デザイナー の在宅ワーク求人一覧

求人件数143



















































11月26日の新着求人

ママバナー
ママバナー

そもそも「デザイン」の仕事とは?

デザインとは、その商品やサービスをより良くみせるためのプラニング、設計、造形、仕掛け作りといった言葉に置き換えることができます。
一般的にデザインというと服や車などを思い浮かべる方が多いですが、ありとあらゆるもの、分野においてデザインという仕事は必要とされています。

例えば、何か商品を販売するホームページを開設するとします。どのようなトップページにして、どのように商品を表示させるか、そして、どのように支払いまで進めるかなど、見た目や動き1つ1つに対してデザインが必要とされます。その目的は、より多くの商品を売り上げることであり、効果的なビジュアル、買い物のしやすさといった部分を突き詰める必要があるためです。

また、ターゲット層に応じて使用カラーやフォント、動きも選定することも必要でしょう。
そういった仕事全般をWebデザインと言います。
ゲームひとつを作るにも、キャラクターやシチュエーション設定など、デザインは必要です。また、お菓子のパッケージ、家具、ロゴやチラシ制作などもデザイナーが活躍する分野です。

このように、ありとあらゆる分野、そして、紙、デジタル、商品など、ありとあらゆる対象物においてデザインという仕事が介在しています。
職種名も様々とあり、〇〇デザイナーと呼ばれる職種や、プランナー、プロデューサー、イラストレーターなどと、携わる仕事内容により変化します。

デザイナーの種類、仕事内容とは?

デザイナーはありとあらゆる分野において必要とされ、デザイナーの種類は多岐にわたります。

商品のデザインに関わるインダストリアルデザイナー(工業デザイナー)、アニメーションやゲームに登場するキャラクターを創るキャラクターデザイナー、パッケージやチラシ、そして商品自体にも関わるイラストレーター・グラフィックデザイナー、書籍や雑誌に関わるブックデザイナー・エディトリアルデザイナー、Webサイトに関わるWebデザイナー・UI/UXデザイナー、ゲームに関わるゲームデザイナーなどがあります。
ほかにも、それぞれのデザイン細部に関わるロゴデザイナー、アイコンデザイナーなどや、逆に各デザイナーやプロジェクトをとりまとめるクリエイティブデザイナ-などという職業もあります。

なお、対象物はさまざまです。
平面的なものから、立体的なものまでありますし、なかには無形のものも存在します。
当然ながら素材も、紙、金属、布、デジタルなど、ありとあらゆるものが対象です。

仕事内容としては、基本的に商品やサービスを売れるようにするといった目的で必要とされることが多いです。
車のデザインにしろ、書籍のデザインにせよ、販売して利益を得るのが目的であり、デザインの目的は売れるものを作ることに他なりません。

ただし、単に知名度やブランド力をあげる、誰もが分かるように表記をすることに主眼を置いたものも存在します。
たとえば、会社の方向性や考え方を示すロゴや、庁舎や道路、学校などに置いてある看板などにおけるデザインなどが挙げられます。

どの分野のデザイナーも、自身の知識・センス・想像力・独創性が試される、やりがいのある職種です。

参考:
https://crowdworks.jp/public/jobs/group/design

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!