スタッフとのコミュニケーションが活発 の在宅ワーク求人一覧

求人件数1303





















スタッフとのコミュニケーションが活発な在宅ワーク

  • Q情報共有の活性化

    A

    在宅ワークは、他の社員と直接会う機会がなくなることから、コミュニケーションの取りにくさが最大の課題となります。
    実際に、リモート勤務に対するアンケート調査では89.3%の人がリモート勤務に不満があると答えており、その不満要因として「コミュニケーション不足」を挙げています。
    (出典:スノーピークビジネスソリューションズ2020年「20代〜50代のリモート勤務会社員400人に聞く、コロナ禍におけるリモート勤務の実態・意識調査」)

    コミュニケーションが不足すると、うまく情報共有ができず、結果、企業活動や業務に支障が生まれてしまいます。
    社内コミュニケーションに対するアンケート調査では、特に部門間や事業者間での連携に障害が出るという答えが最多でした。(出典:HR総研2020年「社内コミュニケーション」に関するアンケート調査)

    逆に、積極的な社内コミュニケーションを促進することで、在宅ワークの課題である「情報共有の活性化」をはかることができます。
    そして、部署間や会社全体で連携をとっていくことが可能になります。

  • Q目的の共有

    A

    社内コミュニケーションを促進すると、目的の共有化がなされます。
    先に紹介したアンケートでは、「経営層と社員」「部署内の課長とメンバー」間のコミュニケーションに課題を感じると答えた方がそれぞれ6割、4割もいました。(出典:HR総研2020年「社内コミュニケーション」に関するアンケート調査)

    経営層と社員、または部門責任者と社員といったタテのラインでのコミュニケーションを活発化すると、会社がいまどういった方向に向かっているのか、自分が所属する部署では何が課題となっているのかについて、トップと社員とで共通認識を持つことができます。
    向かうべき方向について共通認識を持つことができれば、会社への帰属意識が高まり、一緒に働くメンバーとの結束力が強まるといった効果が期待できます。
    さらに、その目的を達成するためにはどうすれば良いのか、問題となる点は何かといったことを確認するため、社員間のコミュニケーションがより活発化されていくという好循環が見込めます。

  • Q生産性の向上

    A

    社内コミュニケーションの活性化は生産性の向上にも繋がります。
    目的や課題、リソースとなる情報が共有化された状態で社員間のコミュニケーションが活発化されると、人員や情報といった要素を最大限活かすことに繋がるためです。
    業務をすすめていくためには、目的に向けた工程や作業の分担を行い、それぞれが力を発揮していくことが必要不可欠です。部門間や社員同士といったヨコのコミュニケーションが促進されれば、最適な業務配分がなされ、効率的にものごとが進み、生産性の向上にも繋がるのです。
    生産性の向上は、企業の最終目標である利益に直結します。
    だからこそコミュニケーションの促進は、なによりも重要視されなければならないのです。

    また、社員同士のコミュニケーションが活発化されると、孤独感の解消にも繋がります。在宅ワークにおいては、孤独感を高め、結果、生産性の低下を生み出すとも言われていますので、その防止策になるともいえます。

NEW JOB OFFER

8月2日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!