人気2大ソフト、イラストレーター・フォトショップの違いと安く手に入れる方法 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

人気2大ソフト、イラストレーター・フォトショップの違いと安く手に入れる方法

公開日: 2020.10.05
最終更新日: 2020.10.05

人気2大ソフト、イラストレーター・フォトショップの違いと安く手に入れる方法

イラストレーター(Illustrator)とフォトショップ(Photoshop)、この2つのソフトウェアの名前を聞いたことがあるという方は多いでしょう。
なぜなら、この2つは、イラストを描いたり、画像を編集したりするのに欠かせないソフトウェアだからです。
Webサイト制作会社やチラシやパンフレットを制作するデザイン会社だけでなく、一般企業においても使用している率が高いです。
そのため、求人情報見てみると、IllustratorやPhotoshopが使えることが条件だったり、優遇すると書かれていたりするのです。
掲載した求人は実際のものですが、デザイナーの求める人材には、IllustratorやPhotoshopを所使用できる方と書かれていますし、資料作成といった営業事務的なお仕事でも、求める人材としてIllustratorやPhotoshopを使用できる方は大歓迎とあります。
そこで今回は、この2つのソフトウェアについて、それぞれ何ができるのか、その違いや、安く手に入れる方法をご紹介していきたいと思います。

 

※ママワークス

 

※ママワークス

Illustratorで何ができるの?

Illustratorは、かっこいいロゴやイラストを作成することができるソフトです。
名刺やチラシなどだけではなく、日頃何気なく目にしているポスターや商品のパッケージなどのデザインは、ほぼ、このIllustratorで作成されていると言っても過言ではないかもしれません。

 

※出典:Adobe Illustrator

 

文字の変形させロゴにしたり、オリジナルのイラストを作ったりは、描画ツールを使うことで可能になります。
おもに下記のようなツールを使って、頭の中にあるイメージをイラストとして生み出すことができるのです。
—————————————————————————————————-
・鉛筆ツール・・・フリーハンドで絵を描くことができます。
・ブラシツール・・・鉛筆ツール同様、フリーハンドで絵を描くことができるうえ、ブラシの太さなどを選択できるので、カリグラフィなど、よりグラフィカルなパターンを描くときに使います。
・ペンツール・・・パスをつくっていき編集することにより、鉛筆ツールより正確なイラストが作成できます。幾何学模様などを描くときにおすすめです。
—————————————————————————————————-

 

Illustratorでは、複雑で美しいグラデーションをつけることで、実際のモデルや頭の中にあるデザインを忠実に表現することも可能です。
3色以上使用したグラデーションや変則的なパターンなど、本来は自分の手で絵の具や色鉛筆を使って表現していたようなことまで、このIllustratorでできるようになりました。

 

※出典:Adobe Illustrator

 

Illustratorの特徴・メリット

Illustratorの特徴は、作ったイラストが非常に滑らかで拡大しても自然なイラストに仕上がることです。
実は、グラフィックには2つの種類があり、一般的によく見られる写真などはラスターグラフィックやビットマップと呼ばれ、細かい点の集まりで表現されています。
普通に見ると細かい背景などもきれいなグラフィックになっているのですが、あくまで点の集まりで表現しているので、拡大するとギザギザに見えてしまうというデメリットがあるのです。
いっぽうでこのIllustratorは、ベクター形式で表現されているので、拡大しても細かいところまでくっきり滑らかに表現されます。
そのため、ロゴや複雑ではないイラスト、地図といった図形的なグラフィックにむいているのです。

 

※出典:Adobe Illustrator

Photoshopで何ができるの?

Photoshopは、おもに、写真の加工に使われます。
写真の明るさを変えたり、色味を変えたり、いらないものを写真から消すなんてことも可能です。
さまざまなエフェクトをかけることもできるので、食べ物の写真から湯気をたたせて、より美味しそうに見せたり、リゾート地の写真に太陽の光を加えたりするなどして、より魅力的な画像へと生まれ変わらせることができるのです。
また、ブラシなどでイラストを描くことも可能です。
そのため、パンフレットや商品パッケージなどのデザインには欠かせないソフトウェアで、使いこなせればさまざまな業界で役立つことができます。

 

ちなみに一般的によく使われる主な機能は以下の通りです。

 

