復職前の慣らし保育中はどう過ごすのがベスト? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

復職前の慣らし保育中はどう過ごすのがベスト?

公開日:2017.03.09
最終更新日:2020.03.26
Pocket

復職前の慣らし保育中はどう過ごすのがベスト?

【ライタープロフィール】

東京都在住。夫、私、5歳(年中)長男、1歳長女の4人家族。週3日のパート外勤に加えて、ライティングを中心に在宅ワーク中。現在は育休中、4月から仕事復帰予定です。

慣らし保育の期間と、預かり時間はどのくらいなの?

保育園も決まり念願の仕事スタート!と思っても、ほとんどの場合保育園では「慣らし保育」からスタートです。ですから、保育園初日からバリバリ働けるわけではなく慣らし保育期間を終えてやっと仕事に復帰ができます。

慣らし保育とは文字通り、子どもを保育園生活に慣れさせるための練習期間です。園によって多少の違いはありますが期間はだいたい一週間から二週間ほどで、預かり時間は2時間から3時間の短時間からスタートし、そこから少しずつ保育時間を長くし最終的には保護者の就労時間に合わせた保育時間まで慣れさせていきます。

子どもにとっても初めてママと離れて過ごすので、今までと生活環境が大きく変わるり子どもによっては慣らし保育が上手くいかず期間が延びてしまう子もいます。慣らし保育の期間は初めから正確に分からないため、慣らし保育中は復職せず様子を見て、慣らし保育が終わったあとに復職するママも多いようです。

またこの慣らし保育期間は、これから働きながら家事・育児を両立していくママにとっても大切な準備期間といえます。この期間にどういったことをやっておくべきか、また復職前の慣らし保育中にやっておくと良いことなど、3つ紹介します。

復職前の慣らし保育中は、どんなことをやっておくと良い?

その1:心身ともにリフレッシュする
慣らし保育で子どもを保育園に預け、久しぶりに一人の時間を得るってママも多いのでは?妊娠期間から出産、休む間もなく育児と忙しい日々を過ごしてきたと思います。
そして復職後はより一層バタバタと忙しい日々が続きます。そのように休みなく忙しい日々を過ごしていると、ママ自身が倒れてしまうかもしれません。慣らし保育中はできるだけゆっくり過ごしリフレッシュしましょう。

◆美容院に行く
育児や家事に追われて美容院に行けなかったママも多いと思います。復職前には、リフレッシュを兼ねて美容院でケアしてきてはいかがでしょうか。子どもを気にせずゆっくりと施術を受けるだけでモチベーションも上がりますよね。

◆病院や整体などで身体を整える
子育て中はママの病院は後回しになりがちですよね。でも、もし普段の体調で気になることがあれば慣らし保育中に病院に行くことをオススメします。仕事を始めれば、更に病院に行きにくくなってしまいます。また産後でボロボロになった身体を、整体などで整えてもらうのも良いでしょう。

◆お昼寝をする
子どもが産まれてから一人でゆっくり寝る時間は取れていましたか?もちろん、仕事を始めたら疲れたからと言って、お昼に少し仮眠を取るなんて絶対できません。
ですので、慣らし保育中にしっかりと寝て心身ともに休めることも大切です。

◆買い物やランチに行く
子どもが一緒だと難しい買い物やランチ。ゆっくりとウインドウショッピングを楽しみながら合間にランチ、というのも楽しいですよね。何気ないことがママにとって良い気分転換になったりします。

保育園からの呼び出しがあるかもしれないので思いっきり羽を伸ばすことは難しいかもしれませんが、まずはママ自身にお休みをあげてくださいね。

その2:仕事の準備
産休前までは働いていたとはいえ、ブランクができています。しかし新入社員ではないので、復職後すぐに即戦力として働かなければなりません。でも、出産後初めての仕事で何を準備していいか分からないママもいるのでは?ここでは何を準備すべきかを紹介します。

◆仕事のノートや資料を見直す
以前使っていたノートや資料がある場合は、それに目を通し自分の業務内容を思い出す作業からしてみましょう。もし可能であれば、職場から新しい資料を送ってもらうのも良いですね。それらの資料やノートに目を通し、頭の中でイメージトレーニングをしてみるのもオススメです。

◆職場の環境を確認する
産休育休が長ければ長いほど職場の環境は変わっていきます。以前働いていたままの部署や上司の元に戻れる場合もあれば、そうではない場合もあります。ですから可能ならば復帰後の配属先や上司などを確認し、挨拶しておくと良いでしょう。なぜなら以前とは違い子どもがいるので、どうしても職場に迷惑をかけることも多くなるからです。挨拶をしておくことで職場もより理解してくれることでしょう。

◆仕事に必要な物をそろえる
仕事にはかかせないメモ帳やペンはもちろんのこと、パソコンを使う方はパソコンの環境を整えたり仕事着や靴などをそろえたりすることも大切ですよね。以前とは違い、子どもの送り迎えもあるのでヒールの高いパンプスではなく動きやすい物にする必要がありますし、通勤鞄も変える必要があるかもしれません。今一度、仕事に必要な物がそろっているかどうか確認しておきましょう。
やはり復職するなら仕事もバリバリこなしたいですよね。そのためには事前準備が大切になってきます。しっかりと準備し復職にそなえましょう!

