パソコンスキル不要 の在宅ワーク求人一覧

求人件数84




















パソコンスキル不要な在宅ワーク

  • Qインバウンドの特徴と、向いている人

    A

    コールセンターでよく使われる「インバウンド」とは、お客様からかかってくる電話を受け、質問や要望に答える業務です。
    受電という作業でも、内容によっておもに3タイプに分かれています。
    ひとつは、商品やサービスに関するお問い合わせに答えるお仕事です。テレオペと呼ばれることもあります。
    もうひとつは技術的なお問い合わせを受ける仕事です。テクニカルサポートと呼ばれることがあります。
    単に使い方に関するお問い合わせの場合もありますが、不具合などのトラブルを解消してあげる必要があります。もちろんマニュアルがあるので最初から知識が必要なわけではありませんが、お客様の不安を解消してあげたり、うまく状況を聞き出し、解決へと導いたりしてあげることが必要です。
    もうひとつは、一般消費者ではなく、企業相手のサポート担当です。
    ユーザーサポートやカスタマーサポートなどと呼ばれます。
    企業が相手でも、お問い合わせに対応するという基本的な仕事に変わりはありませんが、迅速な回答をしないとクレームや解約に発展してしまう恐れがあります。
    ただ、どのタイプの受電だとしても、お問い合わせに真摯に、かつ冷静に対応する姿勢が必要です。パソコン関係のテクニカルサポートであれば、パソコンに対する知識やスキルはある程度必要ですが、基本的にインバウンドは接客業のため、スキルや知識のある人というよりは接客が好き、ホスピタリティがあるという人に向いているお仕事だといえます。

  • Qアウトバウンドの特徴と向いている人

    A

    受電に対応するインバウンドに対し、企業側から一般消費者や企業に電話をかける仕事をアウトバウンドといいます。
    アウトバウンドには2つのタイプがあります。
    ひとつは、商品を売り込むための架電で、テレアポなどとも呼ばれます。
    もうひとつは、市場調査や世論調査などのために電話をする仕事です。
    後者は自動音声などを使うケースも多く、在宅ワークでの募集は数が限られますが、前者であれば仕事は比較的すぐに見つかります。
    アウトバウンドは1架電あたりいくらと単価制になっている場合が多く、かければかけるほど報酬額が増加します。加えて、もしも商品売り込みの電話で対象の興味を引くことができ、担当者からの折り返しアポが取れた場合にはインセンティブが加算されることもあります。
    したがって、高額な報酬を得たいという方にはおすすめの職種だといえます。
    また、架電結果の入力などは必要だとしても、難しいパソコン操作はあまり求められないので、パソコン操作が得意でない方もチャレンジしやすい職種です。
    ただし、どちらのタイプだとしても、こちらからいきなり電話をかけるという仕事のため、迷惑がられる、突然電話を切られてしまうなどのケースは多々あります。
    したがって、そういったことがあまり気にならない、接客が好き、人に何かを勧めるのが好きという方に向いているといえます。営業経験があれば、大いに活かせることでしょう。
    なお、単価は1件あたり30~円(税抜)、または時間単価制で1,000~1,700円(税抜)、アポやアンケートがとれた場合は300円~1,000円(税抜)程度が一般的です。

NEW JOB OFFER

7月25日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!