・トーンカーブ・・・明るさやコントラストの調整
・レイヤー・・・写真にエフェクトなどの加工をするときに、元の画像をいじらずに編集できる機能
・ペンツール・・・きれいに切り抜きができる
・レタッチ・・・イラスト風にしたり、雪を降らせたりしてさまざまな効果を加えることができる
・エフェクト・・・背景をぼやかして一眼レフで撮ったような写真にしたり、写真を水彩画のようにしたり、モノクロ写真のあるパーツだけを鮮やかな赤にしたり、不要なものを削除したり、ビンテージ風の風合いにしたりするなど、さまざまな加工ができる
・合成・・・複数の写真やパーツを組み合わせて空想の世界のようなグラフィックを作成できる

 

※出典:Adobe Photoshop

Photoshopの特徴・メリット

Photoshopはさきほど説明したIllustratorとは異なり、ラスターグラフィック(ビットマップ)での表現となります。
そのため、拡大してしまうと曲線などはギザギザとしてしまい滑らかさにかけますが、水彩画や写真などの複雑なグラフィックを、色の濃淡を使って忠実に表現することができます。
ちなみに解像度を高くすればデータは重くなりますが、目の粗さは防ぐことはできます。

 

※出典:Adobe Photoshop

IllustratorとPhotoshopの違い

IllustratorとPhotoshopは、どちらが、どれほど優れているといったものではありません。
それぞれ得意な分野が異なるので、作りたいものによってソフトウェアを変える、つまり使い分けをするということが正解と言えます。
おおまかに言うと、ポスターやチラシなど全体を作ったり配置するのはIllustrator、その中にのせるパーツを作るのはPhotoshopといった使い方が一般的です。

 

しかし実は、この2つのソフトウェアは、アップグレードの度にそれぞれのソフトウェアの得意分野に近い機能が増えたり改善がなされつつあるのです。
たとえば、曲線を描く場合、Illustratorの「ベジェ曲線」を使わないとスムーズに書けないという悩みが以前はありましたが、現在はPhotoshopでもペンツールを使って、ベジェ曲線に近い操作感覚で曲線を描くことができるようになったのです。

 

※出典:Adobe photoshop

 

逆に、Illustratorでも先ほど紹介したような複雑で美しいグラデーションを表現できるようになるなど、これまでPhotoshopに頼っていた部分をIllustratorだけで行えるようになってきました。
2つのソフトウェアはそれぞれ近づいていると言ってもいいでしょう。
具体的には、Photoshopだけで下の絵のようなチラシを作成することも可能です。

 

※出典:Adobe Photoshop

 

すると、「どちらかだけで十分!」と思う方も出てくるでしょう。
もし予算が厳しいのであれば、確かに片方だけという選択肢が出てくるかもしれません。
しかし、イラストレーターやグラフィックデザイナーなど、クリエイティブな仕事を目指すのであれば、求められたイメージにより近づけるために、緻密な作業が必要となるため、やはりどちらも必要と言えます。
たとえば、先ほどのチラシに、おすしやお魚のイラストを加えたりするとなると、やはり精度や制作時間の関係でIllustratorが必要となってきます。
個人の趣味の範囲であれば片方だけで十分ですが、やはりお仕事での使用となると、両方必要だと言えるのではないでしょうか。

IllustratorやPhotoshopができるとどんなメリットがあるの?

IllustratorやPhotoshopを使用できると、どのようなメリットがあるのでしょうか。
それは、仕事の可能性が広がる、就職に有利になるということでしょう。
IllustratorやPhotoshopを使いこなせるとできる仕事には以下のようなものがあります。
・DTPデザイナー
・イラストレーター
・グラフィックデザイナー
・Webデザイナー
・キャラクターデザイナー
・営業事務(プレゼン資料などの制作)
最初の5つに挙げたようなクリエイティブ職でなくても、業務の一環として写真やイラスト、資料を扱うことは、どんな部署でもあり得ることです。
実際に冒頭でご覧頂いた資料作成を含む事務に対する求人にもIllustratorやPhotoshopが書かれていたことからも、役に立てる機会があることがお分かりいただけるのではないでしょうか。
実際に求人を見ても、IllustratorやPhotoshopを求められるような仕事はやや高度になることから、時給も高めの傾向にあります。
もちろん、これらのソフトウェアを使えれば副業としても役立ちますよ。

 

 

IllustratorとPhotoshopを安く手に入れる方法

IllustratorとPhotoshopはどのように手に入れることができるのでしょうか。
この2つのソフトウェアはAdobeのWebサイトや大手ショッピングサイトで購入することができます。
以前は、パッケージを購入するという形が一般的でしたが、現在はサブスクリプション制に変わりました。
サブスクリプションとは、月額利用料または年間利用料を定額で支払うことにより使用権を得るものです。
以下のような契約の仕方があります。
———————————————————–
・年間プラン一括払い契約
・年間プラン月々払い契約
・月々プラン月々払い契約
————————————————————

