ゲームディレクターになるには?お仕事内容や必要スキルについても解説 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

ゲームディレクターになるには?お仕事内容や必要スキルについても解説

公開日: 2021.01.08
最終更新日: 2021.01.08

ゲームディレクターになるには?お仕事内容や必要スキルについても解説

ゲーム開発にかかわる「ゲームディレクター」について、仕事内容や必要とされるスキル、年収などについて説明します。

ゲームディレクターとは?

最初に、ゲームディレクターとはどんな立場なのか、ざっくりと説明していきます。
ゲーム開発をするうえで最初に行われるのが、企画や予算組みといった作業です。
どのようなゲームを作るのかをおおまかに決め、目標売り上げや費用などを含めた企画書を作りますが、ここを担当するのはゲームプロデューサーと呼ばれる方たちです。
このゲームプロデューサーによる企画をもとに、実際に開発メンバーを集めたり進行の指揮をとるのがゲームディレクターの役割となります。
場合によっては、ゲームプロデューサーとともに、企画作りから携わることもあります。

ゲームディレクターの仕事内容

ゲームディレクターの仕事内容は、ゲーム開発の進行を管理することです。
ゲームプロデューサーはその前の段階である企画をたてますが、あとは「販売、予算達成」といったことに主眼を置き、実際の進行はゲームディレクターが担当します。
いかに面白いゲームをつくるかはゲームプランナーが設計担当することがほとんどですので、ディレクターはプランナーと連携し、ゲームに必要なプログラマー、グラフィックデザイナーなどのクリエイターたちに指示を行い、進捗を管理します。
もし、制作の段階でトラブルが発生した場合には、解決のため奔走するのもディレクターの役目です。
プロジェクトが完了するまで、ディレクターは開発進行にかかりきりとなりますので、業務はハードになりがちです。
とくに、締め切りが迫ったりトラブルが続くと、業務時間が自然と長くなったり、休みがとれなかったりするケースもあるようです。
しかし、ゲーム開発の全体を見回す役割であり、良いものができてそれがヒットしたときは、人一倍達成感を得られる職業と言えるでしょう。

 

ゲームディレクターに必要なスキル

ゲームディレクターには以下のようなスキルが必要です。 

 

1:統率力

ゲーム開発において、もっとも多くのスタッフとやり取りを行う職業だと言えるゲームディレクターには、さまざまなクリエイターを取りまとめるだけの統率力が必要です。
それぞれデザインやプログラミングといった分野に優れたものをもっているクリエイターですが、そういった彼らに、スケジュール通りに仕事をしてもらうため、適格な指示を与えてまとめあげる必要があるのです。

 

2:コミュニケーション能力

企業の規模や方針によって異なりますが、ディレクターは、企画側にいるプロデューサーと、クリエイターなどの現場側のスタッフとの橋渡し役割であるとも言えます。
企業によりますが、ゲーム開発は以下のような組織で行いますので、ディレクターを中心にさまざまなスタッフが繋がっているということがお分かりいただけるでしょう。

 

基本的には企画側からの指示を速やかに実行させることが第一目的ですが、逆に現場からあがったアイデアや声を企画側にフィードバックすることもディレクターの役割と言えます。
ときには、「背景やキャラクターの動きの質をあげるためにも、もう少し人員や予算が欲しい」「こんな複雑な企画をプログラムするには時間が足りない」「CGをつくるのに、もっとしっかりとしたキャラクターデザインやイラストが欲しい」などの不満や、もめごとも起こりえます。
そういった不満を聞き取り、1つ1つ解決していくことが、より良いゲームをつくっていくうえで重要であり、そのためには、コミュニケーション能力が求められます。

 

3:知識

さまざまなスタッフを統率しながら、プロジェクトを進行させるうえで、コミュニケーション能力だけでは不十分です。
実際に自分でCGをつくれる、プログラムが組めるといった専門的なスキルは不要ですが、
どのようなものなのか、おおまかに知識をつけておくことは欠かせないでしょう。
各スタッフからの意見や不満を吸い上げ解決するためには、その現場について多少は知っておかないと対処できません。
もともと制作現場からキャリアップしたディレクターであれば知識はありますが、それも他の分野に対しての知識は不十分です。
現場スタッフの声に耳を傾け、少しずつ理解を深めるといった真摯な態度や努力が不可欠と言えるでしょう。

 

 

ゲームディレクターになるには

ゲームディレクターに必要なスキルをお読みいただき、お分かりいただけたと思いますが、
ディレクターに採用されるための特定の具体的な知識、スキルといったものはありません。
ゲームディレクターに直結する資格試験は存在せず、ひとえに、姿勢、努力、経験といったものを磨くしか方法はないのです。
それゆえにディレクターを目指すことは、非常に曖昧で難しいこととも言えるでしょう。
まずは、「未経験でも可」とされているゲームディレクターもしくはアシスタントの募集案件を探し、実践で覚えていくこと、もしくは、ゲームプランナーなど、別の職種で経験を摘んでからキャリアアップしていくということが必要です。
たとえば、ゲーム業界で売り上げ2位を誇る任天堂では、キャリア採用枠で家庭用ゲーム機のソフト開発におけるプランナーを募集していますが、ゲーム制作の実務経験がある方という条件がついています。
任天堂といった大手の場合は平均年収が935万円(2020年3月現在 正社員)と高額年収となりますが、そのぶんライバルも多くなりますし、実力が必要と言えるでしょう。
新卒者の場合は、これまでの学習分野や面接時の印象などにより配置されるうえ、社会人としての経験もないのでディレクターにすぐになれるわけではありませんが、とにかくゲーム業界に入社することが第一関門となります。

 

ゲームディレクターの年収

ゲームディレクターの年収をずばり平均で出している資料は見つかりませんでした。
といっても、先に例にあげたような任天堂といったような大手で働く場合と、中小企業で働く場合は、同じディレクターといっても年収は変わってくる恐れがあります。
そこで、いくつか実際の募集例をご紹介しますので、年収の参考としていただこうと思います。

 

⚫CASE1:A社(国内、海外で展開するスマホ向けゲームの企画立ち上げ、開発)
・条件:学歴不問、ゲームの開発ディレクター経験
・年収:450万円~800万円 

 

⚫CASE2:B社(スマホまたはWebゲーム全体やイベント、新機能などの企画)
・条件;学歴不問、
    下記いずれかにおいて3年以上の経験があること
・ゲームやコンテンツなどの企画、運営経験
・プロモーション経験(Web以外でも可)
・ゲーム/Webサービスの立ち上げ経験
・プロジェクトやイベントの企画立案から実行までに、
チームの中心人物として携わった経
※主な使用ソフト・言語…Excel、Word、PowerPoint、Photoshop
・年収:450万円~800万円

 

⚫CASE3:グリー(ゲーム会社大手)
・条件:・スマートフォンゲームまたはコンシューマーゲームの新規開発にディレクターとして従事しヒットさせた経験
・年収;年収: 360万円~ 600万円

 

3つの例をご覧いただきました。
一般サラリーマンの平均年収は440万円7千円(厚生労働省 賃金構造基本統計調査 平成30年調査結果より)ですから、ゲームディレクターの年収は高めであると言えるでしょう。
もちろん、そのぶん、中心となって指揮をとるという難しい仕事であり、一般企業であれば管理職のような役割と共通する部分があるので、ディレクターになりたい方は、ゲーム業界で一歩一歩確実に経験を積み上げていくことを目指しましょう。