残業なし・少なめ の在宅ワーク求人一覧

求人件数1415





















残業少なめの在宅ワーク

  • Q残業が少ない仕事の特徴

    A

    残業が少ない仕事の特徴はいくつかあります。1つ目は、業務内容に対する変化が少なく、突発的な仕事が発生しにくいことが挙げられます。2つ目は、お店など営業時間がきっちりと決められていて、その時間内で従業員が仕事を終えられるような仕組みが出来上がっていることです。

  • Q残業が少ない仕事のメリット・デメリット

    A

    残業が少ない仕事のメリット・デメリットを見ていきましょう。「なぜ残業が少ない仕事に就きたいと思っているのか」を考えながら内容を読み進めれば、自分が求める仕事の在り方が見えてくるかもしれません。

    <メリット>
    残業が少なければ定時を大幅に上回るような残業は基本的に発生しないため、終業後に予定を入れやすくなります。普段から残業が習慣化している仕事の場合は、残業しなければいけないかもしれないという不安から、仕事がある日は基本的に終業後に予定を入れられないことがほとんどです。

    また、残業が少ないと1日に占める仕事とプライベートとの割合もバランスを取りやすくなります。そのため「今日も仕事漬けの1日だった」と感じることは少なく、仕事へのストレスを最小限に抑えることが可能です。体力的に余裕がある日は、終業後に自分が好きな趣味に打ち込んでみたり、気の合う仲間と一緒に食事をしたりするのもいい刺激になることでしょう。

    <デメリット>
    残業が少ないとワークライフバランスに対する不満は減る一方で、給与に不満を持つ人が一定数出てくるのも事実です。残業代を稼がないと満足できる生活ができないと考える人も中にはいます。難しいところですが、残業が減りさえすればその会社で働く人々が全て幸せになれると一概には言えないのが現状です。

    また、残業が少ないと、1日の中で仕事が占める時間の割合は、残業の多い仕事に比べて極端に少なくなります。そのため、余暇を充実させようと趣味に打ち込むにしても、ある程度お金に余裕がないと自分が好きなように終業後の時間を過ごすことは難しいといえるでしょう。

    以上が、残業が少ない仕事のメリット・デメリットになります。注意しておきたいのは、必ずしも「残業が少ない仕事=従業員の満足度が高い」とは限らないということです。残業が少ない仕事を自分自身が希望するのかどうかを、企業へ応募する際に一度考えてみるといいかもしれません。

  • Q残業が少ない在宅ワークの仕事例

    A

    ●経理スタッフ
    経理スタッフは会社のお金関係全般の管理を任されるポジションです。在宅ワークで経理スタッフとして働く場合は、小難しい内容ではなく比較的簡単な業務を依頼されることが多い傾向にあります。「請求書の発行」「記帳業務」などが多いかもしれません。「税金」に関連する業務は在宅ワーカーではなく、専門家に依頼する企業が多いのが現状です。

    在宅ワークの仕事の中でも経理スタッフは残業が少ないため、自宅で経理経験を活かしながら働きたいという人にも人気です。定型業務が多く突発的な残業が発生する可能性が低いことから、今後も在宅の経理スタッフの需要は一定数あると考えていいでしょう。

    ●電話営業
    電話営業の仕事は、営業スタッフが顧客先へ出向く際のアポイントの獲得です。最近は、多くの企業が在宅ワーク向けの電話業の求人を掲載するようになりました。場所を選ぶことなく働ける電話営業は、子育てや介護などをしながら働きたいと考える人を中心に人気です。

    営業時間はシフト制で管理される場合が多く、その時間内で働くことがほとんどであることから残業時間は必然的に少なくなります。

    求人にもよりますが、電話営業の経験がなくても応募できる場合も中にはあるようです。相手に商品・サービスの魅力を伝えるスキルや通話中のコミュニケーションの取り方などは、経験を積むことで身に付けられる部分だといえるでしょう。

NEW JOB OFFER

8月2日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!