バレない副業ランキングトップ10+番外編!サラリーマンにおすすめ!会社にバレる理由も解説 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

バレない副業ランキングトップ10+番外編!サラリーマンにおすすめ!会社にバレる理由も解説

公開日: 2020.11.03
最終更新日: 2021.10.15

バレない副業ランキングトップ10+番外編!サラリーマンにおすすめ!会社にバレる理由も解説

「月々のお給料だけでは、日々の生活でいっぱいいっぱいでなかなか貯金ができない…」そんな悩みを抱えている方も多いと思います。コロナ禍で会社の業績が悪化し、月収が下がったり、ボーナスカットで年収が下がった方もいるでしょう。収入をもう少し増やしたいと考えた時、本職の給料を月数万円アップさせるのはかなり難しいと思いますが、副業であれば比較的簡単に収入を増やすことができます。

 

働き方改革の一環で、副業・兼業を認めている企業も増えてきた昨今ですが、2018年にリクルートキャリアが行った「兼業・副業に対する企業の意識調査」によると、兼業・副業を容認・推進している企業は28.8%、禁止している企業は71.2%と、圧倒的に禁止している企業が多いようです。会社員でも会社にバレずにできる副業はどんなものがあるのでしょうか。人気の副業をランキングでご紹介していきます。

会社にバレない副業ランキング!1位は…

1位:懸賞・アンケートモニター
スマホさえあれば簡単にできる「懸賞・アンケートモニター」の仕事。隙間時間でできるので、最も気軽な副業と言えるでしょう。簡単な分、大きな収入につながることはないですが、「何もやらないよりはマシ」「少しでもお小遣いを稼ぎたい」そんな方が、通勤時間や隙間時間を使ってすることが多いようです。サイトによってはポイント制など現金が手に入るわけではないものもあるので、内容をよくチェックしましょう。また、アンケートモニターには、実際に商品を試してみてアンケートに答えるものや、座談会に参加してインタビューやアンケートに答えるものもあります。その場合は、報酬も高めに設定されていることが多いので、条件が合えば試してみるのもおすすめです。

 

2位:覆面調査員・ミステリーショッパー・商品モニター
通常のお客さんを装って、レストランやエステ、服飾店などのサービスを利用し、チェック項目に従って店員や店舗運営の状況などを審査するものです。報酬は、現金でもらえるパターンや、サービスで利用した金額をキャッシュバックするパターンがあります。現金でもらえる場合でも交通費や商品購入代・飲食代など含まれていることも多いようです。実際に手元に残るお金はほとんどない場合も多いので、お得にサービスが利用できるものと考えたほうが良いでしょう。また報酬はもらえませんが、自宅で新商品などを試してアンケートに答える、商品モニターを紹介するサイトもたくさんありますので、気になる方は探してみてくださいね。

 

3位:データ入力
クラウドソーシングでの仕事発注が活発になる中、需要が増えている副業です。リソースが足りない企業がデータ入力を代わりにしてくれる人材を募集しています。またインタビューや講演などの音声データから文字を起こす、テープ起こしなどの仕事もあります。パソコンの基本操作ができれば、誰でもできる作業がほとんどなので、単価は低めに設定されていることが多いです。タイピングの速度が速ければ、その分稼げるので、タイピングの練習をするものおすすめですよ。自分で仕事量がコントロールできるので、単価は低くても自分のペースで稼ぎたい分だけ稼げるというメリットがあります。コツコツ地道な作業が好きな人にはうってつけの副業でしょう。

 

4位:Webライティング
3位同様、クラウドソーシングでの仕事発注がメインで、Web上に掲載する記事などのライター募集は多く見られます。自社メディアやホームページに掲載するコラムやまとめサイトに掲載する記事、ECサイトに掲載する商品の説明文など、幅広いジャンルの仕事があります。パソコンがあり、タイピングができて、正しい日本語が使えれば誰でもできる仕事ではありますが、実績がないうちは単価の低い案件からのスタートとなることが多いでしょう。自分の得意なジャンルについて専門的な記事を書く方も、情報収集しながら幅広く多方面の記事を書く方もいます。いずれにしても、しっかりと実績を積めば、高単価の案件のオファーがもらえる可能性もあります。

 

