翻訳 の在宅ワーク求人一覧

求人件数24

























1月31日の新着求人

ママバナー
ママバナー

英語の翻訳をするためには?

英語は、世界共通の言語です。
母語人口では、その国の人口の関係から中国語がもっとも多いですが、ビジネスだけでなくプライベートでの交流でも、英語が世界の公用語として使われています。
したがって、外国語の翻訳といった仕事のなかでも、もっとも需要の大きい言語が英語となります。

そんな英語の翻訳には、英語で書かれたものを日本語に訳すという仕事と、日本語で書かれたものを英語に訳すという2つのパターンがあります。
前者は、海外のニュースやWeb記事、文献などを翻訳するものから、Amazonなど、海外のWebショップで販売されている商品情報をレポートするという、比較的専門的な知識がなくてもできる仕事があります。
いっぽうで、日本語から英語に翻訳する仕事には、Webサイトやニュースリリースの英訳、文学作品の英訳などさまざまな種類があります。

また、いずれも、単発の仕事もありますが、ニュースの翻訳やニュースリリースの作成などを中心に、同じ企業の仕事を継続的に請け負う場合があります。
そして、在宅でできるものが多いのが特徴です。なかには1人での作業ではなくチームで分担して翻訳するものがありますが、打ち合せ、すり合わせ以外は、自宅で翻訳作業が行えるものがほとんどです。

参考:
https://crowdworks.jp/public/jobs/category/154

英語の翻訳に求められるスキルとは?

英語の翻訳には語学力が必要です。
日本において英語は義務教育で学ぶ外国語であるため、翻訳の仕事で求められる語学力のレベルは必然的に高くなります。「英語が好きだから」、「英語が得意だから」という理由だけでは、翻訳の仕事するのは難しく企業から求められるレベルでの語学力がないと、仕事としては成り立ちません。

また、英語を日本語に訳する仕事においては、日本語の語学力も欠かせません。
書かれている内容を読み手に分かりやすいよう、正しい日本語で端的に表現する必要があるためです。
加えて、翻訳する対象の分野に対する見識も必要です。

とくに、医療系やIT系など専門性のある文献やWebサイトを翻訳するには、相応の見識がないと翻訳が厳しいという現実があります。
もちろん、どの翻訳の仕事にも締切りがありますので、短い時間で正確に、分かりやすく説明できるレベルが求められます。

なお、英語翻訳の仕事を受けるには、少なくとも多くの場合で、TOEICやTOEFL、英語検定などでの一定数の点数や級が条件とされているケースがほとんどです。とくにTOEICでの指定が多く、自分のスキルを向上させるためにも、受験することが重要だと言えます。

ほかに英語翻訳のスキルを証明できるものとして、(社)日本翻訳協会の「JTA公認翻訳専門職資格試験」があります。
翻訳文法技能試験、翻訳IT技能試験、翻訳マネジメント技能試験、翻訳専門技能試験と4種類に分かれています。
ビジネスを意識しており、TOEICよりも難易度は高いと言われている分信頼性もあがるため、翻訳家として仕事をしたいのであればチャレンジすることが望ましいでしょう。

参考:
https://crowdworks.jp/public/jobs/category/154

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!