現場の指揮官 クリエイティブディレクターの年収が気になる!仕事内容もチェック | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

現場の指揮官 クリエイティブディレクターの年収が気になる!仕事内容もチェック

公開日: 2021.04.14
最終更新日: 2021.04.14

現場の指揮官 クリエイティブディレクターの年収が気になる!仕事内容もチェック

クリエイティブディレクターには、クリエイティブ業界で現場の指揮を執りつつ、クライアントへの企画提案から完成までの全工程において統括する役割があります。

 

クリエイティブディレクターは人気の職種であり、活躍できるフィールドが広いため将来性も十分あるといわれる仕事です。クリエイティブディレクターになるためにはどんな資格が必要で、どのような人に向いている職業なのでしょうか。

 

今回は、クリエイティブディレクターの仕事内容や年収を紹介します。

 

 

クリエイティブディレクターの仕事内容

クリエイティブディレクターが多く在籍するフィールドは、業界でいうとクリエイティブ業界です。その中でも広告制作会社や広告代理店などに多く在籍します。企業規模によってはアートディレクターを兼任することもあるようです。では、実際の仕事内容を見ていきましょう。

広告PRに向けて戦略を考案

クリエイティブディレクターの業務のひとつにクライアントとの打ち合わせがあります。打ち合わせをする中でクライアントがどのような広告を思い描いているのか汲み取り、広告を提案・制作してくのがクリエイティブディレクターに求められる役割のひとつです。手掛ける広告は紙媒体からテレビCMまでさまざま。人の目に触れる広告の制作工程全てが仕事というわけです。

 

ディレクションや現場監督としての顔も

クリエイティブディレクターは制作責任者であるため、クライアントの折衝の他にもさまざまな業務をこなさなければいけません。ひとつの広告に携わるメンバーは複数いるため制作工程での進捗状況の把握はもちろん、進捗管理もクリエイティブディレクターの仕事となります。

 

他にも現場監督として、広告制作において表現のクオリティについて管理し現場を統括する業務もこなさなければいけません。

 

 

 

クリエイティブディレクターに求められること

クリエイティブディレクターの仕事の幅はとにかく広いため、マルチに対応できる能力を持ち合わせているかどうかが肝になります。うまく現場を統括しながらクライアントに満足してもらえる広告を完成させるには、具体的にどのような能力が求められるのかをこれから見ていきましょう。

コミュニケーション力

クリエイティブディレクターは、クライアントと打ち合わせする中でどのような広告を求めているのかうまく汲み取らなければいけません。そのためにはコミュニケーション力が必要です。打ち合わせで不明点や疑問点を感じた場合は、質問しながらクライアントの希望に沿った広告の提案をしたり制作工程に要素を詰め込んだりします。

 

コミュニケーション力が不十分の場合、不明点をそのままにして制作工程に進んでしまいクライアントが希望する広告と大きく異なるものを作り上げてしまう可能性も十分考えられます。その場合、大幅な修正が必要になることもあるため注意が必要です。

 

クライアントに満足してもらえる広告を制作するためにも、クリエイティブディレクターにはコミュニケーション力は必須な能力だといえるでしょう。

 

統率力

 

広告制作を進める中で、クリエイティブディレクターは現場を統括しながらスタートからゴールまでスタッフ全員を統率しなければいけません。統率力がないと広告制作に関わるメンバーはミッション達成に向けてどう動けば良いのかが分からないため、スケジュール通りに広告を完成できないことも考えられます。

 

クリエイティブディレクターに統率力があれば広告の制作工程に無駄な時間を割くこともなく、効率的にゴールに向けて広告制作を進められるでしょう。

 

幅広い知識と経験

クリエイティブディレクターは、クライアントが求めているものを紙媒体やweb広告といった何らかの形にするために全力を尽くさなければいけません。

 

先ほどもお伝えしたように、ひとつの広告制作にはさまざまな職種の人が関わっています。それぞれの知識や経験を活かして広告を作り上げていくことを考えると、クリエイティブディレクターには幅広い知識や経験が備わっているほうがメンバーからの信頼を得やすく結果的に仕事もはかどることでしょう。

 

 

 

クリエイティブディレクターに必要な資格

クリエイティブディレクターとして働くうえで絶対に必要な資格というのはありません。ただし複数のクリエイティブ職種の人を統括しながらミッション達成に向けて動かなければいけないため、業界・職種経験のない人がクリエイティブディレクターになることはないものと考えてよいでしょう。

 

コピーライターや広告プランナーなどさまざまな職種を経験し実績を積んだ上で、クリエイティブディレクターにチャレンジするのが王道です。

 

 