5位:不用品販売
リサイクルショップに直接売るのはもちろん、今ではメルカリやラクマなどのフリマサイトやヤフオク!などのオークションサイトを使って簡単に不用品を販売することができます。部屋の片付けができ、かつお小遣い稼ぎすることができるので、一石二鳥ですよね。特にベビー服・子供服やおもちゃは使用期間が短く、「まだまだ綺麗な状態なので捨てるのはもったいない」とクローゼットに眠っていることも多いものです。人気ブランドの服や靴は高値で取引されることも多いので、ちょっとしたお小遣い稼ぎになりますよ。自分が大事にしていた服が、ゴミになるのではなく、また他の人のところで活躍してくれると思うと嬉しくもなります。写真を取って登録したり、購入者とのやりとりが必要だったり、梱包・配送作業など、手間がかかるのが難点ですが、隙間時間でできるので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。面倒な方は段ボールにまとめて詰めて送るだけで、売ることができるサービスもありますよ。(子供服:キャリーオンhttps://carryonmall.com/)

 

6位:ハンドメイド品販売
手芸やアクセサリー作りなど、ハンドメイドが得意な方には趣味と実益を兼ねたおすすめの副業です。5位と同じく、フリマサイトやネットショップを利用したり、イベントなどに出店して販売することが多いでしょう。自分が作ったものを喜んでくれる人がいることは、とても嬉しく、やりがいがありますよね。売れなければ材料費や労力が無駄になってしまうので、売れ行きを見ながら、まずは少しずつ制作するのが良いでしょう。

 

入学・入園の時期には、小学校や幼稚園で使う手提げや上靴入れなどを、指定したサイズで作ってくれる方もいて、時間がなかったり、不器用だったり、手作りできず困っているママさんの強い味方となることもできます。フリマアプリでも人気が出れば、本業に影響が出るほどの注文が入ることもありますよ。

 

7位:アフィリエイト
趣味のブログや育児日記を兼ねたブログなど書くことが好きな方は、そこでアフィリエイトビジネスを始めることもできます。自分の運営するブログなどに商品の広告を載せ、ブログ読者がその広告を通してその商品を購入すれば、運営者に一定の報酬が入るという仕組みです。ただし、アフィリエイトで収入を得るには、それなりの時間が必要です。読者がいなければ、いくら商品の広告を載せていてもクリックされることはなく、収入につながらない無駄な作業になります。まずはブログの読者を集められるような記事を書き、ファンを増やしながら、アフィリエイトの地道な作業をコツコツと続けることが必要でしょう。

 

8位:株やFXなどの投資・資産運用
副業で為替に投資するFXや、企業に投資する株取引を行う人も多くいます。株というとまとまったお金が必要なイメージですが、FXも株も少額からスタートすることができます。もちろん得をすることもあれば損をすることもありますので、初心者の場合は勉強を兼ねて小額から始めてみて、コツをつかんできたら、資金を積み上げていくのがおすすめです。

 

最近では、ECサイトやクレジットカードなどのポイントを使って行うポイント投資のサービスも始まりました。筆者も某ECサイトのポイントがたまっていたので、ポイント投資をしてみましたが、2週間で1000ポイントが977ポイントに減っていました(泣)ただ、投資は一喜一憂するものではなく、長い目で見るとプラスになることが多いので、慌てず寝かせておこうと思います。ポイントだと気軽にできるので、運用の練習としてもおすすめです。

 

9位:Uber eats(ウーバーイーツ)の配達員
自転車や原付バイクでレストランの料理を配達する、Uber eatsをはじめとしたフードデリバリーは、コロナ禍で外食を控える風潮もあり、利用者が急増しています。また利用できるエリアも首都圏だけでなく、2020年10月現在、岡山県の倉敷や兵庫県の明石、沖縄県の那覇など地方都市にまで広がってきています。

 

配達員は事前に登録をしておけば、好きな時間に稼働できるのが魅力です。働くエリアや時間帯によって、仕事があるかどうかは異なりますが、週末や夜間など利用が増える時間に稼働すれば、お小遣い稼ぎになるでしょう。自転車に乗るのが好きな方など、トレーニングや運動も兼ねて仕事ができるので、健康志向の方に人気の副業です。

 

