副業専用の口座を開設するなら!おすすめのネット銀行をご紹介します☆ | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

副業専用の口座を開設するなら!おすすめのネット銀行をご紹介します☆

公開日:2019.09.27
最終更新日:2020.01.25
Pocket

副業専用の口座を開設するなら!おすすめのネット銀行をご紹介します☆

副業するなら専用の銀行口座を開設した方がいい?

2018年日本のサラリーマンの平均年収は、414万円となり、前年比マイナス6万円と、また大きく減少しました。

このような厳しい経済状況が続く日本において、先の見えない不安感から副業を始める人の人口は、爆発的に増加しています。

副業収入を得るようになったら、一番きちんとしなければならないのが、お金の管理。副業で得た収入や、副業にかかった支出などは、きちんと、記録して管理しておかないと、年度末の確定申告で非常に困ります。

副業をスタートするときは、それほど大きな利益を上げられるかどうかも分からないので、多くの方が、手持ちの口座を使って売上や経費の入出金を行っていますが、それだと、副業とプライベートのお金の動きを一括して管理できないため、仕分け作業も大変になります。

そこでおすすめしたいのが、副業専用の銀行口座を開設するという方法です。最近では、手数料や安くなったり、ポイント付与などのサービスもあるネット銀行が増えており、副業収入の入出金を管理するなら、断然、別口座を開設するのが便利。

今回は、副業専用の銀行口座の開設を検討されている方が、知っておきたい専用口座のメリットと、副業専用の銀行口座を開設するのに、おすすめのネット銀行を3社ご紹介いたします。

副業専用の銀行口座を持つとこんなメリットがある!

サラリーマンの副業としては、ブログによるアフィリエイト収入などがメジャーですが、専業主婦なら、在宅ワーク、ポイントサイトなどでお小遣い稼ぎをして収入を得る方が多いようです。

このような副業収入が発生したときに、お金を受け取る方法として、もっとも一般的なのが現金報酬ではないでしょうか?

現金でお金を受け取る場合は、必ず振込してもらえる銀行口座が必要となります。その際、個人の給与所得やその他のプライベートなお金の管理をしている口座と、副業用の口座を分ける方がよいのです。

以下に、副業用の銀行口座を開設することのメリットを2点ご紹介してみます。

 

<副業収入の入出金記録を正確に記録できる>

プライベートで使用している銀行口座は、光熱費の引き落としやクレジットカードの引き落とし、そして、各種保険料など様々な支払等を行っています。

そのため、副業収入の口座と一緒にしてしまうと、入出金の回数が多すぎて、どれが、副業に関連するお金の動きなのかが、見えづらいというデメリットがあるのです。

もし、副業口座を分けて持つことができれば、その口座にまつわる入出金は、すべて副業関連のお金になります。口座を分けることで、正確に入出金記録ができるというメリットがあります。

 

<確定申告の仕分けがわかりやすくてとても便利>

年収2000万円以下で給与所得がある方の場合は、年間20万円以上の副業所得があると、確定申告を行う必要が出てきます。あるいは、扶養されている専業主婦の場合でも、年間48万円以上の副業収入があった場合は、同じく確定申告を行わなければなりません。

確定申告手続きでは、1年間の収支報告をまとめた資料を税務署に提出する義務があり、その際の提出書類の一つに、副業収入の入出金記録を記載した銀行の通帳なども含まれています。ここで、プライベートの口座と、副業専用の口座を分けていなかった場合は、すべての口座の入出金記録から、副業関連のお金の出入りを転記して報告しなければならないため、膨大な時間がかかります。過去の記帳記録にさかのぼって確認する作業は、会計上のミスも起こしやすく、大変リスキー。作業効率をよくするためにも、副業専用の口座を持つことは大きなメリットがあると考えます。

