世界情勢に詳しい人であるということが、大前提となります。

扱う通貨によって、変動する率や変動する時期なども不規則に変わりますので、FX投資は、精神面のコントロールが非常に重要と言われています。深追いしすぎないこと、また、まとまった資金があるということも、FX投資を始める上で重要なポイントです。

株式投資と同じく、FX投資も勉強会やセミナーがあり、投資方法やマーケットの読み方などを研究することが重要です。FX投資で成功して、副業から本業にする方も多く、投資のコツなどをブログにしてアフィリエイトで二重に不労所得を増やしていく強者もいます!

サラリーマン向け副業ランキング第7位:治験バイト

サラリーマン向け副業ランキング第7位は、治験バイトです。治験バイトとは、製薬会社や健康サプリメントなどを扱っている企業や、新薬や新製品を開発した際に、実際に人間製品を摂取してもらい、データを取る目的で行う実験のことです。

治験バイトは、健康な20代から40代ぐらいの方であれば、どなたでも行うことができ、拘束時間も半日ぐらいのものから1泊2日で泊まりがけで行うものなど、内容によってさまざまです。

決められた薬を服用したり、血圧を測ったり、中には採血する場合もありますが、基本的には、寝ているだけとか、座っているだけというケースがほとんどです。

治験バイトは、アレルギーなどがない方であれば、安全面でも特に問題はありません。一応、人体実験ということにはなりますが、実際には、健康被害が出るようなリスクはほとんどないと考えて良さそうです。

アルバイト代は、5000円前後から数万円になるものまで、幅広くあります。週末などに行える治験バイトであれば、サラリーマンでも十分稼ぐことが可能です。

治験バイトの探し方は、ネットで探すのが一般的です。治験を実施している企業が、案件を一覧にしていますので、自分が参加できる日程や開催地の距離などを中心に、案件を探していくと良さそうです。

サラリーマン向け副業ランキング第6位:宿直バイト

サラリーマン向け副業ランキング、第6位は宿直バイト。宿直とは、病院や警備会社など24時間体制で、誰かが泊まっていなければならないような施設で、泊まり勤務をするアルバイトのことです。

条件にもよりますが、宿直バイトは、仮眠OKでめぼしい作業などもないケースがほとんどで、とにかく夜の施設の番をしていれば、給料がもらえるという簡単なアルバイトです。

宿直バイトは、シフト制になっていますので、夕方17:30ぐらいから勤務のケースが多いようです。本業が、そんなに早く終われないお仕事だったりすると、なかなか勤務しづらいようですが、土日専門の案件を見つけられれば、サラリーマンでも十分副業として続けていくことが可能です。

宿直バイトで得られる収入は、1泊1万円前後からで、毎週土日勤務すれば、月8万円ほどは稼ぐことが可能です。体力もあまり必要なく、難しいスキルもありませんので、どなたでも行えると言うのも宿直バイトのメリットと言えるでしょう。

サラリーマン向け副業ランキング第5位:ネットショップ経営

サラリーマン向け副業ランキング第5位は、ネットショップ経営です。ネットショップにも、さまざまな種類がありますが、サラリーマンに向いているのは、ガジェットやパーツ販売など、ちょっとマニアックな商品を売り買いするネットショップ。

特に、海外からもクライアントが来るようなebay(イーベイ)のような大きなマーケットに出店すると、日本でしか買えない無線パーツなど、かなり高額で取引されている商品もあります。

楽器や日本の古道具なども人気があり、コレクターがいるようなアイテムだと、買い手もつきやすいので、商売として成立しやすい傾向にあります。

一般的なネットショップを運営するなら、カート機能やカード決済機能などが揃ったBASEが人気です。ネットショップ運営は、発送日などを固定してしまえば、平日に運営業務で追われる心配もないので、サラリーマンでも続けやすいようです。

また、出店にかかる費用なども、サラリーマンなら準備しやすいので、主婦よりも、ネットショップ運営のハードルが低いと考えられます。

ネットショップ運営で成功させるためには、TwitterやInstagramなどPush型メディアをうまく使ってマーケティングしたり、DMを作成してリピーターを獲得するなど、営業活動のセンスも重要です。

実際に、企業で営業やマーケティングの経験がある方だと、販売戦略を上手に立てられるので、本業の経験を生かせる副業とも言えます。

サラリーマン向け副業ランキング第4位:専門的なウェブライター

サラリーマン向け副業ランキング第4位は、専門的なウェブライター。先ほど、専業主婦向けの副業ランキングでも、第2位にランクインしていたウェブライター業務ですが、サラリーマンの場合は、専門性の高いライティング業務を行うのがおすすめです。

主婦だと、どうしても、趣味や子育てなど、執筆できるジャンルが、平易なものになりますが、サラリーマンの場合は、例えば、ファイナンシャルプランナー資格を持っている方なら、そういった専門的な知識を生かしたライティングが可能です。

SEなどIT系の企業にお勤めのサラリーマンであれば、プログラミングやシステム開発系のライティングなど、自分の経験を生かした専門分野で記事を書くことができるのです。

サラリーマンの場合は、自分が本業でやっている仕事のスキルをそのまま副業に生かすスタイルがおすすめです。

また、専門性の高いライティングだと、主婦向けのウェブライティングと違って文字単価が高いという特徴があります。1文字あたり、2円から5円前後での案件も多く、例えば5000字のコンテンツを書いて、2時間で1万円ほど稼げる方もいるようです。

