ゲームクリエイターとは?職種やなる方法について簡単解説 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

ゲームクリエイターとは?職種やなる方法について簡単解説

公開日: 2020.11.18
最終更新日: 2020.11.18

ゲームクリエイターとは?職種やなる方法について簡単解説

ゲームを作る「ゲームクリエイターになりたい!」と考えている人はたくさんいることでしょう。
以前は家庭用ゲーム機くらいでしたが、今では通信速度の向上もあり、ゲームアプリ、ソーシャルゲームが気軽にどこでもできるようになり、子どもから大人まで幅広いファンを生み出しています。
しかし、一言でゲームクリエイターといっても、実はさまざまな職種があるのはご存じでしょうか。ゲームを創り出すクリエイティブ集団にも、設計系、システム系、ビジュアル系、音楽系などとそれぞれ専門が分かれているのです。
そこで今回はざっくりとゲームクリエイターと呼ばれている職種について、1つ1つ説明していきたいと思います。

ゲームクリエイターの職種

■プランナー

 

ゲームの立案、企画部分を担当するお仕事です。
どのようなゲームなら人々に受け入れられるかという目線でゲームを企画しなければなりません。
と同時に、利益を出すことが最終目的でありますから、多くの人に購入、ダウンロード、または参加してもらえるゲームにすること、そして無料系ゲームであれば、いかにして有料サービスに申し込んでもらえるかも踏まえて立案しなければなりません。
今では当たり前になったゲームのなかには、当時「今までにないゲームだ」ということで注目を浴びたものがあります。このように、今までにないジャンルや仕組みを考えるのが好きなんて方もむいていると言えるでしょう。
なお、具体的なゲーム展開についてはシナリオライターにお願いすることも。
また技術的な面ではプログラマーに頼ったり、キャラクター設定についてはキャラクターデザイナーなどにお願いすることになることが多いのでコミュニケーション能力も必要です。
また、無料で参加できるゲームの場合、KPIを意識しなければなりません。
リリース後も、参加人数、課金数などをチェックし、必要に応じてゲームを修正したり仕掛けづくりを行ったり、宣伝を行うなどして利益を伸ばしていくこともゲームプランナーに求められる場合があります。

 

ゲームプランナーになるには2つの方法があります。
一般的な大学や専門学校を出てゲーム制作会社に応募するか、プログラマーやデザイナー系の専門学校に行き、ある程度知識を得て応募する方法です。
それぞれメリットがありますが、プランナーには総合的な知識が必要なので、どちらのコースを選ぶとしても幅広い勉強が必要です。
一般的な大学で学ぶときでも、デバッカーのアルバイトをするなどして、ゲーム開発にかんする知識を得ておくことがおすすめです。

 

 

■プログラマー
プランナーなどによる指示や仕様書に基づき、ゲームを動かすプログラムを書くお仕事です。開発するゲームの種類により、フロントエンド系やバックエンド系、バックエンド系でもコンシューマー系なのか、ソーシャルゲームなのかなどによって扱うプログラミング言語が変わってきますので、いくつかの言語は習得しておくと良いでしょう。
場合によっては、プランナーとともに企画部分に携わることもあります。

 

■グラフィック・CGデザイナー

ゲーム内外で使用するグラフィックを担当します。
画面のレイアウトをつくる人、背景をつくる人、キャラクターをつくる人、キャラクターの動き(モーション)をつくる人、エフェクトをつくる人、アイテムをつくる人など、グラフィック系はかなり細かく分かれています。
一般的なグラフィックを学ぶよりも、ゲームクリエイターむけの専攻を提供している学校で学ぶことがおすすめです。
実技を学べるとともに、ゲーム業界に就職しやすいというメリットがあります。

 

イラストレーター

ゲーム内で使用するイラストを担当します。
ほとんどの場合、キャラクターのイラストを制作しますが、そのものを使う場合と、3DCGデザイナーのための資料になる三方図などを書いています。
一般的なイラストレーターもいますが、ゲームに特化したキャラクターイラストを学べる学校に通うと良いでしょう。

 

 

■サウンドクリエイター
ゲーム内で使用するBGMや効果音といったパーツを担当します。
ゲームは、ビジュアルも重要ですが、ゲームを盛り上げるためのBGM、キャラクターの動きにマッチした効果音などが欠かせません。
基本的にはパソコンで制作することが多いためパソコンのスキルも必要です。

ゲームクリエイターの年収とやりがい

ゲームクリエイターの年収は、どういった職種を選ぶのか、どの企業で仕事をするのかによって大幅に変わってきます。
正社員であれば平均的に300万~600万円程度と言われていますが、一流企業のプランナーであれば700万、800万、さらにトップクリエイターとなれば1,000万を超えるということも十分ありえます。

 

一方、ゲームクリエイターのやりがいについて考えてみましょう。
自分が好きなゲームという分野で、自分のアイデアやグラフィックなどの作品が世の中に出ること、多くのゲーマーに愛されることが、何より大きなやりがいと言えるのではないでしょうか。
納期が迫ると、残業が続いたり、休日でも出勤しなければならないこともあるので、決して楽なお仕事とは言えません。
しかし、たくさんの人が笑顔になる作品に携わることが喜びにつながったり、成功したら高額な年収を手に入れられるという点では、非常に夢のある職業だと言うことができます。