もちろん、副業収入が極端に少ないケースでは、確定申告の必要はありませんが、後々、副業ビジネスが機動に乗り、順調に利益が上がるようになったら、結局は、確定申告をする必要が出てくるのです。

収入金額の多い、少ないに関わらず、副業収入専用の口座を持っておけば、確定申告が必要になったときも、手続きがスムーズなので、おすすめです。

 

副業専用の銀行口座はネット銀行がおすすめ

 

地方銀行や、メガバンクなど、さまざまな形態の銀行がありますが、副業専用の口座を作るなら、ネット銀行を利用するのがおすすめです。

ネット銀行を利用するメリットが、いくつかありますので、以下に詳しくご紹介いたします。

<ネット銀行なら24時間いつでも使えて便利>

まず、ネット銀行で副業専用の口座を開設するメリットとして考えられるのが、24時間営業という利便性です。

ネット銀行なら、パソコンやスマホ端末から自分の口座にアクセスして、振込作業、残高紹介など、一通りの作業を行うことが可能です。

平日フルに働いているサラリーマンの場合は、銀行に直接行く時間もありません。ネット銀行なら24時間、365日、いつでも必要な取引を行えますので、副業サラリーマンにもぴったりです。

副業でお仕事をする場合は、アフター5や土日祝日を利用している方が多いので、通常の銀行が営業していない時間帯に、業務に従事することとなります。

フレキシブルな対応ができるネット銀行は、副業収益の管理にぴったりだということが分かります。

<副業利用なら銀行振込手数料が優遇されるサービスも!>

ネット銀行は、各種ポイントサイトやクラウドソーシングサービスなどと提携しており、中には、振込手数料を無料にしていたり、割引価格で利用できるようなサービスを展開しています。
【ポイントサイト】

主婦のお小遣い稼ぎで、かなり人気が高い「ポイントサイト」。ポイントサイトで稼いだ現金を振り込むなら、振込手数料がお得なのは、楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行がおすすめ。

提携以外の銀行だと、手数料が、100円から数百円かかる場合もあり、せっかく貯めたポイントが減ってしまうので、非常にもったいないです。

【クラウドソーシング】

在宅ワークも、主婦やサラリーマンに人気の副業の一つで、特にクラウドソーシングサービスを利用して仕事案件を探す方法がメジャーです。

クラウドソーシング経由で、クライアントから報酬を受け取る場合は、一旦クラウドソーシングサイト上にプールされたお金を自分の口座に振込する必要があります。

大手クラウドソーシングサイトでは、楽天銀行と提携しており、他行宛の入金なら、手数料が500円ほどかかるのに対し、楽天銀行なら振込手数料が100円になるというサービスを展開しています。

売上金から、振込手数料が500円も引かれてしまったら、単価の低い案件だった場合は、手取りがぐんと減ってしまいます。1回あたり400円でも、年間にすれば5000円近い金額になりますので、節約するためには、楽天銀行の口座を持つことをおすすめします。

 

 

<ネット銀行の口座なら手数料が安くて金利が高い!>

ネット銀行で副業口座を開設するメリットとしては、ネット銀行の方が各種手数料が安く、金利が高いという点も見逃せません。

例えば、振込手数料が、月5回までは無料だったり、ATMの入出金手数料が無料だったり、ネット銀行なら、手数料をかけずに、お金を動かせるというメリットがあります。

また、ポイント制度を導入しているネット銀行も多いため、預金額に応じてポイントが貯まれば、貯まったポイントでお買い物ができたりするサービスなども付与されています。

唯一ネット銀行口座を開設するデメリットを上げるとすれば、通帳がないということです。通帳でのお金の管理に慣れていた方にとっては、ここが、ネックかもしれません。

ネット銀行では、通帳がない代わりに、取引内容を「電子レポート」という形で発行しています。また、過去の取引についても、口座上で管理できるシステムになっており、過去6ヶ月間の取引など、自分の調べたい口座情報を期間ごとに引き出すことも可能です。