サラリーマンの場合は、週末かアフター5の平日二時間ぐらいしか、副業に当てられる時間がありませんので、短時間で高収入になる案件でなければ、ライター業務はおすすめしません。

サラリーマン向け副業ランキング第3位:せどり

サラリーマン向け副業ランキング第3位は、せどりです。せどりも、主婦向け副業ランキングに入っていましたが、サラリーマンにも向いている副業です。

せどりは、できるだけ安く商品を仕入れていかにうまく転売するかが重要です。マーケットの動向、売れ筋商品の見極め、そして、ソースを見つけたときに、動かせる手持ちの資金があるかどうか、いろいろな商売の要素が関わってきます。

サラリーマンの方が、使える現金が主婦より多いため、在庫を多少抱えても構わないということもあり、せどりはより向いていると言えます。

最初は、自宅にある読み古したビジネス書や聞かなくなったCD、もう見ないDVDなどを販売することから始めてみるのも良さそうです。

サラリーマン向け副業ランキング第2位:アドセンス

サラリーマン向け副業ランキング第2位は、アドセンスです。アドセンスは、先ほど、主婦向け副業ランキングでもご紹介いたしましたが、GoogleやAmazonが行っている広告収益の一つ。

自分の持っているブログやホームページなどを収益化する方法の一つで、うまく当たれば、不労所得(それほど更新頻度が少なくても、利益が増える)ということが見込まれます。

アドセンスで成功するためには、まずは、AmazonやGoogleの審査に受かるだけのブログやホームーページを構築するということが重要です。アクセス数があること、また、記事数がある程度そろっていること、コンテンツがユーザーに支持されているかどうか?など、チェックポイントは多数あります。

基本的には、読者にとって有益な情報をわかりやすく公開しているということ、また、検索エンジンで上位に表示されやすいように、SEO対策をしっかりと行っていること、などが条件です。

アドセンスは、アフィリエイトに比べて報酬額が平均40円前後ですので、大きくもうけることは難しいかもしれません。ただし、定期的にお小遣い収入が欲しいという方であれば、アドセンスは比較的始めやすいというメリットがあります。

サラリーマン向け副業ランキング第1位:アフィリエイト

サラリーマン向け副業ランキング、第1位は、アフィリエイトです。アフィリエイトも、主婦向け副業ランキングでご紹介しましたが、自分の運営しているブログなどを収益化する方法の一つです。

アフィリエイトで成功するためには、読者がよく集まるカテゴリーで記事を執筆するということがまずは、一つ目の条件となります。ただし、人気のあるジャンルは、競合他社がいますので、なかなかアクセス数を上げられないという可能性もあります。

特に、利用者が多いコンテンツとして人気があるのが、女性の場合は、脱毛や毛穴など、美容系のコンテンツです。男性なら、メンズコスメ、抜け毛対策などのコンテンツも人気のようです。

その他にも、旅行などは定期的に検索するユーザーが多いコンテンツですが、かなりライバルが多いので、旅行関連で検索上位に来るブログを作成するためには、記事数などで勝負する必要があります。

そのためこういったジャンルでブログを運営したい場合は、ライターを雇って外注し、自分はオーナーとして投資するだけというスタイルで運営しているサラリーマンも多いようです。

スマホアプリや動画配信など、PCやガジェット系の情報に詳しいサラリーマンであれば、そういったコンテンツでブログを執筆するというのもおすすめです。

Youtuberになりたい方や、スマホアプリを使いこなしたいというユーザーは非常に多いので、定期的に伸びていく可能性のあるジャンルです。

また、男性向けの婚活アプリや出会い系サイトなどの情報も、検索する人が多いコンテンツのようで、こちらも人気急上昇のジャンルの一つといわれています。

アフィリエイトは、参入している企業の幅も広く、選べるジャンルが広いため、いろいろと迷うようですが、ニッチなマーケットで検索数の多いコンテンツを作れれば、月1000万円以上の利益をあげるという方もいるそうです!

ランキングを参考に自分に合った副業を選ぼう!

主婦やサラリーマン向けの副業を、それぞれランキング形式で10選ずつご紹介いたしました。

今回ご紹介した副業の中には、ざっくりと分けるなら、作業時間が長く低単価の副業と、初期投資額が大きいけど、短時間で高単価の副業という2つのジャンルに分かれています。

前者は、時間はやりくりできるけど、お金をかけられない主婦向け。そして後者は、時間はないけど、ある程度予算を組めるサラリーマン向けの副業ということです。

もちろん、主婦がクラウドソーシングなどで資金を稼いで、投資に回すという形で二重に復業して稼いだりするケースもありますし、サラリーマンでも同様です。

逆にサラリーマンでも、通勤時間などの細切れな時間を利用して、ポイントサイトでちょこっとだけお小遣い稼ぎするという副業もありなのです。

大切なのは、自分のライフスタイルを知って、いかに時間をうまく活用できるかという点です。副業と本業のバランスや就労時間も考えながら、自分の目指す目標額を達成するためには、どんな副業を選ぶのが良いのか、冷静に見極めることが重要。

これから副業を始める方は、主婦なら、初期投資が少なく、取り組みやすいものから始めましょう。サラリーマンは、時間がかからないものが良いですが、初期投資をかけたくないなら、その場限りでやれるような治験モニターなどがおすすめです。

今回ご紹介した副業ランキングを参考に、自分のライフスタイルに合った副業を始めてみませんか?

Pocket

在宅ワークを探すならママワークス
在宅求人を探したくなったらこちら

pagetop