家事・育児経験が役立つ の在宅ワーク求人一覧

求人件数200





















育児経験が役立つ在宅ワーク

  • Q仕事内容

    A

    育児経験が活かせる仕事として「在宅ライター」が挙げられますが、在宅ライターとは、文字通り、自宅で記事を書き上げる職業です。
    記事といっても、たいていは雑誌や新聞などの従来からある紙メディアではなく、Web上で公開されている、いわゆるWebメディアに掲載される記事であることがほとんどです。
    このWebメディアには、子育て世代向けの記事がとても多いことが特徴です。
    出産後、育児の仕方に悩みを抱える人や、育児における便利グッズを知りたい新米パパ・ママ、早期教育にはどんな種類があるのか知っておきたい親御さんのための記事です。
    なかには、子育てをしながら自宅で働ける方法を探しているママも多いことでしょう。
    これらの記事は、パパ・ママが知りたいことを、分かりやすいように書いてあげることがとても重要です。
    だからこそ、実際に育児経験が役に立つといえるのです。

  • Q応募必須条件

    A

    在宅ライターには特に資格は必要ありません。
    基本的に、文章を書くことができれば、どなたでも応募することができます。
    在宅ライターを募集している企業によっては、月に何本くらい書ける人、など仕事量に関して条件を付けている場合もありますが、月の最低執筆本数が少なかったり、相談にのってくれたりするところもありますので、いろいろ探してみるといいでしょう。
    ただし、過去に記事を書いた経験を条件としているところもあります。
    また、記事によっては、医療系などの専門知識があることを前提にしているところもあります。
    一方で、「育児経験がある方、歓迎」などと書かれているものもあるので、自分が書きやすいと感じたところを選ぶとよいでしょう。
    なお、「Webライティング能力検定」などといった資格もありますので、心配な方は受講してスキルを磨いておくのもひとつの手だといえます。

  • Qおすすめする理由

    A

    在宅ライターをおすすめする理由は2つあります。
    ひとつは、在宅でできる仕事の中でも、在宅ライターは自由度が高いことです。
    在宅ワークの中には、企業が指定する時間(企業の営業時間)に勤務しなければならないものもあります。
    カスタマーサポートなど、シフト制のものもありますが、基本的に働いている時間は拘束されることになります。
    いっぽうで在宅ライターは、成果報酬型をとっています。
    1文字あたり〇円といった単価制であり、記事を仕上げて納品すると報酬が発生するという仕組みです。
    そのため、好きな時間に、それこそ家事や子育ての合間に業務ができるのです。結果、ストレスにもなりにくいので継続しやすいというメリットがあります。
    もうひとつの理由は、自分の育児経験がお金になる、しかも人の役に立つことです。
    お子さまと実際に行った場所やそこでの体験、自分が子育てをしてきたことで得た知識を書くだけでお金になるとしたら、効率的ですよね。
    しかもそれがほかのパパやママたちの役に立つわけですから、こんなに嬉しいことはないでしょう。
    在宅ライターは自分のため、ほかの人の為になる仕事といえるのです。

NEW JOB OFFER

12月1日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!