クリエイター の在宅ワーク求人一覧

求人件数35




































9月26日の新着求人

ママバナー
ママバナー

在宅クリエイターのメリットとは?

〇マイペースに仕事ができる
雇用型のクリエイターの場合勤務時間に縛られますが、在宅クリエイターの場合は自由で作業する時間は決められていない場合がほとんどです。たいてい納期日の指定のみなので、早朝や夜間など、すきま時間を仕事にあてることが可能です。ついては、副業や子育て中の方でも仕事がしやすいといったことが言えます。

〇通勤の時間や準備が不要
在宅クリエイターの場合、自宅で仕事ができます。
自宅での仕事なら通勤時間の必要がありませんので、その分仕事や家事をこなすことができるのです。
交通費がかからないことはもちろん、天候の心配や通勤服・靴・傘などの購入も不要です。
顔を出しての打ち合せがなければ、パジャマや家着でも仕事することが可能なので、気軽に仕事ができることもメリットと言えるでしょう。

〇頑張れば頑張るほど収入があがる
雇用型のクリエイターの場合、月給が決まっていることがほとんどです。
しかし、在宅クリエイターの場合は1案件に対し報酬が決められているケースがほとんどなので、やればやっただけ収入が増えていきます。
また、交渉で単価をあげてもらうことも可能です。
なかには、同じ業務をしているときより働いていないのに月収が上がったという方もいます。

〇人間関係の煩わしさがない
仕事をすると避けられないのが人間関係の煩わしさです。
在宅クリエイターの場合、基本的には1人で仕事をするうえ、やり取りはメールやチャットが中心です。
気があわない人に無理矢理話を合わせる必要もないので、ストレスが生まれにくい環境で働くことができます。

参考:
https://itpropartners.com/blog/4186/#5

在宅クリエイターのデメリットとは?

〇安定していない
雇用型の場合は、仕事の分量に関わらず毎月給与をもらうことができますが、在宅クリエイターの場合は仕事がもらえなければ報酬も発生しません。
定期的に安定した仕事が受けられるとは限らないので、常に案件を探すといった努力は必要です。

〇孤独感にさいなまれる
自宅で仕事をするのが一般的なので、1日中誰とも話さないということはよくあることです。
1人暮らしや、密に連絡を取り合う親しい友人がいない場合は、孤独感にさいなまれることもあるでしょう。
同じ業種の方が集まるようなセミナーに参加したり、リモートワーカーが集まるインターネットカフェなどに足を運んだりして気分転換を図ることをおすすめします。

〇情報のアップデートやスキルアップの機会が乏しい
雇用されているクリエイターであれば、会社から新しい技術の周知や勉強会が開かれることがありますが、在宅クリエイターの場合、自ら積極的に情報の収集や学ばないとスキルアップが難しい立場にいます。
業種によっては日進月歩で常にアップデートが必要な仕事もありますので、積極的で前向きな行動がとれないと仕事が取れなくなる可能性があります。

〇クリエイターとしての能力以外も必要となる
会社に雇用されている場合、営業担当がいて仕事を獲ってきてくれる場合がほとんどです。
一方で在宅クリエイターの場合、仕事は自分で獲得する必要があります。
また、会社に所属していた場合、その会社名が名刺代わりとなり信頼を得ることが容易ですが、在宅クリエイターの場合は個人事業主なのでなかなか信用してもらえず仕事が受注しにくいというデメリットがあります。
そのため、ポートフォリオの作成や、実績のアピール力をつけるなどして、営業力も高める必要があり、クリエイターとしては実力があっても、仕事を受注する力がないと、思ったように稼ぐことができない状況に陥る可能性が高くなります。

参考:
https://itpropartners.com/blog/4186/#i-6

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!