研修あり の在宅ワーク求人一覧

求人件数146





















研修がある在宅ワーク

  • Q在宅研修とは

    A

    在宅研修とは、オンライン研修の一種で、自宅で受けることができます。
    一般的には、Web会議システムを利用して、モニター越しに講師の解説を聞くWebセミナーのことを指します。単に説明を聞くだけでなく、受講者から発言してもらうことも可能ですし、チャット機能で質問を集め、講師が順番に回答していくといった形も可能です。
    一方で、ライブで講師が解説を行うのではなく、あらかじめ撮られた動画を見ることにより自宅で学ぶ研修もあります。分からない部分は繰り返し視聴したり、途中で止めたりすることも可能ですし、そもそも受講者の好きな時間に視聴できるのがメリットです。そちらは、「eラーニング」として、在宅研修と分けて呼ぶケースも多いです。

  • Q在宅研修のメリット・デメリット

    A

    ■在宅研修のメリット
    ・コスト削減
    研修の種類にもよりますが、在宅研修はコストがかからないのが最大のメリットといえます。
    一般的な研修の場合、会場を借りる場合は会場費、社内で行う場合も光熱費がかかります。また、参加者の交通費も発生しますし、移動に必要な時間もコストと考えられます。
    いっぽうで在宅研修の場合は、これらの費用がかからないので、コスト削減に繋がるといえるのです。

    ・業務負担の軽減
    会場で一同に介して研修を行う場合、机やテーブル、資料、プロジェクターなど、さまざまな準備が必要です。遠方の場合は宿泊の手配や交通費の精算が発生するなど、研修にまつわる参加者へのサポートも必要となります。一方、在宅研修の場合はこういった準備は不要なため、業務負担が軽減できることになります。

    ・参加者の負担軽減
    一同に介しての研修となると、人によっては、家庭や業務の事情などで参加しにくいといった難点が挙げられます。
    在宅研修の場合は移動がなく、違う業務や家事を行っていても、すぐに切り替え受講することが可能です。
    また、人が密集すると風邪などのウィルス性の病気がうつったりすることもありますが、そういったリスクから参加者を守ることも可能です。

    ■在宅研修のデメリット
    ・環境によって左右される
    一般的な研修であれば、しっかりと受講できるよう会場が整えられています。
    しかし、在宅研修の場合は各々の自宅で行うため、通信環境や自宅の環境によって左右されてしまいます。
    たとえば、通信環境が悪く途中で固まってしまったり、ご家族の方がいて研修に集中できなかったりする恐れがあります。
    また、もともと自宅はプライベートな場であることから、緊張感が欠如してしまうといったことも考えられます。

    ・職種や内容によっては研修が行えない
    そもそも、職種や研修したい内容によって、在宅では難しいものも存在します。
    たとえば、機器の設置方法を教えるといった実地研修や、営業方法のロールプレイなど、双方向で行うような研修は在宅研修には不向きといえます。
    また、研修に利用されるグループディスカッションといった手法は、在宅研修では現実的に難しいです。

    ・理解度の把握が難しい、
    研修を行う際、講師は受講者の表情を見て理解度を確かめながら進めていくことが基本です。十分な理解をされていないと感じた場合は、平易な言葉で言い換えるなどの工夫ができますが、在宅研修の場合、画面を通じてでは相手の細かい表情は分かりにくく、そもそもカメラに向かって研修を行う場合は、相手の表情はまったく見えていない状況となります。

NEW JOB OFFER

9月21日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!