誰でも出来る、スケジュール管理法 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

誰でも出来る、スケジュール管理法

2018.01.24
Pocket

ある日、知り合いからこんな事を言われました。
「在宅のお仕事って、自分の好きな時間に働けるから自由でいいね。時間に縛られない働き方が羨ましいわ。」
 
甘いです。大甘です。アマアマにもほどがあります(笑)
好きな時間に働ける?自由?時間に縛られない?
現実を知らないって怖いです(^_^;)
 
今でこそ余裕を持った働き方ができますが、始めたばかりの頃は納期に間に合わなくなりそうで睡眠時間を削って仕事をするなんて、ザラのようにありました。
つまり、スケジュール管理が出来ていないと在宅ワークはとっても大変なんですよ。

仕事のスケジュールは、身近なツールを使って管理するのがオススメ☆

スケジュール管理は身近にある「もの」を使うのが良いですね。
たとえば、カレンダー。
壁掛けでもいいですが、カレンダーを冷蔵庫など毎日必ず使うものに貼っておき、そのカレンダーに納期を書き込みます。
毎日必ず使うので、カレンダーも毎日欠かさず見る事になりますから、「ウッカリして納期を間違えた!」なんて事が少なくなります。
もちろん、卓上カレンダーでも手帳でもOK。ただし、必ず『毎日』確認できるようにしましょう。
 
今や一人に1台は持っていると言われている、スマートフォン。スマホのタイマーやカレンダーを使うのもいいでしょう。
スマホの場合は、納期に合わせてアプリを使い分けします。

超短納期(~即日):1分単位でお知らせ可能!タイマー

依頼から納期まで1日無い場合は、アラートでの管理がオススメ。
人間の集中力は45~90分が限度と言われているので、自分の集中力に応じて仕事時間をアラームにセットします。
アラームが鳴ったら、今度は休憩時間をセットしてしっかり休みます。
これを繰り返して、仕事と休憩のメリハリをつけ効率を落とさず仕事をしましょう。
※リマインダーでも代用可能です。ただ、細かく設定するのに時間が掛かるという人はタイマーがオススメです。

通常納期(~3日以上):余裕を持って仕事が出来るからこそ、納期忘れを防止!カレンダー

スマホのカレンダーは、設定した予定毎にアラートでお知らせする事が可能です。
なので、納期の前日や納期日当日の朝などにアラートをセットしておけばウッカリ忘れていて仕事をしてない(>◇<;)というのを防げます。
作業時間が長くかかる場合は、2日前などにセットするなど工夫すればOKです。
 
他にも、手帳やスマホのリマインダー、PCのデスクトップにメモを置いて毎日確認するなどがありますが、大切なのは『毎日、自分で意識をしなくても仕事の納期が分かる』事です。
意識をしなければ、確認できないツールはウッカリ忘れの原因になりやすいのでオススメできませんので、あなたの身近にあって毎日使う物を管理ツールとして活用するのがポイントです。
 
最後ですが、月に1回は自分の作業スピードを図りましょう。仕事に慣れてくれば、効率良く仕事ができ、日々作業スピードは上がってきます。
そして自分の作業スピードを知らなければ、どれだけの仕事量なら納期を守れるか見通しを立てる事ができません。
自分の力量を図る事も、スケジュール管理をする上でとても大切ですよ。
Pocket

pagetop