子供をスマホトラブルから守るために親ができること | ~ママのライフスタイル向上委員会~|在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

子供をスマホトラブルから守るために親ができること

2017.09.07
Pocket

お子さんをお持ちの方なら誰でも考える※スマートフォン問題。(※以後スマホ)
「いつから持たせるべき?」「そろそろスマホを持たせたいけど、トラブルなくちゃんと使えるかしら?」
…などなど、子供にスマホやタブレットなどを持たせることに不安がある、という方も多いのではないでしょうか?
スマホを初めて持つ年齢は年々低年齢化していて、最近では、小学校中高学年で持ちはじめるお子さんも少なくないようです。
正しい使い方をすれば、とても便利なスマホですが、使い方を間違えると、いじめや犯罪にまで巻き込まれてしまう可能性もあります。
子供が様々なスマホトラブルに遭わないためには、事前の対策が必要です。

子供にスマホを持たせる前に家族で使用目的や使い方について話し合う

我が家では、中学生になった時点で子供にスマホを持たせました。
その主な目的は、電車通学であること、部活で夜帰宅が遅くなる場合や遠征時の帰宅時間などの連絡手段として。
これらを踏まえ、子供に渡す前に、なぜ自分専用のスマホを持つのか、これからスマホの利用する上で注意すべきことなど、家族でじっくり時間をかけて話し合い、いくつかルールを設けました。

節度を持った使い方を心がける

主にこれらのルールを作り実際に運用しています。

・スマホはリビングのみで使用。
・使用時間は午後9時まで。就寝前にリビングに置いてから寝る。
・スマホにかけるパスワードを親と共有し無断で変更ない。
・友達や知人を非難・中傷するようなメッセージは送らない。送られてもそれに乗らない。
・SNSに個人名や学校名などが特定できる投稿をしない。
・不安に思ったことは自分で判断しないで親に相談。

少し厳しいようなルールにもとれますが、最初が肝心。親の目があるということは、それが子供の安心につながる事もあると思います。
特に年齢が低いうちは、最初は自分一人では判断がつかないことも多々あるので、ご家庭に合ったスマホの使い方を話し合い、ルールを作って徐々に年齢や学年に合わせたルールに変更していくのもよいでしょう。

webの閲覧やアプリのDLなどにフィルタリングを設定する

スマホには、携帯会社が提供しているフィルタリングサービスや、機種ごとに設定できるフィルタリング機能があるのをご存知ですか?具体的には、webアクセスの制限、アプリや課金などの利用制限などがあります。子供にふさわしくないページにアクセスしていた、知らぬ間にアプリをダウンロードしており、把握していない額の請求書が届いたなど、未然に防ぐためにフィルタリング機能をぜひ利用しましょう。フィルタリングについては「設定できること自体知らなかった」という親御さんもいらっしゃるようですが、これを機に親である私達も正しい知識をつけて、積極的に設定することをお勧めします。

子供とスマホのルールを作ったり、スマホにフィルタリングを設定すればそれでもう安心。ということではなく、子供の様子や顔色を見て、何かおかしいなと思ったら「最近何かあったの?」など声をかけてみるのも大切な事ですね。また、子供にばかりルールを押し付けるのではなく、親も食事中にスマホをいじらないなど、見本となる行動をして、親子で安全・快適にスマホを利用しましょう。総務省のHPには、より具体的な内容が掲載されていますので、こちらもぜひご参考にしてください。

▼総務省「インターネットトラブル事例集」

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/jireishu.html

———————-
<プロフィール>
中学生男子1児の母。千葉県在住。夫はサラリーマン。
前職はメーカーなどでマーケティング、プロモーション部門の仕事に従事。
2011年からフリーランス・在宅ワークに転向。
webマーケティング、webディレクション、webライティングなどを手がける。
———————-
【ライター:atelier_rainbow】
Pocket

pagetop