月収5万円以上可 の在宅ワーク求人一覧

求人件数1133





















月収5万円以上可の在宅ワーク

  • Q在宅ワークで稼ぐには

    A

    ・継続すること
    在宅ワークで稼ぐには、その仕事を継続することが重要です。
    単価の高い仕事を見つけたとしても、それが1回きりで終わってしまったら、収入は途絶えてしまいます。

    ・自分に合ったボリュームの仕事を探すこと
    在宅ワークと一口に言っても、その内容は多岐にわたります。
    フルタイムワーカーとしての分量を求められるものや、1日2,3時間程度のものなど、ボリュームに関してもさまざまです。
    子育てをしながら隙間時間に仕事をしたいという方が、毎日決まった時間の勤務を求められる仕事を選ぶと、生活に支障が出たり、企業に迷惑をかけてしまったりということになりかねません。自分の生活に合ったボリュームの仕事を探すことが重要です。

    ・在宅ワークを複数こなすこと
    完全に在宅で行える仕事は業務委託のケースがほとんどです。
    その場合、長期にわたってその業務が供給されるとは限りませんし、仕事量も企業側の都合で変動する恐れがあります。
    そこで、ある程度安定した収入を得たい、稼ぎたいといった場合には、リスク対策として複数の企業と契約を結ぶことをおすすめします。
    ある一つの企業からの仕事が減ったり無くなったりしても、他の企業からの収入でカバーすることができるからです。

    ・情報収集をすること
    在宅ワークの報酬は、たとえ同じような仕事でも企業によって単価が高く設定されている場合があります。したがって、在宅ワークを多く取り扱う求人サイトなどで隈なくチェックすることがおすすめです。
    もし条件の良い求人を見つけた場合は、早めにコンタクトを取るようにしましょう。

  • Q在宅ワークの収入アップのためにできること3点

    A

    ・報酬の高い仕事に乗り換える
    在宅ワークの仕事を無事契約できたとしても、常に情報収集を行い、他にもできそうな仕事で報酬の高いものがないかチェックし、場合によっては乗り換えることが大事です。
    同じ時間数で働いたとしても、単価が上がれば月収も増加しますし、それが1年、3年、5年と続けばかなりの差が出てくるでしょう。
    稼ぎたいと考えている方は、面倒だと感じても積極的に仕事を乗り換えていきましょう。

    ・スキルアップを心がける
    在宅ワークの仕事でも、スキルや成果によって報酬をアップしてくれる企業があります。
    「〇〇円~(能力による)」などと記載されている場合や、テレアポなどセールス系の仕事で、「アポ1件あたり別途〇〇円」などと書かれている場合です。
    また、成果報酬型の場合は、従事した時間ではなく成果に対して報酬が発生するため、短い時間で終わりにすれば結果的に時間単価は高くなります。短時間で終わるようスキルを上げていくとよいでしょう。

    ・新たな専門をつくる
    在宅ワークの職種によっては、そもそもの単価が高いものがあります。
    たとえば、一般事務系であると時間単価は1,000円前後が多いですが、プログラマーだと1時間あたり1,500円以上、PM(プロジェクトマネージャー)だと3,000円以上の時間単価が提示されている場合があります。
    長く継続できそうな仕事を複数行うことが確実に稼ぐために重要であると前述しましたが、収入を上げるためには、そもそもの単価が高い仕事を受注できるよう、新たな専門を作ることも重要です。IT系は一般的に在宅ワークが多いうえ高単価の仕事が多いので、思い切ってIT系の勉強を始めるといった試みもおすすめです。

NEW JOB OFFER

12月1日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!