クリエイティブディレクターのやりがい

クリエイティブディレクターは広告の提案から完成まで制作工程の全てに携われることから、広告が出来上がったときに大きな達成感を得られる仕事だとえいます。これがそのままやりがいになると考えていいでしょう。

 

目の前にあるミッション達成に向けて現場で指揮を執りながら制作工程を進め、最終的にその広告がクライアントの売上に大きく貢献できたことが分かれば「大変だけど頑張ってよかった」と心から思うことができます。

クリエイティブディレクターの向き不向き

クリエイティブディレクターは数多くの業務をこなすことになるため、人によって向き不向きがある仕事です。ここでは、クリエイティブディレクターに向いている人と向いていない人それぞれについて分かやすくお伝えします。

 

向いている人

「工程の長さに関係なくひとつのものを作り上げるのが好き」「人と接することが好き」という人は、クリエイティブディレクターに向いているといえるでしょう。企画から完成までに関わるため、単発的に参加するよりもその過程に関わりながらものを作り上げたい人にはおすすめの仕事です。

 

現場責任者としてスタッフを取りまとめる必要があるため、人と接することが好きであれば現場で受けるストレスを最小限に抑えながら制作物の完成に向けて取り組めるでしょう。

 

向いていない人

「単発でものづくりに関わりたい」「多くの人と接することが面倒だと感じる」という人は、クリエイティブディレクターの仕事は不向きです。クライアントの要望を参考にしながら、戦略に沿ってひとつの広告を作るとなれば長期的に多くの人と接することが大前提となります。

 

それでも広告が好きという場合には、コピーライターや動画クリエイターなど違う立場で広告制作に関われる職種を目指してみるといいでしょう。

 

クリエイティブディレクターの年収はどれくらい?

クリエイティブディレクターは制作責任者であることから、仕事内容の幅が広くクリエイティブ系の職種の中でもかなり忙しくなることが予想される仕事です。気になる年収はどれくらいなのでしょうか。

 

平均年収は489万円

クリエイティブディレクターの平均年収と生涯賃金を2020年12月7日に大手転職サイト「doda」が発表しました。クリエイティブ職種のひとつとして掲載されています。

 

出典元:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_09

 

掲載データを見るとクリエイティブディレクターの平均年収は489万円、生涯年収は2億5,117万円となっています。同じクリエイティブ職種であるWebプロデューサーや編集などに大きな差をつけました。昨年のdodaが発表したクリエイティブディレクターの平均年収は465万円でしたので、24万円も年収アップしているわけです。

 

平均年収は男女別・年代別でも公開されています。男性は527万円、女性は428万円。20代は387万円、30代は506万円、40代は605万円、50代以上は682万円です。

 

クリエイティブ系全体で見るとどうなのか

 

こちらのデータも2020年12月7日に大手転職サイト「doda」が発表したものとなります。

 

出典元:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_09

 

掲載データを見るとクリエイティブ系全体の平均年収は平均年収が381万円、生涯賃金が2億6万円です。dodaが昨年発表したクリエイティブ系全体の平均年収は377万円でしたので、4万円アップしています。

 

先ほどと同様で平均年収は男女別・年代別でも公開されていますので見ていきましょう。男性は422万円、女性は348万円。20代は320万円、30代は412万円、40代は468万円、50代以上は540万円です。クリエイティブディレクターのほうが平均年収と生涯賃金のどちらも上回っています。

 

クリエイティブ系の職種の中では年収の高いクリエイティブディレクターですが、全体の平均年収と比べるとどうなのでしょうか。次からはその部分を見ていきます。

 

全体の平均年収は

2020年12月7日に大手転職サイト「doda」が発表した平均年収は409万円です。これは、dodaのエージェントサービスに正社員として働く約40万人の平均年収と生涯賃金から算出したものとなります。(対象期間:2019年9月~2020年8月)

 

昨年の同調査での平均年収は408万円だったことから、全体の平均年収が1万円アップしているわけです。

 

それを考えると、クリエイティブディレクターの年収489万円は平均年収よりも80万円高いことが分かります。80万円というと、ボーナス支給なしで考えた場合、平均年収との差は1か月あたり6万6,000円です。これだけ違うと差し引かれる税金額も違えば、人によっては生活にゆとりが生まれて貯蓄に回せる金額も増えるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

クリエイティブディレクターは平均年収が高く人気職種である

今回は、クリエイティブ業界でも人気の高いクリエイティブディレクターについて紹介しました。全体的に見ると平均年収は高いものの、仕事内容の幅がとにかく広いため経験や知識を十分に持ち合わせていないと業務をこなすことが難しいかもしれません。

 

これからクリエイティブディレクターを目指す人は、まずは同じ業界の職種であるコピーライターや動画クリエイターから始めて知識や経験を身に付けることから始めてみてはいかがでしょうか。