ライター の在宅ワーク求人一覧

求人件数142



















































10月1日の新着求人

ママバナー
ママバナー

ライターの仕事内容とは?

ライターの仕事内容は、Webメディアやホームページに掲載されるテキストを執筆することです。
おもな依頼元は、ホームページ制作会社やコンサルティング会社、広告会社などのほか、自社メディアを保有する転職サービス会社や旅行会社などです。

執筆の依頼にはテーマが決められていることがほとんどで、執筆文字数にも指定があり、見出しやキーワードが別途指定されており、それに基づいて記事を執筆することがライターに求める仕事です。
キーワードに関しては登場回数が決められていることも多いですが、もともとこれらの記事は、検索サイトでキーワード検索されたときに上位に表示されることを目的としているためです。

また、記事には原則締め切り日が設定されています。
締め切り日までに提出し、誤字脱字、内容にそぐわないなどの修正指示があれば対応するのもライターの仕事のひとつです。

なお、ライティングの記事は、特定のものやノウハウに関する解説記事が多いですが、ECサイトにおける商品説明のライティングや、インタビューを伴うライティングの仕事もあります。
執筆内容も依頼元によって異なり、投資のノウハウから求人広告における募集広告など、その内容はさまざまです。

したがって、ライターの仕事と一言でいっても、自分がいま持っている知識や経験を活かせるようなテーマを扱う企業と契約することがおすすめです。

ライターの仕事、記事・コンテンツ作成に必要なスキルとは?

ライターとして仕事をするにあたり、必要なスキルには以下のようなものがあります。

〇文章作成スキル
文章を書く仕事なので、正しく、分かりやすい文章を書くスキルが不可欠です。
未経験者向けの仕事であれば、「ですます調で書く」「コピペ不可」などといった基本的なルールに関するマニュアルが用意されていることが多いですが、文章は自分で作り上げるしかないからです。
回りくどい表現や日本語としておかしい文章を書いてしまうと、修正を求められたり注意されたりすることになります。
繰り返すと仕事がもらえなくなる恐れもあるので注意が必要です。

〇専門的な知識または調査力
たいていのWebメディアは解説記事であることが多いです。
そのため、そのテーマにおける知識や経験を求められることがほとんどです。
あまり知識がない分野でも、自分なりに下調べしてから書くということもできますが、1記事あたりに多くの時間をかけてしまうと締切りに間に合わなかったり、時給換算にしたときに安くなってしまったりする恐れがありますので注意が必要です。

〇タッチタイピング
そもそもタイピングが遅いとライティングの仕事にはむきません。
報酬は1文字あたりの単価で計算されるので、文字を打つのが遅いと低賃金となってしまいます。

〇SEOの知識
Webメディアでは検索サイトで上位に掲載されることを目的としているため、SEOに関する知識やノウハウを求められることが多いです。

参考:
https://crowdworks.jp/public/jobs/category/37

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!