副業専用の口座を開設するのにぴったりのネット銀行3社

現在日本でインターネット専業の銀行として運営されているのは8社あり、それぞれの銀行ごとに、違ったサービスを展開しています。

ネット銀行のタイプによっても、優遇されるサービスが違ってきますので、自分に合った銀行で副業用の口座を開設してみましょう。

<楽天銀行>

ネット銀行の中で、知名度、利用者数ともにNo.1と言われているのが「楽天銀行」。旧イーバンク銀行の名前で2001年に設立され、約20年近い経営実績があるネット銀行の老舗です。

楽天銀行は、国内最大級のショッピングモール「楽天市場」など、様々な楽天グループの事業と提携しており、口座で獲得した楽天スーパーポイントをお買い物に利用することも可能です。

また、開設した口座と楽天IDを紐付けすることで、手数料無料の特典などもあり、楽天をよく利用するユーザーに、必ず一つは持っていただきたいおすすめの口座です。

楽天銀行のメリットは、大手クラウドソーシングサイトや提携しているポイントサイトなどが多く、振込手数料を安く抑えられるという点です。副業を始めるなら、まずは、楽天銀行に専用口座を持つことから始めてみてはいかがでしょうか?

楽天銀行のメリットは他にも、月最大7回ま、ATM手数料が無料になったり、月最大3回まで他行宛の振込手数料無料(になるサービスなどがあります。)

SBI証券と連携しているので、投資による資産運用をしたい方にも人気があります。

楽天銀行のデメリットを挙げるとすれば、定期預金の金利が低い
ということです。

<ジャパンネット銀行>

副業専用の口座開設におすすめのネット銀行、2つめは、ジャパンネット銀行です。楽天銀行より一年早い2000年に日本初のネット銀行として誕生しました。

セキュリティが非常に固く、「ビジネスアカウント」の名称で法人や個人事業主が口座開設しやすいサービスを展開しています。

例えば、個人事業の屋号を名義にした口座の開設などもできるため、フリーランスや自営業の方にも人気があります。

ジャパンネット銀行の魅力は、取引額が3万円以上であれば、ATM手数料がいつでも無料というところです。このサービスは他のネット銀行にはないユニークなサービス。振込手数料は、1回50円となっています。普通預金、定期預金ともに、金利はいまいちです。

<住信SBIネット銀行>

副業口座の開設におすすめのネット銀行、最後にご紹介するのは「住信SBIネット銀行」です。「住信SBIネット銀行」は、2007年に設立されたネット銀行で、開業からまだ10年ほどとそれほど歴史は長くありません。

「住信SBIネット銀行」では、ATM手数料は月2回まで無料、また振込手数料も月1回までは無料となっています。振込手数料については、月15回まで無料というサービスを手がけていますので、振込を多く行う方なら、「住信SBIネット銀行」がベストです。

また、ATMの手数料についても、預金残高によっては月15回まで無料となるサービスを展開しています。取引の際には、ポイントが付与されますので、ポイントを貯めてマイルに交換したり、現金で受け取ることも可能です。

SBI証券と連動させて「ハイブリッド預金」をつくると、普通預金金利が10倍になるお得なサービスも展開しています。資産運用に興味のある方に、メリットが多い銀行です。

この他、外貨預金、住宅ローンなどのメニューも豊富にありますので、マルチに利用できるネット銀行と言えるでしょう。

副業するなら専用の銀行口座を開設しよう!

副業を始めたい方に、専用の銀行口座を持つメリットをご紹介してきました。

専用の銀行口座があれば、確定申告の手続きはもちろん、振込手数料が無料になるといったさまざまなメリットがあり、大変お得です。

今まで、個人口座で対応していた方は、これを機会に、ぜひ、副業専用口座を開設してみてください。

Pocket

在宅ワークを探すならママワークス
在宅求人を探したくなったらこちら
フリーワード検索

pagetop