最初のプラン、年間プランで一括払いするのが、もっともおトクに利用することができます。
ただし、一括払いということで金額が高額になるので、支払いが難しいという方は、2番目の年間プラン月々払い契約がおすすめです。
また、あるプロジェクトを行うのに、一時的にソフトウェアが必要だというケースは、3番目の月々プラン月々払い契約が最適です。
さらに、この3番目のプランがあるおかげで、ちょっとだけ使ってみたいという方も気軽に始めることができるようになりました。
就職するのに有利になるよう、資格取得ができるまで使ってみても良いのではないでしょうか。

 

なお、サブスクリプションの料金を表にまとめてみました。

 

 

月々払いよりは一括払いが安く手に入れることができますが、さらに学生プランだと大幅に安くなるのです。
たとえば、一般の方がIllustratorやPhotoshopを使いたい場合、月額だと3,480円ですが、年間プランの一括払いだと2,180円と1,000円以上も割引になります。
IllustratorとPhotoshop両方使う場合だと、年間プランの一括払いで4,360円と特に割引はありませんが、1,000円弱プラスした5,480円支払えば、Adobeの代表的なソフト20種類を使えるコンプリートプランが利用できるのです。
Adobeのソフトウェアには、たとえば、DTPデザインに欠かせないInDesignや映像編集に使用できるAfter Effectsなどといったものがあります。
ほかにも魅力的なものが沢山あるので、これはかなりおトクなプランと言えそうです。

 

ちなみに学生や教職員の場合は、この夢のようなコンプリートプランが、なんと月額1,980円で使えるのです。(ただし2年目からは2,980円)
つまり学生さんは、学生のうちに購入することがおすすめというわけです。
「学生はずるい!社会人は高すぎる!」と残念がる方も多いとおもいますが、もともと単体でも10万円以上したソフトウェアなので、それがこの月額利用料で使用できるのはそれだけでもおトクと言えます。

 

○サブスクリプション型のソフトウェアについてもっと詳しく!
サブスクリプション型のソフトウェアには手軽な料金で始められるといった特徴の他にも大きなメリットがあります。
以前は、どんどん機能がアップグレードされていき、自分の持っているソフトウェアが古いものとなっていくという状況がありました。
しかし、このサブスクリプション型の場合、自分のパソコンにソフトウェアをインストールするものではなく、クラウド上のソフトウェアを使う形であり、そのソフトウェアは随時最新版に更新されていくので、常に最新の機能を使えるというわけです。
また、自宅ではパソコン、出先ではタブレットで使用など、デバイスを変えての利用も2台までは可能になったのです。しかも、Windows、Mac両方使えるのもポイントです。
1台に1ソフトウェアという形だった以前と比べると画期的で、使い勝手が良いものになったという印象ですね。

 

IllustratorとPhotoshopはセールでさらに安くなる!

知らない方も多いですが、実はこのIllustratorやPhotoshopなどAdobeのソフトウェアにはセールで安くなる時期があるのです。
もちろんセールだからといって、機能が削られたりすることはありませんので、安心して使用いただけますよ。
年に、6,7回実施されるのでぜひ活用したいところです。
ただし、セールの時期は不確定であり、毎年時期が変わります。
4日間だったり1週間だったりと期間自体も変わるので、頻繁に情報をチェックする必要があります。
たとえば、一般の方がIllustratorを年間プラン一括払いで契約する場合は、26,160円で1ヶ月当たり2,180円でしたが、セール期間だと23%OFFの20,160円、月額1,680円で利用可能なのです。
年間6,000円の差は大きいですよね。
これが、コンプリートプランの場合はさらにお買い得感があります。
一般の方がコンプリートプランを年間プラン一括払いで契約する場合、65,750円でしたが、なんと約27%OFFの47,760円となるのです。その差、なんと18,000円です。
かなり大きいと言えるのではないでしょうか。
基本的には、Adobe公式サイトやamazon、yahooショッピングなどで購入できますので、興味がある方はぜひチェックしてくださいね。

 

※出典:amazon

まとめ

今回は、Illustrator、Photoshopの特徴や違いを中心に説明してきました。
似たようなソフトウェアだと思われがちですが、本当にイメージ通りの作品を手早く作成するには、作成するものに応じて使い分けするのが正解だということもお分かりいただけたのではないでしょうか。
それぞれのソフトウェアを利用するのにおトクなプラン、安く手に入れる方法についても、ご理解いただけたと思います。
ぜひ皆さんもセールの時期を狙って、就職のため、スキルアップのためにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。