10位:ポスティング
その名の通り、チラシやフリーペーパーなどを各戸のポストに配っていく仕事です。筆者の居住エリアでも、毎週木~金曜日にフリーペーパーをポスティングしている方がいらっしゃいます。毎週のノルマの枚数・部数が決まっており、ノルマごとに報酬がもらえることが多いようです。一軒家が多いエリアでは移動距離が多くなかなか大変ですが、集合住宅なら1棟で100を超える戸数の場合もあるので、それほど大変ではないかもしれません。散歩やジョギングを兼ねた良い運動にもなり、さらにお小遣いも稼げるという、ウーバーイーツ同様に一石二鳥の健康的な副業ですね。期限内であれば、自分の好きな時間に仕事ができるのも魅力です。

 

番外編①:ユーチューバー
動画制作を趣味で行っている方や、自分が面白いと思うことを発信したいという方には、ユーチューバーもいいかもしれません。ただし、動画投稿を始めた途端人気ユーチューバーになれるなんていう可能性は、一般人にはありません。一朝一夕に現金が手に入るものではないので、コツコツと地道に投稿し続けることが大切です。また、動画編集でのスキルを身につければ、クラウドソーシングなどで動画編集の仕事を得ることは容易にできるかもしれません。ただ、万が一人気ユーチューバーになってしまったら…会社にはバレることになるでしょう。

 

番外編②:ラインスタンプやオリジナル商品の制作
ご存知の通り、LINEではスタンプがたくさん販売されていて、企業が制作したものも個人で制作したものもあります。8枚・16枚・24枚いずれかのスタンプが必要で、販売には審査がありますが、だれでも気軽に申請することができます。身内や仲間内で使うものなら、似顔絵や写真を載せたものを作るのも楽しいですね。
また、自分がデザインしたイラストや写真を使ったオリジナルグッズを制作し、販売することができるサイトもあります(SUZURI https://suzuri.jp/) Tシャツやスマホケース、トートバッグ、マグカップなど多彩な商品を制作し、売れれば利益を受け取ることができます。デザインが得意な方にはもってこいの副業ですね。

 

1年間の副業での所得が20万円を超えると確定申告が必要

給与をもらっている本職とは別に副業をしている場合は、副業での所得合計額が20万円を1円でも超えてしまうと確定申告が必要となります。ここで言う所得とは「収入から経費を引いた額」のことです。ハンドメイド作品を販売しているケースを例にして見ると、売上が30万円あった場合でも、材料費などの経費が15万円かかっていれば、所得15万円になるので、確定申告は不要という考え方です。ただ、所得20万円を下回るケースでも、副業でかかった経費の領収書は必ず保存しておきましょう。いつ必要になるかわかりません。

 

所得が20万円を超え確定申告をすれば、会社に副業していることがばれてしまうケースがあります。原則として、会社が従業員の住民税を納める決まりになっているので、確定申告をすれば、副業の所得に対する住民税額も会社に通知されるためです。ただし、申告書内にある「住民税の徴収方法の選択」という項目で「自分で納付」に〇をつければ、会社に通知がいくことはなく、ばれずにすむでしょう。その代わりに副業分の住民税を自分で納める必要がありますので、納付書が自宅に届いたら、忘れないように納税しましょう。住民税は、基本的には「市町村民税」6%、「都道府県民税」4%の計10%となっています。(居住地により多少の変動があります。)

 

副業で得た所得の税金額は、本業の給与収入と合算されて算出されます。本業での収入が高いうえに副業での収入があると、総所得が増えてしまい、累進課税で算出される「所得税」が高くなる可能性があるので注意しましょう。

 

また、所得が20万円を超えているのに確定申告しなければ、税務局の調査で発覚した場合、脱税の疑いで追徴課税などの罰則が科される可能性もあります。また社会的信用を失う場合もありますので、20万円を超えた場合は必ず確定申告するようにしましょう。

副業を始める前に確認したいこと

副業というからには、本業があるということですよね。まずは、本業の会社で「副業することは許可されているのか」どうか、就業規則などを確認しましょう。働き方改革と新型コロナの影響もあり、大手企業でも副業を許可する動きが加速していますが、いまだに副業を禁止している会社の方が多いのが現状です。副業を禁止する主な理由としては、「社員の長時間労働・過重労働を助長するため」「労働時間の管理・把握が困難なため」など働きすぎによる弊害を防止するためや、「情報漏えいのリスクがあるため」「競業となるリスクがあるため、利益相反につながるため」といった、リスクコントロールのために禁止している企業が多いようです。副業を始めようと考えている方は、こういったリスクも考慮しながら、どういった副業が自分に合っているかお考え下さいね。

副業を会社に知らせる?知らせない?

