システムエンジニアってどんな仕事?仕事内容や必要なスキルを詳しくご紹介! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

システムエンジニアってどんな仕事?仕事内容や必要なスキルを詳しくご紹介!

公開日: 2020.09.28
最終更新日: 2020.09.28

システムエンジニアってどんな仕事?仕事内容や必要なスキルを詳しくご紹介!

システムエンジニアIT業界に詳しくない人でも一度は耳にしたことがある職種でしょう。黙々とパソコンに向かっているイメージを持っている人も多いかもしれません。実際にはシステムエンジニアはどんな仕事をしているのでしょうか。システムエンジニアの置かれる立場や年収、システムエンジニアを目指すにはどうすればいいかなど、詳しく見ていきましょう。

システムエンジニアとは

システムエンジニア(SE)は、クライアントからの要望のヒアリングをし、その要望に応えるためのシステムの設計、さらには動作のテストなどを手掛ける職種です。システム開発において実際にプログラムを組むプログラマーよりもさらに上流工程を担当するリーダー的役割を担っています。プログラミング業務については、自分で担当することも他のプログラマーに依頼することもあります。さらには、プロジェクトの予算や進捗管理などのマネジメント業務を担う、プロジェクトリーダーを担当することもあり、幅広い知識とスキルが必要な仕事と言えます。一般的には、プログラマーとしてキャリアをスタートさせ、経験を積んでシステムエンジニアとなる方が多いでしょう。

 

システムエンジニアの仕事内容

1:クライアントからの要望をヒアリング
クライアントが困っていることやそのシステムを使って叶えたいことを聞き取ります。すべての要望に応えることは難しいことが多いので、必要な予算や期間を算出し、クライアントと交渉しながら、どのようなシステムを開発するのか決定します。

 

2:開発するシステムの基本設計を行う
まずは、どのような機能をもつシステムにするのか、表示方法や操作方法など大まかな設計をしたのち、実際にその機能を実現するにはどのような技術や仕組みが必要なのかを検討します。その後、プログラマーが実際にプログラミングをする際に必要となる、細かな設計も立案していきます。

 

3:必要な人員や予算を決定し、進捗管理を行う
会社の規模や開発の規模によっては、SE自身がプログラミングの業務に入ることもありますが、他メンバーの決定や予算の算出、さらにはプロジェクトが納期までに完了するよう進捗管理も行います。

 

4:開発後のテストやトレーニング
プログラミングが完了し、システムが完成したら、動作に不具合がないか・設計通りに動くかなどのテストを行います。また実際にシステムを運用するクライアント向けに、トレーニングを行うこともあります。

システムエンジニアの年収はどのくらい?

システムエンジニアだけではなく、IT業界全般に言えることですが、この業界は年功よりも実力が重視されるため、スキルや経験によって年収にもかなり幅があるといえます。さらに、企業間の差も大きく、大企業からの下請けや孫請けをする中小企業ですと激務薄給というケースも多くあるようです。

 

厚生労働省が発表している平成29度の「賃金構造基本統計調査」によると、SEの平均年収は550.8万円となっています。全業種で見た時の平均年収が454.5万円ですので、SEは比較的年収の高い業種だと言えるでしょう。平均年収を年代別に見てみると、SEとして働きだしたばかりの20代前半では314万円、働き盛りの30代後半で490万円、最大年収を迎えるのは50代前半で660万円となるというデータがあります。また、企業の規模別にみると、大企業では638万円、中企業では528万円、小企業では479万円というデータもあり、多重下請け構造の結果、下流の中小企業では、なかなか年収が上がらないということも多いようです。
参考サイト:https://heikinnenshu.jp/it/se.html

システムエンジニアを目指すにはどうすればいいのか

SEを目指すには、資格が必要ということはないですし、学歴もあまり重視されません。実力主義の世界ですので、専門的な知識とプログラミングスキルが重要です。

 

プログラミングは独学で学ぶこともできますが、参考書の中での勉強だけでは、実際の開発場面で応用できる知識をつけることまでは難しいかもしれません。一から勉強したいという人には、専門のスクールに通うのが近道と言えるでしょう。もちろんそれだけのお金はかかりますが、独学で長く勉強するよりも、短期間で実践的なスキルを身に着けられるほうが効率的ですし、その先に待っている就職活動の際にも有利になります。最近では、Web専門のスクールも登場しているので、今の仕事を続けながら勉強したり、育児や家事の合間にスキルアップしたりすることもできますね。

 

これまでのプログラマーとして働いてきたけどシステムエンジニアにスキルアップしたいという方は、プログラミング以外でシステムエンジニアに必要なスキルを習得する必要があります。例えば、システムエンジニアには、相手の要望を正確にヒアリングしたり、専門的な話をわかりやすく説明したりするコミュニケーション能力が必要です。また、プロジェクトが円滑に進むようにマネジメントする能力も大事になってきます。システム開発はチームメンバーの協力なしでは成り立たない仕事ですので、実際にプログラムを構築するプログラマーなど社内のスタッフとクライアントのパイプ役や潤滑油の役割をする必要も出てくるでしょう。

 

いずれにしてもしっかりとした知識とスキルを身につけ、経験を積めば、手に職をつけられます。IT業界は常に人材不足の状態ですので、今後ますます優秀な人材を囲うべく、昇給や転職の良いチャンスが回ってくるでしょう。

システムエンジニアの仕事内容まとめ

IT業界にはなくてはならない存在のシステムエンジニアについて見てきました。平均年収は他業種に比べて高めですが、その分幅広い知識やスキルが問われ苦労も多い職種です。しかし、プログラミングの知識を生かし、クライアントの力になりたい!そんな思いを持っている方にはぜひおすすめしたい仕事です。IT業界は、しっかりとしたスキルを持っていれば、男性と女性の差があまりない世界でもあります。パソコンとネットワークさえあれば、フリーランスや在宅ワークで仕事ができるという点でも、女性にも向いている職種です。興味を持った方は、ぜひ勉強を始めてみてはいかがでしょうか。