その3:家族としっかり話し合う
ママが復職するには家族の助けが必要不可欠。
いざという時に慌てることがないように家族でしっかり話し合い、どこまで協力してもらえるのか以前に決めておくと仕事をしながら家事、育児の両立もしやすくなります。

◆パパと育児・家事分担を決める
仕事をしながらママ一人で育児も家事もこなすことは難しいです。ですので、パパにも育児・家事を分担してもらいましょう。今まではママが家にいたので、ママがメインで家事・育児をしていたかと思います。しかしこれからはママとパパの勤務時間や、収入に応じて育児・家事分担を決めていきましょう。
また慣らし保育中から、パパにも家事や育児をやってもらいパパも慣れることも大切ですね。

◆いざという時に誰が助けてくれるのか
子どもを保育園に預けていると、保育園から子どもの発熱などで「迎えに来てください」と連絡が来ることがあります。普段はママが仕事を抜け迎えに行っていても、どうしても仕事を抜けることができない時もあります。そんな時に、誰が代わりに子どもを迎えに行くのか事前に決めておくと良いです。もし祖父母が協力できるのであれば事前に相談し、いざという時は助けてもらうのも良いかもしれません。
ママが復職後、大変なのが家事育児の分担です。また保育園に行き出した子どもは、よく風邪をひき発熱もします。
そのたびにママが一人で対応していると、とてもじゃありませんが仕事なんてできません。
またアバウトに決めていると後々、夫婦喧嘩の元になりかねません。ですから事前に夫婦でしっかり話し合い決めておきましょう。すでに共働きをしている夫婦に相談してみるのも良いかもしれません。

大変なときは”晩御飯作りにとことん手をかけない日を作る”と決めておく

4月から新たに仕事を始めるママ、育休明けで職場復帰をするママ、、
およそ1か月後に始まる新生活を目前に、この時期、不安な気持ちや焦りばかりが先行していたりしませんか?そんな気持ちを解消し、4月からの新生活をよりスムーズにスタートするために、今から少しずつ準備をしておくといいことを、Part1・2に続いてご紹介いたします。

今回のテーマは「晩御飯について」―――
どんなに忙しくてとも、身体が疲れていても、なかなか休めないのが毎日の食事作り。特に、仕事を終えてからの夕食づくりは大変ですよね。
仕事がスタートすると「今日は仕事が忙しくて帰宅が遅くなりそう」とか「体調が思わしくなくて夕食作りは手軽にしたい」という場合も多々あると思います。
そんな時はがんばりすぎずに、思い切り手を抜いて乗り切りましょう。事前に「この日は作らない!」と決めておくと、日々の夕食作りをがんばれたりもしますよ。

スーパーのお惣菜やお弁当以外のバリエーションを調べて、試しておきましょう

例えば、今のうちに、子連れで晩ごはんを食べられるお店などを探して、一度訪れておくのもひとつ。夕方以降でも入りやすい雰囲気で、子ども向けメニューがあれば、いざという時にぱっと外食ができるので助かりますよね。
近所の小さな定食屋さんなどについては、ネット検索では出てこない情報がある場合も。
私の体験談ですが、「子どもと一緒に入るには狭いけど美味しそう」と思い見ていた近所の定食屋さんに、思い切って聞いてみたところ、定食の持ち帰りやお弁当宅配サービスをしていることを教えてもらい、今では頻繁に助けられています。

自宅で、できるだけ手軽に出来たてを食べたい、という場合は

帰り道などにお肉屋さんがあれば、受け取りたい時間を伝えておくと揚げたてのコロッケやメンチカツ、トンカツなどをサッと買って帰れるので便利ですよ。また、宅配食材サービスでは半調理済みの食材を宅配してくれる内容もあるようです。野菜はカット済みで、お肉も揚げてあるので、包丁もまな板も使わずに、晩御飯が短時間で簡単に仕上がるので助かりますね。
毎日の晩御飯作りもママの大切な仕事のひとつ。笑顔で乗り切るために、今のうちに調べて準備をしておきたいですね。
 
ライター 石井佳苗
Pocket

在宅求人を探したくなったらこちら
在宅ワークを探すならママワークス
フリーワード検索

pagetop