CADオペレーターの仕事内容は?需要や給与を紹介 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

CADオペレーターの仕事内容は?需要や給与を紹介

公開日: 2021.04.09
最終更新日: 2021.04.09

CADオペレーターの仕事内容は?需要や給与を紹介

CADオペレーターは、近年需要が増えてきているため耳にする機会も多くなっています。皆さんの中にも、聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。しかし、実際どんな業務をしており、将来性やどれくらい稼げる仕事なのか気になっている方もいるでしょう。

 

今回は、CADオペレーターの仕事内容や魅力について紹介していきます。なるために必要なスキルなどについても書いていきますので、気になっている方は参考にしてください。

CADオペレーターの仕事内容

CADオペレーターという言葉を聞いたことがある方は多いと思います。しかし、CADオペレーターがどんな仕事で求められる技術を知っている方は少ないのではないでしょうか。まずは、CADオペレーターの仕事内容を見ていきましょう。

 

CADオペレーターとは

CADとは、「computer-aided designe」の頭文字をとった言葉です。この「computer-aided designe」は製図を行うためのソフトであり、このソフトを使って製図を行う人をCADオペレーターと呼びます。主に建築業界や製造業で求められる仕事です。

 

また、CADは「2次元CAD」と「3次元CAD」の2つに分類され、その名の通り平面図を描く仕事と立体図を描く仕事があります。

 

CADオペレーターの仕事内容

 

CADオペレーターの仕事内容を一言でいうと、「CADを使って正確な図面を描くこと」です。CADでは、直線・円・円弧・四角形・多角形などをパズルのように組み合わせて図面を描き上げます。

 

基本的なお仕事としては、設計しなどが手書きで描いた設計図をCADで製図する仕事です。製図をすることで、設計図の整合性などを確かめる意味合いもあります。設計の知識などがあり、自分で図面が組める方であれば一からCADで描いていく場合もあるでしょう。

 

CADオペレーターに求められる技術

 

CADオペレーターは、仕事にCADを使うためCADソフトを正確に扱える技術が必要です。では、CADオペレーターとして働くうえで持っていた方が良い資格はあるのでしょうか。以下に直接的に役立つ資格をまとめました。

 

・CAD利用技術者試験(2次元)
・CAD利用技術者試験(3次元)
・建築CAD検定試験
・オートデスク認定資格プログラム試験
・Vectorworks操作技能認定試験

 

資格を持っていることで、CADに対する知見があることをアピールできます。しかし、CADオペレーターは資格よりも実績や経験を重視する傾向もあるため資格を持っていれば必ず活躍ができるというわけではありません。

 

また、CADオペレーターは設計図を製図する仕事が多くなるため設計者とのミーティングなどが設けられる場合もあります。設計のことや属している業態の知識がないと、スムーズにコミュニケーションをとることが出来ないでしょう。

 

資格を取ることがマイナスに働くことはありませんが、CADの勉強だけではなく業界の勉強をすることが重要となります。

 

 

 

CADオペレーターの将来性

CADオペレーターに転職するうえで、将来的にも仕事があるのか気になっている方も多いでしょう。CADオペレーターの今から転職しても活躍できる仕事なのでしょうか。

 

需要が広がるCADオペレーター

 

CADオペレーターという仕事は、一昔前まで建築業や製造業のイメージが強かったです。しかし、近年はアパレル業界やCG業界でも利用されるなど需要が広がっています。さまざまな業界で利用されているため、今後も活躍の場は広がるでしょう。

 

先述のとおり、CADオペレーターとして活躍するには資格よりも業界の知識が重要であるという側面もあります。もちろん、CADの知識を身に着ける必要はありますがすでに業界の知識がある方にとっては、全く新しい挑戦をするよりもリスクは低いでしょう。

 

CADオペレーターの魅力

 

CADオペレーターの魅力は、手に職をつけられる点にあります。不安定なこの時代であっても、需要が多く技術を必要とした仕事のため誰でもできる仕事ではないため安定を手に入れられるでしょう。設計やデザインに関わる仕事なので、CADをきっかけに設計士やデザイナーなどにキャリアチェンジを見込める点も魅力です。

 

また、未経験からでも始められるのも魅力です。専門職の中には、専門の学校卒という経歴や業界での就業経験がないと就けない職種や取れない資格があります。そのため、未経験から目指すにはハードルが高すぎる場合もあるでしょう。

 

しかし、CADオペレーターは必須資格がなく、さまざまな業界で活躍できるため未経験者からでもハードルが低くなるのです。

 

 

 

CADオペレーターの年収は?

CADオペレーターは、専門的な技術が必要な仕事であり誰でもすぐにできる仕事ではありません。そのため、一般職よりも給与が高い傾向にあるといわれています。では、実際にはどうなのかを見ていきましょう。

 

CADオペレーターの平均的な年収は400万円~500万円だといわれています。一方、国民の平均年収は、国税庁の調査によると約467万円となっているため若干高い可能性があるという結果でした。

 

しかし、技術職のためスキルによって昇給が望めます。CADオペレーターの場合は、企業規模にもよりますが600万円以上も目指せるため平均年収を大きく上回ることも可能です。

 

またCADオペレーターは、正社員ではなく、派遣やアルバイト・パートで募集している場合も多いため就業形態によっても収入は変わります。

 

時給換算の場合は、1,500円~1,800円程度に設定されていることが多いようです。月収表記の場合は、25万円~30万円程度で記載されていることが多いですが、繁忙期は残業が発生する可能性も高いためさらに稼げる可能性もあるでしょう。

 

 

CADオペレーターに転職して安定と高い報酬を手に入れよう

CADオペレーターは、CADソフトを使って「CADを使って正確な図面を描く」お仕事です。専門的な知識や技術が必要になるため、一般的な職種よりも稼げる可能性があります。また、その他の専門職と比べて全くの未経験からでも始めやすいというメリットを持っています。

 

さまざまな業界で必要とされている仕事なので、働きたい夢の業界で働く機会を得るチャンスかもしれません。CADの知識を身に着けて安定した生活を目指してみませんか。