株式会社フクスケが2020年8月に副業実態調査を行った結果、副業経験者のうち約半数の人が、本業の会社への届け出をしないで、副業していることがわかりました。その中には、会社で副業が認められているにも関わらず届けていない人も25%いるようです。副業を届け出ていない理由の1位は「プライベートでの副業を知られたくない」、2位は「制度告知されていない」、3位は「本業先が副業を解禁していないため」という結果が出ています。副業が認められていない企業でこっそり副業していたのがばれた際には、最悪の場合解雇となることも考えられますので、規則に則り、副業をしてくださいね。
参考サイト:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000046418.html

 

副業でどれくらい稼げるの?

株式会社GVが全国の副業経験者1000人を対象に意識調査を実施した結果、副業での月収入は約半数の49.1%の人が10,000円未満、10,000円以上30,000円未満が29.1%となっており、約8割が月収3万円未満という結果が出ています。月10万以上の収入を得ている人は11.8%ですが、「インターネットメディア運営(広告収入)」、「専門職(資格保有)」、「投資・シェアビジネス」といった専門性や時間が必要な仕事が多く、副業歴も5年または10年以上というベテランがこれに該当するようです。この調査では、副業の職種として「懸賞・アンケートモニター」が最も多く34.9%を占めていて、この方たちが月収1万円未満の多くを占めているので、その他の職種であれば、平均額はもう少し上がるのではないかと予想されます。この調査での平均副業収入は月47,455円という結果になっていますが、他調査を参照しても平均値は4~6万円程度という結果が多いようです。もちろん仕事内容や稼働時間によっても大きく変動するので、個人差が大きいとは思います。
参考サイト:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000048031.html

 

副業に費やす時間と本業への影響は

株式会社パーソル総合研究所が2019年に発表した「副業実態・意識調査結果」によると、1週間あたりの副業にかける時間は平均10.32時間となっています。本業も合わせた一週間の平均労働時間は54.81時間で、週70時間以上の過重労働となっている人も11.1%いるようです。またこの調査では副業の平均月収は68,200円、平均時給1,652円と、先にご紹介した調査に比べ高額になっていることから、アンケートモニターなどの誰でも気軽にできる副業ではなく、ハイレベル・専門的な副業に従事している人が多い可能性が高いと推察されます。

 

また、副業による本業への影響をきいたところ「本業の業務の目標達成意識」や「本業の職場への貢献意識」「本業の会社への忠誠心」が「高まった」という回答が「低下した」を上回っています。また、「本業での仕事のモチベーション・集中力・効率性」も2割以上の人が「高まった」と回答していて、副業が本業にも好影響を与えていることがわかりました。
これまで企業側は、副業することで長時間労働となり、本業でのパフォーマンスが低下すると考えていたものの、実際にはプラスの効果も見られるようです。

 

一方で、副業で生じたデメリットとしては、「過重労働となり、体調を崩した」が13.5%、「過重労働となり、本業に支障をきたした」が13%など、先にお伝えした、副業で考えられるリスクにあてはまってしまった人も一部いるようです、また「本業をおろそかにするようになった」が11.3%、「競業により本業に不利益を出してしまった」が8.2%、「本業の企業のイメージダウンになるような問題を起こしてしまった」という人も6.9%いて、本業を続けられなくなるような深刻なトラブルも起きていることがわかりました。副業をする際には、こういったトラブルが起こらないように、しっかりと自己管理する必要があるでしょう。

 

バレない副業ランキングまとめ

ここまで本業の会社にバレない副業ランキングや、副業する際の注意点など見てきました。基本的にバレにくいのは、自宅で隙間時間や自由な時間にできる仕事だと思います。ただし、バレない副業とはいえ、就業規則で禁止されている場合には、やめておいたほうがいいでしょう。万が一バレてしまった場合には、その後会社に居づらくなってしまう可能性もあります。コロナ禍で収入が下がってしまい、生活できないなどの事情がある場合には、まずは会社に相談してみましょう。このご時世ですから、条件付きで副業を認めてもらえる可能性もありますし、会社として副業を認める流れになるかもしれません。そして、副業は本業には支障が出ない程度にほどほどにしておくことを意識しましょう。過重労働で体調を崩して、パフォーマンスが下がってしまっては元も子もありません。まずはこちらで紹介したような、気軽な副業から始めてみてはいかがでしょうか。